ザ・トライブ(2014)

この映画を見れば必ず衝撃を受ける

映画『ザ・トライブ』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 配信状況を適度に更新中。
今すぐ『ザ・トライブ』を見るなら動画リンクをチェック。

聾唖(ろうあ)者の登場人物により、全編が手話のみで描かれる異色のドラマ。セリフが一切ないため、字幕も吹き替えも存在しない作品で、2014年・第67回カンヌ国際映画祭の批評家週間でグランプリを受賞。これが長編初監督となるウクライナの新鋭ミロスラブ・スラボシュピツキーがメガホンをとり、プロの俳優ではない、実際の聾唖者たちが役を演じた。聾学校に入学したセルゲイは自分の同じ状況にある人で構成されるコミュニティに立つ。一見平和で穏やかに見える学ぶ組織という建前を持つ学校の裏には、暴力や売春を生業にする組織=族(トライブ)が幅を利かせて、かなりの支配とコントロールでこの空間を制していた。セルゲイも次第に組織の中で頭角を現していくが、その結果、リーダーの愛人アナに恋をしてしまい、運命の歯車が狂い始める。そのことがきっかけで組織からリンチにあったセルゲイは、ある決断をする。

原題:Plemya(The Tribe) / 製作:ウクライナ(2014年) / 日本公開:2015年4月18日 / 132分 / 制作: / 配給:彩プロ、ミモザフィルム

映画 『ザ・トライブ』予告編

▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『ザ・トライブ』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなも使っている!
社会の中でさまざまな葛藤や苦悩を抱きながら生きる姿をストレートに描いた作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなセンセーショナルな映画をお得に観るなら、動画配信サービスを活用しましょう。大作ばかりではない、隠れた名作も配信では揃っており、検索すればすぐに見つかります。なかなか家で映画を見る時間をとれないという人も安心です。スマホが使えるのでアプリをインストールしておけば、好きな時に鑑賞することができます。

「無料」を見逃すな!
「有料か無料かどっちがいい?」と聞かれたら、誰だってタダがベストに決まっています。お試しでその利権をゲットです。アカウントを作ったらそのままお金が請求されるのは、ちょっと怖いものです。なにせまだサービスを試してもいないのですから。初回時ならばじっくり吟味したいものです。「映画を観終わったら無料期間でも退会できるのかな」これは最も寄せられる質問ですが、その答えは「大丈夫なので安心してください」です。解約は登録したその日にでもできてしまうので、自由です。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画コンテンツは高リスクです。それで「ザ・トライブ」の鑑賞はダメです。具体的なネガティブ事例を把握しておきたい人もいるでしょう。例えば、映画視聴途中にいきなり妨害するかのような広告が視界画面を覆い、それを消去しようと基本操作するも別ページに飛ばされ、個人情報が奪われる…などの悪質手段です。ブラウザの危険防止機能やアンチウィルスソフトのサポートだけでは防ぎきれないリスクもあるので注意です。

これに決めた!
「まるでショッピングセンターのお買い得コーナーを見ている気分!」そんな動画つかみ取りの幸福世界へようこそ。けれども障害物がドシンと横たわっており、それをどけるべきです。その課題は配信作品の変化。毎週頻度でガンガンと変わってしまうので把握は面倒だらけです。「ザ・トライブ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。頭を抱えて安易に諦める前に、このページのアイコンを確認しましょう。表示があればあとは動画リンクをたどっていくのみ。この独自の2段階確認システムで確実性を視覚的に高めています。単にVODのリンクを掲載しているだけでなく、視聴可能性の高いものを事前に確認できる二段階ステップを用意しているのが大きな特色です。お望みの無料動画にタッチできるかは今のタイミングしだいです。明日、明後日の配信を保証はできないので、関心を持ったときが使いどきです。

古い作品ならもしかして…
動画配信サービスを使わないで映画を無料で見るなんて、どうせ全部アウトな方法だろうと思ってしまいますが、唯一、合法的な手段があります。それはかなり作品が限定的なので汎用性はありませんが、覚えておいて損はありません。その方法とはパブリックドメイン。これは知的財産権が生じていないor消滅した作品のことで、つまり平たく言えば著作権切れの状態です。これに該当するならば当然ネット上にアップロードしても問題ないために、アーカイブサイトでフル動画が存在したりもします。

