誘拐の掟(2014)

リーアム・ニーソン主演、誘拐犯よ、覚悟しろ

映画『誘拐の掟』のフル動画を無料視聴する有利な方法を、安全性を確認できないサイトは除外して紹介しています。
今すぐ『誘拐の掟』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:A Walk Among the Tombstones / アメリカ(2014年) / 日本公開:2015年5月30日 / 114分 / 制作:Cross Creek Pictures / 配給:ポニーキャニオン

『誘拐の掟』予告編

(C)2014 TOMBSTONES MOVIE HOLDINGS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

動画
▼『誘拐の掟』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る 機能充実

VOD2 Huluで動画を見る 動画中無広告

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

- -

VOD9 Gyaoで動画を見る

[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコンで視聴可能性大。
U-NEXT ▼U-NEXT
⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV
⇒ VOD3
Videomarket ▼ビデオマーケット
Netflix ▼Netflix
Amazon ▼Amazonビデオ
Gyao ▼Gyao(登録必要なし)
 過去に無料配信
Rakuten ▼Rakuten TV

▼『誘拐の掟』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

ハラハラする体感を!
次に何が起こるかわからないハラハラドキドキのサスペンスを満喫するなら映画です。そんなスリルいっぱいの作品をお得に観るなら、動画配信サービスを利用してみましょう。ネット配信は、レンタル店でDVDを借りるときと違って、さまざまなメリットがあります。出演俳優で検索することも可能です。「この役者の映画をいろいろと見てみたい」そんな希望にも答えることができます。今日から好きな役者の活躍を目に焼き付け放題です。

「無料」は全て初心者のため!
初利用の人のための親切コースも整備されています。あなたが望むなら無料お試しトライアルを真っすぐ歩めます。家にいながらの視聴が実現できる、言い換えれば無料ホームシアターのようなネット鑑賞は、お試しというには嬉しすぎる最高の初心者ラッキーチャンスです。期間など気になりません。「3日とかで無料終了ならば、忘れていつのまにかカネをとられる!」「自分の知らない感じで終わってしまうのは嫌だ」そういう恐怖は無いです。ちゃんとじゅうぶんな期間がありますし、事前にメールでも知らせてくれるので、そこは配慮ありです。「誘拐の掟」もアリ。

それは危険が迫ってくる!
不正な動画ウェブサイトは凶悪な業界キラーになっており適法性・実用性の二点で非推奨。それで「誘拐の掟」の視聴はダメです。厄介事は各所に潜在しています。例えば、そのようなウェブページは広告で儲けているために、異常に頻繁かつ妨害的な広告の表示で、何もわかっていないユーザーをあっさりと誘導しようとします。また、有害な不利益を招くリダイレクトを連発させる場合もあります。赤信号みんなで渡れば…ただの大量犠牲者が出るだけなのです。わかっていても飛び込むのならばそれは自殺行為です。

あなたの選択は自由!
インターネット時代の全盛期ですからデジタルでの動画提供は主流。VODの取り扱いもいち早く始まるのは珍しくないです。価格自体はわかりやすいので比べるまでもない感じなのですが、問題はその内容です。観たい作品が無いサービスに登録しても恩恵はないので、事前の確認は自然と必要です。「誘拐の掟」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。できれば最短コースで動画にありつきたいという本音は誰にでもあるはずです。このページでは動画リンク下部に配信中のVODをアイコン表示しているので、すぐに判断できます。完璧ではないかもしれません。でもフルムビバースは毎日の手作業更新によって過去作品さえもきめ細かくVODの配信模様を提供し続けています。使っていないVODがありませんか? それは絶好のウルトラチャンスです。新しい作品を見つけることもできます。無料体験を手に入れられるのはその最初の出会いのときだけなのですから。

どれで見れるの?
VODで動画視聴する際はそもそもな話で再生機器の条件を満たす必要が「誘拐の掟」でもあります。家庭のホームテレビはどんなメーカーのものを使っているのかにもよりますが、対応済みならばそのまま利用できるでしょう。パソコンは、基本的に最新アップデートしているブラウザに対応しているので普通に使えます。それは特に悩むこともないでしょう。スマホは、性能によっては端末が熱くなり、負荷になるかもしれませんが、ハイスペックならば問題はないです。必ずアプリをインストールしておくことで利便性は最高クラスになります。通信量に関しての注意点はあるのでそこの問題は入念に検討をしておきましょう。

情報の充実度はピカイチ
ただの動画データベースではないフルムビバースでは掲載情報は他のサイトとは毛色が違います。まずは紹介VODのラインナップはスポンサー契約など関係なしに網羅的に採用。アップデートしていることもあって、どこよりも多いです。もちろん法律に準拠した正規の許可を得たサービスです。そのサービスごとに配信映画をズラッと一覧表示することもでき、公開年月や製作国、細かいジャンルなどで分類しているので、そこからの検索も可。予告動画を見るのも良し。「スコット・フランク」監督作を調べるも良し。レビューの評価得点を参考にするのも良し。独自のアプローチで切り取った感想コメントから期待を膨らますのも良しです。

