帰ってきたMr.ダマー バカMAX!

バカはいつになってもバカです

映画『帰ってきたMr.ダマー バカMAX!』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 広告ばかりのサイトはお断りです。
今すぐ『帰ってきたMr.ダマー バカMAX!』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Dumb and Dumber To / 製作:アメリカ(2014年) / 日本公開:2015年11月20日 / 109分 / 制作:New Line Cinema / 配給:東京テアトル

帰ってきたMr.ダマー バカMAX! 予告 90秒

▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】字幕or吹替
VOD2【Hulu】解約簡単
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Netflix ▼Netflix(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『帰ってきたMr.ダマー バカMAX!』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなも使っている!
平凡な地味すぎる日常を吹き飛ばすのは最高に馬鹿々々しいコメディ以外ありません。そんなユーモア全開の映画をお得に観るなら、動画配信サービスを活用しましょう。レンタル店でDVDを借りるのもいいですが、それだと面倒なことも多いです。例えば、ネット配信ならば一切必要ない貸し借りの煩雑な作業も人目を気にすることも今日からおさらばです。スマホ、パソコン、テレビ、タブレット、ゲーム機器と自由自在に視聴を始められます。

「無料」はやっぱり魅力的!
そして大事なことなので頭に刻み込んでください。無料でこのエンタメ空間に体験入部できるというハッピーな特典です。1か月まで無料体験できたら最高だと思いませんか。期間は各サービスによって違うので要相談ならぬ要確認ですが、多くのサブスクでも何かと実装されている嬉しい特典であります。「きっと初期登録のハードルが高いのでは?」と厳しさを不安視する声もあるかもしれませんが、心配無用。アカウント作成は1分で終わるほどのシンプルさであり、一瞬で完了できます。

アウトです!
不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。それで「帰ってきたMr.ダマー バカMAX!」の視聴はダメです。最悪なパターンはいくつもありますが、最初は非常に気軽な動作から始まります。何気なく興味を惹くテキストリンクをクリックすると、瞬時に別のタブで無関係なページが開き、いつのまにか裏で怪しい動作を起こし、機能を妨げるものもあります。もしパソコンにエラーが起きれば最悪の場合は初期化によって全データ&ソフト設定をイチからやり直さないといけません。

配信しているのはコレ!
ジャンルも公開時期も問わないあらゆる映画をミックスさせているこのネット上のレンタル店みたいなVODは最強の存在です。でも、警告しておきましょう。「張り切って登録したのに、映画が配信にない!」というクレームは、確認不足が原因です。登録直前の最終確認は本来は絶対に欠かせません。「帰ってきたMr.ダマー バカMAX!」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。「一気にパパっと確認するラクチンな方法はないのか」その要望にバッチリ応えるこのページは確認手順を短縮して時間のロスを最小限に。なるべく視聴までテキパキ進むならこれがベター。相次ぐ新規サービスラッシュについていくのもやっとだったりしますが、フルムビバースはどこよりもバッチリと対応に積極的。劇場シアターでも映画をお得に見たいときは、映画館料金が安くなったり、タダになるようなサービスを優先して選ぶといいです。

字幕・吹替、選択は自由
外国語の映画鑑賞(とくに英語)では、字幕と吹替の2バージョンが存在することが多く、どちらを見るかを選別しなくてはいけません。キャスト陣の声をダイレクトに耳にするならば字幕一択ですが、目で文字を追いかけるのが大変で、肝心の映像への集中ができません。一方の吹替は映像に専念できますが、声をあてた人の力量に左右されてしまうので、作品イメージがガラッと変わってしまうことも。一長一短があるので、少し比較してみるのも新しい「帰ってきたMr.ダマー バカMAX!」の面白さの発見につながるかもしれません。

家族にバレない?
家族でVODをシェアしながら仲良く満喫するのも良い気分ですが、その際に問題になるのは「使い分けできるのか?」という課題。視聴履歴は見られたくない、子どもに見せたくない映画がある、使い過ぎに気をつけさせたい…そんな悩みにもファミリーアカウント機能でバッチリお答え。R指定や成人作品もコンテンツ・フィルタリングでスッキリ消去。視聴した作品が他者に知られないようにプライベート領域を持てます。同時に別場所で別作品を鑑賞可能。気になる人はこの機能を持つVODを最優先にすべきです。

