ゴーン・ガール(2014)

失踪した妻の謎に潜むのは夫婦の歪み

映画『ゴーン・ガール』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 動画を今から見られるか知れます。
今すぐ『ゴーン・ガール』を見るなら動画リンクをチェック。

鬼才デビッド・フィンチャー監督が、ギリアン・フリンの全米ベストセラー小説を映画化。製作はアーノン・ミルチャン、ジョシュア・ドーネン、リース・ウィザースプーン、シーン・チャフィン。幸福な夫婦生活を送っていたニックとエイミー。それは普通の夫婦に見えた。しかし、結婚5周年の記念日にエイミーが失踪し、自宅のキッチンから大量の血痕が発見される。明らかに事件性を匂わす状況に、さっそく捜査が進むが、警察はアリバイが不自然なニックに疑いをかける。この状況について、話題のタネを探していたメディアが事件を取り上げたことで、ニックは全米から疑いの目を向けられることとなる。一体、真相はどこにあるのか。

原題:Gone Girl / 製作:アメリカ(2014年) / 日本公開:2014年12月12日 / 148分 / 制作:Regency Enterprises / 配給:20世紀フォックス / 製作費:6100万ドル / 興行収入:3億6900万ドル

映画『ゴーン・ガール』日本オリジナル予告編

(C)2014 Twentieth Century Fox


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『ゴーン・ガール』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

衝撃の展開も動画で!
次に何が起こるかわからないハラハラドキドキのサスペンスを満喫するなら映画が一番。そんなスリル満載の映画を観るなら、動画配信サービスを使えばお得です。いろいろな方法がありますが、このサービスは基本は2つのタイプです。ひとつは単体作品ごとにレンタルするもので、もうひとつは対象作品が見放題になるものであり、どちらも便利ですが、使い勝手は違うので、事前にしっかり作品ごとに確認しておくのを強くオススメします。

「無料」は全て初心者のため!
しかも、利用者にはハッピーなことに、無料お試しトライアルコースというお得なメリットがあります。用心するに越したことはないですし、転ばぬ先の杖として、無料お試しをフル活用するのが賢い選択です。本当に自分にピッタリ合うのか、お目当ての作品が見られるか、じっくり試せます。「好きなように無料で解約はできますか?」当然、可能です。退会するときに不必要な支払いが要求されることはありません。解約料のようなものはなく、その場ですぐにアカウント削除できます。

アウトです!
不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。それで「ゴーン・ガール」の視聴はダメです。危険性の具体例はこのとおり。消しても消しても消えない悪質な広告、一向に再生が進まずに画質も低い劣悪な動画の品質、さらにはプライバシーを密かに盗む有害性、パソコンやスマホに極端な負荷を与えるダメージなど、嫌なことだらけ。もはや宣言することでもないですが、公式提供のオフィシャル・サービスを選択すべきなのは揺るぎません。

これに決めた!
「配信ムービーを見物しているだけで、とにかく生で見たい欲がヒートアップ!」だったら解放しましょう。しかし、サブスクリプション系を含むビデオサービスの多さは尋常ではありません。嬉しさ半分、困惑半分で、初心者ならどうすればいいのか最初の一歩に困ります。「ゴーン・ガール」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。お困りの方に声をかけているのがこの作品動画ページ。ナビゲーションに特化した、配信VODの一覧化が掲載中なので、無数のサイトをいつまでも確認してめぐり歩く必要性を緩和して負担軽減します。他にも似たサイトはありますが、フルムビバースでは特定のVODだけを推奨することはせず、幅広く平等に紹介しています。アカウント登録や作成をしなくても作品配信状況の確認はサイト内でできるので、事前にしっかりタイトル名で検索すると良いです。

字幕・吹替、選択は自由
外国語映画(英語など)を見るなら、視聴者は「字幕」か「吹き替え」の二者択一を迫られます(もちろんオリジナル音声でOKな語学力のある方は別)。それぞれは一長一短で、どちらも捨てがたいものです。字幕独自の俳優演技重視、吹替独自のユニークな翻訳の妙、両方とも面白いです。できれば2種類を楽しむために2回鑑賞してほしいといいたいところですが、そうもいかなかったり。VODではしっかり対応済みの作品なら2パターンを見れて、ダブルで「ゴーン・ガール」の面白さの発見につながるかもしれません。

