ドローン・オブ・ウォー

これが現代の戦争

映画『ドローン・オブ・ウォー』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 動画の有無を確認するのに有用です。
今すぐ『ドローン・オブ・ウォー』を見るなら動画リンクをチェック。

アンドリュー・ニコル監督とイーサン・ホークが再びタッグを組み、無人戦闘機ドローンにより、戦地に行かずして空爆を行う現代の戦争の実態と、PTSD(心的外傷後ストレス障害)に苦しめられるドローン操縦士の異常な日常をリアルに描く。製作総指揮はパトリック・ニュウォール、テッド・ギドロウ、カミ・ウィニコフ。アメリカ空軍のトミー・イーガン少佐は、美しい妻とふたりの子どもと暮らす住宅街のマイホームで幸せに暮らす。とても平凡そうに見える。その赴任地は車を走らせ、歓楽街を抜けた場所にあるラスベガスの基地に設置されたコンテナの中。ただのコンテナではない。アメリカの戦争の行く末を見つめる重要な場所だった。そこで無人機ドローンを遠隔操作し、1万キロ以上離れた異国をクリック1つで空爆をする。何気ない行動だが、多くの命を奪える恐ろしい行為。ゲームのような現実感のない戦場と家族の待つ家との往復、毎日、ずっとそればかり。それがイーガンの日常であり、異常ともいえる現代の戦争の姿で、イーガンは何かが壊れていく。

原題:Good Kill / 製作:アメリカ(2014年) / 日本公開:2015年10月1日 / 104分 / 制作:Voltage Pictures / 配給:ブロードメディア・スタジオ

映画『ドローン・オブ・ウォー』予告編

(C)2014 CLEAR SKIES NEVADA, LLC ALL RIGHTS RESERVED.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Netflix ▼Netflix(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『ドローン・オブ・ウォー』の無料動画を見る方法

戦争の負の歴史をストレートに描き、そこで働く人の姿にスポットをあてた作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを利用しましょう。アンケート調査によれば6人に1人が使っているというデータもありますが、今ではそれ以上の利用者の多さになるほどの人気の高さです。スマホ、タブレット、パソコン、テレビ、ゲーム機器、それぞれが持っているツールで自由に見れます。

耳より情報はここからです。初心者を救いだす無料のサービスお試しプレゼントはクリスマスよりも嬉しい届け物です。レンタル店舗もズラッと商品が並んでいるものですが、ネット配信だって同じくらいの品ぞろえで、プラス初回無料があるのですから、どっちがお得かは言うまでもないでしょう。「一部だけでなくフルで動画を見られないと意味ないけど」全くもってそのとおり。ビデオオンデマンドは動画のお試し視聴といっても、冒頭だけみたいなことはしていません。全編を余すことなく見られます。

なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。騙し的なリンクを設置しているサイトもあります。「動画」というテキストのリンクをクリックすると、ランキングサイトに移動し、勝手にユーザーの時間と労力を無駄使いさせるものも。そのようなサイトはまず間違いなくアウトと考えましょう。注意喚起はしておくにこしたことはないですが、憤怒の感情で賠償を求めても無駄なので、オフィシャル安全動画が確実です。

「井の中の蛙大海を知らずとは言わせない。今日から映画を観まくるぞ!」そんな冒険心を沸騰させる動画の旅へ送り出します。毎週上映ラインナップが変わる映画館のように、VODも配信内容はどんどん容赦なく移り変わっていくので、1か月前の状態と今が同じなんてことはまずあり得ません。「ドローン・オブ・ウォー」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。あてもなくウロウロの暗闇の森を歩いていても出口にはたどりつけません。このページでは単に無料であることを知らせるのではなく、どこで配信しているのかという場所をルート表示して道案内しています。相次ぐ新規サービスラッシュについていくのもやっとだったりしますが、フルムビバースはどこよりもバッチリと対応に積極的。無料動画的体験を適正な手段で試せる唯一の手段です。このチャンスを見過ごすと、次はないかもしれません。興味のあるうちにぜひ。

お試し無料期間についてはサービスによってタイムの扱われ方が違っているので気をつけましょう。例えば、あるサービスでは登録日から1か月という設定だったりしますが、登録した月の最終日を期間の終わりとするサービスも存在します。つまり、後者の場合は月末に近い日にお試し登録すると無料期間が非常に少なくなって「イーサン・ホーク」を目に焼き付けることすらできません。時間を有効に使うことが求められるので、長すぎるドラマシリーズに手を出せばその間に終わってしまうこともあり得ます。計画に試用しましょう。

VODで扱われている無数の作品のそれぞれの配信が終了する月日をアナウンスしてくれるとかなり嬉しいですが、公式内でも目立たないことが多く、明記された月日どおりにならないことも。これはストリーミング権やコンテンツ権の問題なため、複雑な事情を抱えていますが、結局はサイトで当日に目視するのが妥当な手段になります。明日のことはわかりませんので、確実に見るなら今です。「ドローン・オブ・ウォー」を見逃さずに。後悔しないためにも視聴できるときに視聴するのが一番思い残すこともない安全策です。

『ドローン・オブ・ウォー』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『ドローン・オブ・ウォー』をさらに知る

★スタッフ
監督:アンドリュー・ニコル
脚本:アンドリュー・ニコル
撮影:アミール・モクリ
音楽:クリストフ・ベック

★キャスト
イーサン・ホーク、ブルース・グリーンウッド、ゾーイ・クラビッツ、ジャニュアリー・ジョーンズ、ジェイク・アベル、ディラン・ケニン

★『ドローン・オブ・ウォー』の評価

IMDbRTMETA
6.475%63
映画comY!FM
3.2???3.4
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『ドローン・オブ・ウォー』の感想

●フルムビレッド  
こんなに静かな戦争映画は他にないのではないでしょうか。当然、ドローンで空爆しているだけですから、現地の戦場には行きません。見ているのが画面のみ。でもこれが戦争なんですよね。ひとりのドローン狙撃手の内面の葛藤や私生活での苦悩をじっくり描くこの映画は、ドローンというお手軽に見える戦法でも戦争という暴力性と向き合う苦しさがあることを示します。上の命令に従わなければならず、女子供まで巻き込まなければいけない。ツラいです。
●109シネマズ  
戦争と言えば赤紙が届いて兵士を戦場に送ることだと思っている日本人もいまだに多い。しかし、最前線にて双方の兵士に多数の犠牲が強いられるリスクの対称性を以て、はじめて成立し得たはずの戦争も今や遠い過去。捨て駒によるテロリズムと、ルーチンワークのように返す無人機による空爆に、市民の暮らす生活の場が戦場となる。憎悪は一層膨らみ、復讐の連鎖は終わりが見えない。今後も兵士の仕事は肉体労働から判断行動に変わっていくのだろう。
●ユナイテッドシネマ 
邦題からイメージされるようなドローンを使った派手なドンパチものではない。元パイロットの主人公が、毎朝家から車で基地まで行き、設置してあるコンテナに入り、映像を監視して上からの指示が出ればボタンを押して爆撃し、何人殺したかを確認していく作業が終わりまで続いていく。不謹慎だが、まるでアルバイトみたいな単純作業だと思ってしまった。そして、遅れてそんな風に思うことに自体が恐ろしいんだと気づく。一体未来はどうなるのか。