シンデレラ(2015)

名作アニメを美麗な映像で実写映画化

映画『シンデレラ』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 動画だけではない、さらなる魅力も。
今すぐ『シンデレラ』を見るなら動画リンクをチェック。

ディズニーのクラシック・アニメーションの名作としても知られる「シンデレラ」を、ディズニーが新たに実写映画化。製作はサイモン・キンバーグ、アリソン・シェアマー、デビッド・バロン。母を病気で、父を事故で失ったエラは、狭い場所で生きるしかなかった。父の後妻である継母とその連れ子のドリゼラとアナスタシアに「灰まみれのエラ」を意味する「シンデレラ」と厳しい言葉で酷い扱いとともに呼ばれ、召使いのように酷使されて扱われていた。ある日、耐えきれずに家を飛び出したエラは、森の中で城で働いているという青年キットと出会い、不思議な運命を感じて心を通わせる。王子である身分を隠していたキットは、城に帰ると父である国王から政略結婚を勧められるが、森で出会ったエラが忘れられず、ひとつの案を実行する。あの好意を寄せている彼女を探し出すため国中の未婚女性を招いた荘厳な舞踏会を計画する。そして、女性たちが集まる。

原題:Cinderella / 製作:アメリカ(2015年) / 日本公開:2015年4月25日 / 105分 / 制作:Walt Disney Pictures / 配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ / 製作費:9500万ドル / 興行収入:5億4300万ドル

映画『シンデレラ』予告編

(C)2015 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT×】
VOD2【Hulu×】
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【Videopass×】
VOD5【dTV×】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る

▼『シンデレラ』の無料動画を見る方法

幻想的な世界を映像で再現したようなファンタジーはそれだけで見ごたえがあります。そんなファンタスティックな作品をお得に見たいときは、動画配信サービスを利用しましょう。アンケート調査によれば6人に1人が使っているという記録もあり、今ではすっかりレンタル店でDVDを借りるよりも身近になって、ユーザーの支持を増やしています。もしネット配信なんて使ったことがないという人も安心です。簡単に始めることができるので難しさはゼロです。

お気づきでしょうか。このVODの真価はここからだということを。無料お試しを知らずして語ったとはいえません。この無料試用の機能は基本はリミテッドな企画ではなく、常時解放されているものがほとんどで、とりあえずサービスにそのお試しが実施されているかはトップページに行けばわかります。「動画がフルで見られるわけではないとか?」などと疑っているかもしれませんが、しっかり最初から最後まで視聴できます。お試しといっても作品が一部しか視聴できないような残念なことはありません。

不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。慢心は命取り。それは大袈裟でもなく、人命とはいかなくても、人生には癒えない傷跡を残すことになることも。個人情報流出は今ではさまざまなプライバシーと結びつき、連鎖反応的に他の犯罪を誘発していき、取り返しのつかないことになります。急ぐ必要はないですけど、該当者は公式動画を取りそろえたサービスの安定感に準備できしだい移行すべきです。

「配信サムネイルを観覧するだけで映画を趣味にしたい気分に!」そうくればもうドシドシとハマっていきましょう。毎週上映ラインナップが変わる映画館のように、VODも配信内容はどんどん容赦なく移り変わっていくので、1か月前の状態と今が同じなんてことはまずあり得ません。「シンデレラ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。「そんなのネット検索でスイスイだよ!」と考えているなら甘いです。普通にググるだけでは一部の限定されたものしか紹介されないので、気づかぬうちに損をすることも。できればこのページで全チェックするべきです。全く夢心地にさせてくれないサイト、全然無料なホームシアターではないサイト、そういう騙しウェブサイトからはさっさと退避するに限ります。フルムビバースは広告ストレス無しです。残り物には福があると言いますが、VODの場合は残っているだけでは何一つ良いことはありません。兎にも角にも登録しなければ始まらないのです。

外国の映画を見るとき、人を大きく分けるのは「字幕」で観るか、「吹き替え」で観るかということです。吹き替えは声優を担当した人たちの工夫や独特のアレンジも加わって別の魅力が醸し出されているものも多いです。一方の字幕では文字数の制約上、セリフはかなり省略されてしまうという問題はありますが、俳優の素の演技も楽しめる面白さがあります。VODはその字幕と吹替を自由に選択できるものもあるので、見比べるor聴き比べるのも新しい「シンデレラ」の面白さの発見につながるかもしれません。

1日は24時間で、1年は365日で、何事にも終わりはあるように、VODの配信も作品ごとに終了日があります。しかし、全てで個別にその終わりの期日を提示してくれているわけではないので、ある日、いきなり消えているような事態に見舞われるとかなりのショック。それが視聴を狙っていた映画だとその失望は相当なもので立ち直れません。そうならないように入念に確認しましょう。少し整理もしています。後悔しないためにも視聴できるときに視聴するのが一番思い残すこともない安全策です。「シンデレラ」を見逃さずに。

『シンデレラ』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『シンデレラ』をさらに知る

★スタッフ
監督:ケネス・ブラナー
脚本:クリス・ワイツ
撮影:ハリス・ザンバーラウコス
音楽:パトリック・ドイル

★キャスト
リリー・ジェームズ、ケイト・ブランシェット、ヘレナ・ボナム・カーター、リチャード・マッデン、ソフィー・マクシェラ、ホリデイ・グレインジャー、ステラン・スカルスガルド、ホリデイ・グレインジャー、デレク・ジャコビ、ベン・チャップリン、ヘイリー・アトウェル

★『シンデレラ』の評価

IMDbRTMETA
6.984%??
映画comY!FM
3.8???3.8
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『シンデレラ』の感想

●FILMAGA 
誰もが知ってるシンデレラを忠実に実写化していて、知っているあのシーンやあの舞台が綺麗に再現されていて感動しっぱなし。原作アニメの「シンデレラ」を知らない人がいるかはわかりませんが、たいていの人は知っていると思うので、懐かしい気持ちに浸れるのじゃないでしょうか。ただの実写化というだけでなく継母のバックグラウンドが解説されたりと少しキャラを掘り下げる描写もあって、新しい発見もあるのでアニメとは違う楽しみもあります。
●TOHOシネマズ 
この映画がなによりも優れているのは、彼女の名がエラだと語られていたこと。彼女が両親から大切に愛されていたのが語られていたこと。これに尽きると思います。これらのおかげで彼女に共感したり、感情で寄り添えたりすることが助けられます。代表的で有名な2曲をストーリーに入れるのではなく、クレジットで流したのも秀逸ですよね。全体的にスマートな映像化で、余計な味付けをせず、堂々としているのが魅力につながっていると思います。
●109シネマズ  
ディズニーを代表するプリンセスであるシンデレラにふさわしい出来栄えになっていました。何よりもヒロインを演じたリリー・ジェームズが凄く綺麗。目を奪われるほどの美しさとはこのことです。印象的なCGなしのダンスのフルシーンや、こちらはVFXを駆使した魅惑的な変身シーンは見事。そしてドキドキするのが、やはり王子様がシンデレラに靴を履かせるシーンです。そこでくるかというサプライズになっているのでお楽しみに。新たな名作です。