インサイド・ヘッド / Inside Out

号泣間違いなし!ピクサーが贈る頭の中を描いた不思議な物語

映画『インサイド・ヘッド』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 情報は定期更新しているので確認に便利。
今すぐ『インサイド・ヘッド』を見るなら動画リンクをチェック。

人間が抱く「感情」を主人公に描いたピクサー・アニメーションの長編作品。製作総指揮はジョン・ラセターとアンドリュー・スタントン。ミネソタの田舎町で明るく幸せに育った少女ライリーは、親の愛情を一身に受け、すくすくと成長。父親の仕事の都合で都会のサンフランシスコに引っ越してくるが、引っ越し先の家は少し退屈。新しい生活に慣れようとするライリーは学校でもドキドキ。そんな彼女の頭の中の司令部では「ヨロコビ」「カナシミ」「イカリ」「ムカムカ」「ビビリ」の5つの感情が奮闘していた。その感情は生まれた時からライリーとともにいる。しかし、ある時、カナシミがライリーの大切な思い出を悲しい思い出に変えてしまう。それは当然、ライリーにも変化をもたらす。慌てて思い出を元通りにしようとしたヨロコビだったが、誤ってカナシミと一緒に司令部の外に放りだされてしまい、事態はさらに大混乱。このままではライリーが滅茶苦茶になってしまう。ヨロコビは急いで司令部に戻ろうと、ライリーの頭の中を駆けめぐるのだが…。

原題:Inside Out / 製作:アメリカ(2015年) / 日本公開:2015年7月18日 / 94分 / 制作:Pixar Animation Studios / 配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ / 製作費:1億7500万ドル / 興行収入:8億5700万ドル

映画『インサイド・ヘッド』最新予告編

(C)2015 Disney/Pixar. All Rights Reserved.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT×】
VOD2【Hulu×】
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【Videopass×】
VOD5【dTV×】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『インサイド・ヘッド』の無料動画を見る方法

独自の設定で観客を驚かせるような映画はそれだけで見ごたえがあります。そんなファンタスティックな作品をお得に見たいときは、人気も増えている動画配信サービスを利用しましょう。ネット配信であればレンタル店でDVDを借りるよりも容易に動画にありつけます。アンケート調査によれば6人に1人が使っているという記録もあり、まだ使っていない人でもハードルが低いので、試すのは難しくありません。今日から映画三昧な日々をおくれます。

ユーザー応援価格なんてものじゃない、最高の無料期間お試しはサービスに少しだけ顔を覗かせる感覚で背中を優しく押してくれます。用心するに越したことはないですし、転ばぬ先の杖として、無料お試しをフル活用するのが賢い選択です。本当に自分にピッタリ合うのか、お目当ての作品が見られるか、じっくり試せます。「無料期間が早期にシャットアウトしちゃったら?」と危惧する声もあるでしょうが、動画を複数視聴するのにじゅうぶんな猶予があるので、あなたのカレンダーに合わせて試用を満喫できるでしょう。

不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。不必要なプログラム程度であればブラウザの設定で動作しないようにもできますが、それは動画と連動しているために簡単には接続を切れない仕様です。悪戦苦闘しているうちに相手側はどんどん無駄にタブを開かせて、さらなる身勝手な混乱を招きます。あるネット問題に詳しい専門家の意見では「VODの普及で動画視聴は健全化し始めている」とも指摘されており、希望の光です。

DVDで動画を見るのはお金に余裕のあるマニア向けになりつつあり、一方でVODは幅広い層に届く、デジタルなネット時代のトップバッターです。百聞は一見に如かずなので試したいのはやまやまなのですが、しかし、その手がピタッと止まってしまう要因になるのがVODのあまりの種類の多さです。選ばないといけません。「インサイド・ヘッド」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。明確なヒントもなく動画を探しまわるのは時間だけが意味もなく過ぎてしまいます。いい加減に疲れるのでもっとスッキリしたいものです。このページさえあれば疑問も吹き飛ばせます。類似した映画関連ウェブサイトは諸々ありますが、フルムビバースは更新頻度と対応情報の充実さで一歩前を進んでいます。なお、最終的な配信状態は当日しかわからないものなので、登録前にラストとして公式サイトで目視しておくのを忘れずに。

さあ、選んでください。「字幕」と「吹き替え」の選択を。論争にさせたくはないので肩入れはしませんが、両分の話は理解できます。字幕は役者の声を含む演技に専念できるので多少翻訳が簡略化していても嬉しいものです。一方で吹替はオリジナルにはない新しい魅力がプラスされることもあり、上手くいっていると本当に極上です。残念吹き替えを引き当てない限りという条件付きではありますが、価値はあるでしょう。双方を比較しておくとその違いはわかるので「インサイド・ヘッド」の面白さの発見につながるかもしれません。

