イコライザー(1作目)

その男は一瞬で世の不正を完全抹消する

映画『イコライザー』のフル動画を無料視聴する方法を、可能な限り最新情報を反映しつつ紹介しています。
今すぐ『イコライザー』を見るなら動画リンクをチェック。

デンゼル・ワシントンが、アントワン・フークワ監督と同作以来13年ぶりに再タッグを組んだアクションサスペンス。製作総指揮はエズラ・スワードロウ、デビッド・ブルームフィールド、ベン・ワイスブレン。元CIAエージェントのマッコールは、いまはホームセンターで働く、ごく普通の真面目な人間として生活していた。しかし、ある夜、なじみのカフェで娼婦の少女テリーと出会い、彼女のやらにある巨悪の存在を知る。彼女を囲うロシアンマフィアの非情さに、内に眠っていた正義感が目を覚ましていき、救うことを決意する。この男は引退しているように見えて、実力は衰えていない。かつてのマッコールは、身のまわりにあるあらゆる物を武器に変え、卓越したスキルで敵を圧倒する、警察では解決できない不正をこの世から瞬時に消してしまう「イコライザー」と呼ばれる男だった。マッコールはテリーとの出会いから、再びイコライザーとしての仕事を遂行して、闇夜に暗躍する悪に対峙していく。

原題:The Equalizer / 製作:アメリカ(2014年) / 日本公開:2014年10月25日 / 132分 / 制作: / 配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント / 次作:『イコライザー2

映画『イコライザー』予告編2 2014年10月25日(土)公開

© 2014 Sony Pictures Entertainment (Japan) Inc. All rights reserved.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
Hulu ▼Hulu(2週間)
 今すぐ見る ⇒ VOD2
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『イコライザー』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

ゾクゾクする体感を!
強烈なアクションとバイオレンスで観客の目を楽しませてくれる映画はそれだけで見ごたえがあります。そんなスリル満載の映画を観るなら、動画配信サービスを使えばお得です。サービスはいろいろありますが、基本は2種類のタイプがあり、ひとつは単体作品ごとにレンタルするもので、もうひとつは対象作品が見放題になるもの。どちらでもお得であることは同じですが、料金形態が違うので事前にしっかり確認をするようにしたほうがいいです。

「無料」を見逃すな!
「有料は不可避ですよね?」それは商品である以上そうなのですが、無料お試しがあるのでひとまずは考えなくてもOK。無論ではありますが無限の無料ではないです。登録日から数えての期間(あらかじめ決められている)というリミットがありますが、でも無料動画試用体験なんてそうそう味わえることではないです。「フル動画でないと話にならない」それは当たり前ですが、お試しと言っても何かを制限されることはないので、観たかった映画を余計な編集も無しで、フルムービーで自由気ままに鑑賞できるのが大きな売りです。

アウトです!
不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。それで「イコライザー」の視聴はダメです。例えば、使用端末に極端な負荷を与える悪質プログラムが動き回り、場合によっては不可逆なダメージを与えることも。CPU使用率が異常に上昇すると数値としてわかりやすいですが、密かな攻撃には気づきにくいので、静かな恐怖の原因にも。カメラをハッキングされて自分が動画を見ている姿の動画を逆に撮影されてしまえば一生の恥になるのは想像できるでしょう。

使うべきはどれ?
「友達にこれがいいとプッシュされていた作品をいい加減に見てようか」そんなタイミングにピッタリとフィット。しかし、何が配信されているかという状態は1日1日で変化していき、新しく配信開始されるものから、終了するものまで実にコロコロ変わってしまいます。「イコライザー」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。いつまでも悩んでもしょうがないです。このページを使って疑問点を解決しましょう。アイコン表示がこの作品を配信中のVODです。情報はある時点のものですが、参考にはじゅうぶん機能します。フルムビバースは他サイトとは情報更新への向き合い方が違います。記事を作った初期のままで内容を放置するようなことはしていません。躊躇しているくらいなら試してみる方が利益があるでしょう。なにせ無料で試せるのですから、合わないならそのときはすっぱりやめればいいだけ。

