海街diary(2015)

姉妹の交流に世界が心を動かされた名作

映画『海街diary』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! アンテナサイトのリンクは全く無いです。
今すぐ『海街diary』を見るなら動画リンクをチェック。

国際的にも高い評価を受ける是枝裕和監督が、第11回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞やマンガ大賞2013を受賞した吉田秋生の人気コミックを実写映画化。湘南を舞台に、異母妹を迎えて4人となった姉妹の共同生活を通し、家族の絆を丁寧なタッチで描く。エグゼクティブプロデューサーは小川泰、大村信、上田太地、小竹里美。鎌倉に暮らす長女・幸、次女・佳乃、三女・千佳の香田家3姉妹のもとに、15年前に家を出ていった父の訃報が届く。突然の父の死でも、さすがに距離がずっとあったため、上手く感情はでてこない。葬儀に出席するため山形へ赴いた3人は、そこで異母妹となる14歳の少女すずと対面。父が亡くなり身寄りのいなくなってしまったすずだが、実の父を失っても葬儀の場でもそんな悲しみを感じさせないほどに毅然と立ち振る舞い、年齢のわりにはしっかりしていた。そんな彼女の姿を見た幸は、すずに鎌倉で一緒に暮らそうと提案する。その申し出を受けたすずは、香田家の四女として、新しい家族を少しづつ形作りながら、鎌倉で新たな生活を始める。

原題:海街diary(英題:Our Little Sister) / 製作:日本(2015年) / 日本公開:2015年6月13日 / 126分 / 制作: / 配給:東宝、ギャガ

映画『海街diary』予告

(C)2015 吉田秋生・小学館/フジテレビジョン 小学館 東宝 ギャガ


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】
VOD9【Gyao

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る
Gyao ▼Gyao(登録必要なし)
 過去に無料配信
Rakuten ▼Rakuten TV(お試し無し)
 今すぐ見る

▼『海街diary』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

感動作で心動かされる!
さまざまな葛藤や苦悩を抱きながら懸命に助け合って生きる人間模様を描いた作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、人気も増えている動画配信サービスを利用しましょう。アンケート調査によれば6人に1人が使っているというデータもあり、今では身近になっています。まだ使っていない人でも簡単に開始できるので、初心者だからと尻込みする必要性は全くないので安心してください。

「無料」を見逃すな!
「有料か無料かどっちがいい?」と聞かれたら、誰だってタダがベストに決まっています。お試しでその利権をゲットです。通常であれば登録したその日から当然のようにお金がかかるのですが、この特典によって初回登録から事前に設定された期間の間、タダで好きに使用できるようになります。「視聴できるのがお試し序盤動画のみということは…」そういう動画コンテンツ販売サイトのような出し惜しみはありません。映画はフルではないと意味がないのはみんなわかっています。全動画はフルサイズです。

これは危険!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「海街diary」の再生はダメです。最近ではサイトを利用している間に不正なプログラムを裏で作動させ、ユーザーのパソコンやスマホに負荷をかけるものも確認されています。また、大音量で広告を流すなど、とにかく迷惑しかないサイトも多く、不快な思いをするかもしれません。最悪の場合、全く無関係の動画や勝手に編集を加えた動画などを見せられるかもしれないので、あなた自身が誤解して大恥をかきます。

あなたの選択は自由!
作品がデジタル配信で一般に提供が開始されたとき、当然VODにおいても配信がスタートすることが多いです。「為せば成る、為さねば成らぬ何事も」そんな諺にあるように試さないと始まらないですが、配信確認という事前準備を怠ると盛大にズッコケてしまうので、恥ずかしい失態はしないように。「海街diary」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。難関というほどではないにせよ、苦労のドツボに陥らないためにも、このページに掲載している動画リンクを参照してください。雑多なリンク集ではなく、詳細はアイコンで情報をピックアップ中です。構成の似通ったサイトはあっても、たいていは特定VODだけをゴリ推ししているばかりです。本来は対等な紹介が望まれます。早起きは三文の徳と言いますが、VODの場合が早チェックは三倍の得です。無料になる、見逃さない、関連作も観れる…メリット多数なのです。

