007 スペクター

シリーズ第24弾。史上最悪の強敵が現れる

映画『007 スペクター』のフル動画を無料視聴する有効な方法をレコメンドしています! 広告だらけのサイトとはもうオサラバ。
今すぐ『007 スペクター』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Spectre / 製作:イギリス(2015年) / 日本公開:2015年12月4日 / 148分 / 制作: / 配給: / 前作:『007 スカイフォール

映画『007 スペクター』予告2 2015年12月4日公開

© 2015 Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc., Danjaq, LLC and Columbia Pictures Industries, Inc. All rights reserved.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】字幕or吹替
VOD2【Hulu】完全フル
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る
Rakuten ▼Rakuten TV(お試し無し)
 今すぐ見る

▼『007 スペクター』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

一気見の強い味方!
世代を超えて末永く愛されている作品はそれだけの魅力がキャラクターや世界観に詰まっている証拠です。そんなエネルギッシュな映画をお得に観るなら、動画配信サービスを利用しましょう。これはシリーズものを見るのに最適です。レンタル店でDVDを借りる場合だとひとつひとつを見つけるのも大変だったりしますが、ネット配信ならば、一挙配信していることもあって、一気見するのが非常に楽です。充実した日々を過ごせるので大満足です。

「無料」の恩恵にあずかろう!
「お金がかかる…」とためらうことはありません。なにせこれは千載一遇のラッキーなのですから。というのも無料トライアルで一定期間はタダになるので財布に優しいです。この世は理不尽なもので、消費税や所得税、年金など、あらゆる負担がのしかかってきます。嫌な話ですが事実。映画はなるべくお得に観たっていいじゃないですか。お試しはそのありがたい救済になるものです。「十数年前の観飽きた作品ばかりだと魅力はないな…」「もうなるべくなら新作だって欲しいのだけど」とテンション低めならば、一気に期待を爆上げしましょう。配信開始した新作もいち早く取り揃え、即視聴できる優等生なサービスがあなたの欲望と期待を高めてくれます。「007 スペクター」もアリ。

その動画ってマズくない?
不正な動画ウェブサイトは言うまでもないのですが適法性・実用性の二点で非推奨。それで「007 スペクター」の視聴はダメです。ある専門家はこうも言っています。「違法サイトは動画をタダで見せてくれる親切なところではない。新しいサイトが続々出てくるがどれも同じこと。それを釣り餌にして相手の油断を誘う偽善者だ」と。出回っている所在不明な動画コンテンツは必ず何かの危険をともなうので例え自分は大丈夫だと自信過剰に浸っていても関わらないようにしましょう。赤信号みんなで渡れば…ただの大量犠牲者が出るだけなのです。わかっていても飛び込むのならばそれは紛れもないヘッドショットを自分に決める自殺行為です。

あなたの選択は自由!
まさにタイムリーだった公開から時間もホヤホヤの映画から、劇場スルーの見逃していることの多い隠れシネマ、さらにはクラシックな作品まで、そのカバーは広域です。でもVODの配信作品は数千から数万と莫大。この中の顔ぶれは日々変化し、何が今の状況なのかを確認しづらく、観たい作品の状況を追跡するのは、蠢くアリの群れの1匹を注目し続けるくらいに疲れてきます。「007 スペクター」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。「一気にパパっと確認するラクチンな方法はないのか」「どうせならあらゆる作品をおさえておきたい」その要望にバッチリ応えるこのページは確認手順を短縮して時間のロスを最小限に。なるべく視聴までテキパキ進むならこれがベターになるような設計をしています。「最新じゃないと情報には利益もない」というご要望に可能な限り答えるべく、手動でできる範囲の更新を丹念に心掛けています。しかし、その労力はかけてはいるのですが、配信リストは流動性が高く、毎日の変化が起こるので、申し訳ありませんがこのページが必ず最新であるとは保証できません。ぜひ公式で自分の目で最終チェックをお願いします。

あなたはどっち派?
外国語の映画鑑賞(とくに英語)では、字幕と吹替の2バージョンが存在することが多く、どちらを見るかを選別しなくてはいけません。キャスト陣の声をダイレクトに耳にするならば字幕一択ですが、目で文字を追いかけるのが大変で、肝心の映像への集中ができません。一方の吹替は映像に専念できますが、声をあてた人の力量に左右されてしまうので、作品イメージがガラッと変わってしまうことも。一長一短があるので、少し比較してみるのも新しい「007 スペクター」の面白さの探索につながって発見にたどりつくかもしれません。

支払い方法は?
VODを継続的に利用する際の忘れることはできない料金の支払い方ですが、「007 スペクター」を見たい気持ちをまずは抑え、原則的にクレジットカードの登録が大前提。自分は無料お試しを使いたいだけという人も、最初の登録段階で支払い関連の入力は必須です。その理由は、同一のユーザーが複数アカウントを作るのを防止することや、ちゃんと支払い可能なユーザーであると証明することなどの事情があります。必須項目としてクレカ情報を入力したとしても、初回利用者ならすぐに請求になるわけではないので変に不安にならなくても大丈夫です。

