ロブスター(2015)

独身は動物に変えてしまいます

映画『ロブスター』のフル動画を無料視聴する方法をジャストにレコメンドしています! アンテナサイトのリンクは全く無いです。
今すぐ『ロブスター』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:The Lobster / アイルランド・イギリス・ギリシャ・フランス・オランダ・アメリカ(2015年) / 日本公開:2016年3月5日 / 118分 / 制作:Faliro House Productions / 配給:ファインフィルムズ

映画『ロブスター』予告編

©2015 Element Pictures, Scarlet Films, Faliro House Productions SA, Haut et Court, Lemming Film, The British Film Institute, Channel Four Television Corporation.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】翻訳対応
VOD2【Hulu】解約簡単
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る
Rakuten ▼Rakuten TV(お試し無し)
 今すぐ見る
FOD ▼FOD(1か月)
 今すぐ見る

▼『ロブスター』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなに利用拡散中!
独自の設定で観客を驚かせるような映画はそれだけで見ごたえがあります。そんなファンタスティックな作品をお得に見たいときは、動画配信サービスを利用してみましょう。レンタル店でDVDを借りるのもいいですが、マニアックな作品を探すのは大変な時もあります。しかし、ネット配信ならその心配はなし。ウェブサイトにアクセスするだけで一瞬です。時間がない人はスマホを使って、ちょっとした空き時間に鑑賞すれば無駄なく有効に過ごせます。

「無料」より安いものなし!
ここからが本領発揮ですが、利用ユーザーへのギフトになる無料体験サービスがドドンと大盤振る舞いで待ってます。この世は理不尽なもので、あなたのいらないようなもの、つまり消費税や所得税、年金など、あらゆる負担がのしかかってきます。映画はなるべくお得に観たっていいじゃないですか。それは欲望ではなく、素直な気持ちです。お試しはその救済になるものです。「視聴できるのがお試し序盤動画のみということは…」そういう動画コンテンツ販売サイトのような出し惜しみはありません。映画はフルではないと意味がないのはみんなわかっています。全動画はフルサイズです。「ロブスター」もアリ。

動画の奥底には怖さもある?!
不正な動画ウェブサイトはどんな理由があれ適法性・実用性の二点で非推奨。それで「ロブスター」の視聴はダメです。これらの問題サイトは運営しているサーバーなどが貧弱で、無駄に広告も過剰表示されているため、とにかくパソコンやスマホに極端な負荷をかけます。大事なCPUを終わりなく食いつぶし、最悪は使用不可能になるほどにオーバーヒートさせ、機器の寿命を下げることになり、故障の原因にもなります。動画共有サイトなんて代物は動画への注力もたいしてなく、とりあえず動画広告で稼ぐだけの場所なので期待するだけ無駄です。

これに決めた!
「配信ムービーを見物しているだけで、とにかく生で見たい欲がヒートアップ!」だったら解放しましょう。毎週上映ラインナップが変わる映画館のように、VODも配信内容はどんどん容赦なく移り変わっていくので、1か月前の状態と今が同じなんてことはまずあり得ません。「ロブスター」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。「やりたいことがいっぱいあるから1日の時間を無駄にしたくない」その時間節約派のあなたの役に立つこのページ。ひとめ見るだけで配信中の(可能性の高い)VODがアイコンリストで判明します。全く夢心地にさせてくれないサイト、全然無料なホームシアターではないサイト、そういう露骨にユーザーを誘導させることだけが目的の騙しウェブサイトからはさっさと退避するに限ります。フルムビバースは広告ストレス無しです。初めて食べる味は新鮮な驚きがあるのと同じで、初めてのVODは幸運なお得さがあるのです。無料動画と同質体験で配信映画を視聴するべく食いつきましょう。

どれで見れるの?
VODで動画視聴する際は再生機器の条件を満たす必要が「ロブスター」でもあります。その条件に関しては各VODの公式サイトにて詳細が掲載されているので気になるならば熟読しておくと良いでしょう。基本的には多くのユーザーが保有している機器がそのまま使えるはずです。10年前の端末だとか、よほどの古いものではない限りは平気です。きっとそんな古いものを使っているなら、よくわかっているでしょう。主要なブラウザにも対応していますし、スマホならアプリでラクラク。できるのであれば、高画質の方が良いのは当然ですので、選択肢の優先順位を決めるのに役に立つでしょう。

