RWBY Volume1

日本に影響を受けたオリジナルアニメーション

映画『RWBY Volume1』のフル動画を無料視聴する方法を、シンプル・イズ・ベストでわかりやすく推薦。
今すぐ『RWBY Volume1』を見るなら動画リンクをチェック。

主要スタッフの多くが日本アニメの愛好家というアメリカのアニメーションスタジオ「Rooster Teeth Productions」が手がけたオリジナルの3DCGアニメ。2013年からスタジオ公式サイトやYouTubeでWEB配信されたChapter1~10までの第1シーズン全10話をまとめたVolume1が劇場で公開、さらにDVD・BDでも発売。日本語吹き替えキャストは早見沙織、日笠陽子、嶋村侑、小清水亜美ら人気声優が揃い、日本語によるアレンジが加えられている。科学技術と魔法が同居する世界レムナントを舞台に、「グリム」と呼ばれる凶悪なモンスターを討伐するハンターになるため、ハンター養成学校「ビーコン・アカデミー」に入学した少女ルビー・ローズが、個性豊かな仲間たちとともに成長していく姿を描く。

原題:RWBY Volume1 / 製作:アメリカ(2013年) / 日本公開:2015年11月14日 / 120分 / 制作: / 配給: / 次作:『RWBY Volume2

【12/9(水)Blu-ray&DVD発売】RWBY Volume1 C88 Japanese dub Trailer (日本語吹き替え版)

▼動画リンク▼

英語版動画(日本語字幕)公式Youtube
・第1話 Chapter 1: 【Ruby Rose】
・第2話 Chapter 2: 【The Shining Beacon】
・第3話 Chapter 3: 【The Shining Beacon, Part 2】
・第4話 Chapter 4: 【The First Step】
・第5話 Chapter 5: 【The First Step, Part 2】
・第6話 Chapter 6: 【The Emerald Forest】
・第7話 Chapter 7: 【The Emerald Forest, Part 2】
・第8話 Chapter 8: 【Players and Pieces】
・第9話 Chapter 9: 【The Badge and The Burden】
・第10話 Chapter 10: 【The Badge and The Burden Part 2】


[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『RWBY Volume1』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなも使っている!
ファンを大量に生み出すような素晴らしいアニメーションはそれだけの魅力がいっぱいに詰まっている証拠。ぜひとも見てみたいものですが、その中でもひときわ支持されているのが「RWBY」です。この作品はYoutubeで公式公開されているので、誰でも無料で見れます。基本的には英語音声ですが、日本語字幕がついているので、何も問題なく話を理解できるでしょう。可愛らしいキャラの英語で繰り広げられるトークは病みつきになりますし、カッコいいアクションは大画面で観たいほど見ごたえがあります。また、日本の声優によって吹き替えられて一本の映画風に編集が加えられたバージョンも存在しており、そちらは動画配信サービスで取り扱われています。日本語音声で楽しんで観たい人はそちらを利用してみましょう。

「無料」より安いものなし!
しかも、利用者が最も喜ぶビギナーズ・ギフトとして無料体験を提供しているサービスがほとんどです。誰しもが欲しいものはいっぱいあるものです。映画は劇場で観ると作品ひとつで1800円程度かかります。たくさん見るならキツイ負担です。でもVODは映画1回分の料金でひと月で動画を山ほど見れるのです。「お試し動画みたいなものが無料というオチでは?」などという疑惑も正しい情報で上書き保存してください。当然のように序盤からラストまで完全フル動画で公式のままに配信するので何も気にしなくてOK。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それで「RWBY Volume1」の鑑賞はダメです。フィルタリングでもシャットアウトできない数多のブラックサイトは大小はあれど悪影響がいたるところに潜んでいます。広告クリックを誘発させるために、動画再生画面に邪魔な画像を表示させ、閉じようとさせて別ページへ強制移動させるのは常套手段の罠です。これは全員の意見が一致するところだと思いますが、どんなに見たい動画でもそれで自分に大損害が生じたら心底嫌でしょう。

いちはやくウォッチ!
このページを見ている時点で「見たい」というボルテージは高いと思いますが、コンテンツを眺めればその感情は倍増します。これであとは一直線にアクセル全開で突き進むだけなら良いのですが、思わぬカーブがあるという注意標識が。それはVODの選択問題。道は何十通りにも分岐しているのです。「RWBY Volume1」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。各サイトを手作業目視で確認していたらそれだけで今日一日の大切な余暇が費やされます。このページで配信傾向を理解することで、目安を付けることができるのであとは最終チェックするのみ。できる限り配信情報は更新されている方が良いに決まっています。こちらでは掲載中の中身がいつまでも同じなんてことはありません。ビギナーズラックという言葉があるように、VODも未体験時ほどラッキータイミング。無料動画は目と鼻の先にあるので手を伸ばしましょう。

