パレードへようこそ

社会を変えるために大事なもの、それは団結!

映画『パレードへようこそ』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! リンクに迷うことはなくシンプルです。
今すぐ『パレードへようこそ』を見るなら動画リンクをチェック。

イギリスで実際にあった炭鉱労働者たちのストライキと同性愛者たちの友情を、カルチャー・クラブ、ザ・スミス、ブロンスキ・ビートといった1980年代のヒットナンバーにのせ、涙と笑いを交えて描く。製作総指揮はキャメロン・マクラッケン、クリスティーン・ランガン、ジェームズ・クレイトン。1984年、イギリスで起こった炭鉱労働者によるストライキ。不満が社会に拡大して、声を上げている人が大勢いた。そのニュースを見たマークは仲間たちと募金活動を始めるが、彼らがゲイやレズビアンであることを理由に、その申し出は炭坑組合からことごとく無視されてしまう。そこにはそう簡単に覆せない根深い偏見があった。唯一受け入れてくれたウェールズ奥地の炭坑町へ向かうマークたちは、炭鉱労働者たちと協力を模索。町の人たちと深い友情で結ばれたマークたちは資金集めのコンサートを企画するが…。

原題:Pride / 製作:イギリス(2014年) / 日本公開:2015年4月4日 / 121分 / 制作:BBC Films / 配給:セテラ・インターナショナル

『パレードへようこそ』予告編

(C)PATHE PRODUCTIONS LIMITED. BRITISH BROADCASTING CORPORATION AND THE BRITISH FILM INSTITUTE 2014. ALL RIGHTS RESERVED.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『パレードへようこそ』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなも使っている!
感動の物語をストレートに描いた作品はそれだけで見ごたえと幸福感があります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを利用しましょう。レンタル店でDVDを借りるのもいいですが、ネット配信はメリットが多数。例えば、店にわざわざ足を運ぶのは大変です。忙しい人ならなおさら。そんなときにウェブサイトにアクセスするだけでいい配信は非常に心強い味方になります。あらためてその実用性を痛感できるでしょう。

「無料」で感謝!
忘れるべきではないことが一点。あなたが初心者ならばこの無料サービスお試しを受ける絶好の権利が与えられるのです。いくら便利便利と連呼されても自分の目が最大の信頼源ですから、初回無料を活用してサービスが自分の趣味嗜好やライフスタイル、保有機器に適しているか判断しましょう。「子どもでもラクラクなくらいの敷居の低さなら…」と思っているなら、別に難易度は易しめなので安心。メールアドレス新規作成とほぼ同じ程度のスピードで完了して、数分以内に動画視聴できます。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトは警戒すべきです。それで「パレードへようこそ」の鑑賞はダメです。怪しいサイトは単なる不正以上の問題を招きます。例えば、有名な企業のログインページを装って情報を入力させようと企む詐欺サイトに誘導される可能性があります。そうしたサイトの報告例は急増しており、今ではSMSを悪用してくる場合もあるので油断なりません。どんなにあなたがインターネットのスキルや経験に長けていても、防げないものはとことんどうしようもないのでご注意を。

あなたの選択は自由!
VODの配信トリガーになるものは視聴者には見えてきませんが、デジタル配信一般提供は目安になるので着目する意味はあります。でも厄介なトラップも多数。「始めようと登録しても、自分の鑑賞したい動画がない」そういう実は配信が終わっていたという、ヘコんでしまう失敗も起こりえます。「パレードへようこそ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。人生はやることでいっぱい。一日のタイムスケジュールがギッシリの中、少しでも時間の節約をしたい人は、このページで配信VODの確認を短時間で済ますことができます。サイトを粗探しするよりもはるかに楽です。更新頻度の高さが売りのフルムビバースは記事公開時点の情報も時間がたてば変化していくので、フレキシブルに対応しています。アカウント登録や作成をしなくても作品配信状況の確認はサイト内でできるので、事前にしっかりタイトル名で検索すると良いです。

配信はいつ終わる?
ビデオオンデマンドはサブスクであろうとなかろうと永遠に映画コンテンツを所有できることを保証していません。配信が終了したりもします(無論、DVDも壊れれば見れませんが)。VODの各作品の配信が終わる日時は表示されていることもありますが、絶対ではありません。延長することも多々あり、そのたびに一喜一憂していても疲れます。まずはフルムビバースで一括確認しておきましょう。「パレードへようこそ」を見逃さずに。後悔しないためにも視聴できるときに視聴するのが一番思い残すこともない安全策です。

