グリーン・インフェルノ

環境活動の学生が食人族に容赦なく食べられる!

映画『グリーン・インフェルノ』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! アンテナサイトのリンクは全く無いです。
今すぐ『グリーン・インフェルノ』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:The Green Inferno / 製作:アメリカ・チリ(2013年) / 日本公開:2015年11月28日 / 101分 / 制作:Worldview Entertainment / 配給:ポニーキャニオン

映画『グリーン・インフェルノ』予告編

(C)2013 Worldview Entertainment Capital LLC & Dragonfly EntertainmentInc.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】日本語訳
VOD2【Hulu】初心者有利
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Netflix ▼Netflix(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『グリーン・インフェルノ』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなも使っている!
あまりに過激な内容に賛否両論を巻き起こした映画は一見の価値があります。そんなセンセーショナルな作品をお得に観るなら、動画配信サービスを利用してみましょう。レンタル店でDVDを借りるのもいいですが、ネット配信ならばメリットもたくさん。動画サイトと同様の使用感覚で作品を見つけ出し、高画質で視聴できます。人にあまり見られたくない映画でも大丈夫。プライベートな空間で誰の邪魔もなく、落ち着いて楽しむことができます。

「無料」を嫌う人はいない!
さあ、本番はここからです。初めての新参者には無料トライアルがゲットできるという1度きりのチャンスがあるのです。初心者というターゲットに限定されていますが、基本はみんなに舞い込んでくるチャンスなので、これを知らずにスルーしてしまうのはあまりにもお得な機会を損しているだけです。「無料なのは古い作品ばかりでは?」と疑念を持つ人もいるはず。でもそれは大丈夫。なぜならポイントが登録時にもらえ、それを使うことで準新作も視聴できるようになっているからです。

アウトです!
不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。それで「グリーン・インフェルノ」の視聴はダメです。そうしたサイトにアクセスして動画再生しようとすると「Adobe Flash」が無効orブロックされているので設定でONにしてくださいと注意文が表示されることがあります。それに安易に従うのは大変危険です。Flash自体に致命的な脆弱性があるので攻撃されてしまいます。これだけ危ないとわかっているなら利用する方が愚かです。人生をクラッシュさせたくなければ道はひとつです。

配信しているのはコレ!
ラインナップに偏りはありません。最近のものから、10年前、50年前、色々な国籍、ジャンル…お好みのものが見つかるでしょう。「為せば成る、為さねば成らぬ何事も」そんな諺にあるように試さないと始まらないですが、配信確認という事前準備を怠ると盛大にズッコケてしまうので、恥ずかしい失態はしないように。「グリーン・インフェルノ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。「やりたいことがいっぱいあるから1日の時間を無駄にしたくない」その時間節約派のあなたの役に立つこのページ。ひとめ見るだけで配信中の(可能性の高い)VODがアイコンリストで判明します。全く夢心地にさせてくれないサイト、全然無料なホームシアターではないサイト、そういう騙しウェブサイトからはさっさと退避するに限ります。フルムビバースは広告ストレス無しです。なかなか新しい未知のコンテンツに手を出すのは勇気がいるかもしれませんが、利用を助けてくれる情報はネットに溢れているので怖がらなくて大丈夫です。

家族にバレない?
家族でVODを利用する際にどうしても心配になるのが「見せたくない作品があるのだけど使い分けできるのかな?」という諸事情への配慮。例えば小さいお子さんには視聴は適切ではない作品もあるでしょうし、完全な大人向け作品であればコンテンツのサムネイル一覧に並んでいるのも不適切です。また、自分の視聴履歴が他人に見られるのは不快だという人もいます。VODの中には同一料金でアカウント分けができるという親切機能を備えたものもあるので、揉め事を回避して平穏に共有することができます。

邪魔な広告は無し!
いい加減に視聴中に広告が不格好に邪魔してくるのはうんざりではありませんか。そんなものに付き合っていたら最悪です。そもそもそういう広告はたいてい違法性の高いものであり、加担しようものならばあなたにもリスキーです。アクセス記録は残っているので足がつきます。綺麗な身でいたいならフルムビバースの安全空間にようこそ。「グリーン・インフェルノ」視聴を妨げません。見てすぐにわかると思いますが、スマホ画面でもこのページにはほとんど広告がデフォルト状態でも表示されません。しつこく追尾してくる広告にうんざりしていたあなたにも使いやすいと自負できるシンプルさです。

