セッション(2014)

誰もが興奮した衝撃のラスト

映画『セッション』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 余計なリンク、迷惑な広告はありません。
今すぐ『セッション』を見るなら動画リンクをチェック。

『ラ・ラ・ランド』のデイミアン・チャゼル監督の名を世界に知らしめた衝撃の音楽ムービー。製作総指揮はジェイソン・ライトマン、ゲイリー・マイケル・ウォルターズ、クーパー・サミュエルソン、ジャネット・ブリル。世界的ジャズドラマーを目指して名門音楽学校に入学したニーマンは、自分の挑戦心を燃え上がらせていたが、強烈な洗礼を受ける。伝説の教師と言われるフレッチャーの指導は凄まじい厳しさで、それは異常スレスレの精神をすり減らせるものだった。常に完璧を求めるフレッチャーは容赦ない罵声を浴びせ、完全な音楽を求める。そのレッスンは次第にコントロール不可能な狂気に満ちていき、いつのまにやらニーマンさえもその狂った空間に飲み込まれていく。この狂った音楽の先に待つのは一体何なのか…。

原題:Whiplash / 製作:アメリカ(2014年) / 日本公開:2015年4月17日 / 107分 / 制作:Bold Films / 配給:ギャガ / 製作費:300万ドル / 興行収入:4900万ドル

映画『セッション』予告編

(C)2013 WHIPLASH, LLC. All Rights Reserved.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】
VOD9【Gyao】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
Hulu ▼Hulu(2週間)
 今すぐ見る ⇒ VOD2
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Netflix ▼Netflix(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る
Gyao ▼Gyao(登録必要なし)
 過去に無料配信

▼『セッション』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

まさかの展開で観客に衝撃を与えるようなショッキングな映画はそれだけで見ごたえがあります。そんなサプライズ満載の作品をお得に観るなら、動画配信サービスを活用しましょう。ネット配信ならば、レンタル店でDVDを借りるよりもはるかにスピーディに映画を観ることができ、店でうろうろする必要性はゼロ。スマホで観るも良し、パソコンで見るも良し、テレビで観るも良し、あなたの好きなメディアで好きな時に体験をエンジョイできます。

お気づきでしょうか。このVODの真価はここからだということを。無料お試しを知らずして語ったとはいえません。いきなり金を払えとなると躊躇いが生まれるのも致し方ありません。でもその支払い要求の前にお試しのクッションを挟んでくれるなら、かなり抵抗感も緩和されて衝撃も減らせます。「無料期間なんて1日程度であっさりと終わるんでしょ?」そんなことはありません。たいていは映画を多数鑑賞し続けても余りある時間が確保されており、しばらくはゆっくりと落ち着いて楽しめます。

不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。怖い話は山ほどありますが、フィッシング詐欺サイトへの誘導を目的とした手口にも使われており、迂闊に個人情報を入力するなどは絶対にしてはいけません。何かしらの通販サイトを装うものもあるので、それが正式に存在するサイトか確認しないと地獄を見ます。あとで取り返しのつかない事態に四苦八苦するくらいなら、初めから一切関わらない方が断然良いでしょう。

DVDやブルーレイは完全にマニアアイテムへと形骸化してしまった以上、このVODがポピュラーな主戦力となりました。数に勝るものはないと言いますが、贅沢な悩みというのはわかっていても、このVODの多さだけはちょっと嬉しい悲鳴です。選択肢が多すぎて目移りしてしまうこと必須です。「セッション」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その答え探しにGoogle検索でサーチしまくる必要はありません。確かに検索画面でVODをサジェストする機能もありますが、あれは一部だけ。こちらのサイトはそれよりも対応数がパワーアップしています。世の中にはサイトなど何億何兆とありますが、このフルムビバースは安全かつ対等な動画紹介に特化しており、どんなユーザーも不正広告等には導いたりはしません。まだ見ぬVODの名を目にしたら、それは忘れないようにしてください。初回だからこそのチャンスがあるのですから、無料動画への鍵になります。

外国の映画を見るうえでの、こだわりポイントになるのが「字幕or吹替」論争。「字幕だったら本来の俳優のセリフも聞けるし、残念な吹替リスクがないので、一番安定している!」「いや、吹替は独自の面白さがあるし、字幕は目で追いかけるのが大変で、字幕だって変な翻訳になっていることもあるから」そんな議論が盛り上がるものです。VODは双方を選択可能な作品も存在するので、DVDやブルーレイ派の人でも同様の体験ができてフレッシュな「セッション」の面白さの発見につながるかもしれません。

ビデオオンデマンドは永遠に配信するものではなく、いつかは終了してしまいます。サービスによっては事前の公表をがさりげなく提示されており、いつ消えるかもわかってきます。ただし、目立ちません。そこでフルムビバースでは別ページで一覧化しており、一括で確認できます。あくまで目安という参考程度にしてほしいところですが、自分でいちいち確認するよりはマシなので利用推薦です。後悔しないためにも視聴できるときに視聴するのが一番思い残すこともない安全策です。「セッション」を見逃さずに。

『セッション』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『セッション』をさらに知る

★スタッフ
監督:デイミアン・チャゼル(関連作品:『Guy and Madeline on a Park Bench』)
脚本:デイミアン・チャゼル
撮影:シャロン・メール
音楽:ジャスティン・ハーウィッツ

★キャスト
マイルズ・テラー、J・K・シモンズ、メリッサ・ブノワ、ポール・ライザー、オースティン・ストウェル、ネイト・ラング、クリス・マルケイ、デイモン・ガプトン、スアンヌ・スポーク、マックス・カッシュ

★『セッション』の評価

IMDbRTMETA
8.593%88
映画comY!FM
4.14.114.0
フルムビバース独自ランク
S(必見の傑作)

★『セッション』の受賞
第87回アカデミー賞で助演男優賞、編集賞、録音賞を受賞。

★『セッション』の感想
・宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●FILMAGA  
こんな映画は音楽を愚弄している!と怒り心頭の人は本作が純粋な音楽映画に見えたのだろうか。原題は「Whiplash」(むち打ち)になっているくらいである。この映画のテーマは暴力だ。音楽を用いたバイオレンス映画なのだ。無垢な少年が既に攻撃性に目覚めている男の指導のもと最終的にはその攻撃さえも飲み込んでいく。ラストの二人は新しい狂気の覚醒の瞬間である。これは音楽家の誕生ではない。殺人鬼の爆誕の物語として解釈すべきだ。
●ユナイテッドシネマ  
厳しい指導というよりは、鬼畜の所業ですね。最後の演奏会でも曲目で嘘をつき、アンドリューを困らせるあたりなんて、完全な私的制裁でしかないです。デイミアン・チャゼル監督は「ラ・ラ・ランド」でも周囲を一切気にしない二人だけの世界を描いていて、この監督の特徴なのでしょう。究極の師弟関係というよりは、共犯に近い絆を感じます。交通事故に遭いながら発表会に出るシーンで血にまみれになる主人公はまるで手を汚した犯罪者みたいでした。
●109シネマズ 
音楽映画だと期待してはいけない。これは格闘技映画だ。コロッセオやリングではなく、ステージで繰り広げられる、意地と意地のぶつかり合い。とんでもなくカッコいい映画だ。音楽を楽しもうと思って視聴するのは適切ではない。フレッチャー教授の狂気は「フルメタル・ジャケット」の鬼軍曹を思い出す。リスナーの立場で観れば、ラストの壮絶な演奏の素晴らしさに感動してしまう。部外者には芸術でも、裏側では想像もつかない恐怖があるのだ。