薬の神じゃない!|フル動画を無料視聴でチェック【中国映画】

中国で異例の大ヒットを記録した社会派エンターテインメント

映画『薬の神じゃない!』のフル動画を無料視聴する方法を、イリーガルなレコメンド提供は一切なしで、正規の手段で紹介。
今すぐ『薬の神じゃない!』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:我不是薬神 Dying to Survive / 中国(2018年) / 日本公開:2020年10月16日 / 117分 / 制作: / 配給:シネメディア 


(C)2020 Cine-C. and United Smiles Co., Ltd. All Rights Reserved

動画
▼『薬の神じゃない!』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る 和訳済み

VOD2 Huluで動画を見る 不快広告無し

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

- -

[PR] 以下のアイコンで視聴可能性大!
動画配信情報は2021/11/03時点。

U-NEXT ▼U-NEXT
⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV
⇒ VOD3
TELASA ▼TELASA
dTV ▼dTV
Videomarket ▼ビデオマーケット
Amazon ▼Amazonビデオ
Rakuten ▼Rakuten TV

▼『薬の神じゃない!』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

エンタメで社会問題を考える!
映画はフィクションであり得ない世界観を楽しむだけだと思っていませんか。それは違います。映画はあなたの知らない社会の問題を明らかにしてくれますし、学校の授業と違ってそれはかなりのわかりやすさでもって整理されているので理解も進みます。動画配信サービスでそんなエンタメ社会派映画を見てみましょう。どんどんハマっていくはずです。スマートフォンでも、パソコンでも、タブレットでも、テレビでも、あなたの好きなように自由に鑑賞できるのが最高のポイントです。これでもうあなたは今日からシネマが趣味になります。「薬の神じゃない!」動画へ直送。

「無料」を見逃すな!
無料試用は知っていますか。ジェネリック薬の密輸販売事件を描く「薬の神じゃない!」もどうぞ。「おカネが贅沢にあるわけではないし…それでも映画は観たいし…」そういう状況で価値が生まれてくる初回トライアルはラッキーな初手になってくれる絶好の機会です。その機会は基本的には24時間いつでもありますが、サービスによってはそもそも無料期間がないこともありますので注意。「登録したはいいけど解約できないのでは?」と警戒する人も安心。登録以上に簡単な作業。面倒な手続きはゼロ。ウェン・ムーイエ監督の社会問題に切り込む鋭さが魅力の「薬の神じゃない!」もアリ。

それは悪事でしかなく…
なお、世界中でどんどん激増してしまっているイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それでシュー・ジェン出演の「薬の神じゃない!」の鑑賞はダメです。動画再生が高頻度で停止し、鑑賞できない事態が続発。無関係動画を途中で再生したりも。これは巧妙なもので、広告ブロックツールさえも無視してくるのでお手上げです。残念な動画は拒否しましょう。ウイルス対策ソフトをインストールしている人はそれで動画の危険も排除できると思っているかもしれませんが、大きな問題としてまずセキュリティアプリケーションでは動画のリスク自体は回避できません。多くの場合はすり抜けてきます。「薬の神じゃない!」は正しく見ることが何よりの防御策です。

「薬の神じゃない!」はどこ?
新旧作品動画が盛り合わせ。ユニークなストーリーで観客をハラハラさせる映画「薬の神じゃない!」へGO。ただし特定作業が必要になるという側面は安易にスルーもできないでしょう。ワン・チュエンジュン出演の「薬の神じゃない!」フル動画を視聴できるVODはどれでしょうか。問題解決のサポートとしてこの作品ページでは該当する作品を配信しているフレキシブルビデオサービスを視覚的にアイコン表示で整理。アイコンがない場合はまだ配信準備中の可能性があるので少し待ってください。情報更新もされています。「薬の神じゃない!」の扱いはその都度変わりますが、ここなら見つけるのを支援できます。使用経験のないストリーミングビデオで無料視聴がすぐそこ。

フェアにオススメします
映画の配信先を紹介しているサイトはたくさんあります。「薬の神じゃない!」もそうやって見つけることができるでしょう。しかし、たいていは最終的にはひとつだけをオススメしていないでしょうか。それは単に紹介料が高いものだけをレコメンドしているというステマの可能性も高いです。このフルムビバースでは扱っているサービスの数は他にはないほどに多く取りこぼしがないように努力しています。不自然な誘導も強制的な登録もなく、フェアです。ジョウ・イーウェイ出演の「薬の神じゃない!」もユーザー自身で見る場所を判断できるでしょう。