動画はフルの方がいい
あまり意識していない人もいますが、話題作が放映されるとSNSでも大盛り上がりをする民放TVでの映画ですが、実は結構シーンがカットされてしまっており、本来のフルの内容を満喫はできていません。番組時間帯の都合なのですが、本音はフルバージョンを楽しみたいものです。そこでVODならば自由気ままにフル動画を鑑賞可能。仲間と一緒にフル体験で映画をじっくりシェアもできます。「グリーン・インフェルノ」をフル視聴(full)できるという意味では、テレビメディアと比べてもVODの方が優れているのは明らかです。

表現規制を避けるなら
映画は映画倫理機構という組織の元でレイティングシステムが運用されています。区枠は「G」「PG12」「R15+」「R18+」となっており、とくにR18になってしまえば広告やCMでの宣伝が著しく規制され、劇場公開も激減します。またモザイク処理などで映像本来の意図が伝わらないことも。しかし、VODにはそのような余計なお世話となりかねない審査に邪魔されません。クリエイターにとってもやりたいことができる喜びがありますし、視聴者にとっても刺激的な動画を鑑賞できる嬉しい貴重な場になります。

『グリーン・インフェルノ』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『グリーン・インフェルノ』をさらに知る

鬼才イーライ・ロスが、1981年製作のルッジェロ・デオダート監督作「食人族」をモチーフに、アマゾン奥地で食人族に捕らわれた若者たちの壮絶な運命を残酷描写満載で描いたホラー。製作総指揮はマリア・セストーン、サラ・ジョンソン・リードリヒ、ホイト・デビッド・モーガン、ジェイソン・ブラム。森林伐採の不正を暴くためアマゾンを訪れた環境活動家の学生たち。それは自分なりの正義の主張。過激な活動が問題となり、そのまま活動は中止、強制送還されることになるが、帰りの飛行機にエンジントラブルが起こり、飛行不能に陥り、ジャングルに墜落してしまう。それはサバイバルするには過酷な環境。なんとか生き延びたものの、しかもそこにはさらなる恐怖があった。そこで彼らを待ち受けていたのは人間を食べる習慣を持つ独自の文化を持つ食人族だった。無論、コミュニケーションは武器にならない。学生たちは食人族に捕らえられ、次々と餌食になっていく。自分たちの知らない自然の猛威は容赦なく…。

★スタッフ
監督:イーライ・ロス
脚本:イーライ・ロス、ギレルモ・アモエド
撮影:アントニオ・クエルチャ
音楽:マヌエル・リベイロ

★キャスト
ロレンツァ・イッツォ、アリエル・レビ、ダリル・サバラ、カービー・ブリス・ブラントン、スカイ・フェレイラ、マグダ・アパノビッチ、ニコラス・マルティネス、アーロン・バーンズ、イグナシア・アラマンド、レイモーン・ラオ、リチャード・バージ

★『グリーン・インフェルノ』の評価

IMDbRTMETA
5.336%??
映画comY!FM
??3.333.4
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『グリーン・インフェルノ』の感想

●シネマトゥデイ 
SNSやらYoutuberやらの承認欲求に夢中な若者たちに痛烈な皮肉をおくる一作。「いいね」とかフォロー欲しさに行動する人は一歩間違えたら本作みたいな事になるのです。エンドロールでキャストのTwitterアカウント公開されていて吹きましたが、もうどこまでがネタなのか。全国のフォロー数を増やしたい人は、食人族に会いに行くといいですよ。絶対に注目の的になれますから。そして、美味しく綺麗に全身を食べられてきてください。さようなら。
●109シネマズ 
環境保護に熱心で意識の高い学生たちは、意気揚々と向かった自然豊かな世界で、ワイルドな歓迎を受ける…そんな話。出演している部族は全て現地の部族達で長時間の説明説得により、出演する運びとなったらしい。その甲斐あってか部族たちのリアリズムはもの凄い。この役者魂は見事で、なんか賞をあげたいくらい。グロいは確かにそのとおりだけど、基本は食べるために殺すので、わりと自分は平気で見ていられました。食人族の血が流れてるのかな。
●DAILYMOTION  
前半40分は結構考えさせられる民族文化や人権を問う社会派な講義と準備、後半60分は戦慄の生態調査。ものすごい落差だ。エグい表現はかなりある。でも、生への深い葛藤が描かれている。ゾンビと違って意義のある殺戮なのでそれは悪い事ではない。食人族の愉快な謝肉祭をこれでもかと痛快に見せつけるので、ある種のお祭り映画。ストーリーも気が利いていて、「こいつは絶対食われろ!」と言う思いが映画への強いのめり込みにも繋がる。