無料の範囲はどこまで?
「無料」という言葉は魅惑的ですが、でも実際の内容ではどこまでが無料なのか。「誘拐の掟」は? ベーシックとなるのは初めてとなる1回目の月額料金、もしくは特定期間に限り支払いのない状態になる…つまり有料で利用する開始時期が遅くなるというものです。つまりいくらでも試せる猶予が与えられます。また、その無料中に見られる作品というのも各種事情があります。見放題なら全部OKですが、ポイント式のサービスならばその利用範囲内で無料感覚になるのでかなりニュアンスは変わってきます。この区別ができているかが混乱を生むかどうかの境なので、事前に注視しておきましょう。

10回でも100回でも
映画を何回も観たいと思ったことはありませんか?「誘拐の掟」だって1回の鑑賞では満足してもいいのですか? 映画の価値は意外なところでわかったりします。考えてもみてください。映画館でリピーターになる人は相当な思い入れのある人でマニアです。そういう到達点もひとつの目標でもいいのですが、ちょっと大変。そんなレベルに到達するのは財力と情熱が少し足りないかもしれません。でもVODはそのハードルをグッと下げてくれます。それこそ子どもでも使えるほどに。何気ない普段の生活でBGMよろしくBGV(バックグラウンドビデオ)として繰り返し再生するのもアリなのです。

『誘拐の掟』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2020年2月14日時点での『誘拐の掟』の動画配信
  • 「U-NEXT」「TSUTAYA」「ビデオマーケット」「Netflix」「Amazonビデオ」「Gyao」「Rakuten TV」です。

▼『誘拐の掟』をさらに知る

リーアム・ニーソン主演で、米作家ローレンス・ブロックによるミステリー小説「獣たちの墓」を映画化。原作は、元ニューヨーク市警の酔いどれ探偵マット・スカダーを主人公にした人気シリーズの第10作。『誘拐の掟』の製作総指揮にはナイジェル・シンクレア、ガイ・イースト、ケリー・オレント、ローレン・セリグなどが名を連ねる。1999年、ニューヨークでは連続誘拐殺人事件が人々を震え上がらせていた。それは常軌を逸した恐怖の事件。犯人は身代金を奪うと人質を変わり果てた姿で返すという残忍かつ狡猾な猟奇殺人鬼で、引退した刑事マット・スカダーは事件被害者からこの恐怖の犯人探しを依頼される。すぐにでも犯人を捕まえ、平穏を取り戻すべきだが、そうは上手くいかない。そんな折、新たにひとりの少女が誘拐される事態が発生。緊迫した状況の中で、スカダーは交渉不可能と思われる相手と対峙する。

★『誘拐の掟』のスタッフ


監督:スコット・フランク
脚本:スコット・フランク
撮影:ミハイ・マライメア・Jr.
音楽:カルロス・ラファエル・リベラ

★『誘拐の掟』のキャスト


リーアム・ニーソン、ダン・スティーブンス、デヴィッド・ハーバー、ボイド・ホルブルック、ブライアン・“アストロ”・ブラッドリー、ラウラ・ビルン、オラフル・ダッリ・オラフソン、マーク・コンスエロス、ダニエル・ローズ・ラッセル、セバスチャン・ロッシェ

★『誘拐の掟』の評価

IMDbRTMETA
6.566%??
映画comY!FM
3.3???3.3
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『誘拐の掟』の感想

●『誘拐の掟』映画無料夢心地 
リーアム・ニーソンの歳を重ねた魅力・格好良さを最大限に突き付けるようなダークでスタイリッシュな探偵モノ。猟奇殺人犯との終始重暗く静かに進む対決が見物。「殺したら、殺す」というどっちが悪役かわからないキャッチコピーのインパクトも凄いが、リーアム・ニーソンならなんとなく納得してしまう説得力があるのは理解してくれるでしょう。あと、ルシア役のダニエル・ローズ・ラッセルが物凄く可愛い美少女だったのが個人的な絶賛ポイント。
●『誘拐の掟』TOHOシネマズ
渋い男ならこの人にお任せ。リーアム・ニーソンは「96時間」のような派手なアクション映画もいいが、このような大人っぽい映画もいい。要するに全部良いのですが。のっけから暗い感じで始まり、誘拐犯も中々のえげつなさ。しかし、ここにこの男がいる限り、誘拐犯にとって地獄しか待っていない。主人公の心情を表しているかのような色あせた風景が素晴らしく、世界観に没入させてくれる。相棒役を務める黒人少年が暗い世界観の清涼剤です。
●『誘拐の掟』DAILYMOTION
ローレンス・ブロック原作のマット・スカダー・シリーズの映画化作品。原作は全く知らなかったけど、普通に楽しかった。元アル中の警察官で、モグリの私立探偵という、好きな人は涎が止まらないダメ男設定。傷を負った元警官が悪を葬るというよくある設定だが、既存の作品とは違うアイデアが盛り込まれていて、意外なほど飽きさせない。アクションが乏しいのは欠点か、それとも個性か。私としてはそれがアイデンティティになっていると思う。