「薬の神じゃない!」無料動画?
タン・ジュオ出演の「薬の神じゃない!」を無料でウォッチすることを止めるものはいませんが、そこの裏で不正を狙う悪人は潜んでいるものです。著作権侵害コンテンツの数は今も激増していくばかりであり、自らがしっかりそれらを打ち払う覚悟が要ります。例えば、有名なサイトでも油断できません。「vidoo」「dailymotion」「9tsu」「Pandora」「Miomio」などの不正動画がわらわらと保管されているようなところは立ち入ってしまえば当然のように不正ユーザーとして見なされる可能性も大きいでしょう。「薬の神じゃない!」を見つけるならフルムビバースでイントロダクションしているオフィシャルサービスでじゅうぶんなのです。無料動画の機会もあるのですから。

『薬の神じゃない!』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『薬の神じゃない!』無料動画を見る前に

『薬の神じゃない!』のあらすじ


2014年に中国で実際に起こり、中国の医薬業界の改革のきっかけともなったジェネリック薬の密輸販売事件を映画化。『薬の神じゃない!』の製作にはワン・イービン、リウ・ルイファン、ニン・ハオなどが名を連ねる。監督はウェン・ムーイエ。シュー・ジェン(チョン・ヨン)、ワン・チュエンジュン(リュ・ショウイー)、ジョウ・イーウェイ(ツァオ・ビン)、タン・ジュオ(リウ・スーフェイ)、チャン・ユー(ボン・ハオ)、ヤン・シンミン(リウ牧師)などが出演する。上海で小さな薬屋を細々と営むチョン・ヨンは、店の家賃も払えず、本来であれば支えとして大事になってくるであろう妻にも見放され、人生の底辺をさまよっていた。このままではどうすることもできないまま、朽ち果てるしかない。ある日、血液のがんである慢性骨髄性白血病患者のリュ・ショウイーが店にやってきた。これが大きなアイディアのもとになる。彼は国内で認可されている治療薬が普通の人では手が届かないほどに非常に高価なため、安くて成分が同じインドのジェネリック薬を購入してほしいとチョンに持ちかけてきた。そんなことが起きていることをちゃんと認識していなかったが、意外にも需要があることを知る。最初は申し出を断ったチョンだったが、それは上手い話に思えてきたので気持ちは揺らぐ。そして金に目がくらみ、ジェネリック薬の密輸・販売に手を染めるようになる。これは思っている以上にどんどん進んでいった。ビジネスとしての成功は予想を超えた。そしてより多くの薬を仕入れるため、チョンは購入グループを結成する。これさえあれば億万長者も夢ではない。あり得ないと思っていた豪華な人生が手に入る。白血病の娘を持つポールダンサー、中国語なまりの英語を操る牧師、力仕事が得意な不良少年などが加わり、勢いに乗りまくっていく密輸・販売事業はさらに拡大していくが…。

『薬の神じゃない!』の感想

フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)
「薬の神じゃない!」
●『薬の神じゃない!』無料ホームシアター 
中国映画というとイメージするのはどことなくグローバルよりは国家を優先した浮世離れした、もしくは振り切りすぎてはちゃめちゃなイメージが頭をよぎりますが、プロパガンダ的なところもなく、しっかりと地に足のついた作品になっているので違和感のようなものは何もありません。むしろ真摯に誠実に作っていると思います。個々のキャラクターの作り方というものがこちらの注目をぐんぐん引っ張るのがいいものですね。
●『薬の神じゃない!』ユナイテッドシネマ:K-11
大製薬会社がその絶大なパワーを武器に特許を盾に利権をサボること、人命に関わる病気の特効薬を相手を見下しながらも高額で独占販売して、抵抗や対抗してきた相手は踏みつぶしていくというスタイル。別に何も医療の世界だけではない、あらゆるビジネスで起きていることです。この映画は中国なのでおそらくはそういう自由主義への警鐘を鳴らすことでやっぱり国の管理がいいよねという方向に流れている感じもあるけど。
●『薬の神じゃない!』109シネマズ:J-7 
人間は神のような行いはできないという教訓。前半はクスッと笑えて、後半は号泣で、王道ではあるけど嫌みはない。コロナ禍において製薬会社の新薬の製造の大変さと資金調達の困難さをニュースなどで見ると一方的に製薬会社を悪者にできないのですが、それでも悪いことをするのは良くないですからね。権力者がこういう国民に欠かせない薬などを都合言いように語ることにこそ警戒をしないといけないのかもしれません。