スティーブ・ジョブズ(2015)

巧みな映像と脚本で偉人の素顔を描く

映画『スティーブ・ジョブズ』のフル動画を無料視聴する賢い方法を、可能な限り最新情報を反映しつつ紹介しています。
今すぐ『スティーブ・ジョブズ』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Steve Jobs / アメリカ(2015年) / 日本公開:2016年2月12日 / 122分 / 制作:レジェンダリー・ピクチャーズ / 配給:ユニバーサル・ピクチャーズ、東宝東和 / 製作費:3000万ドル / 興行収入:3370万ドル

映画『スティーブ・ジョブズ』

©Universal Pictures


▼『スティーブ・ジョブズ』の動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】字幕or吹替
VOD2【Hulu】スマホ可
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
dTV ▼dTV(31日間)
Rakuten ▼Rakuten TV(お試し無し)

▼『スティーブ・ジョブズ』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

映画を隣に置いておこう!
さまざまな葛藤や苦悩を抱きながら大きな偉業を成し遂げた人物にスポットをあてた作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを上手く使うといいでしょう。ネット配信であれば、レンタル店でDVDを借りる場合ではありえないメリットも多数。例えば、探しにくい映画でも簡単に見つかります。わざわざ時間を作って店に行く必要からも解放されて、有効に時間を応用できます。

「無料」ですよ!タダ!
「どちらにせよ有料だし…」と考えるなら、でもまずはお試し選択を得ることで最初は無料なんだとも解釈できるでしょう。普通はお金がかかるのでクレカでの引き落としが発生するものです。でもこの特典体験によって一部期間は無料が確保されるので、その間は見たい配信中動画を好きなように視聴できるのです。「どうしても心配なのだけど無料期間内で退会したら即有料になるの?」「解約をそのまましても何かのペナルティが起きることはあるの?」その疑念は自然と思い浮かびますが、退会後はいきなりの料金発生はないです。無料期間を過ぎていないのなら安心できるでしょう。ダニー・ボイル監督の「スティーブ・ジョブズ」もアリ。

iPhoneでも危険です!
不正な動画ウェブサイトはどういうセキュリティに自信のあるスマホであっても適法性・実用性の二点で非推奨。マイケル・ファスベンダー主演の「スティーブ・ジョブズ」もアウトです。豊かな知識や情報が無数に広がるネットの世界には、その裏で危険なサイトも蔓延しています。それが残念ながら常識になってしまっているのです。人を夢心地にさせる誘惑めいた言葉を並べて、ダメージを与える恐ろしい騙しページへと誘導するものもあります。必ずそのサイトの信頼性を判断すべきです。同じ無料ならばしっかりとした健全性の整ったサービスが断然良いのは単純な話です。深く考えるまでもありません。

いちはやくウォッチ!
そういえばあの話題作はどうなったのかなどと思っているうちにDVDよりも早くネット配信されている場合もあります。あとはスムーズに登録してウォッチング!と言いたいところですが、「どれだったら私の観たいと思っている映画が扱われているの?」という疑問が依然として消えていません。ケイト・ウィンスレット出演の「スティーブ・ジョブズ」を視聴できるVODはどれなのかじっくりと気になると思います。気になっているだけでは解決できません。このページでは配信VODを確認する作業の手間暇をスリムカットして、ラストのチェックのみだけにします。時間がない人にこそ強く推薦できます。いかにもクリックすれば動画がすぐに見れるかのように誘って偽り、取るに足らないランキングページへと誘導する無価値な内容はここにはないと保証します。別にアカウント作成作業を無理に急がせることはしません。急がば回れ。落ち着くことが最善の動画への道です。まずは観たい映画の有無をポチポチと検索してみるだけでもいいのです。

あなたはどっち派?
海外映画ウォッチャーにとっての譲れない論点。それが「字幕」と「吹き替え」をめぐるプライド。それぞれの言い分があるのは百も承知。今はどちらがいいのかを競っている場合ではありません。大事なのは双方を尊重して互いに満足する視聴スタイルを提供してくれるメディアを探すこと。ネットというフレキシビリティを確保している強みがあるVODはまさにどちらの需要にも答えられるスーパーヘルパー。どんどん頼りましょう。セス・ローゲン出演の「スティーブ・ジョブズ」にも字幕と吹替それぞれの魅力があるので、その点でもマッチするものを考慮してみるのもいいでしょう。

支払い方法は?
VODを継続的に利用する際の普段から欠かせない料金の支払い方ですが、ジェフ・ダニエルズ出演の脚本への評価がずば抜けて高い「スティーブ・ジョブズ」を見たい気持ちをまずは抑え、とりあえず支払い方法としてクレジットカードを考えないといけません。クレカ企業はなんでもいいのですが、当然使用可能である必要があります。自分が普段使っているものでもいいですし、新規に作るのでも構いません。持っていない人はどうするべきか? それはひとつの代替手段としてスマホ等のキャリア決済合同があります。クレジットカードを1枚も保持していない人でも打つ手なしではないです。諦めることはありません。登録したカードは自由に変更できるので有効なものを常に使いましょう。

