ジョン・ウィック(1作目)

シリーズ第1弾。キアヌ・リーブスを怒らせてはいけない

映画『ジョン・ウィック』のフル動画を無料視聴する方法を百発百中でレコメンドしています! すぐに動画サイトが特定できます。
今すぐ『ジョン・ウィック』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:John Wick(「ジョンウィック1」) / アメリカ(2014年) / 日本公開:2015年10月16日 / 103分 / 制作:Thunder Road Pictures / 配給:ポニーキャニオン / 次作:『ジョン・ウィック チャプター2

キアヌ・リーヴス復活!『ジョン・ウィック』本予告編

(C)2015 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved. (c) David Lee

動画
▼『ジョン・ウィック』の動画リンク▼

VOD1【U-NEXTで動画を見る 字幕or吹替

VOD2【Huluで動画を見る マルチ対応

VOD3【TSUTAYAで動画を見る

VOD4【-

VOD5【-

[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコンで視聴可能性大。
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV
⇒ VOD3
dTV ▼dTV
Videomarket ▼ビデオマーケット
Amazon ▼Amazonビデオ
Rakuten ▼Rakuten TV

▼『ジョン・ウィック』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

利用者は激増中です!
人気俳優の主演作ともなれば注目を集めやすいものです。そんな手に汗握るようなアクション映画を満喫するなら、動画配信サービスを使いましょう。アンケート調査によれば6人に1人が使っているという統計もあり、その数字からもわかるように非常に一般に普及しました。まだ使ったことがないという初心者でも安心してください。敷居は低いので、登録すればすぐに使いこなせます。映画をどんどん鑑賞してテンションをあげてください。

「無料」の恩恵にあずかろう!
「出費はこりごりです…」そんな鬱憤もこれで爽快。別に永遠に無料ではないですがお得なのは事実。無料のフリートライアルでタダ動画を一定期間楽しめるので親切設計です。普通はお金がかかるのでクレカでの引き落としが発生するものです。でもこの特典体験によって一部期間は無料が確保されるので、その間は見たい配信中動画を好きなように視聴できるのです。「登録しても飽きたらすぐにやめられるのかな」もちろんこちらの本音はずっと使ってほしいと願っていますが、ユーザーの気持ちは止められませんので、そのときは自由に利用停止しても構いません。チャド・スタエルスキ監督の「ジョン・ウィック」もアリ。

その動画は信じていいのか?
不正な動画ウェブサイトはどこまでもドツボにハマるので適法性・実用性の二点で非推奨。それでキアヌ・リーブス出演の「ジョン・ウィック」の視聴はダメです。そういう絶対にデンジャーなサイトを見分けることはできるのでしょうか。一般的にランキングサイトのリンクを大量に設置して誘導するようなサイトは黄色信号。それだけでもじゅうぶんに警戒する必要はあります。アダルト系の広告を大量に配置するサイトは完全に赤信号です。リスクしかありません。急ぐ必要はないですけど、該当者は公式動画を取りそろえたサービスの安定感に準備できしだい移行すべきです。

これに決めた!
「こんなの見せられたら真顔で登録画面に向かっちゃうよ」と思ったのならば、その動画への本能を止めてはいけません。百聞は一見に如かずなので試したいのはやまやまなのですが、しかし、その手がピタッと止まってしまう要因になるのがVODのあまりの種類の多さです。選ばないといけません。ミカエル・ニクビスト出演の「ジョン・ウィック」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。悩み過ぎても頭が痛くなるだけ。無用な苦しみから解放されるために、このページ内に掲載中の視聴可能なVODアイコンを確認していきましょう。それだけで完了するのでテキストは忙しいなら無視してもOKです。その名のとおり、フルムビバースでは映画(ムービー)がたっぷり(フル)と共存空間(ユニバース)を構築しています。「また今度でいいかな」と体験チャンスを後回しにしていると、明らかに致命的な見逃しにつながるかもしれません。本当に動画が見たいときに配信が綺麗さっぱり無くなっているというオチもありえます。

字幕・吹替、選択は自由
外国の映画を見るとき、人を真っ二つに大きく分けるのは「字幕」で観るか、「吹き替え」で観るかということです。熱演を披露する役者の演技をダイレクトに満喫するなら迷うことなく字幕でしょうし、そうじゃなく字幕は画面が汚れる感じで嫌だという人ならきっと吹替一択になるはず。どちらを選ぶのかはあなたしだいで、動画をサポートできる適切なものをチョイス。一長一短のメリット&デメリットを抱えており、完全な好きな方を選ぶべき話です。VODはダブルタイプ選択可能な作品も収録済みなので、見比べるor聴き比べるのも新しい「ジョン・ウィック」の面白さの発見につながるかもしれません。

