ブラック・スキャンダル

ジョニー・デップが実在した凶悪男を熱演

映画『ブラック・スキャンダル』のフル動画を無料視聴する方法を、サイトをたらい回しにさせずに紹介しています。
今すぐ『ブラック・スキャンダル』を見るなら動画リンクをチェック。

ジョニー・デップがFBI史上最高の懸賞金をかけられた実在の凶悪犯ジェームズ・“ホワイティ”・バルジャーを演じたクライムドラマ。製作総指揮にはブレット・ラトナー、ジェームズ・パッカー、ピーター・マルーク、レイ・マルークなどが名を連ねる。1970年代、サウス・ボストン。ここは暴力と権力が支配する街。FBI捜査官コナリーはアイルランド系マフィアのボスであるホワイティに、ある話を提案する。共通の敵であるイタリア系マフィアを協力して排除しようと持ちかけ、こちらの思惑どおりにコントロールしてマフィアをぶつける策略だった。しかし、歯止めのきかなくなったホワイティは法の網をかいくぐって絶大な権力を握るようになり、すでにコントロール不可能な状況になり、ボストンで最も危険なギャングへとのし上がっていく。止められるものはいない。

原題:Black Mass / 製作:アメリカ(2015年) / 日本公開:2016年1月30日 / 123分 / 制作:クロス・クリーク・ピクチャーズ、デューン・エンターテインメント / 配給:ワーナー・ブラザース / 製作費:5300万ドル / 興行収入:9970万ドル

映画『ブラック・スキャンダル』予告編
Black Mass (2015) Behind the Scenes – Full Version

(C)2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., CCP BLACK MASS FILM HOLDINGS, LLC, RATPAC ENTERTAINMENT, LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『ブラック・スキャンダル』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

動画であの人の意外な姿を!
次に何が起こるかわからないハラハラドキドキのサスペンスを楽しむなら映画が一番。スリル満載の緊張感を味わえる映画をお得に観るなら、動画配信サービスを活用しましょう。ネット配信であれば、レンタル店でDVDを借りる以上にメリットも多数。動画サイトとして広く使われているものと使用感覚は変わりありません。ウェブサイトにアクセスするだけで動画を視聴でき、そこまで難しい新しい作業を必要としていないので、気にしなくてもOKです。

「無料」を嫌う人はいない!
しかも、初めてのユーザーがさらなるお得な体験ができるように初回無料トライアルにトライできます。「なんか自分の観たい作品が少ないな…」「私の環境だと上手く再生できない」「少し使いづらさを感じる」そういう使って初めてわかるフィット具合を判断する時間的余裕がお試しの利点です。「本当に無料で動画が見られるの?」そんな質問もあるでしょうが、しっかり公式サイトで「問題ありません」と答えています。配信作品ラインナップも豪勢ですから満足できるでしょう。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それで「ブラック・スキャンダル」の鑑賞はダメです。具体的な危険の事例を知りたい人も多いでしょう。例えば、動画再生途中にいきなり特大の広告が表示され、それを消そうとクリックやタップをすると別ページにリダイレクトされ、情報を盗むサイトに誘い込まれる…などの手口です。口を酸っぱくして忠告してもなかなか届かないものですが、被害を受けた時にはご愁傷様ですとしか言えません。

どれを選べばいい?
スクリーンデビューした映画もデジタル配信でのカムバックは意外に早いので、自分の頭にメモして狙い撃ちをしましょう。ただし、面倒事がゼロならいいのですが、そうもいかないのが困りもの。ユーザーの鑑賞希望作品を配信しているサービスがどれなのか、探さないといけません。「ブラック・スキャンダル」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。難関というほどではないにせよ、苦労のドツボに陥らないためにも、このページに掲載している動画リンクを参照してください。雑多なリンク集ではなく、詳細はアイコンで情報をピックアップ中です。その名のとおり、フルムビバースでは映画(ムービー)がたっぷり(フル)と共存空間(ユニバース)を構築しています。兎にも角にも作品の視認が先です。登録は後回しでいいですよ。今日の状況はサイト内でしかできません。題名で検索してみてはいかがでしょうか。

