クリード チャンプを継ぐ男

ロッキーの信念は次世代へ語り継がれる

映画『クリード チャンプを継ぐ男』のフル動画を無料視聴する方法を、最速・最新・安全なスタイルでわかりやすくお届け。
今すぐ『クリード チャンプを継ぐ男』を見るなら動画リンクをチェック。

シルベスター・スタローンを一躍スターに押し上げた代名詞「ロッキー」シリーズの新たな物語。ロッキーのライバルであり盟友であったアポロ・クリードの息子アドニス・ジョンソンが主人公となり、スタローン演じるロッキーもセコンドとして登場する。製作にはロバート・チャートフ、アーウィン・ウィンクラー、チャールズ・ウィンクラー、ウィリアム・チャートフなどが名を連ねる。自分が生まれる前に死んでしまったため、父アポロ・クリードについて良く知らないまま逞しく育ったアドニスだったが、彼には父から受け継いだボクシングの才能がありつつも、その複雑な感情からくる闘争心をぶつける先はなかった。そこで人生を変えることにする。亡き父が伝説的な戦いを繰り広げたフィラデルフィアの地に降り立ったアドニスは、ある男に出会うことにする。それはいまだに街の誇りとして愛されている人間。父と死闘を繰り広げた伝説の男、ロッキー・バルボアにトレーナーになってほしいと依頼するが、もう今はそういうことはしていないと難色を示される。しかし、それでも懸命にトレーニングに励むアドニスの姿を見て、ボクシングから身を引いていたロッキーは、アドニスの中にアポロと同じ潜在的な可能性を見出し、トレーナー役を引き受ける。

原題:Creed / 製作:アメリカ(2015年) / 日本公開:2015年12月23日 / 133分 / 制作:New Line Cinema / 配給:ワーナー・ブラザース / 次作:『クリード 炎の宿敵

映画『クリード チャンプを継ぐ男』本予告【HD】2015年12月23日公開
Creed (2015) Behind the Scenes – Complete Broll

(C)2015 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. AND WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『クリード チャンプを継ぐ男』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなも使っている!
世代を超えて末永く愛されている作品はそれだけの魅力がキャラクターや世界観に詰まっている証拠です。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを利用してみましょう。家にパソコンやテレビがない人も安心です。スマホで見られるので、お手持ちのAndroidやiPhoneなどで好きなタイミングで見られますし、何よりもテレビにも対応していますから、DVDと遜色のない体験ができます。試す価値は大いにあります。

「無料」で感謝!
基本機能でも最高に楽しいのですが、無料サービスお試しという期間限定の無料動画鑑賞可能な施策がさらに救ってくれます。用心するに越したことはないですし、転ばぬ先の杖として、無料お試しをフル活用するのが賢い選択です。本当に自分にピッタリ合うのか、お目当ての作品が見られるか、じっくり試せます。「無料であるなら悪い気はしないけど、本当ならいつまで?」と謎に思っているなら、具体的な時間も提示されています。多くは約1か月、短くとも2週間と考えてください。長さは余裕です。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトに手を出すべきではないです。それで「クリード チャンプを継ぐ男」の鑑賞はダメです。例えば、使用端末に極端な負荷を与える悪質プログラムが動き回り、場合によっては不可逆なダメージを与えることも。CPU使用率が異常に上昇すると数値としてわかりやすいですが、密かな攻撃には気づきにくいので、静かな恐怖の原因にも。千載一遇のチャンスを見逃すなかれ。公式プレゼンツなサービスこそが何の心配もいらない選択肢です。

あなたの選択は自由!
セル配信でもレンタルでも見放題でも、どういう形態であれ、デジタル流通する映画を引っ張っているのはVODの仕事です。「好きこそ物の上手なれ」というべきか動画が見たいなら試さずにはいられませんが、好きの気持ちが爆走する前に配信状況の確認だけはうっかり忘れしないように。「クリード チャンプを継ぐ男」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その立ちはだかる障壁を壊すための手助けとなるハンマーを提供するのがこのページの仕事。VODを配信しているものに限定してリストでアイコン表示中。アイコンがない場合は配信していないかも。対応対象としてカバーしているVODの多様性はトップクラス級。大手からあまり知られていないものまで、多種多様な顔が並びます。「今すぐ登録しろと焦らせるのはちょっとやめてほしい」大丈夫です。急がせません。そもそも配信確認だけならサイトにアクセスするだけで済みます。

