トランスポーター イグニション

「トランスポーター」シリーズ再発進!

映画『トランスポーター イグニション』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! すぐに動画サイトが特定できます。
今すぐ『トランスポーター イグニション』を見るなら動画リンクをチェック。

ジェイソン・ステイサムをアクションスターに押し上げた人気作「トランスポーター」の6年ぶりとなるシリーズ4作目。主人公の運び屋フランク・マーティン役をリニューアルし、今作からイギリス出身の新鋭エド・スクレインが演じる。製作はリュック・ベッソンとマーク・ガオ。運び屋のフランクは、妖艶な美女アンナが率いる犯罪組織に父親を人質に取られ、やむにやまれぬ状況に陥り、プロの運び屋のルールに反する依頼を強制される。時間はない。父親の命の期限は12時間と迫っており、タイムリミットは残酷に近づく。自らに課したルールと父の命の間で揺れ動きながら、悩む時間もなく、フランクは持ち前の運転スキルで愛車アウディを走らせるが…。

原題:The Transporter Refueled / 製作:フランス(2015年) / 日本公開:2015年10月24日 / 96分 / 制作:EuropaCorp / 配給:アスミック・エース

映画『トランスポーター イグニション』本予告

(C)2014 – EUROPACORP – TF1 FILMS PRODUCTION/Photo:BrunoCalvo


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】
VOD9【Gyao】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Netflix ▼Netflix(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る
Gyao ▼Gyao(登録必要なし)
 過去に無料配信
Rakuten ▼Rakuten TV(お試し無し)
 今すぐ見る

▼『トランスポーター イグニション』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなが魅力にドハマり中!
人気シリーズとして非常に支持されている作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなエネルギッシュな映画をお得に観るなら、動画配信サービスを利用して上手く見ましょう。ネット配信であればレンタル店でDVDを借りるよりも動画にたどりつくのに無駄なステップを踏む必要はありません。家にパソコンやテレビがないのであれば、スマホを使用しても何も問題なく鑑賞可能。お手持ちのAndroidやiPhoneならたいていは対応しています。

「無料」を嫌う人はいない!
これで満足してはいけません。ファーストユーザーのあなたには無料トライアルがトッピングオーダーができます。普通はお金がかかるのでクレカでの引き落としが発生するものです。でもこの特典体験によって一部期間は無料が確保されるので、その間は見たい配信中動画を好きなように視聴できるのです。「すぐに無料期間は終わってしまうのでは?」と心配するかもしれませんが、大丈夫です。1か月などじゅうぶんな期間が設定されており、自分に合うかどうかをじっくり吟味できます。

アウトです!
不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。それで「トランスポーター イグニション」の視聴はダメです。豊かな知識や情報が無数に広がるネットの世界には、その裏で危険なサイトも蔓延しています。人を夢心地にさせる誘惑めいた言葉を並べて、ダメージを与える恐ろしい騙しページへと誘導するものもあります。必ずそのサイトの信頼性を判断すべきです。注意喚起はしておくにこしたことはないですが、憤怒の感情で賠償を求めても無駄なので、オフィシャル安全動画が確実です。

迷ったときは?
そういえばあの話題作はどうなったのかなどと思っているうちにDVDよりも早くネット配信されている場合もあります。しかし、配信の作品バラエティは1日ごとにチェンジしていき(全部が丸ごと変わることは稀で、少しずつ変化していくのが基本)、現状を気づきにくいです。「トランスポーター イグニション」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。判断しにくいので視聴できないことにしてしまう…なんて考える前にそのショートカットになるこのページを活用しましょう。アイコンが表示されていませんか。数が多いほど無料の機会は増加します。対応対象としてカバーしているVODの多様性はトップクラス級。大手からあまり知られていないものまで、多種多様な顔が並びます。あくまで本当に使用スタートしたいと思ったときに登録すればいいので、まずはサイト内で作品検索をして今日の配信有無を調べましょう。

