フォックスキャッチャー

金メダリストはなぜ殺されてしまったのか

映画『フォックスキャッチャー』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 全く情報更新をしないサイトとは違います。
今すぐ『フォックスキャッチャー』を見るなら動画リンクをチェック。

ベネット・ミラー監督が、1996年にアメリカで起こったデュポン財閥の御曹司ジョン・デュポンによるレスリング五輪金メダリスト射殺事件を映画化したサスペンスドラマ。製作総指揮にはチェルシー・バーナード、ロン・シュミット、マーク・バクシ、マイケル・コールマンなどが名を連ねる。ロサンゼルスオリンピックで金メダルを獲得したレスリング選手マーク・シュルツは、その栄光にも関わらず、地味な人生をおくる。しかし、資産を持つデュポン財閥の御曹司ジョンから、ソウルオリンピックでのメダル獲得を目指すレスリングチーム「フォックスキャッチャー」に誘われ、大きな転機を迎える。同じく金メダリストの兄デイブへのコンプレックスから抜けだすことを願っていたマークは、それを良いタイミングととらえ、最高のトレーニング環境を用意してくれるという贅沢な絶好のチャンスに飛びつく以外に選択肢などなかった。ところが、デュポンのエキセントリックな行動に振り回されるようになり、これでいいのかと疑問を持ち始める。やがてデイブもチームに加入することになり、そこから3人の運命は思わぬ方向へと転がっていく。

原題:Foxcatcher / アメリカ(2014年) / 日本公開:2015年2月14日 / 135分 / 制作:Annapurna Pictures / 配給:ロングライド

映画『フォックスキャッチャー』予告編

© MMXIV FAIR HILL LLC-ALL RIGHTS RESERVED.

動画
▼動画リンク▼

VOD1【U-NEXT

VOD2【Hulu

VOD3【TSUTAYATV

VOD4【-】

VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 ⇒ VOD1
Hulu ▼Hulu(2週間)
 ⇒ VOD2
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 ⇒ VOD3
dTV ▼dTV(31日間)
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)

▼『フォックスキャッチャー』の無料動画を見る方法

さまざまな葛藤や苦悩を抱きながら複雑な人間関係が繰り広げられる映画はそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスがオススメです。普段はレンタル店でDVDを借りるのがいつもの定番だった人でも、ネット配信は試す価値ありです。動画サイトと似たような感覚で、ウェブサイトにアクセスして動画を見るだけ。すぐに作品を視聴できて、利用すれば今から映画三昧な日々をおくれます。

「費用の負担は抑えたい…」と考えているなら、特定の期日まで無料となるトライアルで、あなたの財布のお金を減らしません。利用料金を支払うことになるのが基本的な当たり前ですが、無料試用登録では一定期間が終了した後に、おカネの請求が発生するので、その間に利用を続けるか検討できます。「料金もなしに無料で動画を見るって合法的なの?」という当然の問いかけもあるでしょうが、これは公式提供なので自信をもって推奨することができます。動画は手招きしてあなたを呼んでいます。

なお、巷に溢れるイリーガルな動画コンテンツは高リスクです。慢心は命取り。それは大袈裟でもなく、人命とはいかなくても、人生には癒えない傷跡を残すことになることも。個人情報流出は今ではさまざまなプライバシーと結びつき、連鎖反応的に他の犯罪を誘発していき、取り返しのつかないことになります。言い訳はその口が腐っていくだけです。公式の動画がある以上はそれを不使用とする根拠になるものは何もないのです。