登録情報は最小限
初めてのVODであるならば、初心者特有のわからないことがポンポンと沸いてくるものです。まず最初の壁は登録だと思うのでしょうが、これが思っている以上に簡単に飛び越えられるハードルです。登録と言っても複雑な審査があるわけでもなく、要するにアカウント作成なので、必要最低限の情報入力のみで完結。時間に換算すれば1分程度で完了するような手短さ。ちょっとした空き時間でも可能な作業量です。もちろん登録が終わればすぐに作品動画を視聴開始できます。あとは「パレードへようこそ」を探すだけ。簡単だと思いませんか。

動画はフルの方がいい
基本的には1・2時間から長いもので3時間を超える長尺コンテンツである映画。オープニングからエンドクレジット(オマケがあるかも)まで隅々まで味わってこそフルで楽しんだと言えます。細かい小ネタもたくさんありますし、セリフひとつも見逃せません。伏線だってあるかもしれないですから。しかし、カットされていたら嫌なものです。TV放映だとそういう都合で短縮される場合もあります。「パレードへようこそ」をフル視聴(full)できるという意味では、テレビメディアと比べてもVODの方が優れているのは明らかです。

ホームシアターのススメ
無料だけで満足していてはいけません。動画を見る最高環境、ホームシアターを目指してみませんか。「でも高いのではないか」なんて不安も当然。しかし、今は比較的安価な機器が発売されており、数万円程度で質の高いものが買えます。これなら自宅でVODを映画館スタイルにアップグレード。「パレードへようこそ」も最高級に。この贅沢な環境を実現するには「プロジェクター」と「オーディオセット」、それと「スクリーン」が求められます。もしVODを使い続け、さらなる高みを目指したいなら、ひとつの夢として目標にするのも良いでしょう。

『パレードへようこそ』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『パレードへようこそ』をさらに知る

★スタッフ
監督:マシュー・ウォーカス
脚本:スティーブン・ベレスフォード
撮影:タト・ラドクリフ
音楽:クリストファー・ナイチンゲール

★キャスト
ビル・ナイ、イメルダ・スタウントン、ドミニク・ウェスト、パディ・コンシダイン、ジョージ・マッケイ、リズ・ホワイト、モニカ・ドラン、ヘンリー・ギャレット、カリーナ・フェルナンデス、マシュー・フリン、デニス・バンクス

★『パレードへようこそ』の評価

IMDbRTMETA
7.891%79
映画comY!FM
4.0???4.0
フルムビバース独自ランク
S(必見の傑作)

★『パレードへようこそ』の受賞
第72回ゴールデングローブ賞で映画作品賞(ミュージカル・コメディ部門)にノミネート。

★『パレードへようこそ』の感想

●FILMAGA 
純粋に素晴らしい映画でした。こんな感動作を見逃していたなんて。LGBTというものを理解してるフリしてできてない今の日本人にも必見の作品です。何がいいかといえば、LGBTの人たちがそういうものに対して一番理解の低いコミュニティと手を組もうとすることです。結局、考えや価値観は違えど、社会の底辺で苦しい思いをしていることには変わりないのですよね。そんな極端に異なる者たちが本当の意味で理解し合う過程を描くのが丁寧で良いです。
●TOHOシネマズ 
サッチャー政権下、社会的に弾圧されていた同性愛者と炭鉱夫。水と油のような彼らが共同体となっていく。ラストのその後の話で、自然と涙がこぼれていた。炭鉱夫たちも同性愛者に偏見があるが、同性愛者たちも炭鉱夫に偏見があって協力して何の役に立つと当初は乗り気ではない。それがここまでの結実を見せているなんて。違うモノほどを手をつなぐべきという、非常に教訓的な物語になっているし、これが学校でも上映すべきだと思う。
●109シネマズ  
権利獲得のために民主運動をするとき、一人ひとりの声は小さくても団結する中で声が集まって、大きな力になるんだと感じた。そういう意味ではこれは、LGBTに限らず、あらゆるテーマや社会問題でも通じる基本を象徴しているのだろう。シリアスに偏り過ぎず、ちゃんとユーモアもあるのがいい。中でもおばあちゃんとかがディルドとゲイのエロ本みつけて高校生みたいに爆笑してるシーンは、下ネタだけど、なんて素敵なのだろうか。