X-ミッション / Point Break

あの大技も全部実演!驚愕アクション!

映画『X-ミッション』のフル動画を無料視聴する利便性の高い方法を、サイトをたらい回しにさせずに紹介しています。
今すぐ『X-ミッション』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Point Break(「エックスミッション」) / アメリカ(2015年) / 日本公開:2016年2月20日 / 114分 / 制作:アルコン・エンタテイメント、スタジオ・バーベルスベルク、DMGエンターテインメント / 配給:ワーナー・ブラザース / 製作費:1億500万ドル / 興行収入:1億2890万ドル

映画 『X-ミッション』本予告【HD】2016年2月20日公開

(c) 2015 Warner Bros. Ent. (c) Alcon Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

動画
▼『X-ミッション』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る 字幕or吹替

VOD2 Huluで動画を見る 多機能視聴

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

- -
[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコンで視聴可能性大。
U-NEXT ▼U-NEXT
⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV
⇒ VOD3
dTV ▼dTV
Videomarket ▼ビデオマーケット
Netflix ▼Netflix
Amazon ▼Amazonビデオ
Rakuten ▼Rakuten TV

▼『X-ミッション』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

スリルが動画で迫ってくる!
ド派手な映像で観客のテンションを爆上げするような作品は最高にエンターテインメントとして楽しいものです。そんなパワフルな映画をお得に観るなら、動画配信サービスを活用しましょう。人気も増加しており、アンケート調査によれば6人に1人が使っているという記録もあり、今ではレンタル店でDVDを借りる以上に身近になりました。まだ使っていない人でも安心。敷居は低いので容易にスタートダッシュすることができます。

「無料」より安いものなし!
追加でお得なものもあります。プラスアルファというよりメインかもしれません。初回無料トライアル・エントランスです。お試しには期間があるというだけで(2週間まで、1か月までなど)、機能自体の制限はないので、スマホでは使えませんというような煩わしい欠点もなく、完全な利用が最初からできます。「3日とかで無料終了ならば、忘れていつのまにかカネをとられる!」「フリーであるはずのものだけど持続性は?」そういう恐怖は無いです。ちゃんとじゅうぶんな期間がありますし、事前にメールでも知らせてくれるので、そこは配慮ありです。エリクソン・コア監督の「X-ミッション」も配信中。

ド級の危険が迫る!
不正な動画ウェブサイトはハイスピードでリスクが飛び込んでくるので適法性・実用性の二点で非推奨。それでエドガー・ラミレス出演の「X-ミッション」の視聴はダメです。最悪の被害は経験しないとわからないかもしれませんが、とりあえずできる限りの注意喚起をしておきます。それがやるべき最善のことなのですから。最初のダメージは不正広告です。続いて個人情報を盗まれます。さらにあなたの利用端末の故障にも繋がり、トリプルパンチの激しい殴打です。ベストアンサーはカンニングせずとももう目の前に突き出されているはず。健全な視聴環境の構築が何よりも平穏です。

いちはやくウォッチ!
「次々と更新される怒涛の映画情報を見ていたら、VODに今から手を出したい!」そんな抑えられない衝動も納得。注意すべき大きな特徴は配信の状態であり、これは1年ごとに変わるのではなく、週単位、下手をすれば1日単位でチェンジしてしまうということであり、目が追い付きません。ルーク・ブレイシー出演の「X-ミッション」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。いつまでも悩んでもしょうがないです。このページを使って疑問点を解決しましょう。アイコン表示がこの作品を配信中のVODです。情報はある時点のものですが、参考にはじゅうぶん機能します。さすがに1日ごとに対応していくのは物理的に不可能ですが、フルムビバースは適度な情報更新を実施しています。レコメンドはあくまで推薦なので、絶対にこれを使ってくださいというものではなく、選択の自由はあります。安易な押しつけではないので、ぜひとも自分で使って試行してみてください。

字幕・吹替、選択は自由
外国の映画を見るとき、人を大きくセパレートして分けるのは「字幕」で観るか、「吹き替え」で観るかということです。吹き替えは声優を担当した人たちの工夫や独特のアレンジも加わって別の魅力が醸し出されているものも多いです。一方の字幕では文字数の制約上、セリフはかなり省略されてしまうという問題はありますが、無添加になっている俳優の素の演技も楽しめる面白さがあります。それは個人の味わいを変えてくれます。VODはその字幕と吹替を自由に選択できるものもあるので、じっくりと見比べるor聴き比べるのも新しい「X-ミッション」の面白さの発見につながるかもしれません。

