完全なるチェックメイト

伝説の天才チェスプレイヤー、その半生にせまる

映画『完全なるチェックメイト』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 気になる動画の有無も瞬時に確認。
今すぐ『完全なるチェックメイト』を見るなら動画リンクをチェック。

名匠エドワード・ズウィックがトビー・マグワイアを主演に迎え、伝説の天才チェスプレイヤー、ボビー・フィッシャーの半生を映画化した伝記ドラマ。製作総指揮にはデイル・アーミン・ジョンソン、ジョゼット・ペロッタ、スティーブン・J・リベル、クリストファー・ウィルキンソンなどが名を連ねる。アメリカとソ連が冷戦下にあった1972年。戦いはスパイ活動だけではなかった。15歳の時にチェスの最年少グランドマスターになった経歴を持つボビー・フィッシャーは、その突飛すぎる思考と予測不能な行動のせいで周囲にも理解されず、オカシイ変人として知られていた。アイスランドで開催される重要な一戦となる世界王者決定戦に出場することになったフィッシャーは、そこでチェス最強国ソ連が誇る王者ボリス・スパスキーと対局。思わぬ形で両国の威信をかけた「世紀の対決」として注目されていく。世界中が勝負の行方を見守る中、一局目で完敗したフィッシャーはこれまでにない精神を追い詰める極限状態に追い込まれながらも、驚くべき戦略でスパスキーに立ち向かう。

原題:Pawn Sacrifice / 製作:アメリカ(2015年) / 日本公開:2015年12月25日 / 115分 / 制作:Gail Katz Productions / 配給:ギャガ

完全なるチェックメイト – 映画予告編

(C)2014 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved. Photo Credit: Tony Rivetti Jr.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『完全なるチェックメイト』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなも使っている!
激動の人生を何かに情熱を注ぐことで生きてきた人物にスポットをあてた映画はそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを駆使しましょう。ネット配信ならば動画サイトと似たような感覚で楽しめます。映画は画質が大事という人も安心。DVDと遜色のないハイクオリティな映像をテレビでもスマホでも満喫可能。通信制限を気にしたくないのならばダウンロード機能を使うのも手です。

「無料」は全て初心者のため!
心の好奇心をウキウキさせるようなことはこればかりではなく、無料トライアルで動画視聴もお試しできて充実感を得られます。無料動画といってもYouTubeのような単に再生するだけのタダ見とは違って、特定期間だけのお試し形式で、サービスの質はそのままにフルバージョンで普通に利用するのと同じ経験が可能です。「フル動画でないと話にならない」それは当たり前ですが、お試しと言っても何かを制限されることはないので、観たかった映画を余計な編集も無しで、フルムービーで自由気ままに鑑賞できるのが大きな売りです。

アウトです!
不正な動画サイトは法的にも当然ですが身を守るためにも勧めません。それで「完全なるチェックメイト」の視聴はダメです。ネット社会では楽しい賑やかさも満ち溢れていますが、一歩道を外れると怖い側面も顔を覗かせます。パソコンやスマートフォンに極大な高負荷を与えたり、しつこく付き纏うような広告をぶつけたり、邪魔以外のナニモノでもない有害性です。なのでというわけではないですが、非公式よりも公式という理論で、選択すべきサイトは自明でしょう。

これに決めた!
さあ、配信リストをサムネイルで眺めてみるのです。まるであなたの目前にレンタルショップが開店したような感じです。「為せば成る、為さねば成らぬ何事も」そんな諺にあるように試さないと始まらないですが、配信確認という事前準備を怠ると盛大にズッコケてしまうので、恥ずかしい失態はしないように。「完全なるチェックメイト」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題解決のサポートとしてこのページでは、該当する作品を配信しているVODを整理し、配信中であればアイコン画像を表示して視覚的にわかりやすく示すことで一目でわかるようにしています。同類な動画紹介サイトは他にもありますが、ファクト重視のフルムビバースは勝手にVOD紹介を制限せず、全部を等しく掲載。「え~、なんか今は登録とかする気分じゃない」それでもOK。現時点での配信チェックをして目途をつけておくだけでも良いですし、また登録時に再確認すればいいです。