登録情報は最小限
初めてVODに登録する時に「それは簡単なのかな?」と不安を持つかもしれません。でも安心。基本的な流れはこのとおり。まずはEメールアドレスを入力。普段使っているものでも、新しく作ったものでも良いです。次にパスワード。使い回しは厳禁。続いて、名前と生年月日。正確に嘘偽りなく答えましょう。そしてお支払方法です。その後は「利用規約およびプライバシーポリシーに関する声明に同意する」にチェックを忘れないようにして、全行程がきっちりクリアです。あとは「RWBY Volume1」を探すだけ。簡単だと思いませんか。

パスワードは大事
バラエティ選り取り見取りのVODと一緒の人生を始めようと思ったとき、アカウント作成することになりますが、そこでパスワード設定に注意です。安易な文字の羅列にしていませんか。覚えやすいからといって誕生日や辞書に載っている単語など推測できるものにしていませんか。それだと簡単に突破できます(今の技術なら本当に一瞬です)。また他サービスですでに使ったパスワードを流用していませんか。これだと連鎖的にアッサリと乗っ取られます。安全な「RWBY Volume1」動画体験をするには大事な基礎ルールです。

無料の範囲はどこまで?
「無料」という言葉は魅惑的ですが、でもどこまでが無料なのか。「RWBY Volume1」は? これを誤解すると大変ですし、変なクレームにつながりかねません。簡潔に言えば、最初の月額料金か、一定期間の間だけ料金の支払いが発生しないという意味です。見放題系のサービスならわかりやすく、期間内はいくら動画を見ようとも無料。一方で、単体ごとにレンタル的に購入するものはあくまで保有している専用ポイントに左右されます。基本は初回時に一定のポイントが入手できるのでその範囲であれば実質的にはタダと同じです。

SNSで映画を語ろう
多くの人たちが情報交換の場に利用しているSNS。映画を見た後にもその感想などを語り合いたいときはSNSを駆使しましょう。「RWBY Volume1」の視聴で「楽しかったな~」と自己満足に浸るのも良いです。でもどうせならその満足感を他人にも分けてみませんか。おカネを稼ぐことはできませんし、無料視聴のお裾分けということでもないですが、鑑賞仲間を増やすのはやりがいがあります。SNSでの拡散を活用すると、あまり注目されていなかった映画に光があたるかもしれません。Twitterでも何でもOKです。

『RWBY Volume1』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『RWBY Volume1』をさらに知る

★スタッフ
監督:モンティ・オウム
脚本:マイルズ・ルナ、モンティ・オウム、ケリー・ショウクロス
音楽:ジェフ・ウィリアムズ

★キャスト(キャラクター)
早見沙織(ルビー・ローズ)、日笠陽子(ワイス・シュニー)、嶋村侑(ブレイク・ベラドンナ)、小清水亜美(ヤン・シャオロン)、下野紘(ジョーン・アーク)、洲崎綾(ノーラ・ヴァルキリー)、豊口めぐみ(ピュラ・ニコス)、斉藤壮馬(ライ・レン)、井上和彦(オズピン)、浅野真澄(グリンダ・グッドウィッチ)、木村昴(カーディン・ウィンチェスター)、前野智昭(サン・ウーコン)、潘めぐみ(ペニー)、三木眞一郎(ローマン・トーチウィック)、甲斐田裕子(シンダー・フォール)

★『RWBY Volume1』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
?????3.8
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『RWBY Volume1』の感想

●無料ホームシアター
アメリカ人が日本的アニメを作ったらどんな化学反応がとゴシップ的な興味本意で鑑賞。これがまた、ちゃんとアニメとして面白い上に、日本人には描けないフレッシュさを兼ね備えた良作だったという嬉しい誤算。普通にめっちゃ面白い。キャラの見た目や、世界観設定さ日本のラノベアニメそのもの。でも台詞回しや、ストーリーはアメリカ青春映画のそれ。この二つが違和感ではなく、普通にマリアージュしてるのがすごい。
●FILMAGA
ちゃんと萌えれるのに、描かれるのは、マイノリティへの弾圧とか、スクールカーストとかアメリカ映画のそれ。これが、本当にフレッシュな感覚でした。アクション面の斬新なアイデアも素晴らしい。複数人物が入り乱れて戦っているうちに、やがてチーム単位に纏まっていく前半山場の戦闘シーンは5億点あげたい。バカにしているなら、これは絶対にそんな偏見は捨てて観るべき。そこにあるのは最高のエンターテインメントなのですから。
●DAILYMOTION
面白かったですな。日本「風」のアニメを作りました!という感じ。色々ツッコミどころはあるのですが、両方の良さがでている作品でした。特にアクションシーンなんかは向こうの勢い?みたいなノリでかっこよかった。キャラクターたちが本当に個性豊かで魅力的です。必ずあなたの好きなキャラクターが見つかると思います。想像以上に沼が深いので、気を付けてお入りください。二度と出れなくなります。