無料の範囲はどこまで?
「無料」という言葉は魅惑的ですが、でもどこまでが無料なのか。「帰ってきたMr.ダマー バカMAX!」は? 絶対に確認すべきなのは一点だけ。見たい映画は「見放題対象」なのか、それとも「個別購入」なのか。前者ならば迷うこともなく、そのまま一定の期間、無料というかたちで見られます。後者ならば、貰えるポイントを使うことになるのでその範囲で無料になります。ポイントを使いすぎればそのぶんは有料になるので注意です。このワンポイントだけ把握しておく必要がありますが、この情報さえ常にキャッチしておけばあとは何もなしです。

俳優好きにも必須
映画を観れば俳優だって目に入ってきます。時折見せるスタイリッシュなアクション、美しいプロポーション、セクシーな色気、コミカルなパフォーマンス…いろいろな姿を見物できるのもお腹いっぱいになるものです。VODでは俳優別で検索することもできるので、あの人だけの映画をズラリと並べることもできます。「ジム・キャリー」の名演を見物したいでしょう? マニアでなくとも関連登場作に目がいくのであれば、その本能に従いましょう。でもなかなか骨が折れるのもわかります。だからこそVODに頼ってしまっていいのです。

『帰ってきたMr.ダマー バカMAX!』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『帰ってきたMr.ダマー バカMAX!』をさらに知る

ジム・キャリーの代表作のひとつに数えられるコメディ「ジム・キャリーはMr.ダマー」20年ぶりの続編。主人公ロイドを演じるキャリー、ロイドの相棒ハリー役のジェフ・ダニエルズ、監督・脚本のファレリー兄弟など、原点となる前作のメインキャスト&スタッフが再結集した。製作にはリザ・アジズ、ジョーイ・マクファーランド、チャールズ・B・ウェスラー、ブラッドリー・トーマスなどが名を連ねる。20年もの間、精神病院に入院しているロイドを見舞い続けてきたハリーは、言えなかったことを口にする。それは自身が腎臓病を患ったことを告白するという深刻なもの。すると、これまで一切反応を示さなかったロイドがあっけなく飛び起き、「病気のふりをしていただけ」とハリーを騙していたことを打ち明ける。そんな年月が変わっても全然変わらないコンビ。2人はハリーの腎臓病を治すための思いつきによる旅に出るが…。

★スタッフ
監督:ピーター・ファレリー、ボビー・ファレリー
脚本:ジョン・モリス、ショーン・アンダース、ピーター・ファレリー、ボビー・ファレリー、ベネット・イェーリン、マイク・チェローネ、ボビー・ファレリー
撮影:マシュー・F・レオネッティ

★キャスト
ジム・キャリー、ジェフ・ダニエルズ、キャスリーン・ターナー、ローリー・ホールデン、ロブ・リグル、レイチェル・メルヴィン、スティーヴ・トム

★『帰ってきたMr.ダマー バカMAX!』の評価

IMDbRTMETA
5.629%??
映画comY!FM
?????3.4
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『帰ってきたMr.ダマー バカMAX!』の感想

●無料ホームシアター 
バカで嬉しい! この映画は120%バカでできています。たまに大爆笑して、声をだしてツッコミを入れてしまう、そんなおバカな所業を楽しんでください。ストーリーは一応ありますが、その伏線やらを全て台無しにしていくので、真面目に物語を追いかけていくと損をするだけです。広げた風呂敷をザクザクに切り刻む、容赦のない感覚がたまらない。「ええぇ」というオチですが、この人たちは善人ではない、クズなんだと飲み込んでくださいね。
●ユナイテッドシネマ  
ジムキャリーはミスターダマーという映画の続編ゆえにストーリーは前作から20年が経過したその後から始まるので是非前作から見てほしい逸品です。ただ今作から見ても別にバカしかしないのでそこまでがっかりするほどのものじゃないですけど。つまり気楽に見てねということです。ここまで20年前の前作のクオリティを保つどころか、ここまで笑わせるためだけに無駄をてんこ盛りにできるとは。例えるなら高さ100mのソフトクリームみたいなもの。
●DAILYMOTION  
ハリーは腎臓移植と自分の娘を捜すため、相棒のロイドと旅に出るが、行く先々で騒動を起こすコメディ映画の続編。おバカコンビが20年の時をこえて復活。そしてこの20年という年月が最大の驚きポイントになります。役者の人たちが楽しそうで安心します。衰えを感じさせない2人のキレのある演技に驚かされるばかり。冒頭から20年という空白までを大ネタにしちゃう巧妙な技を繰り出し、最後の最後まで速度を落とさず全力で突っ走っていました。