どれで見れるの?
VODで動画視聴する際はじっくりと考えるべき点として再生機器の条件を満たす必要が「X-ミッション」でもあります。自宅でテレビ鑑賞するならば、そのテレビが対応機種か確認(各メーカーのサイトや取扱説明書を要チェック)。お手持ちのパソコン鑑賞なら、たいていのウェブブラウザに対応済み。使っているものがよほど大手メーカーではないものでもない限りは大丈夫。EdgeやChromeなど既存のもので万事OK。ブラウザは必ず最新バージョンに更新しておくと不具合やセキュリティリスクもなくて快適な再生ができます。スマホの場合は、アプリのインストールが最も安定していますが、常に最新の更新を適用しましょう。

フェアにオススメします
VOD紹介サイトはアフィリエイト広告を利用して特定のサービスだけに誘導するものもよくあります。しかし、それではユーザーが本当に吟味することはできず、ただただ流されていくだけになってしまい、不誠実な状況です。中にはかなり安易に月額料金の高いモノだけを推奨してくることも。そこでこのフルムビバースでは基本は配信中のVODを対等に取り扱い、意図的な収益目的の選択肢のないリードはしていません。個人の選択の自由を最大限尊重しています。単純にレイ・ウィンストン出演の「X-ミッション」の配信の有無だけでなく、適度にマッチングしてグッと映画体験を拡充してくれるディープな出会いを届けていきたいと思います。

高画質で見られる?
ネット動画の品質は確かに昔は低いものでした。ノイズなどはましで、そもそも再生自体が軽快に動かないことも常態化。ただ、今のVODは桁違いに進化しています。4Kなどのハイクラス品質にも対応し始め、すでにどれだけ高い機器を持っているかで左右されるのですが、ディスク自体もいらない気分になってきます。それがはるかにお安い値段で提供されている時代になったのですから便利な発展です。そうはいってもあなたの使用アイテムでは自信がないこともあるでしょう。そのときは調整可能です。テリーサ・パーマー出演の「X-ミッション」の動画を楽しみましょう。

『X-ミッション』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2020年2月25日時点での『X-ミッション』の動画配信
  • 「U-NEXT」「TSUTAYA」「dTV」「ビデオマーケット」「Netflix」「Amazonビデオ」「Rakuten TV」です。

▼『X-ミッション』をさらに知る

パトリック・スウェイジ&キアヌ・リーブス主演、キャスリン・ビグロー監督による1991年の名作アクション『ハートブルー』をリメイク。『X-ミッション』の製作総指揮にはジョン・マクマリック、ダン・ミンツ、ウー・ビン、ロバート・L・レビなどが名を連ねる。元アスリートの若きFBI捜査官ジョニー・ユタは、難しい指示を受ける。エクストリームスポーツのカリスマ、ボーディが率いる超一流アスリート集団への潜入捜査という指令で、それは慎重を必要とする。ボーディ一味には、そのスキルを駆使したアクロバティックな前代未聞の犯罪を実行している疑いがあった。命がけで潜入に成功したユタは、ボーディが犯罪の首謀者なのか、その証拠をつかむために正体がバレないように捜査を続ける。その過程で、ただの悪ではない信念のもと、命知らずなアスリートたちと行動を共にするうち、ユタとボーディとの間にも信頼と友情が芽生え始め、立場が揺らいでいく。

★『X-ミッション』のスタッフ


監督:エリクソン・コア(関連作品:『インヴィンシブル 栄光へのタッチダウン』)
脚本:カート・ウィマー
撮影:エリクソン・コア
音楽:トム・ホルケンボルフ

★『X-ミッション』のキャスト


エドガー・ラミレス、ルーク・ブレイシー、レイ・ウィンストン、テリーサ・パーマー、デルロイ・リンドー

★雑学(トリビア)


・劇中のウイングスーツ飛行、サーフィン、スノーボード、モトクロスなどエクストリームスポーツの多くのアクションがCGなどではなくトップアスリートたちの生身のスタントによる実演である。

★『X-ミッション』の評価

IMDbRTMETA
5.39%??
映画comY!FM
3.02.933.2
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『X-ミッション』の感想

●『X-ミッション』映画無料夢心地 
「Xミッション」という意味も何もないタイトルからわかるように、とにかくカッコいい映像集の寄せ集めみたいな作品です。エクストリームスポーツは見てて手に汗握るギリギリ感と(もちろんしっかりプロがやっているわけだけど)、スタイリッシュなクールさを楽しむオシャレを鑑賞するだけ。不随するストーリーなぞ、知らんぷりでも問題ない。なんか日本のことに言及していたような気がするけど、ツーと耳をそのまま突き抜けていったのでした。
●『X-ミッション』ユナイテッドシネマ 
犯罪行為とエクストリームスポーツを絡めるのかと思いましたが、あんまり関係はないのですね。確かにサーフィンとか絶対無駄なだけですから。スノーボードとロードバイクを使ったアクションはまだ他の映画でもあるのでわかるのですけど。「ワイルドスピード」を目指していたのでしょうが、それには俳優のパワーがどうしても必要でその部分は足りなかったのが致命的か。改良の余地は多々あると思う作品なので、もっとアイディアを捻ってくれれば…。