支払い方法は?
VODを継続的に利用する際の基本となってくる料金の支払い方ですが、アルフィー・アレン出演の人気シリーズ第1弾「ジョン・ウィック」を見るには飛び越えるべき段差がひとつ。まずはクレジットカードです。VODは支払い情報先が必須。これで信頼性を獲得しています。それはあなたが実在の人間であることの証明です。キャリア決済もある場合もあって、それだとスマホ料金と一緒になります。簡単に買えるプリペイド系はユーザーを偽装できるので原則使えないのがほとんどです。クレジットカードが未所持の人もいるでしょうが、大丈夫です。代わりの手段を使いましょう。登録したカードは自由に変更できるので有効なものを常に使いましょう。

ホームシアターのススメ
スマートフォンでずっと満足していたあなたも新しい世界へ飛び込んでみませんか。それはホームシアター・ワールドです。もはやパソコンやテレビですらも用済みになりかねないくらいの新体験。映画館が家にあるようなもので、チケットなんていりません。入場時間もないのです。マイ空間の完成です。ウィレム・デフォー出演のリベンジアクション「ジョン・ウィック」も最高級に。この贅沢な環境を実現するには「プロジェクター」と「オーディオセット」、それと「スクリーン」が求められます。もしVODを使い続け、さらなる高みを目指したいなら、ひとつの夢として目標にするのも良いでしょう。

その動画サイトは使える?
ディーン・ウィンタース出演のスーパーガン映画「ジョン・ウィック」を血眼になって無料で見る!と思考するのも止めません。でも良いのでしょうか。「vidoo」「vidia」「mixdrop」「cloudvideo」「clipwatching」「openload」「dailymotion」「Miomio」「Pandora」といったサイトに手を出してしまって…。無論なのですが「知らなかった」とは言わせないために明記しておきますが、そういう自由なアップロードできてしまうタイプは違法コンテンツだらけです。仮にそれらをリンクを貼って促すページがあったとしてもただちにバックしてください。動画を見たいならマシなものがあります。

『ジョン・ウィック』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2020年2月4日時点での『ジョン・ウィック』の動画配信
  • 「TSUTAYA」「dTV」「ビデオマーケット」「Amazonビデオ」「Rakuten TV」です。

▼『ジョン・ウィック』をさらに知る

キアヌ・リーブスが主演を務め、元殺し屋の壮絶な復讐劇を描いたアクション。製作総指揮にはピーター・ローソン、マイク・アプトン、ジョセフ・ビンセント、エリカ・リーなどが名を連ねる。愛する女性ヘレンとの出会いをきっかけに、暴力が蔓延する裏社会から足を洗った殺し屋ジョン・ウィック。しかし、ヘレンは病に倒れて帰らぬ人となってしまい、せっかくの二人の人生を過ごすはずだったジョンは孤独の中で悲しみに暮れるしかなかった。そんなジョンのもとに、ヘレンが生前に用意していたデイジーという名の一匹の子犬が届けられ、喪失感でズタズタになっていた心を癒す。亡き妻の思いが託されたデイジーとの生活で再び心に平穏を取り戻していくジョン。もう一度生きるのもいいかもしれない。ところが、ある日、ジョンの所有する車を狙って家に押し入ったロシアンマフィアが、目の前で残酷にもデイジーを殺してしまい、またもや悲しみを味わう。生きる希望だったデイジーを奪われたジョンは、立ち上がった。今度は怒りが彼を突き動かす。かつてその名をとどろかせた裏社会に舞い戻り、ロシアンマフィアの組織を相手に単身戦いを挑む。立ちはだかるものは皆殺しにするのみ…。

★『ジョン・ウィック』のスタッフ
監督:チャド・スタエルスキ
脚本:デレク・コルスタッド
撮影:ジョナサン・セラ
音楽:タイラー・ベイツ、ジョエル・J・リチャード

★キャスト
キアヌ・リーブス、ミカエル・ニクビスト、アルフィー・アレン、ウィレム・デフォー、ブリジット・モイナハン、ディーン・ウィンタース、イアン・マクシェーン、ジョン・レグイザモ、デヴィッド・パトリック・ケリー

★『ジョン・ウィック』の評価

IMDbRTMETA
7.387%68
映画comY!FM
3.63.603.7
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『ジョン・ウィック』の感想

●シネマトゥデイ  
主人公補正という言葉があるがそれを逆手に取ってひたすら「コイツ、ヤバい、強い!」のノリで突き進んでいくアクション。その斬新さはそれだけでなく、常に近接ガンアクションでヘッドショットを決めていくスタイルと、殺し屋業界という存在が確かにある世界観設定がまた面白く、意外な深みをもたらしてくれる。煽りに煽るヴィゴにも動じずに目的を果たそうとするキラーマシーンっぷりが、まさに敵キャラと同じく笑うしかない状況に。
●VUDU  
亡き妻がプレゼントしてくれた愛犬を殺された。これ以上の復讐の理由があるだろうか。キアヌ・リーブスを楽しめるか楽しめないかで評価が変わるでしょうが、それを差し置いても、この作品の圧倒的なマニアの需要に応えるサービス精神が素晴らしいのです。はい、こういうのを見たかったのでしょう?というニーズにダイレクトにお答えするプロっぷり。これが「ジョンウィック」の魅力。他にアクション映画にはない世界観の広がりも見事。