イット・フォローズ

「それ」をうつされたら、逃げるしかない

映画『イット・フォローズ』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! リンクが多すぎて混乱したりはしません。
今すぐ『イット・フォローズ』を見るなら動画リンクをチェック。

捕まった者に死が訪れる謎の存在=「それ」に付け狙われた女性のおぞましい恐怖を描いたホラー。低予算ながら斬新なアイデアでクエンティン・タランティーノから称賛され、全米で話題を呼んだ。製作総指揮はジョシュア・アストラカンとアラン・パオ。ある男と一夜を共にした19歳の女子大生ジェイ。しかし、それは自分でも理解不能な恐怖の始まり。その男が豹変し、ジェイは椅子に縛り付けられてしまい、衝撃なことを言われる。男はジェイに「それ」をうつしたこと、そして「それ」に捕まったら必ず死ぬことを彼女に告げ、不安にさせる。「それ」は人にうつすことができるが、うつした相手が死んだら自分に戻ってくるという決まりがあるらしい。何のことかは理解不能。しかし、事実のようだった。ジェイは刻一刻と迫ってくる得体の知れない「それ」から必死に逃げ延びようとするが…。

原題:It Follows / 製作:アメリカ(2014年) / 日本公開:2016年1月8日 / 100分 / 制作: / 配給:ポニーキャニオン / 製作費:200万ドル / 興行収入:2060万ドル

死ぬまで憑いてくる恐怖!映画『イット・フォローズ』予告編

(c)2014 It Will Follow. Inc.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
Hulu ▼Hulu(2週間)
 今すぐ見る ⇒ VOD2
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『イット・フォローズ』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなも使っている!
独特な設定と謎めいた演出で観客の注目を集めた作品はそれだけで面白いものです。そんなスリルとミステリー満載の映画をお得に観るなら、動画配信サービスを利用するのが良いでしょう。これらのサービスは2種類のタイプがあり、ひとつは単体作品ごとにレンタルするものです。もうひとつは対象作品が見放題になるもので、月額や年額で利用します。作品によってパターンが違うので、事前にしっかり確認しておくと混乱がないでしょう。

「無料」は全て初心者のため!
ニッコリできる情報はまだまだあります。こんな感激コースはどうですか。無料のお試しトライアルの入り口です。「あ~しばらくは無料になってカネなしでOKにならないかな」そんな要望にバシッとお答え。動画も無料になってしまうミラクルな期間が初めての利用者のみ提供される無料動画テクニックです。「好きなように無料で解約はできますか?」当然、可能です。退会するときに不必要な支払いが要求されることはありません。解約料のようなものはなく、その場ですぐにアカウント削除できます。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトは警戒すべきです。それで「イット・フォローズ」の鑑賞はダメです。不必要なプログラム程度であればブラウザの設定で動作しないようにもできますが、それは動画と連動しているために簡単には接続を切れない仕様です。悪戦苦闘しているうちに相手側はどんどん無駄にタブを開かせて、さらなる身勝手な混乱を招きます。これらアンダーグラウンドなサイトが安全になることはあり得ないので、素直に使用をストップするのが吉です。

どれを選べばいい?
「(*‘∀‘)え~っと、新作は結局見れるのですか?」ネット配信されさえすれば、見れない事態は考えにくいです。「好きこそ物の上手なれ」というべきか動画が見たいなら試さずにはいられませんが、好きの気持ちが爆走する前に配信状況の確認だけはうっかり忘れしないように。「イット・フォローズ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。サポート向けに作られたこのページでは視聴可能性の高いVODをピックアップ。掲載情報がゴチャゴチャしていることはなく、アイコンですぐにわかるようになっているので、無駄な時間を浪費しません。世の中にはサイトなど何億何兆とありますが、このフルムビバースは安全かつ対等な動画紹介に特化しており、どんなユーザーも不正広告等には導いたりはしません。「え~、なんか今は登録とかする気分じゃない」それでもOK。現時点での配信チェックをして目途をつけておくだけでも良いですし、また登録時に再確認すればいいです。

登録情報は最小限
何事も最初は緊張するもの。そうはいってもVODは敷居が低いので大丈夫。登録情報はユーザーネーム、メールアドレス、パスワード、プラスで生年月日や電話番号だけ。これらの情報はユーザーの重複性を判定するために使われるので過去に使用済みの情報を入力すれば初回利用者扱いとはなりません。とくに支払い情報は重要で、間違わないようにしてください。それ以外の登録ステップはありません。数分で完了するので今すぐ動画を見たいと思っても全然間に合います。あとは「イット・フォローズ」を探すだけ。簡単だと思いませんか。

