アメリカン・ハッスル

生き抜くために嘘をつく、それが仕事

映画『アメリカン・ハッスル』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 余計なリンク、迷惑な広告はありません。
今すぐ『アメリカン・ハッスル』を見るなら動画リンクをチェック。

デビッド・O・ラッセル監督が、1970年代アメリカで起こった収賄スキャンダル「アブスキャム事件」を映画化。製作総指揮にはジョナサン・ゴードン、マシュー・バドマン、ブラッドリー・クーパー、エリック・ウォーレン・シンガーなどが名を連ねる。詐欺師がFBIに協力し、おとり捜査によって真相を暴いた実話を描いた。79年、ラスべガスやマイアミに続くカジノタウンとして開発中のニュージャージー州アトランティックシティ。そこにある策略を虎視眈々と狙っている者たちがいた。詐欺師のローゼンフェルドを逮捕したFBI捜査官のディマーソは、司法取引でローゼンフェルドを捜査に協力させ、ある狙いを持っていることを話す。偽のアラブの大富豪をエサにした巧妙なおとり捜査によって、金が渦巻くカジノの利権に絡んだ大物汚職政治家たちをまんまと逮捕していくことが大きな狙いだった。

原題:American Hustle(「アメリカンハッスル」) / 製作:アメリカ(2013年) / 日本公開:2014年1月31日 / 138分 / 制作:Atlas Entertainment / 配給:ファントム・フィルム / 製作費:4000万ドル / 興行収入:2億5000万ドル

映画『アメリカン・ハッスル』予告編

(C)2013CTMG


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】
VOD9【Gyao】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Netflix ▼Netflix(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る
Gyao ▼Gyao(登録必要なし)
 過去に無料配信

▼『アメリカン・ハッスル』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

豪華な動画で映画も満喫!
次に何が起こるかわからないハラハラドキドキのサスペンスを楽しむなら映画が一番。そんなスリル満載のエンターテインメントをお得に観るなら、人気も増えている動画配信サービスを利用しましょう。アンケート調査によれば6人に1人が使っているという記録もでており、今ではさらに利用者が増えています。今後もバージョンアップによって利便性が増していくので、今からでも見逃せません。初心者でも簡単に始められるので試す価値ありです。

「無料」の恩恵にあずかろう!
「お金がキツイ…」とオロオロしているならば、不安解決。無料のサービストライアルは財布の味方で、安寧が手に入ります。いきなりお金を払うのは抵抗感があるという人にほど朗報で、お試しが無料でできるので「これは自分にマッチしないな!」という確認もできて、ガッカリな登録損を防ぐことができます。「3日とかで無料終了ならば、忘れていつのまにかカネをとられる!」そういう恐怖は無いです。ちゃんとじゅうぶんな期間がありますし、事前にメールでも知らせてくれるので、そこは配慮ありです。

アウトです!
不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。それで「アメリカン・ハッスル」の視聴はダメです。「それはあくまで大袈裟な脅し文句で実はそこまで危険ではないのでは?」そんな油断をしている人が餌食になります。実際に不正な金銭請求が届いたという事例から、個人情報が盗まれてクレジットカードを乗っ取られたという事例まで何でもあります。あとで取り返しのつかない事態に四苦八苦するくらいなら、初めから一切関わらない方が断然良いでしょう。

迷ったときは?
新作配信のスピードはネット映画鑑賞の普及率の上昇にともない、需要も増しており、無料視聴への期待も高まっています。ところが、人気がありすぎるのも困りもので、需要の増しているVODは多種多様な企業がサービス展開しており、把握は困難。配信の有無を調べるのも疲れます。「アメリカン・ハッスル」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そんなときは視聴可能なVODをこのページで要チェック。いきなり何も考えずに登録するよりも、まずはおおまかな配信状態を認識しておくと「しまった!」と後悔する事態を回避できます。よく見かけるかもしれない他ウェブサイトでは、リンクをクリックすると無意味なサイトに流されて動画が見れないことも多々ありますが、こちらは悪質な誘導は一切しません。既存の無料ホームシアター的な体験をさらなるグレードアップさせる、オンライン無料動画のオフィシャル体験ができる機会です。

字幕・吹替、選択は自由
突然ですが「字幕or吹き替え」選手権の開催です。赤コーナーからは字幕派の屈強なアタッカーが登場。すかさずオリジナルの良さを味わいやがれとストレートパンチを決めます。対する青コーナーの吹替派の攻撃性抜群の相手は、字を重ねるなどそれこそ映像への侵害だと勢いよくアッパーを決める。勝負は一体どちらに女神が微笑むのか。そんな痴話げんかもVODならば一切の場外乱闘。設定で選択できるわけですから好きなように選ぶかどっちとも見るのも一手。「アメリカン・ハッスル」の面白さの発見につながるかもしれません。

