白鯨との闘い(2015)

海が牙をむく海洋スペクタクル・ドラマ

映画『白鯨との闘い』のフル動画を無料視聴する方法を、可能な限り最新情報を反映しつつ紹介しています。
今すぐ『白鯨との闘い』を見るなら動画リンクをチェック。

名匠ロン・ハワード監督が、19世紀に捕鯨船エセックス号を襲った実話を映画化。ハーマン・メルビルの名著「白鯨」に隠された事実を明かしたノンフィクション小説「復讐する海 捕鯨船エセックス号の悲劇」をもとに、太平洋沖で巨大な白鯨に襲われた捕鯨船の乗組員たちの死闘を臨場感たっぷりに描き出した。製作総指揮にはブルース・バーマン、サラ・ブラッドショー、パラク・パテル、エリカ・ハギンズなどが名を連ねる。1819年、一等航海士オーウェンと21人の仲間たちは、自分たちの使命を胸に家族を残して海へ出る。荒れ狂う海でもその障害にならない。捕鯨船エセックス号で太平洋を目指すのは、全て獲物のため。やがて彼らは驚くほど巨大な白いマッコウクジラと遭遇し、あり得ないほどの体格に翻弄されながら、激闘の末に船を沈められてしまう。なんとか生き残った面々は、3艘のボートで広大な海に脱出し、わずかな食料と飲料水だけを頼りに極限の漂流生活を余儀なくされる。それは終わりの見えないサバイバルで…。

原題:In the Heart of the Sea(「イン・ザ・ハート・オブ・ザ・シー」) / 製作:アメリカ(2015年) / 日本公開:2016年1月16日 / 122分 / 制作:ヴィレッジ・ロードショー・ピクチャーズ、イマジン・エンターテインメント / 配給:ワーナー・ブラザース / 製作費:1億ドル / 興行収入:9380万ドル

映画 『白鯨との闘い』予告編【HD】2016年1月16日公開
In the Heart of the Sea (2015) Behind the Scenes – Complete B-roll

(C)2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC ALL RIGHTS RESERVED.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『白鯨との闘い』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

見ごたえある映画がズラリ!
激動の社会で情熱をぶつけてきた人間模様を描いた作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスがオススメです。ネット配信だと画質が心配なんてことは必要なし。一昔前の動画サイトと違って、このサービスはDVDと遜色のないハイクオリティな映像を楽しめますし、なによりもテレビにも対応しているので大迫力なビジュアルはそのまま。映画体験を損なうようなことはありません。

「無料」はやっぱり魅力的!
先着ではない全員サービスの特典、それが耳寄りな無料お試しトライアルという嬉しいことだらけの満腹セットです。余分なコスト浪費は少なくしたい、ガッカリな気分になりたくない。そんなユーザーにフィッティング。おカネを前にまずは無料期間でコンテンツ内部のあれこれを試しにいじってみましょう。「無料であるなら悪い気はしないけど、本当ならいつまで?」と謎に思っているなら、具体的な時間も提示されています。多くは約1か月、短くとも2週間と考えてください。長さは余裕です。

アウトです!
不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。それで「白鯨との闘い」の視聴はダメです。「きっと上手く慎重に使えばバレないだろう」と油断しながら思っている方もいるかもしれませんが、法的にアウトである以上、利用者も捜査の対象になります。実際に類似の取り締まり事例では、ユーザーに関する情報も収集されました。人は過ちに気づいたときにはもう手遅れになっていることがいつものオチなので、そうならないためにも心掛けましょう。

迷ったときは?
「(/・ω・)/新作を待ってたよ!」と配信待機している皆さんもただ待つだけではなく、理想的な無料視聴を逃さずに。動画鑑賞への展望を削ぐのはVOD配信の急激な変化についていけるかということです。レンタルショップ以上に商品陳列がめまぐるしく変わるのは予想外に厄介だったりします。「白鯨との闘い」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。いつまでも悩んでもしょうがないです。このページを使って疑問点を解決しましょう。アイコン表示がこの作品を配信中のVODです。情報はある時点のものですが、参考にはじゅうぶん機能します。よくありがちなVODを紹介するサイトでは、基本的に一部のサービスを案内するだけで終わってしまうので情報が古いです。使っていないVODがありませんか? それは絶好のウルトラチャンスです。無料体験を手に入れられるのはその最初の出会いのときだけなのですから。