あなたはどっち派?
海外の映画をウォッチする際に重要な点として「字幕」と「吹き替え」の問題があります。映画館だと必ず発生する「字幕派or吹替派」問題ですが、VODは基本的には用意されているなら、両方とも利用できることが多いです。意外な活用方法が英語字幕の利用であり、これを用いて外国語レッスンの教科書代わりに使っている人も。流し聴きしているだけで英語に耳が慣れます。「トランスポーター イグニション」にも字幕と吹替それぞれの魅力があるので、その点でもマッチするものを考慮してみるのもいいでしょう。

情報の充実度はピカイチ
ただの動画データベースではないフルムビバースでは掲載情報は他のサイトとは毛色が違います。まずは紹介VODのラインナップはスポンサー契約など関係なしに網羅的に採用。どこよりも多いです。もちろん法律に準拠した正規の許可を得たサービスです。そのサービスごとに配信映画をズラッと一覧表示することもでき、公開年月や製作国、細かいジャンルなどで分類しているので、そこからの検索も可。予告動画を見るのも良し。「カミーユ・ドゥラマーレ」監督作を調べるも良し。レビューの評価得点を参考にするのも良し。感想コメントから期待を膨らますのも良しです。

動画はフルの方がいい
あまり意識が向いていない人もいますが、TVでの映画放映は話題になりがちですが、それはフルではなくカットされていることが多々あります。中にはかなり重要なシーンがバッサリ削除されていることもあるので、映画本来の面白さを体験できません。VODは標準でフル動画を視聴可能。一方で長々としたエンドクレジットを見たくないなら、それを見ずにさっさと次の動画に移ることもできます。「トランスポーター イグニション」をフル視聴(full)できるという意味では、テレビメディアと比べてもVODの方が優れているのは明らかです。

ホームシアターのススメ
どんなに高性能なパソコンも、高価格のハイエンドスマートフォンでも絶対に到達できない高級体験。それがホームシアターです。構築するのは無料ではないですけど、実現すれば他の視聴手段なんて急に味気なくなります。劇場に通うこともなく、無料で自宅映画館を手に入れた気分を味わえます。「トランスポーター イグニション」も最高級に。この贅沢な環境を実現するには「プロジェクター」と「オーディオセット」、それと「スクリーン」が求められます。もしVODを使い続け、さらなる高みを目指したいなら、ひとつの夢として目標にするのも良いでしょう。

『トランスポーター イグニション』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『トランスポーター イグニション』をさらに知る

★スタッフ
監督:カミーユ・ドゥラマーレ
脚本:アダム・クーパー、ビル・コラージュ、リュック・ベッソン
撮影:クリストフ・コレット
音楽:アレクサンドル・アザリア

★キャスト
エド・スクレイン、レイ・スティーブンソン、ロアン・シャバノル、ガブリエラ・ライト、タチアナ・パジコビク

★『トランスポーター イグニション』の評価

IMDbRTMETA
5.216%??
映画comY!FM
3.2???3.3
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『トランスポーター イグニション』の感想

●シネマトゥデイ 
ステイサムだと思った? 残念! 別人でした! そんなことはさておき、それでがっかりしないでほしいかな。トランスポーターとしては「これじゃない」のだけど、「これはこれで」と納得できる完成度ですから。運び屋フランクなのにステイサムの無敵感がないので、心配になりますが、カーチェイスがたくさんありますし、見どころを考えようという工夫が感じられます。遊び心は増えたのではないかな。新しいカッコよさを味わってください。
●ユナイテッドシネマ 
今までのフランクより人間味溢れたフランクですかね。あえて従来のトランスポーターのお約束を全て外している気もします。車は走るためにあるもので、走る姿が美しくなければいけない。運送業のトランスポーターですらそこを重視している。完全に車の宣伝みたいですが、そこは気にしない。父親との変形バディもの、別物として観ればそんなに悪くないです。「イグニッション」という邦題も結構いいセンスじゃないでしょうか。
●DAILYMOTION 
今作からジェイソン・ステイサムではなくなり、どうかなと半信半疑で拝見。リブート作の宿命か、どうしても比べてしまう。ジェイソン・ステイサムという無敵超人を楽しむ映画だったこのタイトルを受け継ぐのは難しいのは百も承知。観客もグタグタいうべきじゃないのかな。メインでもあるカーアクションはど派手だし、一応頑張っているからそこは応援しようという気分にはなります。これでシリーズ化していくにはまだ弱いですけどね。