スター・ウォーズ フォースの覚醒

スター・ウォーズの新世代3部作が始まる

映画『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のフル動画を無料視聴する方法を、広告に覆い隠されることなくピンポイントで紹介。
今すぐ『スター・ウォーズ フォースの覚醒』を見るなら動画リンクをチェック。

2005年の『スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐』で新3部作が完結してから10年ぶりに製作・公開されるSF映画の金字塔「スター・ウォーズ」のシリーズ7作目。オリジナル3部作の最終章「ジェダイの帰還」から約30年後を舞台に描かれる、新たな3部作の第1章。テレビシリーズ「LOST」などで知られる気鋭のヒットメーカーのJ・J・エイブラムス監督がメガホンをとり、脚本にはオリジナル3部作の「ジェダイの帰還」「帝国の逆襲」も手がけたローレンス・カスダンも参加。製作総指揮はトミー・ハーパー、ジェイソン・マクガトリン。無名から大抜擢された新ヒロイン、レイ役のデイジー・リドリーのほか、ジョン・ボヤーガ、アダム・ドライバー、オスカー・アイザック、ドーナル・グリーソンといった新キャストに加え、マーク・ハミル、ハリソン・フォード、キャリー・フィッシャーらオリジナル3部作のメインキャストも登場する。伝説のジェダイとして宇宙にその名がとどろくルーク・スカイウォーカーは消えてしまった。帝国軍の残党「ファースト・オーダー」が台頭して、銀河は再び不穏な空気に包まれる。レイア・オーガナ率いるレジスタンスが抵抗運動を続けているものの、大きな形勢逆転にはならない。その頃、何もない砂漠の惑星ジャクーで廃品回収をしながら寂しく人生を消耗する若き女性がいた…。

原題:Star Wars: The Force Awakens(「スターウォーズ7 フォースの覚醒」) / 製作:アメリカ(2015年) / 日本公開:2015年12月18日 / 136分 / 制作:Lucasfilm Ltd. / 配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ / 製作費:3億ドル / 興行収入:20億ドル / 前作:『スター・ウォーズ エピソード6 ジェダイの帰還』 / 次作:『スター・ウォーズ 最後のジェダイ

映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』特報第2弾
映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』予告編

(C)2015 Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT×】
VOD2【Hulu×】
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【Videopass×】
VOD5【dTV×】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『スター・ウォーズ フォースの覚醒』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなも使っている!
世界的な大人気作で公開当時の大熱狂が巻き起こった映画はそれだけの魅力が世界観やキャラクターに詰まっている証拠です。そんなファンタスティックな映画をフル動画でお得に観るなら、人気も増えている動画配信サービスを使いましょう。シリーズものをレンタル店でDVDを借りて追いかけるのはどうしても大変です。一作ごとに見ていくのは苦労ばかり。そこでネット配信なら一気見もラクチン。あっという間にストーリーを振り返れます。

「無料」の恩恵にあずかろう!
「今は節約を心掛けているので…」と本心にストップをかけるなら、無料動画トライアルの存在を知ってからにしてください。映画は全てをDVDで揃えています…なんてハイパーリッチは人間はまずいないでしょう。図書館みたいになりますから。これがあれば初使用者に限って節約ポリシーでネット鑑賞が試用できます。「映画を観終わったら無料期間でも退会できるのかな」これは最も寄せられる質問ですが、その答えは「大丈夫なので安心してください」です。解約は登録したその日にでもできてしまうので、自由です。

アウトです!
不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。あなたの知らない恐怖がジワジワと近づいています。そのような怪しいサイトに足を踏み入れた瞬間、個人情報は秘密裏に記録され、何に悪用されるかもわかりません。間違ってもその危険サイトでユーザー登録などはしないてください。注意喚起はしておくにこしたことはないですが、憤怒の感情で賠償を求めても無駄なので、オフィシャル安全動画が確実です。

配信しているのはコレ!
旧作ばかりの古臭い顔ぶれではないです。比較的新顔な新作や準新作もありますし、劇場公開されなかった作品も陳列中です。一方のデメリットほどではないにせよ、無料動画と浮かれることはできないのが、配信サービスの特定をしないとそもそも動画にはたどり着けないという問題であり、これは不可避です。「スター・ウォーズ フォースの覚醒」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。この各作品ページでは配信中のVODをバナーでお知らせ。一目見るだけでどのサービスで扱っていて、扱っていないかが判断できます。表示アイコン画像がない場合はまだ配信されていない可能性ありです。皆さんがどこかで目にしているかもしれない動画リンク集サイトでは、無関係なランキングページに誘導するものもあるでしょうが、こちらではそんな行為は一切していません。ネットだけでなく劇場の大きなシアターでも映画を鑑賞するならば、シネコンの利用がお得になるサービスをセレクトするのが最善の近道です。