どれで見れるの?
VODで動画視聴する際は再生機器の条件を満たす必要が「完全なるチェックメイト」でもあります。DVDと同等にテレビ鑑賞もできますが、その際はネット環境は必須。ご家庭のテレビがネット接続済みか、そしてコンテンツ対応済みか、要確認です。PCならばブラウザで気軽に再生できるので特別な条件はなし。ChromeでもIEでもOKです。場合によってはAdobe Reader SilverlightなどのプラグインやJavaScript Cookieが有効でなければいけないこともあります。スマホの場合は、アプリのインストールが最も安定していますが、常に最新の更新を適用しましょう。

フェアにオススメします
動画情報を「フル」に扱う映画(ムービー)のユニバースを根差すこのサイトは、そのインフォメーション・コンプライアンスも重視。他サイトのように偏りのある紹介はしていません。あらゆるサービスを網羅しつつ、その情報で混乱させないように、ビジュアル・イージーでリコメンドしています。ユーザーの判断が何よりも大事なのでその自由度を尊重し、あなたの動画ライフを援助します。単純に「完全なるチェックメイト」の配信の有無だけでなく、適度にマッチングするような、あなただけのディープな出会いを届けていきたいと思います。

高画質で見られる?
ノイズだらけ、はたまた遅延ばかり、さらには低画質な動画なんてものはたとえ無料でも嫌なものです。VODはネット配信なのでその画質品質を心配するかもしれませんが、実際はDVDを上回るクオリティがあるので大丈夫です。中には4Kしているものもあり、すでにブレーレイにすら匹敵する領域です。バカ高い機器に金を払うこともなく、自由に高品質動画を大量に堪能できるのですから夢のようです。「私はそれよりも通信量が気になる…」それもOKで、ちゃんと選択できるので自分に合った「完全なるチェックメイト」の動画を楽しみましょう。

解約はすぐできます
VODの解約方法を気にする人もいるでしょう。もちろんできれば長く使ってほしいというのが本心。でも個人の事情があるものです。まずは本当に解約したいのか心の整理をしましょう。見たいものは見ましたか? 無料期間ならギリギリまで使う方が得です。決心がついたら退会ページへアクセス。そのページさえ見つけられたらすでにこっちのもの。あとは1分以内に終わります。流れるままに契約解除をするのみ。契約を解除するだけだとアカウントは残ったままなので、跡形もなくやめるならアカウント削除も忘れずに。

『完全なるチェックメイト』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『完全なるチェックメイト』をさらに知る

★スタッフ
監督:エドワード・ズウィック
脚本:スティーブン・ナイト
撮影:ブラッドフォード・ヤング
音楽:ジェームズ・ニュートン・ハワード

★キャスト
トビー・マグワイア、リーブ・シュレイバー、ピーター・サースガード、マイケル・スタールバーグ、エドワード・ジノヴィエフ、アレクサンドル・ゴルシコフ、リリー・レーブ、ロビン・ワイガート、シーマス・デイヴィー=フィッツパトリック、エイデン・ラヴカンプ、ソフィー・ネリッセ

★『完全なるチェックメイト』の評価

IMDbRTMETA
7.071%65
映画comY!FM
?????3.4
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『完全なるチェックメイト』の感想

●映画無料夢心地
ボビーフィッシャーという天才チェスプレイヤーの生涯が忠実に描かれているシリアスな作品。この映画では特にスパスキーとの対戦に主に注目されており、その対戦を通してアメリカvsソ連という壮大な背景を見ることができる作品となっています。かなり遊びのない真面目な作りなので、硬派な映画に慣れていない人は不向きかもしれません。純粋なチェスのスポコンとかでは全くないので、そこはしっかり留意して映画を視聴する必要がありますね。
●フルムビマックス 
エンディングでフィッシャーさんがその後タイトルを放棄し、消息を絶ったことや、2008年にレイキャビクで亡くなったことなどがテロップにより、さりげなく知らされてますが、実は晩年にはチェスの全日本女子選手権チャンピオンの渡井美代子さんと事実婚状態で、日本にも住んでいたそうです。こんな風に日本とも密接な関係のある人物だったことをしると余計に興味が湧いてきます。彼の人生はまだ語りがいがありそうで、今後も作品化に期待です。
●DAILYMOTION 
伝記というより冷戦期の知の代理戦争がメイン。「中国を失い、ベトナムも失いつつある」「KGBが殺しにくる」等のセリフからもチェスより東西イデオロギー対立に重きがある映画かなという雰囲気。そのため空気も重く、どよんとしています。冒頭から狂気を感じさせるトビーマグワイアの演技が最高です。こんな表情もできるのですね。まさに「完全なるチェックメイト」に執念を燃やした彼の完璧主義は達成されるのか、それは見てのお楽しみ。