VODは単独で使うのではなく、複数(とくに家族)で共有して利用することもできます。しかし、作品の好みは人それぞれ。場合によってはアダルトや暴力な映画を観たいときもあります。けれどもそれは子どもの前では視聴できませんし、サムネイルさえも見せたくありません。そんな事例にも対応可能となっているVODはユーザーごとに使い分けできます。表示作品を適度にフィルタリングしたり、個々で別の場所で鑑賞したり、思うがままにセパレートできるので、ファミリー全員が新規に登録することはありません。

『インサイド・ヘッド』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『インサイド・ヘッド』をさらに知る

★スタッフ
監督:ピート・ドクター
脚本:ピート・ドクター、メグ・レフォーブ、ジョシュ・クーリー
音楽:マイケル・ジアッキノ

★キャスト
エイミー・ポーラー、フィリス・スミス、ルイス・ブラック、ミンディ・カリング、ビル・ヘイダー、リチャード・カインド、ケイトリン・ディアス、カイル・マクラクラン、ダイアン・レイン、ジョシュ・クーリー、ジョン・ラッツェンバーガー

★『インサイド・ヘッド』の評価

IMDbRTMETA
8.298%94
映画comY!FM
3.73.663.7
フルムビバース独自ランク
S(必見の傑作)

★『インサイド・ヘッド』の受賞
第73回ゴールデングローブ賞でアニメ映画賞を受賞。

★『インサイド・ヘッド』の感想
・宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●FILMAGA  
感情がキャラクターとして形づくられているのが面白い。頭の中をこうも面白みのある世界で作り上げるとはさすがピクサーのなせる素晴らしいクリエイティブ。夢の製作所や、記憶の消えて行く様子など頭の中の細かい描写を作り込んでいるのが好き。これはライリーが少し成長するまでの物語で、多感になったがゆえに様々な感情が混ざった思い出の玉が出来上がったのだろう。まさに子供の成長のステージを巧みに映像化した秀逸な作品だった。
●109シネマズ 
さすがピクサー、独創的な発想が面白い。ストーリーはさておき、感情と記憶と性格があのイメージで結び付いているっていう世界観が良かった。序盤で独自の世界観設定を非常にわかりやすい手際で見せていき、本来は複雑な感情の動きを必要最小限の要素で物語に変える。本作を観てこんな感情は単純じゃないという人がいるが、そんなこと作り手もわかっている。それをここまでシンプルにしてエンタメに成立させているのが凄いのである。
●CRUNCHYROLL  
脳内の感情をこうやってキャラクター化するというアイディアはこの映画が初ではない。実は大昔にディズニーが似たような設定の短編アニメを作ったりしている。他にも類似の作品はいくつもある。でも、ここまでのクオリティで完成された物語を生み出した前例はない。だからこそこの映画が脚本賞にノミネートされたりするわけだ。子ども目線に見えて実は大人に突き刺さる話になっているのは少し「トイ・ストーリー」っぽいなと思う。

ピクサー制作アニメ映画 を総復習!

  • 第1作『トイ・ストーリー』(1995年)
  • 第2作『バグズ・ライフ』(1998年)
  • 第3作『トイ・ストーリー2』(1999年)
  • 第4作『モンスターズ・インク』(2001年)
  • 第5作『ファインディング・ニモ』(2003年)
  • 第6作『Mr.インクレディブル』(2004年)
  • 第7作『カーズ』(2006年)
  • 第8作『レミーのおいしいレストラン』(2007年)
  • 第9作『ウォーリー』(2008年)
  • 第10作『カールじいさんの空飛ぶ家』(2009年)
  • 第11作『トイ・ストーリー3』(2010年)
  • 第12作『カーズ2』(2011年)
  • 第13作『メリダとおそろしの森』(2012年)
  • 第14作『モンスターズ・ユニバーシティ』(2013年)
  • 第15作『インサイド・ヘッド』(2015年)
  • 第16作『アーロと少年』(2015年)
  • 第17作『ファインディング・ドリー』(2016年)
  • 第18作『カーズ クロスロード』(2017年)
  • 第19作『リメンバー・ミー』(2017年)
  • 第20作『インクレディブル・ファミリー』(2018年)

サイトについて

アニメ(海外)ファミリー
フルで無料動画:フルムビバース