アーロと少年 / The Good Dinosaur

ピクサーが贈る恐竜と少年の不思議なアドベンチャー

映画『アーロと少年』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 広告ばかりのサイトはお断りです。
今すぐ『アーロと少年』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:The Good Dinosaur(「ザ・グッド・ダイナソー」) / 製作:アメリカ(2015年) / 日本公開:2016年3月12日 / 93分 / 制作:ピクサー・アニメーション・スタジオ / 配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ / 製作費: / 興行収入:2億6800万ドル

映画『アーロと少年』予告編

© 2016 Disney/Pixar. All Rights Reserved.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT×】字幕or吹替
VOD2【Hulu×】高品質
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【Videopass×】
VOD5【dTV×】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『アーロと少年』の無料動画を見る方法

独特な設定で観客を魅了するようなアニメーションはそれだけで見ごたえがあります。そんなファンタスティックな作品をお得に見たいときは、動画配信サービスを駆使しましょう。どうしても画質が心配になりますが、ハイクオリティな映像をDVDと遜色のない体験環境で鑑賞できるので安心です。テレビでじっくり見れば、細部まで繊細な映像を観察できますし、スマホを使えば、いつでも好きな時に自由に見られてますます映画が身近になります。

ユーザー応援価格なんてものじゃない、最高の無料期間お試しはサービスに少しだけ顔を覗かせる感覚で背中を優しく押してくれます。サービスを無料で満喫で来たら最高なのにと思っている人の願望を叶えるかのごとく、初回に限り、一定の期間を設けて無料であれこれを試せるというサポートが備わっています。「フル動画でないと話にならない」それは当たり前ですが、お試しと言っても何かを制限されることはないので、観たかった映画を余計な編集も無しで、フルムービーで自由気ままに鑑賞できるのが大きな売りです。

不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。ブラックなサイトは、サーバーが脆弱なので動画を再生しても高頻度で停止し、まともに鑑賞することはできないことが多々あります。中には全然関係のない動画を途中で再生したり、ユーザーに誤クリックやタップを誘導する広告を表示するものもあります。「私は高いお金を払ってセキュリティ対策ソフトを導入している」そんな豪語もこの手の不正サイトにはあまり通用しません。

スクリーンデビューした映画もデジタル配信でのカムバックは意外に早いので、自分の頭にメモして狙い撃ちをしましょう。しかし、配信をリアルタイムで把握するのは極めて膨大な労力を必要とします。毎日アクセスするたびにラインナップが変わるのは嬉しいことではあるのですが…。「アーロと少年」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その謎はあっさりと解消してクリーンになります。この今あなたの見ているページには対象作品を配信中のVODがアイコン・インディケーターで掲載中。その中からお好きなものを自由意思で適宜選択できます。「最新じゃないと情報には利益もない」というご要望に可能な限り答えるべく、手動でできる範囲の更新を丹念に心掛けています。ファイナルチェックはお忘れずに。公式サービスサイト内でその目で視認しないと本当に今この瞬間に動画があるかは確信同定できません。

外国語の映画鑑賞(とくに英語)では、字幕と吹替の2バージョンが存在することが多く、どちらを見るかを選別しなくてはいけません。キャスト陣の声をダイレクトに耳にするならば字幕一択ですが、目で文字を追いかけるのが大変で、肝心の映像への集中ができません。一方の吹替は映像に専念できますが、声をあてた人の力量に左右されてしまうので、作品イメージがガラッと変わってしまうことも。一長一短があるので、少し比較してみるのも新しい「アーロと少年」の面白さの発見につながるかもしれません。

VODで動画視聴する際は再生機器の条件を満たす必要が「アーロと少年」でもあります。テレビの場合は、対応済みのテレビか、専用機器(Chromecastなど)が必要です。パソコンの場合は、Windows・Macでも対応のブラウザ(基本はGoogle Chrome・Internet Explorer・Firefox・Edge)を利用しましょう。ブラウザは重たくなると上手く動作しなくなるものです。不必要なタブを閉じたり、使わない拡張機能は停止しましょう。スマホの場合は、アプリのインストールが最も安定していますが、常に最新の更新を適用しましょう。