あなたはどっち派?
さあ、いつでも突発的に発生する「字幕がいいのか、吹替がいいのか」という不毛なバトルがやってきました。字幕派は俳優の声が聴きたいんだ、それこそが映画本来の原書を読んでいるようなものじゃないかと豪語。一方の吹替派は映像が文字で汚れるなんてそれこそ映画への冒涜だと非難。この戦いは終わりそうにない。きっと未来永劫続くのでしょう。でもVODならそんな喧嘩は起きません。「ブラック・スキャンダル」にも字幕と吹替それぞれの魅力があるので、その点でもマッチするものを考慮してみるのもいいでしょう。

登録情報は最小限
初のVODの世界へようこそ…と言いたいところですが、まずは登録をしてください。遊園地に入る前のチケットの購入みたいなものです。もちろんお試しならば無料なのでお金はひとまずいりません。でも支払い先は事前に入力しないといけません。つまり支払い能力のない人は門前払いされます(イタズラ防止)。そしてメールアドレスなどを登録してアカウントを作らないとダメです。それ自体は1分もかからずに終わるのでノーストレスですが、動画を見るための準備体操みたいなものです。あとは「ブラック・スキャンダル」を探すだけ。簡単だと思いませんか。

俳優好きにも必須
俳優を見るのは好きですか? 映画鑑賞が趣味なら当然俳優だって見るはずです。まさか役者がでるたびに目をつぶっている人はいないでしょう。そんな動画鑑賞の素晴らしいサポートになってくれるVODは俳優別に作品を検索できるという大きなメリットがあります。これならば「あの人の顔をずっと見ていたい!」という要望にもお応え。「ジョニー・デップ」の名演を見物したいでしょう? マニアでなくとも関連登場作に目がいくのであれば、その本能に従いましょう。でもなかなか骨が折れるのもわかります。だからこそVODに頼ってしまっていいのです。

10回でも100回でも
映画を何回も観たいと思ったことはありませんか?「ブラック・スキャンダル」も2回3回4回と鑑賞してみれば印象は変わってきますよ? そんな繰り返しは時間の無駄という意見もわからなくもないですが、ぜひとも少しでも1日の余裕があるなら、ネット配信で試しましょう。とくに他人の感想や分析を見ながらの再鑑賞は新しい気づきを与えてくれて、つまらないと思った作品も名作に変わることも。おカネがない人でも最小限の料金で何回も見れるというのは今の時代だからこそのデジタル万歳なメリット。せっかくなら満喫しましょう。

『ブラック・スキャンダル』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『ブラック・スキャンダル』をさらに知る

★スタッフ
監督:スコット・クーパー(関連作品:『ファーナス 訣別の朝』)
脚本:マーク・マルーク、ジェズ・バターワース
撮影:マサノブ・タカヤナギ
音楽:トム・ホルケンボルフ

★キャスト
ジョニー・デップ、ジョエル・エドガートン、ベネディクト・カンバーバッチ、ジェシー・プレモンス、デビッド・ハーバー、ダコタ・ジョンソン、ロリー・コクレイン、デヴィッド・ハーバー、アダム・スコット、コリー・ストール、ジュリアンヌ・ニコルソン

★雑学(トリビア)
・原作はノンフィクションの『Black Mass: The True Story of an Unholy Alliance Between the FBI and the Irish Mob』。

★『ブラック・スキャンダル』の評価

IMDbRTMETA
6.973%68
映画comY!FM
3.1???3.3
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『ブラック・スキャンダル』の感想
・町山智浩:たまむすび
 ↑アメリカ在住の映画評論家町山智浩の映画評論。

●FILMAGA  
静かに淡々と進むが、それが史実に基づいていることを知った上で観れば、ストーリーの盛り上がりの乏しさにも納得できるのではないか。対等な立場で協定を結んだはずが、いつの間にかギャング=バルジャーに利用されるだけのFBI捜査官など、この業界の、利用される側とする側のコロコロ変わっていくサスペンスが本当に怖い。マフィア物は「ゴッドファーザー」くらいしか観たことなかったのだが、この恐怖はいつでも怖いんだなと実感。
●イオンシネマ  
ジョニーデップの新境地という感じ。すっかりひょうきんでトリッキーなキャラクターが定番になってしまったが、こんなダークな実在の人物もいけるぜということを証明してみせた。ジョエル・エドガートン演じるFBIのジョン・コノリー、ベネディクト・カンバーバッジ演じるジミーの弟で州議員のビリー・バルジャーなど、他の大物の演技も見ごたえがあって重厚なドラマに見入った。ブラックというだけあって、本当に恐ろしい事件だった。