お試し無料はいつまで?
お試し無料期間についてはサービスによってタイムの扱われ方が違っているので気をつけましょう。例えば、あるサービスでは登録日から1か月という設定だったりしますが、別のタイプでは登録月の月末で完了してしまうサービスもあります。つまり、後者の場合は月末に近い日にお試し登録すると無料期間が非常に少なくなって「綾瀬はるか」を見た気すらしません。つまり作戦が大事になってきます。「よし今日から土日は一気に映画を見まくる日にしよう!」という思いきった休みの使い方が、動画を見る上でも最良の手です。

家族にバレない?
家族でVODを利用する際にどうしても心配になるのが「見せたくない作品があるのだけど使い分けできるのかな?」という諸事情への配慮。例えば小さいお子さんには視聴は適切ではない作品もあるでしょうし、完全な大人向け作品であればコンテンツのサムネイル一覧に並んでいるのも不適切です。また、自分の視聴履歴が他人に見られるのは不快だという人もいます。VODの中には同一料金でアカウント分けができるという親切機能を備えたものもあるので、揉め事を回避して平穏に共有することができます。

原作もついでに見よう
映画というのは原作の映像化パターンも多めであり、それと比較しながら楽しむのも一興です。でも原作を見るのは面倒だったります。本屋を探したりしてウロウロするのも嫌ですし、電子書籍もいちいちアプリをまた開くのも煩わしい。そこでVODが痒い所に手が届くヘルパーになってくれます。全部ではありませんが原作小説や漫画などを連続して楽しめるフル総合マーケットを提供してくれています。動画・本など横断的なシームレスなエンターテインメント・アプリというのはなかなかあるものではないです。「海街diary」の原作も面白いです。

高評価作品は観る価値あり
1日中暇だというならば気にしなくてもいいでしょうが、スケジュールの合間をぬって動画を見る人、寝る時間を削って作品を視聴する人、都合は人それぞれですが、時間こそは有料。そこで映画を選ぶうえでの基準ですが、賞や評価などの作品価値を判定するものが素材に使えます。例えばアカデミー賞の輝かしい功績は絶対的な傑作を保証はしませんが、見てみるだけでも新鮮で刺激的な体験をできることは想像できるでしょう。「海街diary」ももしかしたら? 話題作だけでない、文化的・芸術的・社会的に価値のある映画に触れることで新しい扉が開けます。

『海街diary』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2019年10月16日時点での『海街diary』の動画配信
  • 「U-NEXT」「TSUTAYA」「dTV」「ビデオマーケット」「Amazonビデオ」「Gyao」「Rakuten TV」です。

▼『海街diary』をさらに知る

★スタッフ
監督:是枝裕和
脚本:是枝裕和
撮影:瀧本幹也
音楽:菅野よう子

★キャスト
綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すず、加瀬亮、鈴木亮平、池田貴史、坂口健太郎、前田旺志郎、キムラ緑子、樹木希林、リリー・フランキー、風吹ジュン、堤真一、大竹しのぶ、中村優子

★『海街diary』の評価

IMDbRTMETA
7.594%??
映画comY!FM
3.8???3.7
フルムビバース独自ランク
S(必見の傑作)

★『海街diary』の受賞
第39回日本アカデミー賞で優秀作品賞、優秀監督賞を受賞。第7回TAMA映画賞で最優秀作品賞を受賞。第28回日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞で主演女優賞(綾瀬はるか)、助演女優賞(長澤まさみ)、新人賞(広瀬すず)を受賞。

★『海街diary』の感想
・宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●無料ホームシアター
若いのに身近な人の死に振り回される4人の境遇に終始涙腺がゆるゆるで、心がぐちゃぐちゃになりました。すずちゃんが子供ながらに本心を隠して幸せそうにしているのを見ているのは辛いです。でも表向きは真っすぐ生きているだけ。そうするぐらいしか世の中でできることなんてない。その賢明さに観客は心が動かされます。役者の自然な演技は絶賛されるのも当然。当時はまだ無名だった広瀬すずの女優力はこの頃から見事に輝いていました。
●BILIBILI 
4人姉妹それぞれの演技が本当にナチュラルで、顔が似てないとかそんなことを全く気にさせないほどの説得力があります。邦画におけるダメな部分を一切排除し、良い部分を一気に凝縮したような美しい作品で何度見ても惚れ惚れします。海外でも非常に高評価で、この日本の映画の良さは決してノスタルジーや俳優の有名さではないことがよくわかります。是枝さんの綺麗な映像の中で、ただただ清らかに姉妹愛や家族愛が綴られていくのは至福です。