高評価作品は観る価値あり
闇雲に映画を漁るのもそれはそれで宝探しのようでワクワクしてきますが、最小の労力で可能な限り高評価の映画を観ていくのも良いものです。駄作に出会ってガッカリということも避けられますし、何よりもレベルの高い作品を見ることで鑑賞眼も鍛えられます。目安となるのは「アカデミー賞」など著名な映画賞を受賞した作品、もしくは適正なレビュワーによってランクされた作品をチョイスしていくことです。マイケル・スタールバーグ出演のユニークな物語が魅力の「スティーブ・ジョブズ」ももしかしたら? 話題作だけでない、文化的・芸術的・社会的にトリプルセットで革新性をあなたに与える映画に触れることで新しい扉が開けます。

その動画サイトは使える?
キャサリン・ウォーターストン出演の知られざる伝説的な人物の裏側を独自のストーリーで再解釈した「スティーブ・ジョブズ」を無料で鑑賞したい欲望自体は責められません。問題はその結果容易にたどり着きやすいサイトの話。運営歴も長い「dailymotion」や「Miomio」などの巨大エリア、「openload」や「vidia」、さらには「clipwatching」「mixdrop」「cloudvideo」といった次々と乱立するファイルシェアリング用のサービス。こうしたものはそのものに悪意はなくとも不正利用の温床になっており、悪質動画拡散の原因です。あなたが関わるべきものではないですし、自己責任などの詭弁も通用しません。完全スルーするのが身の為です。

『スティーブ・ジョブズ』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2020年2月29日時点での『スティーブ・ジョブズ』の動画配信
  • 「dTV」「Rakuten TV」です。

▼『スティーブ・ジョブズ』をさらに知る

監督ダニー・ボイルが、アップル社の共同設立者スティーブ・ジョブズの生き様を描いた伝記ドラマ。ジョブズ本人や家族、関係者へのインタビューを中心に執筆された伝記作家ウォルター・アイザックソンによるベストセラー「スティーブ・ジョブズ」をもとに、アーロン・ソーキンが脚本を担当。製作総指揮はバーナード・ベリュー、ブライアン・ズーリフ、イーライ・ブッシュ。1984年のMacintosh、88年のNeXT Cube、98年のiMacというジョブズの人生の中で最も波乱に満ちていた時期に行なわれた3つの新作発表会にスポットを当てる。アイディアの披露によって人々を魅了した伝説のプレゼンテーションの舞台裏。そこには単なる偉人として語られる人物像には当てはまらないさまざまな側面があった。絶対に曲げたくない信念を貫き通そうとして周囲とぶつかる姿や、ユニークで卓越したビジネスセンスを浮かび上がらせていく。周囲を全く気にしない独善的なクリエイティブは衝突を生む。さらに娘リサとの確執と和解といったエピソードも盛り込み、表のメディアでは描かれないジョブズの素顔を浮き彫りにする。

★『スティーブ・ジョブズ』のスタッフ
監督:ダニー・ボイル(関連作品:『127時間』、『スラムドッグ$ミリオネア』)
脚本:アーロン・ソーキン
撮影:アルウィン・カックラー
音楽:ダニエル・ペンバートン

★キャスト
マイケル・ファスベンダー、ケイト・ウィンスレット、セス・ローゲン、ジェフ・ダニエルズ、マイケル・スタールバーグ、キャサリン・ウォーターストン

★『スティーブ・ジョブズ』の評価

IMDbRTMETA
7.286%??
映画comY!FM
3.3???3.4
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『スティーブ・ジョブズ』の受賞
第73回ゴールデングローブ賞で最優秀助演女優賞、最優秀脚本賞を受賞。

★『スティーブ・ジョブズ』の感想

●シネマトゥデイ  
スティーブ・ジョブズという人間に特化している映画なのでアップル製品がどうやってできたかなどは描かれていないということは肝に銘じてく必要がある。そういうアップルができるまでみたいな作品は伝記映画としてすでにあるので、気になる人はそちらを視聴するといいだろう。この映画ではこのイカレタ人間の人間性が少しずつ変化していく過程を、実に巧みなシナリオで見せていく脚本構成こそが魅力。この無駄のないデザイン。まさにアップル。
●VUDU  
3つの新作発表会の舞台裏に焦点を当てたことで、相当に絞られたエピソードが描かれる。彼の存在はITに詳しくない人でも知っている人ほど有名だが、実はそのクセの強いキャラクター性はあまり知られていない。それでもそのクレイジーさをあえてメインにせずに、フルスピードなトークで一気に勢いで押し通すあたりは非常に練られている。とくに行動やしぐさの変化に注目してほしい。最後の発表会、彼はどう変わったのだろうか。脚本のお手本だ。