ファイブヘッド・ジョーズ|フル動画を無料視聴【サメ映画】

まだ増えるのか…

映画『ファイブヘッド・ジョーズ』のフル動画を無料視聴する方法をB級作品でもレコメンド提案中! 複数の配信サイトの中からベストを紹介。
今すぐ『ファイブヘッド・ジョーズ』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:5 Headed Shark Attack / アメリカ(2017年) / 日本公開:2018年2月(DVDスルー) / 90分 / 制作:The Asylum / 配給: / 前作:『トリプルヘッド・ジョーズ』

動画
▼『ファイブヘッド・ジョーズ』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る 安定再生

VOD2 Huluで動画を見る ノイズ無し

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

- -

[PR] 以下のアイコンで視聴可能性大!
動画配信情報は2021/11/03時点。

U-NEXT ▼U-NEXT
⇒ VOD1
dTV ▼dTV
Videomarket ▼ビデオマーケット
Amazon ▼Amazonビデオ
Rakuten ▼Rakuten TV

▼『ファイブヘッド・ジョーズ』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

サメだー!逃げろー!
どんな大作よりもアツい支持を集めているジャンルがサメ映画というカテゴリです。そんな誰よりも愛されている作品をフル動画でお得に観るなら、動画配信サービスを上手く活用しましょう。ひとりひとりでレンタル店でDVDを借りるのでもいいのですが、そこまでの熱量がないという人でも安心。ネット配信は簡単なので、手を伸ばしにくいと思っていても問題ありません。推奨しやすさもあるのでネットワークを広げる拡散素材にも使えます。「ファイブヘッド・ジョーズ」動画へ直送。

「無料」の恩恵にあずかろう!
無料トライを放置せずに。「ファイブヘッド・ジョーズ」もどうぞ。無料動画といってもYouTubeのような単に再生するだけのタダ見とは違って、特定期間だけのお試し形式で、サービスの質はそのままにフルバージョンで普通に利用するのと同じ経験が可能です。「退会を無料期間内にしてしまうのはルール違反ですか?」「自分の好きなように解約をすることは可能ですか?」という疑問はかなり集中しがち。無料目当てでなくとも人は辞めたくなるときもあります。それは自由で好きなように解約できますし、契約違反でもないです。ニコ・デ・レオン監督の「ファイブヘッド・ジョーズ」もアリ。

ダメな理由はいっぱいある!
なお、巷に溢れるサメ以上にしつこい攻撃をしてくるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それでクリス・ブルーノ出演の「ファイブヘッド・ジョーズ」の鑑賞はダメです。さすがにそこまで楽観的な平和主義な人はいないと思いますが、ネットの世界の中でも特にデンジャーゾーンなのがこういう不法サイト。それは油断すれば食われてしまいます。マルウェアを仕組まれて会社のパソコンが広域で大損害を受けたり、個人のアカウントを乗っ取られたり、被害例は後を絶ちません。そうした悪いサイトでは映像画質もノイズだらけですから、映画の価値も激減して、観た気分にはなれません。「ファイブヘッド・ジョーズ」も健全に。

「ファイブヘッド・ジョーズ」はどこ?
「VODを毛嫌いしていたけど無料動画で最初は慣れてみるのもいいのかな」そういう関心の出発も良好なことです。リンジー・ソーヤー出演の「ファイブヘッド・ジョーズ」へもGOです。「これはいいじゃないか!」と紹介された瞬間は記憶に刻まれますが、喉元過ぎれば熱さを忘れるというように、いつのまにか忘却してしまい、どれで配信中かもあやふやになりがち。ニッキー・ハワード出演の「ファイブヘッド・ジョーズ」フル動画を視聴できるVODはどれなのかという疑問点はなかなか解決しないので気になると思います。その答え探しにGoogle検索でサーチしまくる必要はありません。確かに検索画面でVODをサジェストする機能もありますが、あれは一部だけ。こちらのサイトはそれよりも対応数がパワーアップしています。似たり寄ったりなサイトは無数にありますが、フルムビバースは意図的に紹介VODを絞ることはせず、「ファイブヘッド・ジョーズ」でも平等な扱いにこだわっています。「見慣れないサービスがあるなぁ」という人はむしろラッキーです。そういう初利用の状態ならば、特別な無料視聴のビックチャンスです。

