オデッセイ / The Martian

火星でひとりぼっち。武器は科学

映画『オデッセイ』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 広告ばかりのサイトはお断りです。
今すぐ『オデッセイ』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:The Martian / 製作:アメリカ(2015年) / 日本公開:2016年2月5日 / 142分 / 制作:スコット・フリー・プロダクションズ / 配給:20世紀フォックス / 製作費:1億800万ドル / 興行収入:5億9700万ドル

映画『オデッセイ 』予告編
『オデッセイ』特別映像
The Martian (2015) Bloopers & Gag Reel

©2015 Twentieth Century Fox Film


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】字幕or吹替
VOD2【Hulu】高品質
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『オデッセイ』の無料動画を見る方法

絶体絶命の状況下を知恵と作戦で乗り越えていくような気になる展開の映画はそれだけで見ごたえがあります。そんなワクワクするようなエンターテインメントを観たいときは、動画配信サービスを有効に使いましょう。ネット配信ば、レンタル店でDVDを借りるよりも簡単に動画を見ることができます。今では利用者もとても多いサービスであり、初心者でもすぐに始められるので、悩むことはありません。今日から観たい映画を鑑賞する体験ができます。

しかも、無料でサービスをお試しできるという、とてもありがたい初心者救済もたいていは実施されています。「あ~しばらくは無料になってカネなしでOKにならないかな」そんな要望にバシッとお答え。動画も無料になってしまうミラクルな期間が初めての利用者のみ提供される無料動画テクニックです。「YouTubeとは何か違うのですか?」そんな初歩的な質問にお答えすると、これはそういう一般的な動画サイトと違って、質を重視したものと考えてください。全ての動画が高水準なものばかり。

不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。最悪の被害は経験しないとわからないかもしれませんが、とりあえずできる限りの注意喚起をしておきます。最初のダメージは不正広告です。続いて個人情報を盗まれます。さらにあなたの利用端末の故障にも繋がり、トリプルパンチの激しい殴打です。あなたにとってベストな選択肢は、確実な安心安全が保障された動画配信サービスを味方にすることです。

映画の歴史は長いので80年前の作品もあれば、ついこの間の作品もありますが、新旧問わず要望に叶えられるのは最高です。しかし、配信中のVODの存在は五里霧中というか、とにかくわかりにくいです。サイト内で確認はできますが、数が多すぎるので追い付かないという現実的な壁にぶちあたります。「オデッセイ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。VODでの配信の有無を確認するのはひとつだけならすぐ済みます。でもそれが複数サービスで横断するとなるとややこしさが数倍にアップします。そこでこのページを補足に活用していきましょう。掲載対象にしているVODの種類がどこよりも盛沢山で、特定のサービスをえこひいきしていないのがフルムビバースの強みです。イントロダクションとして最初の一歩に使うための情報なので、あとはここから足掛かりに無料視聴で映画バケーションをエンジョイしてください。

海外映画ウォッチャーにとっての譲れない論点。それが「字幕」と「吹き替え」をめぐるプライド。それぞれの言い分があるのは百も承知。今はどちらがいいのかを競っている場合ではありません。大事なのは双方を尊重して互いに満足する視聴スタイルを提供してくれるメディアを探すこと。VODはまさにどちらの需要にも答えられるスーパーヘルパー。どんどん頼りましょう。「オデッセイ」にも字幕と吹替それぞれの魅力があるので、その点でもマッチするものを考慮してみるのもいいでしょう。

動画再生の安定度は気になる部分ですが、安易にサービスのせいだと決めつける前に、まずは自分の通信品質も疑ってみましょう。「オデッセイ」の動画が頻繁にストップする、再生が安定せずに始まりすらしない…そういう状態ならばネット環境を改善すると良いかもしれません。とくに無線LAN(WiFi)を利用している端末ならば、通信電波が弱いゆえにどうしても速度が出ないことが多々あります。まずはルーターに近づいて良くなるか確認です。他の電波を出す機器と競合していないかも調べると良いでしょう。

『オデッセイ』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『オデッセイ』をさらに知る

火星にひとり取り残された宇宙飛行士のサバイバルを緻密な科学描写とともに描いた、アンディ・ウィアーのベストセラー小説「火星の人」を映画化。極限状態の中でも人間性を失わず、地球帰還への希望をもって生き続ける科学者の主人公マーク・ワトニーをマット・デイモンが演じ、SF映画の傑作を残してきた巨匠リドリー・スコットがメガホンをとった。製作にはサイモン・キンバーグ、リドリー・スコット、マイケル・シェイファー、アディッティア・スードなどが名を連ねる。火星での有人探査の最中、嵐に巻き込まれてしまったワトニーは怪我をし、孤立。仲間たちは緊急事態を脱するため、ワトニーのことが心配であったが、やむなく彼を置いて探査船を発進させ、未練を残しつつも火星を去ってしまう。死亡したと推測されるワトニーは、誰もが諦めるしかなかった。しかし、奇跡的に死を免れていたワトニーは、なんとか生きようとする。酸素は少なく、水も通信手段もなく、食料は31日分という絶望的環境で、助けになるのは4年後に次の探査船が火星にやってくるタイミング。それまで生き延びようと、科学の知恵を振り絞り、あらゆる手段を尽くしていく。

★スタッフ
監督:リドリー・スコット(関連作品:『エクソダス:神と王』)
脚本:ドリュー・ゴダード
撮影:ダリウス・ウォルスキー
音楽:ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ

★キャスト
マット・デイモン、ジェシカ・チャステイン、クリステン・ウィグ、ジェフ・ダニエルズ、マイケル・ペーニャ、ショーン・ビーン、ケイト・マーラ、セバスチャン・スタン、アクセル・ヘニー、キウェテル・イジョフォー

★雑学(トリビア)
・火星の重力は地球より小さいが、本作ではその描写はない。

★『オデッセイ』の評価

IMDbRTMETA
8.091%80
映画comY!FM
3.83.763.8
フルムビバース独自ランク
S(必見の傑作)

★『オデッセイ』の受賞
第73回ゴールデングローブ賞で最優秀作品賞(コメディ/ミュージカル)と最優秀主演男優賞(コメディ/ミュージカル)を受賞。

★『オデッセイ』の感想
・宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。
・町山智浩:たまむすび
 ↑アメリカ在住の映画評論家町山智浩の映画評論。

●シネマトゥデイ  
予想外に愉快で楽しい映画でした。まるでミュージカルみたいと思ったりも。主人公のワトニーがとても前向きでこっちも元気がもらえます。ここまで過酷な環境はないし、普通なら絶望するのですが、ワトニーは絶対に挫けない。それどころか陽気ですらある。その生き方が今の辛いニュースばかりの社会のなかで、私たちに生きる希望をあらためて見せてくれるようなそんな後押しをもらえる。気分が滅入ったときにこそこの映画を観るべきだろう。
●VUDU 
とにかく最高! 観て良かった。劇中で流れる「Starman」や「Love Train」などの音楽がまた堪らないですね。火星に置いてけぼりになった宇宙飛行士が、次の火星探索まで生き抜こうとするサバイバル生活を描くのですが、ここまで明るいストーリーだとは、鑑賞前は予想もできませんでした。科学が好きな人はもちろん、嫌いな人もこれで科学に興味がわくはず。とくにこれは子どもたちにみてもらって、将来の科学者に育ってほしいなと思います。