高評価作品は観る価値あり
闇雲に映画を漁るのもそれはそれで宝探しのようでワクワクしてきますが、最小の労力で可能な限り高評価の映画を観ていくのも良いものです。駄作に出会ってガッカリということも避けられますし、何よりもレベルの高い作品を見ることで鑑賞眼も鍛えられます。目安となるのは「アカデミー賞」など著名な映画賞を受賞した作品、もしくは適正なレビュワーによってランクされた作品をチョイスしていくことです。「007 スペクター」ももしかしたら? 話題作だけでない、文化的・芸術的・社会的に多彩な支持を得ているような価値のある映画に触れることで新しい扉が開けます。

その動画サイトは使える?
「007 スペクター」を無料で見る方法をサーチ中ならば、さまざまな動画サイトが目につくでしょう。動画がズラリと並んでいる「dailymotion」、昔から利用者も多い「Pandora」、中国系のサイトとして重大な存在感のある「Miomio」「BiliBili」、動画ファイルをアップロードできてシェアする「openload」。これらを欠点をあげつつも自己責任で使用を促すような紹介サイトもありますが、その手に騙されてはいけません。その違法ページの検索リンクを掲載しているサイトは無責任ですので、関わらない方がいいでしょう。

『007 スペクター』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2019年11月18日時点での『007 スペクター』の動画配信
  • 「Amazonビデオ」「Rakuten TV」です。

▼『007 スペクター』をさらに知る

ダニエル・クレイグが4度目のジェームズ・ボンド役を演じる「007」シリーズ第24作。製作総指揮はカラム・マクドゥガル、製作はバーバラ・ブロッコリとマイケル・G・ウィルソン。「スカイフォール」で焼け残った写真を受け取ったボンドは、そこに隠された謎を追って単身で死者の祭りに賑わうメキシコに行き、続いてローマと渡っていく。その過程で悪名高い犯罪者の美しい未亡人ルキア・スキアラと出会ったボンドは、ある強大な暗躍者の存在を知る。悪の組織スペクターの存在を突き止め、いつものように接近していくが、上手くかわされ、敵は消える。しかし、敵はボンドの予想もつかないほど巨大な影響力を持っていて、それは過去に関係するものだった。

★スタッフ
監督:サム・メンデス
脚本:ジョン・ローガン、ニール・パービス、ロバート・ウェイド、ジェズ・バターワース
撮影:ホイテ・バン・ホイテマ
音楽:トーマス・ニューマン

★キャスト
ダニエル・クレイグ、クリストフ・ワルツ、レア・セドゥー、レイフ・ファインズ、モニカ・ベルッチ、ベン・ウィショー、ナオミ・ハリス、デビッド・バウティスタ、アンドリュー・スコット、ステファニー・シグマン、ネーヴェ・ガチェブ、イェスパー・クリステンセン

★雑学(トリビア)
・1961年の『サンダーボール作戦』製作の際に「スペクター」という組織の名称等の権利をめぐり、原作者と当時のプロデューサーの間で訴訟が起きて決裂したため、長らく「007」シリーズでは「スペクター」という言葉は使えなかった。本作で権利問題が解決したため、久しぶりの「スペクター」の登場となる。
・おなじみのオープニングでのガンバレル・シークエンスは『ダイ・アナザー・デイ』以来13年ぶりとなる。

★『007 スペクター』の評価

IMDbRTMETA
6.863%60
映画comY!FM
3.73.793.8
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『007 スペクター』の受賞
第73回ゴールデングローブ賞で最優秀主題歌賞を受賞。

★『007 スペクター』の感想
・宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●シネマトゥデイ  
前作がかなりシリーズの中でも特異な一作でしたが、同じ監督による今作は原点回帰的というか、いつもの派手でめちゃくちゃなアクションによるスパイ映画のノリが戻ってきました。驚いたのはダニエルクレイグ版OO7の作品が一応時間軸として同じ世界を共有していたということ。多少無理がありますが、この横暴な設定もまた007らしさということで。今作は序盤のメキシコの死者の日のシーンの華やかさなど、いきなり見どころがあって最高です。
●VUDU  
著作権的に「スペクター」という単語が使えなかった制約から脱し、ついにシリーズ定番のあの悪役が登場。ファンなら当然テンションが上がる。ダニエルクレイグのボンドにもすっかり慣れて、おなじみのキャラにも愛着を持ち始め、この世界観にも馴染んだピークにこの映画が生まれたので、一番安定感がある気がします。雪山滑走シーンなど意味不明なほどのダイナミックさは今作も健在。あと10作はダニエルクレイグで007を見たいのに…。