あなたはどっち派?
海外の映画をウォッチする際に重要な点として「字幕」と「吹き替え」の問題があります。「日本語字幕の方がいい!いや、吹き替えこそ面白い!」そんな言い争いは置いといて、好きなように楽しめばいい話です。どちらもあるのかについては作品によって異なりますが、VODは用意済みであれば字幕&吹替双方を選択できるようになります。こだわりのある人もこれでひと安心。「スター・ウォーズ フォースの覚醒」にも字幕と吹替それぞれの魅力があるので、その点でもマッチするものを考慮してみるのもいいでしょう。

悪いサイトを追い出すために
海賊版コンテンツ問題はその深刻性が盛んに報じられていますが、その対策としてVODは期待大です。一時期頻繁にニュースでも取り上げられて議論が行われたブロッキングも実は完璧な有効策ではないです。簡単に規制をすり抜けることができ、結局はいたちごっこ。フィルタリングも同様に過信はできません。一番良いのは優れたサービスを確立させ、不正なサイトを利用する動機を根こそぎ奪い取ること。正規の動画を身近にすることが健全な業界発展に前向きに寄与するので「スター・ウォーズ フォースの覚醒」合法視聴方法を拡散しましょう。

高画質で見られる?
DVD映画をパソコンに取り入れる方法や、DVD映画をコピーする方法を検索するような人はきっと高画質なまま動画を自由な端末で観たいという要望があるのでしょう。しかし、それはプロテクトのかかっているものであり、つまり禁止事項であります。だからこそのVODです。今は各メーカーにてパソコンやスマホでの鑑賞ならVODを選択するというのがお約束。もちろん画質がDVDやブルーレイに劣ることはありません。場合によっては4K画質も用意済み。もはやディスクいらずでクリアな「スター・ウォーズ フォースの覚醒」の動画を楽しみましょう。

ホームシアターのススメ
どんなに高性能なパソコンも、高価格のハイエンドスマートフォンでも絶対に到達できない高級体験。それがホームシアターです。構築するのは無料ではないですけど、実現すれば他の視聴手段なんて急に味気なくなります。劇場に通うこともなく、無料で自宅映画館を手に入れた気分を味わえます。「スター・ウォーズ フォースの覚醒」も最高級に。かといってそのホームシアターワールドを瞬間的に構築できるわけではありません。それなりの予算を投入しないといけないので覚悟はいります。しかし、それだけの達成感と充実感を得られ、それは何物にも代えがたい経験になります。

『スター・ウォーズ フォースの覚醒』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『スター・ウォーズ フォースの覚醒』をさらに知る

★スタッフ
監督:J・J・エイブラムス(関連作品:『スター・トレック イントゥ・ダークネス』)
脚本:ローレンス・カスダン、J・J・エイブラムス、マイケル・アーント
撮影:ダン・ミンデル
音楽:ジョン・ウィリアムズ

★キャスト(キャラクター)
デイジー・リドリー(レイ)、ジョン・ボイエガ(フィン)、オスカー・アイザック(ポー・ダメロン)、アダム・ドライバー(カイロ・レン)、ドーナル・グリーソン(ハックス将軍)、グウェンドリン・クリスティー、ルピタ・ニョンゴ、ハリソン・フォード、マーク・ハミル、キャリー・フィッシャー、アンディ・サーキス

★『スター・ウォーズ フォースの覚醒』の評価

IMDbRTMETA
8.092%81
映画comY!FM
3.9???4.0
フルムビバース独自ランク
S(必見の傑作)

★『スター・ウォーズ フォースの覚醒』の感想
・宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸による痛快な映画評論。

●無料ホームシアター
まさに新世代の幕開けを告げた記念すべきエピソード7。熱烈なファンの間では黒歴史化しているエピソード1~3の失敗もあって、大きな不安を抱えながら劇場に足を運んだ人も少なくはなかったこの映画。それでもついつい浮足立って感情が高まってしまうのはファンの本能。そして、その心配は吹き飛ぶほどの大熱狂をもたらしてくれました。結果的に新規ファン層も開拓し、スターウォーズブランドのさらなる飛躍につながったわけで、さすがJJです。
●FILMAGA 
旧作キャラの登場が予告動画ではファンを興奮させたのだが、いざ本編が始まると新キャラたちの初々しい輝きに魅了された人も多いのではないだろうか。デイジー・リドリーを演じる女性主人公のまだ何も知らぬ大きな未来に一歩踏み出そうとするあの感じ。「新たなる希望」でのルークスカイウォーカーと全く同じである。この王道に加えてジョン・ボイエガが演じる元ストームトルーパーという設定の存在がこれまでにないフレッシュな味を加えてくれる。
●ユナイテッドシネマ 
スターウォーズをほとんど知らない人が見ても全く問題ありませんでした。大興奮しっぱなし。映像も美しいし、何よりいかにも大冒険という感じの壮大さがとてもいい。こういう宇宙モノのSFは設定が無駄に複雑だったりしますが、この映画はそんなことはなく、なんとなく凄い力であるフォースというものがある程度の理解でいいのが親切です。個人的に嬉しいのは主人公レイ。キュートで、クールで、ビューティなヒロインに惚れ惚れしました。