「VODを使うことなんて些細なきっかけがあればじゅうぶんなんだよね」そのとおりです。有言実行のジャンプだけ。しかし、今日はあの作品が配信されていても明日も同じとは限りません。さすがにトータル・チェンジすることはなくとも、自分の視聴希望作品が消えたら意味はないです。「フォックスキャッチャー」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。いい加減に時間を無駄に浪費して大事な1日24時間を台無しにはしたくないものです。このページならば実際の配信状況をサイトで確認した情報をベースに、ある時点の視聴可能性をタイムメモしています。類似サイトとの比較をするなら、このページではフェアレコメンドを最重視。特定のVODオンリーで勧誘することはせず、あくまで情報提示のみです。新作はできれば映画館での鑑賞で爆音上映とか4DXとか最高体験をしたい…そういう要望ならばVODはサポート可能なものもあるので要注目です。

最新映画をいち早くお得に観たい人は試写会を利用するのも手です。ご存知のとおり、比較的扱いの大きい作品では試写が開催されており、事前に申し込んでおけば抽選でウォッチする機会を手に入れることができます。運しだいですが、申し込みはタダなので試すのは難しくありません。なかには、ネット上で視聴可能なオンライン試写や、SNSなどで感想を書くことを前提としたレビュー試写もあります。なかなか遠方に行くほど時間がない人や、映画の感想を書いて宣伝したいという人は狙い目です。

VODの各作品の配信終了日時を詳しく知りたい人も多いと思いますが、一部のサービスではある程度事前に公表しているので、フルムビバースでも整理して一覧にしています(専用ページを参照)。しかし、全く終了日時を提示していないサービスもあり、また、終了日になっても配信が延長されたりすることも珍しくないので、結局はその日にアクセスして目視で動画確認することが必須です。後悔しないためにも視聴できるときに視聴するのが一番思い残すこともない安全策です。「フォックスキャッチャー」を見逃さずに。

『フォックスキャッチャー』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『フォックスキャッチャー』をさらに知る

★スタッフ
監督:ベネット・ミラー
脚本:E・マックス・フライ、ダン・ファターマン
撮影:グレッグ・フレイザー
音楽:ロブ・シモンセン

★キャスト
スティーブ・カレル、チャニング・テイタム、マーク・ラファロ、バネッサ・レッドグレーブ、シエナ・ミラー、ヴァネッサ・レッドグレーヴ

★『フォックスキャッチャー』の評価

IMDbRTMETA
7.087%81
映画comY!FM
3.53.563.7
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『フォックスキャッチャー』の受賞
第67回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門で監督賞を受賞。第87回アカデミー賞で主演男優賞、助演男優賞にノミネート。

★『フォックスキャッチャー』の感想
・宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●シネマトゥデイ  
デュポンの見るからにこいつ捻くれてるなって雰囲気と笑った時の不気味さ、そしてチャニング・テイタムの情けないゴリラ顔がこの映画の異様な重苦しさを表していて、完全なコミュニケーション不全の怖さが最終的に招く悲劇の説得力を増している。デイブが休日に家に来たデュポンに優しく諭して追い返すのが切なくて、この人はやっぱり人との距離感わからないんだなっていうシーンが悲しい。こういうお金はあるのに居場所はない人っていますよね。
●DAILYMOTION
実在の人物を基にする映画はその材料が引っかかって遠慮がちで退屈な話も多いけどこの作品は人間性の突っ込んだところまで描写しててちゃんと一つの物語になっていく。実際はもっとエキセントリックな部分も多くその異常性はドキュメンタリーなどを観るとわかるようになっているらしいが、ということは映画はまだこれでも抑えているほうなのかもしれない。正反対の存在のようで似たコンプレックスとして二人を対比させる特化は正解だっただろう。
●TOHOシネマズ  
事件が起きるまでの描き方が恐ろしく上手い。デイヴとマークとの対比だったりデュポンの精神状態だったりとか。単に頭のオカシイ人でしたという安易なオチにしないのも良くてたとえ殺人という罪を犯した人でも、しっかり寄り添うこの映画のスタイルは、ベタな犯罪者を登場させがちな邦画も学ぶべきではないか。スポーツ映画としてのレスリングというよりは、人間性の上下関係を示すレスリングの使い方が巧みで、そういう視点で見直して見ると良い。