動画再生は快適?
動画再生の安定度は気になる部分ですが、それはサービス側の問題というよりは、ユーザーの通信環境の影響も大きいです。「ザ・トライブ」の動画がカクカクと止まる、不安定で遅いと思ったときは、ネット環境を見直しましょう。理由もわからずイライラしてしまいがちですが、落ち着いて消去法でひとつひとつ対処です。まずは、無線LANから有線LANに接続して速度が改善するか確認。それで良くなったら無線環境が悪い証拠です。それでも良くならないならルーター自体が古いか、設定の問題かもしれません。

無料の範囲はどこまで?
「無料」という言葉は魅惑的ですが、でもどこまでが無料なのか。「ザ・トライブ」は? 混乱しやすい部分なのでサービスごとに整理しましょう。詳細は別のページにまとめているので、詳しく知りたい方はそちらを参考にしてください。ざっくりまとめるなら、見放題系のHuluやNetflixと、個別購入型を含むU-NEXTやdTVでは無料の意味合いが違ってきます。前者であればすぐに好きなだけ全部が無料で見られます。後者では事前の登録時にもらえるポイントの範囲内で動画が見られるので、数に限りのある一部無料と言うべきかもしれません。

SNSで映画を語ろう
多くの人たちが情報交換の場に利用しているSNS。映画を見た後にもその感想などを語り合いたいときはSNSを駆使しましょう。「ザ・トライブ」の鑑賞はそれで終わるのではなく、SNSで感想を流すことでさらなる変化が生まれます。バズることで映画が大ヒットするかもしれませんし、思わぬ発見につながって映画の楽しさを発掘できるかもしれません。友人との輪を強固にして、さらなるフレンドの増加にもつながることも。どんな媒体でもいいので鑑賞報告をしてみるだけでもぜひともお試ししてみてください。

『ザ・トライブ』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『ザ・トライブ』をさらに知る

★スタッフ
監督:ミロスラブ・スラボシュピツキー
脚本:ミロスラブ・スラボシュピツキー

★キャスト
グリゴリー・フェセンコ、ヤナ・ノビコバ、ロザ・バビィ、オレクサンダー・ドジャデヴィチ、ヤロスラヴ・ビレツキー、イワン・ ティシコ、オレクサンダー・オサドッチイ、オレクサンダー・ シデリニコフ、サシャ・ルサコフ

★『ザ・トライブ』の評価

IMDbRTMETA
7.187%??
映画comY!FM
??3.343.4
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『ザ・トライブ』の感想

●映画無料夢心地
手話は言語であり、その点をもって高く評価することはこの映画に対して大きな誤解と失礼を生むだろう。字幕も吹き替えも存在しないことは大した意味ではない。あなたの持ちうる想像力をフルで使うことになる。だから解釈の難易度は跳ね上がる。ドキュメンタリーのような普通感と、聾唖者の世界が異質のように見えて、変な気持ちになる。でも、この世界は普通に存在しているのだ。そんな思いを馳せながらこの物語に浸ると別におかしくもな。
●シネマトゥデイ 
音声がなく、でも何を主張しているか、物語がどう展開しているかが読み取るように分かる、他にない素晴らしい作品。言葉によるコミュニケーションも勿論大事だけれど、それだけじゃないし、人間のコミュニティも本当に多種多様で知らないものが多くあるのだと感じさせる。「トライブ」とは部族や族という意味であり、舞台になっているろうあ学校にも悪いトライブが形成されていて、犯罪や売春をする。ひとつの国になっているのが風刺的。
●TOHOシネマズ  
無字幕、BGMなし、言語は手話と、唯一無二の手法で展開される映画。糸をピンと張ったような緊張感が常に張り詰めていて、サスペンスのなかでぐいぐいと物語に引き込まれる。手話を学んだ事はないけれど、彼らの操る手話という言語は、表現力豊かで情熱的で、そこが意外だった。もっと淡々とした記号的なものだと思っていた。暴力シーンも、会話の内容がわからない為、最初は突発的で恐ろしかった。しかし、暴力とは本来そんなものかもしれない。