パスワードは大事
まるでバイキングのように食べ放題感覚で満喫できるVODですが、その動画ディナーを楽しむ前に必須なのがパスワード設定です。もしかしたらかなり雑な感覚で決めている人はいませんか。それは今すぐにやめましょう。いとも簡単に悪意を持った他人に乗っ取られます。とくにパスワードを流用してしまうと、芋づる式に別のサービス不正攻撃を引き金に酷い目に遭うことになります。使い回しをせず、個別に固有の設定にしておけば盤石です。安全な「イット・フォローズ」動画体験をするには大事な基礎ルールです。

無料の範囲はどこまで?
「無料」という言葉は魅惑的ですが、でもどこまでが無料なのか。「イット・フォローズ」は? 初歩的な知識ですが念押しするために説明すると、初回時の料金の免除的なもので、実質的には支払いはその設定された期間の後になります。なのでお試し中は無料で利用していることになります。見られる作品はサービスで差違があり、当然、全てを見られるとは限りません。見放題系の完全なものであればオール・フリーですが、個別視聴型ならポイントの範囲内になるでしょう。これらの特徴を踏まえたうえで、どれを用いるか考えるのが良いです。

SNSで映画を語ろう
多くの人たちが情報交換の場に利用しているSNS。映画を見た後にもその感想などを語り合いたいときはSNSを駆使しましょう。「イット・フォローズ」の視聴はそれだけでも最高ですが、その気分を他人にお裾分けしましょう。余計なお世話になるんじゃないかという危惧は要りません。SNSを使えば爆発的な拡散によって映画を好きになってくれる人が急増することもあります。今の時代はそうしたバズるというムーブメントが映画宣伝には欠かせないもので、公式アカウントも積極的にフォローしたりリツイートしたりして支援してくれることもあります。

『イット・フォローズ』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『イット・フォローズ』をさらに知る

★スタッフ
監督:デビッド・ロバート・ミッチェル
脚本:デビッド・ロバート・ミッチェル
撮影:マイケル・ジオラキス
音楽:リチャード・ブリーランド

★キャスト
マイカ・モンロー、キーア・ギルクリスト、ダニエル・ゾバット、ジェイク・ウィアリー、オリビア・ルッカルディ、リリー・セーペ

★『イット・フォローズ』の評価

IMDbRTMETA
6.997%83
映画comY!FM
??3.073.2
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『イット・フォローズ』の感想
・町山智浩:たまむすび
 ↑アメリカ在住の映画評論家町山智浩の映画評論。

●FILMAGA  
アイディア勝負の一発ネタなホラーかと思ったら、予想以上に人間ドラマをメインにした作品で、主人公の葛藤が軸になっています。なので単なるワッと脅かしてくるだけの恐怖映画とはちょっとタイプが違います。青春ドラマ的な雰囲気さえもありますから。最終的なラストも人によってはオチがないという人もいますが、わかる人にはちゃんとわかるある幕引きと余韻が残るものになっています。ぜひそのへんをよく注目して鑑賞してほしいですね。
●ユナイテッドシネマ  
肝である恐怖演出がとても上手く、ゆったりと動くカメラワークがなんとも嫌な感じで落ち着かせない焦りを誘う。低音や不協和音が効果的に使われていてBGMの挿入も効いている。つまり、総合的な点数の高い良質なホラーになっている。監督のデビッド・ロバート・ミッチェルは間違いなく才能がある人で、今後ともさらなる活躍を見せていってくれそうで楽しみ。ホラーに限らず、様々な分野でのクリエイティブなアクションに期待していきたい。
●DAILYMOTION  
映像は青春アート的でとても儚い印象さえ感じる。自分にしか見えない何かに追われるのだが「それ」の正体は言及しない。監督自身もいろいろとインタビューで言っているので、ネタバレOKなら調べてみるのもよいだろう。さまざまな噂がある中で、意外に監督自身はしっかり答えを設定しているのは面白い。モヤモヤするエンディングだが、その何とも言えない答えの出にくさこそがこの映画で描きたいテーマとシンクロしているのだということである。