キャロル(2015)

キャロル

二人は恋をした。美しく、切なく

映画『キャロル』のフル動画を無料視聴する方法を、数だけをズラリと並べたリンクに惑わせることなく、明快にレコメンド中。
今すぐ『キャロル』を見るなら動画リンクをチェック。

1950年代ニューヨークを舞台に女同士の美しい恋を描いた恋愛ドラマ。「太陽がいっぱい」などで知られるアメリカの女性作家パトリシア・ハイスミスが52年に発表したベストセラー小説「ザ・プライス・オブ・ソルト」を、トッド・ヘインズ監督が映画化した。製作総指揮にはテッサ・ロス、ドロシー・バーウィン、トーステン・シュマッカー、ダニー・パーキンスなどが名を連ねる。1952年、冬。ジャーナリストを夢見てマンハッタンにやって来たテレーズは、買い物客で賑やかに繁盛するクリスマスシーズンのデパートで玩具販売員のアルバイトをしていた。彼女にはリチャードという恋人がいたが、なかなか結婚に踏み切れずにずるずると関係だけを持つのみだった。そんな人間関係も停滞した人生の中で、ある日、テレーズは、デパートに娘へのプレゼントを探しに来たエレガントでミステリアスな女性キャロルに出会う。その雰囲気はこれまで見たことのないもので、ひと目で心を奪われてしまう。それ以来、2人は会うようになり、心を通わせ、近づいていく。身の上話もするようになり、テレーズはキャロルが夫と離婚訴訟中であることを知る。生まれて初めて本当の恋をしていると実感するテレーズは、解放感に包まれながら、キャロルから車での小旅行に誘われ、ともに旅立つが…。

原題:Carol / 製作:アメリカ(2015年) / 日本公開:2016年2月11日 / 118分 / 制作:ワインスタイン・カンパニー、スタジオカナル、ハンウェイ・フィルムズ / 配給:ファントム・フィルム / 製作費:1180万ドル / 興行収入:2170万ドル

映画『キャロル』予告編

(c)NUMBER 9 FILMS (CAROL) LIMITED / CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION 2014 ALL RIGHTS RESERVED


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】
VOD9【Gyao】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
Hulu ▼Hulu(2週間)
 今すぐ見る ⇒ VOD2
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Netflix ▼Netflix(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る
Gyao ▼Gyao(登録必要なし)
 過去に無料配信

▼『キャロル』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

心を震わせたドラマがある!
さまざまな葛藤や苦悩を抱きながら支え合って生きる人間模様を描いた作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを利用しましょう。いろいろなサービスがありますが、基本は2種類です。ひとつは単体作品ごとにレンタルするもので、もうひとつは対象作品が見放題になるものです。両方を兼ね備えたものありますし、片方だけのものあるし、作品によって違う場合もあります。

「無料」を見逃すな!
「なるべく支払いは後にしたい」それならばお試しできます。もちろんお金は無料です。映画動画をタダで見れるのです。これはビギナーハードルを低減するためのもので、初回利用者限定でフリー期間が設定されています。あなたの気になる作品動画が配信中ならばハッピーチャンスです。「映画を浴びるように見て夢心地になりたいけど」そんな願いも案外叶うものです。始めてみればドハマりしてしまい、何もない休日はひたすら映画やドラマを見っぱなしだった人も。

アウトです!
不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。それで「キャロル」の視聴はダメです。これらのセキュリティ・クラッシュなサイトは「無料動画」と宣伝されていても、まずそんな淡い欲望は粉々に打ち砕かれます。意味不明な外国語ページの出現とともに、エラー音やアダルト広告を伴って、気づかぬうちに危険な状況に突き落とされます。千載一遇のチャンスを見逃すなかれ。公式プレゼンツなサービスこそが何の心配もいらない選択肢です。

迷ったときは?
現在は新作もそこまで待たせることなくネット配信されるのがスタンダード。無料動画も試しやすいです。ただし、世の中は障害物を設置してくるもので、これを取り除かないといけません。具体的には配信VODの特定というハードルをぴょんとジャンプしないとダメです。「キャロル」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。ググってみても表示されるのは一部のVODのみ(YouTubeばかりが推薦されます)。このページならもっと広域にわたって配信可能性の高めなサービスをフェア精神でフリーレコメンドしており、有用性抜群です。モニタリングしているVODは多彩で、あの国内外のモノから、知名度の低いマニア向けのモノまで、オール取り扱い済み。外に出ることなく安全に無料ホームシアター的な体験ができる、最高の幸せ。休みの日は自由に映画三昧で楽しむのが最良の選択肢です。