悪いサイトを追い出すために
オフィシャルな提供ではなく、どこかの誰かが勝手にアップロードした動画は当然ながら違法です。また、DVDラベルと称して勝手に画像を配布しているサイトもありますが、それも某ニュースで話題になった海賊版サイトと同じく、どんなに言い逃れはできないものであり、法律に反するものです。こうしたサイトの利用は慎むべきなのは言うまでもありませんが、口で叱るのでは効果は低いものです。そこでVODは白羽の矢が立つ存在です。間違った道に進んでいる人に「こっちの道がいいよ」と導くことができる大役を担えるので「ロブスター」合法視聴方法を拡散しましょう。

表現規制を避けるなら
映画ならば避けられない表現規制の映像制限。パブリックな劇場やテレビ放映ではレーティングによって表現の自由と対象への配慮の妥協点を見いだしてはいますが、それでもせっかくの作品に手が加えられ、見苦しい感じになるのは不快だという人もいます。なるべく製作陣の作りたかった、見せたかったものを味わいたいのがファンの素直な気持ち。そこで、独立系のVODであれば、かなり自由に映画を配信しているので、そんな自主規制もなんのそので、映像をノーカット・ノー編集で味わい尽くせます。「ロブスター」も無規制で。

高評価作品は観る価値あり
映画探しはそれだけでアドベンチャーであり、宝くじのようにアタリ・ハズレで一喜一憂するのも一興。しかし、そんな時間に費やすことはできないなら、高評価作品だけに絞って鑑賞するのも時間の節約にもなりますし、名案です。例えば、賞の受賞作。批評家称賛のものであれば、万人受けを必ずしも保障はできませんが、とっておきの作品群が揃っているのは確実。優れた見識を持つ専門家の意見は素直に聞いておいて損はないので、モノは試しです。「ロブスター」ももしかしたら? 話題作だけでない、文化的・芸術的・社会的に価値のある映画に触れることで新しい扉が開けます。

『ロブスター』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2019年12月1日時点での『ロブスター』の動画配信
  • 「U-NEXT」「TSUTAYA」「ビデオマーケット」「Amazonビデオ」「Rakuten TV」「FOD」です。

▼『ロブスター』をさらに知る

アカデミー外国語映画賞ノミネート作『籠の中の乙女』で注目を集めたギリシャのヨルゴス・ランティモス監督が、コリン・ファレル、レイチェル・ワイズら豪華キャストを迎えて手がけた、自身初の英語作品。製作総指揮はアンドリュー・ロウ、テッサ・ロス、サム・ラベンダー。独身者は身柄を確保されてホテルに送り込まれ、そこで45日以内にパートナーを見つけなければ、有無を言わせず自分の指定した動物に変えられて森に放たれるという近未来。それは結婚こそが人間の正しい在り方と見なされていた。独り身のデビッドもホテルへと送られるが、そこで狂気の日常を目の当たりにし、しだいに結婚意欲をなくし、パートナー探しもやる気をなくす。ほどなくして独り者たちが隠れ住む森へと逃げ出す。しかし、運命は残酷。デビッドはそこで愛を捧げたいと思う女性に会ってしまい、恋に落ちるが、それは独り者たちのルールに違反する行為だった。

★スタッフ
監督:ヨルゴス・ランティモス
脚本:ヨルゴス・ランティモス、エフティミス・フィリプ
撮影:ティミオス・バカタキス

★キャスト
コリン・ファレル、レイチェル・ワイズ、ジェシカ・バーデン、ベン・ウィショー、オリビア・コールマン、アシュレー・ジェンセン、アリアン・ラベド、レア・セドゥ、ロジャー・アシュトン=グリフィス、マイケル・スマイリー

★『ロブスター』の評価

IMDbRTMETA
7.187%82
映画comY!FM
3.3???3.5
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『ロブスター』の受賞
第68回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門で審査員賞を受賞。

★『ロブスター』の感想

●シネマトゥデイ 
RURE 1、45日以内にパートナーを見つける。RURE 2、独身は罪。RURE 3、見つからなければ動物に。この常軌を逸した変態ルールのもと、それが当然のように日々を送る人々の姿をユーモラスに描いた一作で、各地の映画祭でそのシナリオが評価されただけあって、とてつもなく面白い。独身者=社会不適合者という世界は現代への強烈な皮肉なのか、よくこんな頭のオカシイ設定を思いついたものである。まさに発想の勝利。あなたならさあどうする?
●TOHOシネマズ  
ヨルゴス・ランティモス監督、初体験でしたが、さすがギリシャの鬼才と言われるだけのことはあります。狂ったような人間描写はクセになってきそうで、もう常識が歪み始めます。お腹タプタプのコリン・ファレル、勝ち誇った笑いのレア・セドゥ、失明後の演技が見事なレイチェル・ワイズなど、役者陣がこれまでにない痴態醜態を披露しているのも最高の見どころ。結婚することをここまで痛烈に痛々しく描く作品なんて日本で作れるだろうか。