字幕・吹替、選択は自由
海外の外国語映画ならば選択しないといけないのは「字幕」か「吹き替え」か。この二択は日本特有のジレンマを発生させます。なぜなら日本語は言葉の量が長いこともあって、どうしても翻訳上の範囲におさめるためには省略が増えてしまうのです。ピュアな気持ちとしては原語重視で楽しめると良いのですが、そんな語学力はない。となるとやっぱり翻訳してもらうしかない。どちらがいいのかという問題になります。元も子もない言い方をすれば、比べるのが最良。「白鯨との闘い」の面白さの発見につながるかもしれません。

無料動画サイトとの違い
昔からの動画コンテンツを無料で楽しむ方法といえば、YouTubeなどの動画共有サイトです。今でも主流ではありますが、そのタイプの大型サイトは致命的な弱点も気になるものでした。それは低品質な動画が無数に存在し、ポリシーに基づいて管理されているとはいえ、違法性のあるものも放置されています。取り締まりが追い付いていないので、完全な改善の見込みは不透明。そんな雑多なサイトと根本的に管理体制が異なるVODは、オール・ハイクオリティなので不安定さは全くない、「白鯨との闘い」に最適の優良動画のみのサービスなのです。

ホームシアターのススメ
ワールドトップクラスのホームシアターは手に入らなくても自宅環境に最適なものを構築することはそこまで不可能な難題ではありません。実際にそれをやっている映画ファンもいて、ある程度の資金力があれば実現のハードルは多くを突破できます。これで無料気分でプライベート映画館が完成します。「白鯨との闘い」も最高級に。かといってそのホームシアターワールドを瞬間的に構築できるわけではありません。それなりの予算を投入しないといけないので覚悟はいります。しかし、それだけの達成感と充実感を得られ、それは何物にも代えがたい経験になります。

10回でも100回でも
映画を何回も観たいと思ったことはありませんか?「白鯨との闘い」を1度だけで満喫できたと思えますか? まさか途中までしか見ていないという人はいないと思いますが、全部観ても意外な見逃しがあるものです。伏線は至る所にあり、オチを知ってから見ると違った印象になることも。映画は噛めば噛むほど味が出るガムになる場合もあるのです。かといって映画館は複数鑑賞のコストがバカになりません。数千円のお金がサイフから消えるのは嫌です。そこでVOD。たった数百円の料金であらゆる映画を何十回と視聴できます。

『白鯨との闘い』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『白鯨との闘い』をさらに知る

★スタッフ
監督:ロン・ハワード(関連作品:『ラッシュ プライドと友情』)
脚本:チャールズ・リービット
撮影:アンソニー・ドッド・マントル
音楽:ロケ・バニョス

★キャスト
クリス・ヘムズワース、ベンジャミン・ウォーカー、キリアン・マーフィ、ベン・ウィショー、トム・ホランド、ブレンダン・グリーソン、ミシェル・フェアリー、ポール・アンダーソン、フランク・ディレイン、ジョゼフ・マウル

★『白鯨との闘い』の評価

IMDbRTMETA
6.943%47
映画comY!FM
??3.393.5
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『白鯨との闘い』の感想

●シネマトゥデイ 
海洋アドベンチャーのように思えますが、捕鯨時代の歴史ドラマにもなっています。クジラを獲る人たちの過酷な実態が明らかになり、当時の人は大変だったのだなと思わされるなど勉強になることがたくさん。この時代の欠かせないエネルギーであり、今は使われなくなった衰退した産業。その栄枯盛衰に想いをはせます。ロン・ハワードらしい壮大な男たちのドラマにも注目です。クリス・ヘムズワースをはじめとする男の中の男が盛沢山ですよ。
●DAILYMOTION  
邦題が明らかに誤解を招きます。クジラと大バトルを繰り広げるように思うではないですか。実際はそこはあまりメインではないのですよね。もちろんクジラは登場するのですが、結構リアルとフィクションのバランスが独特です。あくまで史実を基にしたヒストリー番組を有名俳優をキャスティングしてドラマチックに変えたような作品といいましょうか。モンスターパニックではないのでそこだけ注意です。個人的には世界史の教材に使えるかな。