『アーロと少年』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『アーロと少年』をさらに知る

巨大隕石の墜落による恐竜絶滅が起こらなかったらという仮説に基づき、恐竜が地上で唯一言葉を話す種族として存在している世界を舞台に、弱虫の恐竜アーロが孤独な人間の少年スポットとの冒険を通して成長していく姿を描いたピクサー・アニメーション。製作総指揮はジョン・ラセター、リー・アンクリッチ、アンドリュー・スタントン。兄や姉に比べて体も小さく、甘えん坊の末っ子アーロは、いつも浮いている。何をするにも父親がいてくれないと始まらないので、迷惑を起こすばかり。そんなある日、アーロは川に落ちて激流に飲み込まれ、自分でもどこかわからないほど家族から遠く離れた見知らぬ土地へと流されてしまう。完全な孤独は初めてで、ひとりぼっちの寂しさと不安にさいなまれるアーロは、事態を整理できずに混乱する。しかし、そこで自分と同じ孤独な少年スポットと出会い、最初は不信感を持つも、だんだんと言葉は通じないが信頼関係を持つ。やがて一緒にアーロの故郷を目指す冒険に出て、大自然を歩みだす。

★スタッフ
監督:ピーター・ソーン
脚本:メグ・ラフォーブ
撮影:シャロン・キャラハン
音楽:マイケル・ダナ、ジェフ・ダナ

★キャスト
レイモンド・オチョア、ジャック・ブライト、ジェフリー・ライト、フランシス・マクドーマンド、マーカス・スクリブナー

★雑学(トリビア)
・短編アニメ「ボクのスーパーチーム」が同時上映された。
・ピクサーとしては初の売り上げ損失となった作品である。

★『アーロと少年』の評価

IMDbRTMETA
6.776%66
映画comY!FM
3.53.403.5
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『アーロと少年』の感想

●無料ホームシアター 
ピクサーといえば変わった設定やトリッキーなストーリーが魅力ですが、今作は「もし恐竜が絶滅せずに進化し続けたら」というIFを描くもので、恐竜たちは弱肉強食のルールを捨てて、文化的な社会を作り始めています。なので、肉食恐竜は草食恐竜を食べたりせずに畜産的なことをするとか、一方の草食恐竜は農業をしているとか、人間臭いことをしています。そこへ人間の赤ちゃんがやってきて…というのが前提ルールとなる始まりなのです。
●シネマトゥデイ  
日本版と海外版では内容が少し違うのかな? 恐竜も可愛いのですが、それ以上に結構えげつのない描写もあって、これはブラックユーモアなのかな。それにしても映像技術がとんでもなく凄い。実写かと見間違うほどのハイクオリティ。最近ではCGでは驚かないと思っていたのですが、今作ではそれは覆しました。子ども向けであろうとも本気で映像を作り上げるのはさすがピクサーではないですか。なるべく高画質で視聴するのが推奨です。
●CRUNCHYROLL  
本国アメリカではあまり大ヒットとまではいかなかったのですが、でもみんなピクサーに過大な期待をしすぎ。どう考えたって平均よりもはるかに上です。こんな王道のストーリーでも最高クラスの作品を作れるスタジオはそうそうないです。最初を観たときは確かにそんなでもなかったのですけど、2度3度と見ていると良さに気づいて。とくにあのラストの展開は、ありきたりに思えますが、人間をここまで主軸から外すのが凄いですよ。

ピクサー制作アニメ映画 を総復習!

  • 第1作『トイ・ストーリー』(1995年)
  • 第2作『バグズ・ライフ』(1998年)
  • 第3作『トイ・ストーリー2』(1999年)
  • 第4作『モンスターズ・インク』(2001年)
  • 第5作『ファインディング・ニモ』(2003年)
  • 第6作『Mr.インクレディブル』(2004年)
  • 第7作『カーズ』(2006年)
  • 第8作『レミーのおいしいレストラン』(2007年)
  • 第9作『ウォーリー』(2008年)
  • 第10作『カールじいさんの空飛ぶ家』(2009年)
  • 第11作『トイ・ストーリー3』(2010年)
  • 第12作『カーズ2』(2011年)
  • 第13作『メリダとおそろしの森』(2012年)
  • 第14作『モンスターズ・ユニバーシティ』(2013年)
  • 第15作『インサイド・ヘッド』(2015年)
  • 第16作『アーロと少年』(2015年)
  • 第17作『ファインディング・ドリー』(2016年)
  • 第18作『カーズ クロスロード』(2017年)
  • 第19作『リメンバー・ミー』(2017年)
  • 第20作『インクレディブル・ファミリー』(2018年)

サイトについて

アニメ(海外)ファミリー
フルで無料動画:フルムビバース