邪魔な広告は無し!
サイトによくある広告にげんなりした人は多いはずです。「ファイブヘッド・ジョーズ」も観れません。スマホはとくに酷いです。しつこく追尾してくる広告バナー、不意にフッと現れてタップを狙ってくる巧妙さ、広告に見えづらい内容や、不愉快な宣伝もあります。しかし、このフルムビバースには見てのとおりそんなものはひとつもなく、動画に専念できます。ジェフリー・ホルスマン出演のとんでもないアイディア勝負なサメ映画「ファイブヘッド・ジョーズ」視聴を妨害しません。すでに業界関係の企業や組織が議論して練り上げた広告自主規制ルールがあり、それらは大事な基準になってくるので、このサイトでもその決まりを守って悪質な広告形態は排除しています。だから今まさに見ている画面上の広告料が極小なのです。

SNSで映画を語ろう
多くの人たちが情報交換の場に利用しているコミュニケーションのオンパレードなSNS。映画を見た後にもその感想などをフリーダムに語り合いたいときはSNSを駆使しましょう。クリス・コスタンゾ出演のシャークムービー「ファイブヘッド・ジョーズ」の鑑賞はそこから波及効果を生み出せるかもしれません。今はSNSで映画がバズって大きな鑑賞者を発生させることもできます。そうなるとどういうものでも目立てるチャンスです。新作でも古い映画でもそれはチャンスあり。仲間と語り合うことで作品の理解がさらに増えていくというのもあり得ます。「ファイブヘッド・ジョーズ」のようにネタで盛り上がることも。そういう場合は映画好きな人たち同士で事前にフォローし合っていると効率的です。映画好きな人と繋がりたいと表明しておくと相手も積極的に「いいね」してくれます。

『ファイブヘッド・ジョーズ』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2020年4月17日時点での『ファイブヘッド・ジョーズ』の動画配信
  • 「U-NEXT」「dTV」「ビデオマーケット」「Amazonビデオ」「Rakuten TV」です。

▼『ファイブヘッド・ジョーズ』無料動画を見る前に

『ファイブヘッド・ジョーズ』のあらすじ


人々の常識を陵駕する進化系サメが襲い来る、前代未聞のモンスターパニック。監督はニコ・デ・レオン。クリス・ブルーノ、ニッキー・ハワード、リンジー・ソーヤー、ジェフリー・ホルスマン、クリス・コスタンゾなどが出演する。あなたの想像を超える事態が起こった時、対処できる自信はありますか。観光客で賑わうプエルトリコのパロミノス島で、人間がサメに襲われたという通報が地元警察に入る。スターリング警部が現場に駆け付けると、誰も乗っていないクルーザーには、血痕とカメラだけが虚しく残されていた。明らかにそれは凶悪な生物の仕業。そして、カメラに残された写真を見ると、そこには頭が4つある異形のサメが写っていた。まさかの異常なサメの出現に緊迫する周囲。スターリングは海洋学者のヨーに協力を仰ぎ、そんな珍しい生物がいることに研究意欲を掻き立てられたヨーは元同僚のレッドとサメを捕まえるために海へと向かうのだった。しかし、その恐ろしさは人類の想像を遥かに超えていた…。

『ファイブヘッド・ジョーズ』の感想

フルムビバース独自ランク
D(珍作・迷作)
「ファイブヘッド・ジョーズ」
●『ファイブヘッド・ジョーズ』無料ホームシアター
頭部が増殖した突然変異ザメのシリーズもついに第3弾。低予算専門のアサイラム謹製でみんな安心。ちなみに物語が前作から継続しているわけではないので、作品としては独立しているので過去作は観なくても問題なし。「敵の数を増やす」という続編の紋切り型を「サメの頭」で実践しているシリーズで、今回は思い切って5まで増えます。しかも5つ目の出現位置はそこでいいのかとツッコミたいレベル。ジャケットのあの勢いと派手さはどうした…。
●『ファイブヘッド・ジョーズ』シネマトゥデイ
ダブル、トリプルときてお次はファイブヘッドジョーズ。あれでも頭4つだなぁ、と思いきやあんなところからおまけの1つで観客を驚かせる。冒頭のおふざけパリピが喰われるところから、喰われる為としか思えない無価値で無意味で無謀な戦闘、なんで今そこにいるの?!的な謎の位置どり、ラストのテンプレな爆撃までお決まりの流れ。だけどやめれないB級サメ映画。これはもう麻薬。あなたも手を出すときは覚悟しないと、サメに憑りつかれます。
●『ファイブヘッド・ジョーズ』TOHOシネマズ
3作目にして、意外な安定感。作品の流れができてきた感じもする。「その怪物は4から5へと変形する。」というキャッチコピーのとおり、キングギドラを超えた脅威の5つ頭が猛威を振るう。頭を増やせば怖いというのもせいぜい2つまで。もはやここまで来たらギャグ。それを踏まえての徹底した物語展開である。一体、このシリーズはどう進化していくのか。また頭を増やすのか。はたまた別の奇策を考えているのか。無限の興味は尽きない。頭のように。