フェアにオススメします
VOD多すぎ問題はなかなかの困らせてくる難点で、どうしたって判断に苦労します。「これは似ているけど同じでは?」「私に合っているのはどれ?」こんな疑問は多いものです。しかし、残念ながらこれがベストですとは言えません。結局は人の趣味は個人の領域なので他人に判定しづらいのです。試さないとわからないということで、こちらでは平等に全部をリストすることにしてアシストしています。単純に「アメリカン・ハッスル」の配信の有無だけでなく、適度にマッチングするような、あなただけのディープな出会いを届けていきたいと思います。

悪いサイトを追い出すために
散々の危険視にもかかわらずその違法性を無視して拡大し続ける海賊版動画サイトの大反乱。これに対抗する手段はあるのでしょうか。フィルタリングで特定サイトを排除できるし、ブロッキングで根本から非表示にできる…そういう思考は通用しないこともあります。しかし、救世主ではないにせよ、役に立つ剣になるのが、VODの安価な手軽さ。不正な利用者に広めていくことで「あんな危ないものよりもこっちの方がいい」と思ってもらえれば、動画業界の利益を製作陣に還元できます。「アメリカン・ハッスル」合法視聴方法を拡散しましょう。

俳優好きにも必須
俳優を見るのは好きですか? 映画鑑賞が趣味なら当然俳優だって見るはずです。まさか役者がでるたびに目をつぶっている人はいないでしょう。そんな動画鑑賞の素晴らしいサポートになってくれるVODは俳優別に作品を検索できるという大きなメリットがあります。これならば「あの人の顔をずっと見ていたい!」という要望にもお応え。「クリスチャン・ベール」の演技を見たいでしょう? ファンであれば出演作品を全部おさえてみたいと思うのは自然な気持ちです。しかしそれを実現するには莫大な労力とおカネがかかる。だったらVODでまとめ見です。

『アメリカン・ハッスル』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『アメリカン・ハッスル』をさらに知る

★スタッフ
監督:デビッド・O・ラッセル
脚本:エリック・ウォーレン・シンガー、デビッド・O・ラッセル
撮影:リヌス・サンドグレン
音楽:ダニー・エルフマン

★キャスト
クリスチャン・ベール、ブラッドリー・クーパー、ジェレミー・レナー、エイミー・アダムス、ジェニファー・ローレンス、ロバート・デ・ニーロ、ルイ・C・K、マイケル・ペーニャ、シェー・ウィガム、ジャック・ヒューストン、エリザベス・ローム

★『アメリカン・ハッスル』の評価

IMDbRTMETA
7.392%??
映画comY!FM
3.4???3.4
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『アメリカン・ハッスル』の感想

●シネマトゥデイ
登場人物がどれもセクシーで魅力的で眼福でした。ジェニファー・ローレンスは相変わらずの非の打ち所がない美人ですし、エイミー・アダムスの常にパッカリ開いた衣装にも釘付け。男性陣も良くて、ブラッドリー・クーパーの髭とかが個人的に好き。このように豪華絢爛でまず見た目から入るのは、外見が人を騙すうえで最大の武器になると知っているからでしょう。対するクリスチャン・ベールのあられもない変貌は別の意味で目をひいていましたけど。
●ユナイテッドシネマ  
クレイジーで綺麗な女が観たい人、必見ですよ。もうキャストが豪華すぎてそれだけでお腹がいっぱい。それに加えてそれぞれ癖のあるキャラを演じているので今までとは違った彼らの姿を見れて楽しくてしょうがない。今までのイメージを覆す役柄ばかりなのです。実際の収賄事件を元にした話らしいけど、社会派というより、どちらかといえばどんでん返し系クライムアクションですね。詐欺系の映画の中でもゴージャスさではトップクラスです。
●DAILYMOTION 
豪華俳優陣で描く詐欺師とFBIとギャングを巻き込んだ実話ベースのお話。といってもスッキリする単純なサスペンスでもない。役者の化学反応を楽しみながら、この非現実的なリアルを味わうノリな映画だと思う。実際はもっと苛烈な捜査だったらしいですが。妻役のジェニファー・ローレンスの何しでかすかわかんない感じとかは、過激化するキャラの極みだろう。現実には映画以上にあり得ないことを平気でする人間が存在するという話だ。