登録情報は最小限
動画共有サイトと違って基本は登録しないと利用できないVOD(そのぶん最高の環境が整っています)。登録する際の個人情報入力に懸念を持っている人は多いはず。このご時世、何に悪用されるのかもわかりません。でもその危険性はそこまでの心配はいりません。少なくとも躊躇するほどではないです。なぜなら登録内容は最小限ですし、その中身は変更も容易いので、問題発生時もすぐさま対応できて、利用範囲も限定されています。あなたがそのパスワードをうっかり漏らさないなら大丈夫。あとは「キャロル」を探すだけ。簡単だと思いませんか。

邪魔な広告は無し!
スマホはとくに顕著ですがしつこい広告に悩まされる人も多いでしょう。わざとタップを誘ったりするアクシデント狙いの広告バナーはうざいだけ。フルムビバースはそのような追尾したり、うっかり誤爆をさせるアドは一切導入はしていません。ユーザー第一で嫌な思いをさせたくないのでテキストなどを読ませやすくしています。「キャロル」視聴を妨げません。問題視されて業界事業者が「良くない」として排除している広告というものがあります。どれもユーザーエクスペリエンスを減退し、満足度を損傷させるものばかりであり、本サイトでもそんな広告とは関わりを断っています。

俳優好きにも必須
「あの俳優のキラキラ輝くフェイスを観れば、私の中の大観衆が絶叫する~」そんな心の応援上映気分で映画を観ている人は多いと思いますが、熱心なファンでなくともキャストで作品を選ぶ人は珍しくありません。VODでは「これだ」とチョイスした俳優を検索して出演作をズラリと表示して連続で見ていくというマニアな鑑賞も可能です。「ケイト・ブランシェット」の絶技が光る役者魂はそれはもう素晴らしいです。ファンを増やしたいな…と思っているなら、それであればVODで布教活動をしていくのが効率的に上手くいきます。勧めやすいですし、DVDよりも手軽です。

高評価作品は観る価値あり
あなたは見る映画をどのように選んでいますか? ランダムで運任せ? それともビジュアル重視でインスピレーションを刺激されるもの? いやいや俳優でストレートに選ぶ? それとも友達やネットのオススメ? こちらとしては評価の高い作品も良いですと推薦したいところ。映画賞を獲っている作品はとりあえず観ておけばその価値を探ったりしてさらに深掘りできる楽しみがあります。解説も豊富なことが多いのでそこもGood。「キャロル」ももしかしたら? 話題作だけでない、文化的・芸術的・社会的に価値のある映画に触れることで新しい扉が開けます。

『キャロル』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『キャロル』をさらに知る

★スタッフ
監督:トッド・ヘインズ(関連作品:『アイム・ノット・ゼア』)
脚本:フィリス・ナジー
撮影:エド・ラックマン
音楽:カーター・バーウェル

★キャスト
ケイト・ブランシェット、ルーニー・マーラ、サラ・ポールソン、ジェイク・レイシー、カイル・チャンドラー、ジョン・マガロ、ケヴィン・クローリー、キャリー・ブラウンスタイン

★雑学(トリビア)
・当初はアイルランドの映画監督のジョン・クローリーがメガホンをとることになっていた。

★『キャロル』の評価

IMDbRTMETA
7.294%??
映画comY!FM
3.6???3.8
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『キャロル』の受賞
第68回カンヌ国際映画祭 コンペティション部門で女優賞(ルーニー・マーラ)を受賞。

★『キャロル』の感想
・宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。
・町山智浩:たまむすび
 ↑アメリカ在住の映画評論家町山智浩の映画評論。

●FILMAGA 
主演の二人がずっと美しい。同性・異性に関わらず、二人の関係性は純粋に憧れる。どうしても本音を隠して「普通」の愛に生きることを余儀なくされる時代。それでも本当の自分をさらけだすことはいかに重要で難しいのか。その現実を丁寧に切なく描く。ルーニーマーラも綺麗だけど、ケイトブランシェットの全てが上のような貫禄が素晴らしい。これは惚れてしまうのも無理ない。冒頭から一貫して流れる音楽が良く、撮影の良さも引き立っている。
●VUDU  
ケイト・ブランシェットの目線の演技の繊細さが秀逸すぎる。特に初めてランチをするシーンと、二人が久しぶりに再会するシーンのあの一瞬の気持ちの交錯。役者ってここまで存在と仕草だけで感情を表現できるのかと震えた。レトロな音楽や衣装も、ルーニーマーラの愛らしさとケイトブランシェットの妖艶さを絶妙に引き出して、この至高のラブストーリーを贅沢なものに転化している。LGBTとか気にしなくていい。愛の物語と思えばそれでいい。