あなたはどっち派?
外国映画を観る時のチェックポイントは「字幕」を選ぶか「吹き替え」を選ぶかという二択。片方しかないこともありますが、ネット配信時はどちらでも選べたりする機会が多いので悩むものです。好きなように選んでいいのですが、このこだわりは譲れない人もいます。外野の意見は気にせずに自分の趣味で構いませんので、VODならではのお手軽さで遊んでみるのも良いのではないでしょうか。「イコライザー」にも字幕と吹替それぞれの魅力があるので、その点でもマッチするものを考慮してみるのもいいでしょう。

フェアにオススメします
動画情報を「フル」に扱う映画(ムービー)のユニバースを根差すこのサイトは、そのインフォメーション・コンプライアンスも重視。他サイトのように偏りのある紹介はしていません。あらゆるサービスを網羅しつつ、その情報で混乱させないように、ビジュアル・イージーでリコメンドしています。ユーザーの判断が何よりも大事なのでその自由度を尊重し、あなたの動画ライフを援助します。単純に「イコライザー」の配信の有無だけでなく、適度にマッチングするような、あなただけのディープな出会いを届けていきたいと思います。

無料動画サイトとの違い
ネットの発達の黎明期の頃から動画鑑賞を牽引してきたのは動画共有サイトで、世界ではYouTube、日本ではニコニコ動画が席巻してきました。しかし、今や問題点だらけです。とくに子どもには本来は勧めづらいところもあります。不適切なコンテンツもあり、視聴制限も機能していません。大人でも厄介なのは低品質な無価値動画の多さ。イライラして動画探しが嫌になった人もいるのではないでしょうか。完全な公式動画の管理がしっかり徹底されているVODならば杞憂ですので、「イコライザー」に最適の優良動画のみのサービスなのです。

ホームシアターのススメ
スマホで映画を観ている人は信じられないかもしれません。それは何か? ホームシアターの世界です。名前は聞いたことはあっても無料ばかりを先行させているととてもじゃ手が伸びない代物。でもそのハイクオリティは個人の自宅映画館と呼ぶべきスケールで、動画鑑賞の次元が大きく激変するのです。「イコライザー」も最高級に。どうやってそんな贅沢ルームを構築するのか、それが肝心。それなりの備品が要ります。映像を映すスクリーンとプロジェクター。それに音響にこだわるならオーディオシステムも必要になるでしょう。お値段を投資してもほしいか要相談です。

『イコライザー』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『イコライザー』をさらに知る

★スタッフ
監督:アントワン・フークア
脚本:リチャード・ウェンク
撮影:マウロ・フィオーレ
音楽:ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ

★キャスト
デンゼル・ワシントン、マートン・ソーカス、クロエ・グレース・モレッツ、デビッド・ハーバー、ビル・プルマン、メリッサ・レオ

★『イコライザー』の評価

IMDbRTMETA
7.260%??
映画comY!FM
3.6???3.7
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『イコライザー』の感想
・宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●シネマトゥデイ
デンゼル・ワシントンが登場しておいてつまらない映画はありますか。いや、ないです。状況把握から19秒で敵を仕留める、このカッコよさ。大型ショップの工夫たっぷりなトリックバトル。ラスト近くのスプリンクラー浴びながら現れるデンゼル・ワシントンのシルエットは鳥肌モノ。もう10回は観ているのがこのイコライザーです。正直、自分の棺桶にこの作品のパッケージを入れておいてほしいぐらいです。さあ、目指せ100回鑑賞。人生の目標だ。
●TOHOシネマズ
この映画を観てからというもの、大きめのホームセンターに行ったら意味もなくワクワクしてくるようになりました。どうするんですか、イコライザー病ですよ。オーディオと連携したカットでリズムを作り、カメラワークの特徴を生かしたパリッとした戦闘。もうこの手のジャンルが好きな人は、お菓子の山を見つけた子どものように、大はしゃぎできます。欲を言えばラストのモスクワでの戦いもちゃんと見せて欲しかったですが、あのあっさりさもGOOD。
●イオンシネマ
デンゼル無双をご覧あれ。世の中には絶対に怒らせてはいけない人がいる。それはこいつ、デンゼルワシントンだ。もう敵うわけがない。この映画では完全に無敵状態になったスーパーマリオみたいな活躍で、目の前にいる敵を綺麗に倒していきます。タイトルのとおり皆消えていきます。掃除スキルが高いですね、デンゼルさん。ところでクロエ演じるアリーナがもっと話に絡むかと思いきや最初と最後だけというのは惜しいけど、可愛かったのでOKです。