リトルプリンス 星の王子さまと私

星の王子さまには続きがあった

映画『リトルプリンス 星の王子さまと私』のフル動画を無料視聴する方法をオールチョイスでレコメンドしています! 混乱しないようにリンクはシンプルです。
今すぐ『リトルプリンス 星の王子さまと私』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:The Little Prince(「ザ・リトル・プリンス」) / フランス(2015年) / 日本公開:2015年11月21日 / 110分 / 制作:On Animation Studios / 配給:ワーナー・ブラザース / 製作費:7700万ドル

映画『リトルプリンス 星の王子さまと私』主題歌付き予告編

© 2014 LPPTV – Little Princess – ON Entertainment – Orange Studio – M6 Films

動画
▼『リトルプリンス 星の王子さまと私』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る 初心者有利

VOD2 Huluで動画を見る 字幕or吹替

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

- -
[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコンで視聴可能性大。
U-NEXT ▼U-NEXT
⇒ VOD1
dTV ▼dTV
Videomarket ▼ビデオマーケット
Amazon ▼Amazonビデオ
Rakuten ▼Rakuten TV

▼『リトルプリンス 星の王子さまと私』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

利用者はいっぱい!
独創的な設定と幻想的なビジュアルデザインで観客を魅了する映画はそれだけで見ごたえがあります。そんなファンタスティックな作品をお得に見たいときは、動画配信サービスを利用しましょう。画質を気にする人でも安心です。ハイクオリティな映像をテレビでもスマホでも楽しめます。サービスによっては4Kクラスに対応しているので、DVDと比べても遜色ないレベルです。動画自体もスムーズに見れるので安心してエンジョイしましょう。

「無料」は全て初心者のため!
初利用の人のための親切コースも整備されています。あなたが望むなら無料お試しトライアルを真っすぐ歩めます。用心するに越したことはないですし、転ばぬ先の杖として、無料お試しをフル活用するのが賢い選択です。本当に自分にピッタリ合うのか、お目当ての作品が見られるか、じっくり試せます。「無料動画は嬉しいけどデマではないのか?」「それは嘘だとかなりショックになるのだけど」そういう疑いもやむを得ません。今の世の中ならなおさらです。でも公式上で問題性はないことを保証済みです。これ以上の健全性はないくらいです。マーク・オズボーン監督の「リトルプリンス 星の王子さまと私」もアリ。

ダメ動画を回避して!
なお、巷に溢れる入念な議論で対策も進むイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それでジェフ・ブリッジス出演の「リトルプリンス 星の王子さまと私」の鑑賞はダメです。どんな最悪な事態が起きるかもわかりません。自分のメールアドレスに大量のスパムメールが届くならブロックすればいいのですが、生活で普通に使っているクレジットカードなど個人情報を不正利用されれば致命的な損害を受けます。絶対に回避すべき落とし穴です。「わざわざ高い金を払ってセキュリティアプリ入れてるし…」それも大事ですが、このタイプの不正動作は完全プロテクトしづらいです。

どれを選べばいい?
劇場公開映画は同時ネット配信ということは滅多にないですが、時間がたてばVODのリストにも加わります。ただし、すんなり登録して動画鑑賞で大満足!というシンプルな着地をさせてくれないVOD。その前の準備運動ならぬ配信動画の特定作業が必要です。マッケンジー・フォイも声で出ている「リトルプリンス 星の王子さまと私」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。サポート向けに作られたこのページでは視聴可能性の高いVODをピックアップ。掲載情報がゴチャゴチャしていることはなく、アイコンですぐにわかるようになっているので、無駄な時間を浪費しません。本サイトは「フルムビ」の名のとおり、フルでムービーの情報を完備しています。パーフェクトではないにせよ、徐々にパワーアップ中。痒い所に手が届く、他のデータベースにはない情報も密かに掲載中です。人生は思わぬところに幸運のクッキーが隠れているものです。VODとの出会いはあなたに刺激と興奮をもたらしてくれるのは保証できます。

あなたはどっち派?
日本映画よりも圧倒的に海外映画を観る機会が多い人もいるでしょう。そこで話題になるのが「字幕or吹替」の選択問題。双方ともに揃っている場合はどちらが良いのか。完全な好みの判断ですが、これは譲れないという人もいるはず。それは過激な導火線になることもあります。また、意外な活用方法もあって、英語音声&英語字幕で語学勉強に駆使すれば、リスニング教材に早変わりします。VODの中にはこんなことも可能なものも。レイチェル・マクアダムスのファンも注目の「リトルプリンス 星の王子さまと私」にも字幕と吹替それぞれの魅力があるので、その点でもマッチするものを考慮してみるのもいいでしょう。

配信はいつ終わる?
VODの各作品の配信終了日時を詳しく知りたい人も多いと思いますが、一部のサービスではある程度事前に公表しているので、フルムビバースでも整理して一覧にしています(専用ページを参照)。しかし、全く終了日時を提示していないサービスもあり、また、終了日になっても配信が延長されたりすることも珍しくないので、結局はその日にアクセスして目視で動画確認することが必須です。後悔しないためにも視聴できるときに視聴するのが一番思い残すこともない安全策です。素敵なアニメーションが満喫できる「リトルプリンス 星の王子さまと私」を見逃さずに。