あなたはどっち派?
海外映画をウォッチングする際に気にかける要素として「字幕」と「吹き替え」の選択問題は語らないわけにはいきません。オリジナル言語で楽しめる語学力のある人はなんの心配もないでしょうが、基本は日本語で触れる人が多いはず。日本語字幕がいいのか、吹替がいいのかは、判断の悩みの種。「いや、私はいつも決まっている」そんな方にもVODの対応力は満足できるでしょう。「クリード チャンプを継ぐ男」にも字幕と吹替それぞれの魅力があるので、その点でもマッチするものを考慮してみるのもいいでしょう。

フェアにオススメします
VOD横断チェックサイトであるフルムビバースでは、数多に存在する各サービスの選別をするという名目で単にステルスマーケティングするようなことはしていません。類似サイトでは特定VODをオンリーで紹介したりもしていますが、本サイトは対等に配信サービスを扱い、フラットに情報を提示中。ユーザーによってマッチするものは違うのが普通であり、判断は各自に委ねるべきです。単純に「クリード チャンプを継ぐ男」の配信の有無だけでなく、適度にマッチングするような、あなただけのディープな出会いを届けていきたいと思います。

動画はフルの方がいい
あまり意識が向いていない人もいますが、TVでの映画放映は話題になりがちですが、それはフルではなくカットされていることが多々あります。中にはかなり重要なシーンがバッサリ削除されていることもあるので、映画本来の面白さを体験できません。VODは標準でフル動画を視聴可能。一方で長々としたエンドクレジットを見たくないなら、それを見ずにさっさと次の動画に移ることもできます。「クリード チャンプを継ぐ男」をフル視聴(full)できるという意味では、テレビメディアと比べてもVODの方が優れているのは明らかです。

SNSで映画を語ろう
多くの人たちが情報交換の場に利用しているSNS。映画を見た後にもその感想などを語り合いたいときはSNSを駆使しましょう。「クリード チャンプを継ぐ男」の鑑賞体験をソーシャルメディアとして絶大なコミュニティの大きさを誇るブログやTwitterなどで拡散すれば、上手くいくと何千という他者に知ってもらえ、そこから新しいフレンドリーなつながりができるかもしれません。できれば映画好きの人を積極的にフォローしておくことで、結構容易に仲間を増やすことができます。前向きな積極性が一番に大事です。

『クリード チャンプを継ぐ男』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『クリード チャンプを継ぐ男』をさらに知る

★スタッフ
監督:ライアン・クーグラー(関連作品:『フルートベール駅で』)
脚本:ライアン・クーグラー、アーロン・コビントン
撮影:マリス・アルベルチ
音楽:ルドウィグ・ゴランソン

★キャスト
マイケル・B・ジョーダン、シルベスター・スタローン、テッサ・トンプソン、フィリシア・ラシャド、アンソニー・ベリュー、グレアム・マクタビッシュ、リッチー・コスター、ウッド・ハリス、アンドレ・ウォード

★『クリード チャンプを継ぐ男』の評価

IMDbRTMETA
7.695%82
映画comY!FM
3.94.084.0
フルムビバース独自ランク
S(必見の傑作)

★『クリード チャンプを継ぐ男』の感想
・宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。
・町山智浩:たまむすび
 ↑アメリカ在住の映画評論家町山智浩の映画評論。

●映画無料夢心地
常にロッキーシリーズは良いですけど、今回も脚本が良かったのはさすがです。人は皆いつも何かと闘っていると思うのですが、とりわけ映画では登場人物たちの闘う理由が切実で、我々が共感せざるを得ないツボを確実に、ここぞというタイミングで突いてきます。あのロッキーのテーマ曲もここぞという時に流れるのですが、そこでくるのか~という感じで、もう涙腺刺激しまくり。完全にやられました。一発KOです。完敗、参りました。
●TOHOシネマズ 
人生ベストな一本です。ロッキーシリーズの潔い点は、ロッキーの息子をボクサーにしなかった点だと思う。二世ものでシリーズを作らせなかったとこが素晴らしい。でも今作はロッキーが敵キャラの息子のトレーナーになるなんていう、少し捻くれたストーリー。もうこの時点で面白くない筈がない。胸が熱くなります。試合前の緊張感の表現が上手い。ロングショットって素晴らしい。敵の入場シーンも丁寧で良かった。気づけば涙が…。
●109シネマズ 
胸熱すぎて当時スルーしていた自分を恥じたい。設定もストーリーも全てがドラマチックだ。「あのテーマ」も流すあたり、粋だ。主役のドニーはスタイルよくてスマートでお洒落で見惚れる。そして、あの傑作『フルートベール駅で』と同じ監督・同じ主演だということを鑑賞後に知って更に胸熱。世代交代映画としてパーフェクトな出来栄え。これをまだ見ていない人がいるなんて信じられない。これはもうファンのファンによるファンのための映画です。