ズートピア / Zootopia

巧みな脚本と世界観で批評家も絶賛!ディズニーアニメーションの新境地

映画『ズートピア』のフル動画を無料視聴する方法を公式優遇でレコメンドしています! アンテナサイトのリンクは全く無いです。
今すぐ『ズートピア』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Zootopia / アメリカ(2016年) / 日本公開:2016年4月23日 / 109分 / 制作:ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ / 配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ / 製作費:1億5000万ドル / 興行収入:10億2300万ドル

『ズートピア』予告編

(C)2016 Disney. All Rights Reserved.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT×】字幕or吹替
VOD2【Hulu×】マルチ対応
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【Videopass×】
VOD5【dTV×】

[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 ⇒ VOD3
dTV ▼dTV(31日間)
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
Rakuten ▼Rakuten TV(お試し無し)

▼『ズートピア』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなに利用拡散中!
独自の設定で観客を驚かせるような映画は楽しいですし、そんな世界が多彩なアニメで表現されているとさらにワクワクします。そんなエンターテインメント性抜群の映画をお得に観るなら、動画配信サービスを活用しましょう。レンタル店でDVDを借りるのもいいですが、ネット配信の気軽さは一番です。他の人気作を観るのも容易なので積極的に利用するのも最高。家にパソコンやテレビがなくても、スマホを使えば誰でも自由に好きに観られます。

「無料」はやっぱり魅力的!
そして大事なことなので頭に刻み込んでください。無料でこのエンタメ空間に体験入部できるというハッピーな特典です。不必要にコスト浪費をするのは勘弁してほしい。ましてやサービスが自分に合わないのは最悪。そんな心配症でも期間限定であれこやこれやとサービス内の動画を含む体験ができます。「十数年前の観飽きた作品ばかりだと魅力はないな…」「ずっと特定の一部の作品で終わっていることはないのかな」とテンション低めならば、一気に期待を爆上げしましょう。配信開始した新作もいち早く取り揃え、即視聴できるサービスが期待を高めてくれます。「ズートピア」もアリ。

アウトなラインは超えるべからず!
不正な動画ウェブサイトは明らかな問題があり、適法性・実用性の二点で非推奨。それで「ズートピア」の視聴はダメです。Webブラウザは定期的に脆弱性を修正するアップデートをリリースしていますが、セキュリティレベルに関係なく、こうした不正サイトを自らの意志で能動的に使用してしまうと、どんな無敵に見えるパーフェクトな対策もクズ同然で、無料動画どころではないです。これだけ危ないとわかっているなら利用する方が愚かです。人生をクラッシュさせたくなければ道はひとつです。

配信しているのはコレ!
映画の歴史は長いので80年前の作品もあれば、ついこの間の作品もありますが、新旧問わず要望に叶えられるのは最高です。ただし、最も肝心な配信リストは不変ではないのが厄介。つまり、毎度いつ覗いても配信している映画もあれば、ある期間で配信終了のものも混在しています。「ズートピア」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。難関というほどではないにせよ、苦労のドツボに陥らないためにも、なんとか楽をしたいと少しでも思っているならば、このページに掲載している動画リンクを参照してください。雑多なリンク集ではなく、詳細はアイコンで情報をピックアップ中です。「最新じゃないと肝心の判断に使える情報には利益もない」というご要望に可能な限り答えるべく、手動でできる範囲の更新を丹念に心掛けています。豪勢なフルスクリーン映像体験をするなら劇場のシアター環境ですが、VODもそれら大手のシネコンと連動しているものを優先すると良いでしょう。

字幕・吹替、選択は自由
外国語の映画鑑賞(とくに英語)では、字幕と吹替の2バージョンが存在することが多く、どちらを見るかを選別しなくてはいけません。キャスト陣の声をダイレクトに耳にするならば字幕一択ですが、目で文字を追いかけるのが大変で、肝心の映像への集中ができません。一方の吹替は映像に専念できますが、それぞれの翻訳の問題もさておき、声をあてた人の力量に左右されてしまうので、作品イメージが予想外にガラッと変わってしまうことも。一長一短があるので、少し比較してみるのも新しい「ズートピア」の面白さの発見につながるかもしれません。

家族にバレない?
家族でVODを利用する際にどうしても心配になるのが「見せたくない作品があるのだけど使い分けできるのかな?」という諸事情への配慮。例えば小さいお子さんには視聴は適切ではない作品もあるでしょうし、完全な大人向け作品であればコンテンツのサムネイル一覧に並んでいるのも不適切です。また、自分の視聴履歴が他人に見られるのは不快だという人もいます。VODの中には同一料金でアカウント分けができるという親切機能を備えたものもあるので、揉め事を回避して平穏に共有することができます。「ズートピア」もピッタリです。