高画質で見られる?
良質な映像で作品を見たくない人間はいないと思います。劇場ではそのクオリティは当然だと思われがちですが、意外にシアター環境に左右されてしまうので個人ではどうしようもないことも。これでは何か残念です。その失望はなるべく迂回をしたいところではないでしょうか。VODはハイクオリティ&安定再生という二柱があるので頼れます。あまり多くのデータ通信を要する動画はキツイと思うのなら、事前にスマホにダウンロードしておけば解決。通信制限は消費しません。パソコンでもスペックの問題で軽くしたいなら解像度を下げられるものがいいでしょう。アットホームな温かさがある「リトルプリンス 星の王子さまと私」の動画を楽しみましょう。

ホームシアターのススメ
映画館が最高クオリティだと思っていた人はさらなる高みを知らないだけです。ホームシアター空間の異次元は映画に対する認識を激変させます。それは値段が高いものという印象も少しずつ変わり、お買い得になってきました。これも欠かせないプロジェクション・テクノロジーの普及のおかげです。感涙の映画「リトルプリンス 星の王子さまと私」も最高級に。どうやってそんな贅沢ルームを構築するのか、それが肝心。それなりの備品が要ります。映像を映すスクリーンとプロジェクター。それに音響にこだわるならオーディオシステムも必要になるでしょう。お値段を投資してもほしいか要相談です。

『リトルプリンス 星の王子さまと私』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2020年1月27日時点での『リトルプリンス 星の王子さまと私』の動画配信
  • 「U-NEXT」「dTV」「ビデオマーケット」「Amazonビデオ」「Rakuten TV」です。

▼『リトルプリンス 星の王子さまと私』をさらに知る

世界的なベストセラーとなっているアントワーヌ・ド・サン=テグジュペリの名作小説「星の王子さま」の世界観を基にしたファンタジーアニメ。『リトルプリンス 星の王子さまと私』のストップモーションクリエイティブ監督はジェイミー・カリリ、ストップモーション美術はアレックス・ユーハス。砂漠に不時着し、ちいさな星からやってきたちいさな王子と出会った飛行士のその後の物語と、9歳の少女との出会いが優しいタッチでつづられる。とある街に暮らす女の子は名門校の入学試験に合格するために、なんでも厳しく管理したがる母親から与えられた厳格なスケジュールのもとで、夏の間、規則正しい勉強漬けの自由のない毎日を送っていた。それは子どもにしてみれば楽しさもない、嫌になる日々。しかしある日、彼女は隣に住んでいる年老いた飛行士と出会い、不思議な話を耳にする。彼がかつて砂漠で不時着した時に出会ったという「星の王子さま」の物語を聞かされ、心を動かされる。それはイマジネーションが膨らむものだった。その物語に触発された女の子はある行動に出るが…。

★『リトルプリンス 星の王子さまと私』のスタッフ


監督:マーク・オズボーン(関連作品:『カンフー・パンダ』)
脚本:イリーナ・ブリヌル、ボブ・パーシケッティ
音楽:ハンス・ジマー、リチャード・ハーベイ

★『リトルプリンス 星の王子さまと私』のキャスト


ジェフ・ブリッジス、マッケンジー・フォイ、レイチェル・マクアダムス、ライリー・オズボーン、ジェームズ・フランコ、ベニチオ・デル・トロ、マリオン・コティヤール、アルバート・ブルックス

★雑学(トリビア)


・本作は「星の王子さま」のCGアニメ化というだけでなく、「星の王子さま」の後日談を描く続編的な立ち位置にもなっている。

★『リトルプリンス 星の王子さまと私』の評価

IMDbRTMETA
7.893%??
映画comY!FM
??3.673.7
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『リトルプリンス 星の王子さまと私』の感想

●『リトルプリンス 星の王子さまと私』FILMAGA  
「心で見ないと本当のことはわからない。大切はものは目に見えないんだよ」そんな大人にこそ響くメッセージに溢れる原作を独自にアレンジしてみせた一作。とくにこの改変具合は凄くて、まさかの先に進むのは、どうなってしまうんだとハラハラしつつ、こういう着地にするのかとフムフムと納得してしまいました。制作はフランスで、ディズニーにはない独特の味わいが楽しいものでした。ストップモーションアニメ部分が本当にいいものです。
●『リトルプリンス 星の王子さまと私』CRUNCHYROLL 
なんかディズニーのアニメだと勘違いしている人がいるようですが全然違います。物語のタッチが違うし、すぐにわかると思うのですが…。星の王子様ファンにしてみれば、この作品をどう受け止めるかはなかなか評価を割れるところですよね。現実世界はフルCGアニメ、星の王子さまの部分はストップモーションアニメで分けているのも上手くて、観飽きない世界観。肝心のストーリーはこれは大人ですら理解に悩むので、なかなかううう~んとなります。