試写も良いけど…
試写会に行ったことのある人はどれくらいいるでしょうか。映画好きなら結構な頻度で言っている人もいるかもしれません。でも結局は抽選なので運の問題。そんな風に諦めていませんか。オンライン鑑賞も可能な場合もあるので意外に手軽です。映画配給会社のサイトを確認してみるとアナウンスがあるかもしれません。遠くの映画館には行けないという人こそネットは良いです。もちろんレビュー試写なら感想をコメントする必要があるのですが。タダで動画を見ているのですからそれくらいはしないとダメです。

高評価作品は観る価値あり
闇雲に映画を漁るのもそれはそれで宝探しのようでワクワクしてきますが、最小の労力で可能な限り高評価の映画を観ていくのも良いものです。駄作に出会ってガッカリということも避けられますし、何よりもレベルの高い作品を見ることで鑑賞眼も鍛えられます。目安となるのは「アカデミー賞」など著名な映画賞を受賞した作品、もしくは適正なレビュワーによってランクされた作品をチョイスしていくことです。「ゴーン・ガール」ももしかしたら? 話題作だけでない、文化的・芸術的・社会的に価値のある映画に触れることで新しい扉が開けます。

その動画サイトは使える?
「ゴーン・ガール」を無料で見る方法をサーチ中ならば、さまざまな動画サイトが目につくでしょう。動画がズラリと並んでいる「dailymotion」、昔から利用者も多い「Pandora」、中国系のサイトとして重大な存在感のある「Miomio」「BiliBili」、動画ファイルをアップロードできてシェアする「openload」。これらを欠点をあげつつも自己責任で使用を促すような紹介サイトもありますが、その手に騙されてはいけません。その違法ページの検索リンクを掲載しているサイトは無責任ですので、関わらない方がいいでしょう。

『ゴーン・ガール』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『ゴーン・ガール』をさらに知る

★スタッフ
監督:デビッド・フィンチャー
脚本:ギリアン・フリン
撮影:ジェフ・クローネンウェス
音楽:トレント・レズナー、アティカス・ロス

★キャスト
ベン・アフレック、ロザムンド・パイク、ニール・パトリック・ハリス、タイラー・ペリー、キャリー・クーン、キム・ディケンズ、パトリック・フュジット、ケイシー・ウィルソン、ミッシー・パイル、セーラ・ウォード、エミリー・ラタコウスキー、キャスリーン・ローズ・パーキンス

★『ゴーン・ガール』の評価

IMDbRTMETA
8.187%??
映画comY!FM
3.8???3.8
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『ゴーン・ガール』の感想
・宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●シネマトゥデイ 
夫婦では絶対に見てはいけない映画です。夫婦はこんなに虚構に満ちてないと言いたいところですが、自分が知らないだけかもしれないし、不安になってきます。まるで劇中の主人公のように。普通の男が事件に巻き込まれてしまい、妻を探していきます。それは一見すれば善良な夫の姿でしかないです。しかし、それはただの勘違い。夫婦のつながりとは何なのかを問いかけ、何も否定しないことの恐怖はこれほどまでに恐ろしいものなのでしょうか。
●ユナイテッドシネマ 
まず妻の背景が明らかになっていくのが良いです。エイミーの家族との関係とか、子供の頃からの取り巻く環境から、エイミーの本当の姿を想像させつつ、どうしてこういう状態になったのかを全ての過程を見ていない観客に想像させます。一方で、夫のニックはその全過程を見ているはずなのに全然理解していない、いや、見なかったことにしているような振る舞いが不気味です。デヴィッドフィンチャー、さすがです。もう胸糞悪すぎます!
●DAILYMOTION  
世界一潔癖な映像を撮るデヴィット・フィンチャーの結婚サイコホラー映画が、映画を観る全ての夫婦に牙をむく。「完璧なエイミー」シリーズの本のモデルになった実物のエイミーは、何をやっても完璧にこなす本でのエイミーより欠点が多いと劣等感を抱いていく。もうこの時点で家族の崩壊が始まっていたのだ。だからこそ次なる家族である結婚生活は、完璧にと思っていたが、これまた無残にも崩れ落ちる。逃げられない家族という呪いだ。