ホームシアターのススメ
家に映画館のスクリーンサイズを用意するのは豪邸の城に住んでいる人だけができることですが、ホームシアターなら実現は決して夢物語ではなく、不可能ではありません。スマホやPCなんてちっぽけな存在に思えてくる最高水準の環境。劇場に無料で通えるようなものなので、毎日が上映会。世界が一瞬で変わります。「ズートピア」も最高級に。もちろんタダでというわけにはいきません。必要な備品は一定数あり、それはそれなりのセッティングが要求されます・プロジェクター機器も安くはありません。しかし、その価格は以前よりは相当にお買い求めやすくなっています。

高評価作品は観る価値あり
あなたは映画をどうやって観るべきかどうかをジャッジしていますか? 他人のオススメは積極的に参考にすると思いますが、プロの評価具合も良いものです。傑作か凡作か駄作か、そんな単純な切り取りではなく、批評家の語る鋭い切り口がその作品を別の見方で輝かせてくれます。賞をとるだけが全てではないです。それよりも賞をなぜとったのかを考えたいところです。レビュワー得点もざっくりした判定には役に立ちますが。「ズートピア」ももしかしたら? 話題作だけでない、文化的・芸術的・社会的にトリプルストレートでメリットのある価値たっぷりな映画に触れることで新しい扉が開けます。

『ズートピア』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2019年12月3日時点での『ズートピア』の動画配信
  • 「U-NEXT」「TSUTAYA」「dTV」「ビデオマーケット」「Amazonビデオ」「Rakuten TV」です。

▼『ズートピア』をさらに知る

動物たちが高度な文明社会を築いた世界「ズートピア」を舞台に描くディズニーの長編アニメーション。製作総指揮はジョン・ラセター、製作はクラーク・スペンサー。動物による動物のための世界「ズートピア」には、どんな動物も快適な暮らしができる環境が整えられており、無数の動物たちが共存している。動物たちにはそれぞれ厳密に決められた役割があって、自分の得意技を活かしていた。農場でニンジンを作って働くのがウサギの役割だが、小さなウサギの女の子ジュディは、サイやゾウ、カバといった大きくて強い動物だけがなれる警察官に憧れていた。その溢れ出る夢は大人になっても消えていない。警察官になりたいという純真な夢をかなえるため、田舎町から大都会へとやってきたジュディは、そこでキツネの詐欺師ニックと出会う。そして、ある不可解な事件を追うことに…。

★スタッフ
監督:バイロン・ハワード、リッチ・ムーア
共同監督:ジャレッド・ブッシュ
音楽:マイケル・ジアッキノ

★キャスト
ジニファー・グッドウィン、ジェイソン・ベイトマン、イドリス・エルバ、ネイト・トレンス、J・K・シモンズ、ジェニー・スレイト、トミー・“タイニー”・リスター、オクタヴィア・スペンサー、ボニー・ハント、トミー・チョン

★雑学(トリビア)
・初期の段階ではジェームズ・ボンドをモデルにした国際スパイ映画として構想されていた。

★『ズートピア』の評価

IMDbRTMETA
8.097%78
映画comY!FM
4.14.294.0
フルムビバース独自ランク
S(必見の傑作)

★『ズートピア』の受賞
第89回アカデミー賞で長編アニメーション賞を受賞。

★『ズートピア』の感想
・宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●無料ホームシアター 
最初はただ動物たちがいっぱい出てくる子ども向けの作品なんだと思っていました。ですがその先入観は全くの的外れなことに観て気づかされました。この映画の動物たちは草食動物と肉食動物に意図的に分かれています。それは対等ではなく明らかにパワーバランスに偏りがあります。それだけでなく潜在的に偏見があることがわかります。それは悪役だけでなく誰にでもあるという事実。主人公さえも差別意識を持ってしまう。こんな作品はあるでしょうか。
●CRUNCHYROLL  
ここまでパーフェクトなシナリオを見たことがない。これがディズニーのプロフェッショナルな脚本ライターたちが集結して考え出したプロットなのかと思うと、日本が敵うはずがないと思い知らされる。社会風刺を交えつつ、説教をせずに、自戒の念を込めながら、子どもたちにメッセージを送る。日本の教育機関も家庭もできないことを平然とやってのける。こんな芸当を見せられたらたまったものじゃない。レベルの高さを思い知らされた。