アナと雪の女王(1作目)

物語と歌に世界が熱狂!ディズニー・アニメーション

映画『アナと雪の女王』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 動画の有無を確認するのに有用です。
今すぐ『アナと雪の女王』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Frozen / アメリカ(2013年) / 日本公開:2014年3月14日 / 102分 / 制作:Walt Disney Animation Studios / 配給: / 製作費:1億5000万ドル / 興行収入:12億ドル(日本興収:254億8000万円) / 次作:『アナと雪の女王2

YouTube
動画
▼『アナと雪の女王』の動画リンク▼

VOD1【×】

VOD2【×】

VOD3【TSUTAYAで動画を見る

VOD4【×】

VOD5【×】

[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコンで視聴可能性大。
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV
⇒ VOD3
Videomarket ▼ビデオマーケット
Amazon ▼Amazonビデオ

▼『アナと雪の女王』の無料動画を見る方法

世界中で熱狂を巻き起こし、とてつもないブームとなった作品はそれだけの魅力がキャラクターや世界観に詰まっている証明です。そんなファンタスティックな作品をお得に見たいときは、動画配信サービスを活用しましょう。家にパソコンやテレビがない人でも安心です。スマホが使えるのでお手持ちのAndroidやiPhoneでじゅうぶんですし、事前にダウンロードしておけば、通信制限を気にすることなく、自由に好きな時に鑑賞できます。

ニッコリできる情報はまだまだあります。こんな感激コースはどうですか。無料のお試しトライアルの入り口です。サービスによっては常設の基本ルールだったり、一時的なキャンペーンだったりと、内容や条件に幅があるので注意ですが、どれであっても原則的に初心者優遇だという事実は同じ。「待って、無料は一部の古いやつだけとか?」それの答えは各社ごとに異なりますが、中にはポイント利用で準新作の映画も見れるものもあり、決して旧作だけに偏っているわけではないと言い切れます。

なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。最近の主流は仮想通貨を利用した不正な騙しテクニックです。何かと大量資産流通のトラブルを起こしている仮想通貨業界ですが、最初から相手を嵌める目的で作られたものもあります。迂闊に送金はしないでください。おカネが返ってくることはないです。法律的な問題性を説教されるよりも、こうした身に降りかかる危険の周知の方が行動を変える動機になるでしょう。

「早く配信にならないかな~」と待っているあなたに朗報。待ちに待った情報をゲットしてお試しにダイブです。しかし、世の中にはあまりにも映画が多すぎるのが曲者となってしまい、配信状態はまるで為替相場のようにめまぐるしく変化して、目が追い付かないほどです。「アナと雪の女王」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題はスピーディに解決しましょう。「観たい作品を配信中のVODを一気にチェックできたら…」という需要を叶えることができます。むやみに時間を浪費する事態は今後はサクッと回避できます。いかにもクリックすれば動画がすぐに見れるかのように誘って偽り、取るに足らないランキングページへと誘導する無価値な内容はここにはないと保証します。配信リストは流動性が高く、毎日の変化が起こるので、申し訳ありませんがこのページが必ず最新であるとは保証できません。ぜひ公式で最終チェックをお願いします。

あなたの好みは「字幕」か「吹き替え」か、どちらでしょうか。双方の言い分はよくわかります。字幕の方が俳優の演技もよくわかるし、何よりもオリジナルの声が聴きたいんだという気持ちがあるのは納得です。吹替は雑な扱いだと下手な人が声をあてて散々な印象になっているケースも残念ながらあります。一方で字幕は画面が文字で汚されることを気にしてしまったり、何かと邪魔で、だったら吹き替えで耳だけで集中できるのも便利です。メリットはあるので「アナと雪の女王」の面白さの発見につながるかもしれません。

映画はいろいろなクリエイティブが詰まっているものであり、それは表現の自由であり、芸術です。しかし、それは尊重するとしても、どうしても年齢制限が生じてくるものがあります。VODでは映画館のようなレーティングを作品ごとにしていますが、作品一覧では全部が表示されてしまうので「見せたくない作品」が見えてしまうことになりかねません。でもファミリーアカウント機能などがあるので、ユーザーごとに使い分けが可能です。プライバシーも確保しながら不都合をゼロにして共有利用ができます。

『アナと雪の女王』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『アナと雪の女王』をさらに知る

アンデルセンの「雪の女王」にインスピレーションを得て、運命に引き裂かれた王家の姉妹が、凍てついた世界を救うため冒険を繰り広げる姿を描いたディズニーアニメーション。『アナと雪の女王』の製作総指揮はジョン・ラセター、製作はピーター・デル・ベッチョ。ある日、特殊な能力を授かり、触れたものを凍らせる秘密の力を持ったエルサは、その力で妹アナを傷つけてしまうことを恐れ、城の部屋に閉じこもって誰とも会わずに暮らしてきた。やがて成長したエルサは女王の座に就くこととなり、戴冠式のためにひさびさに人々の前に姿を現すが、不安だらけで落ち着かない。そして、ふとしたきっかけで力が暴走し、緑豊かな王国を真冬の世界に変えてしまい、あらゆる空間が凍り付いてしまう。耐えきらず逃げ出したエルサは雪山の奥で自らの力を存分に解放し、城を築き上げ、ありのままの自分でいられることに生きる喜びを見出す。そこは自分だけの世界だった。一方、アナは姉と王国を救うため、山男のクリストフとその相棒のトナカイのスヴェン、夏にあこがれるお調子者の雪だるまのオラフとともに、どこかにいる姉を探して雪山の奥へと旅に出る。

★『アナと雪の女王』のスタッフ
監督:クリス・バック、ジェニファー・リー
脚本:ジェニファー・リー
音楽:クリストフ・ベック

★『アナと雪の女王』のキャスト
クリステン・ベル、イディナ・メンゼル、ジョナサン・グロフ、ジョシュ・ギャッド、サンティノ・フォンタナ、アラン・テュディック、キーラン・ハインズ、クリス・ウィリアムズ、スティーブン・アンダーソン、マイア・ウィルソン、エディ・マックラーグ

★『アナと雪の女王』の評価

IMDbRTMETA
7.590%74
映画comY!FM
3.93.663.6
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『アナと雪の女王』の受賞
第86回アカデミー賞で長編アニメ映画賞と歌曲賞を受賞。

★『アナと雪の女王』の感想

●『アナと雪の女王』無料ホームシアター
伝説を残したディズニーの記念すべき一作。前作「塔の上のラプンツェル」は日本では残念なことに公開日が東日本大震災の翌日という不幸に出会い、あまり話題にならなかったため、今作はまさにやっと華の舞台が回ってきたという感じ。プリンセスでミュージカルという王道を踏襲しつつ、これまであった美男美女のラブストーリーをあえて脇に置いて姉妹愛に徹底するあたりはフレッシュでした。なにより音楽のパワーが最大の魅力なのは言うまでもなく。
●『アナと雪の女王』CRUNCHYROLL  
ハンス・クリスチャン・アンデルセンの童話「雪の女王」がベースになっていながら、この独創性。優秀なシナリオライターが集合して練り上げたプロットの素晴らしさに感嘆するばかり。「アナと雪の女王 エルサのサプライズ」と「アナと雪の女王 家族の思い出」など、このあといくつかの短編が作られていることからもわかるように、その人気っぷりはトップクラス。新時代ディズニーの顔になりました。永遠に後世に残したい大切な作品でしょう。