恋人たち(2015)

キネマ旬報ベスト・テンで1位を獲得した名作

映画『恋人たち』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 広告ばかりのサイトはお断りです。
今すぐ『恋人たち』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:恋人たち / 製作:日本(2015年) / 日本公開:2015年11月14日 / 140分 / 制作: / 配給:松竹ブロードキャスティング

映画『恋人たち』予告編

(C)松竹ブロードキャスティング/アーク・フィルムズ


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】高水準
VOD2【Hulu】完全フル
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
Hulu ▼Hulu(2週間)
 今すぐ見る ⇒ VOD2
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る

▼『恋人たち』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

身に染みる人生のドラマを!
さまざまな葛藤や苦悩を抱きながら必死に生きる人間模様を描いた作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを活用しましょう。レンタル店でDVDを借りるのもいいですが、ネット配信は利点がいっぱいです。店にわざわざ行く必要はないですし、珍しい作品でもウェブサイトにアクセスするだけで簡単に探せます。動画を視聴するのは簡単で、ネットに慣れていなくても安心です。

「無料」は全て初心者のため!
映画動画を視聴してスマイルになるなら、もっと満面の笑みになるかも。なにせ無料お試しというスペシャルデザートがあるのです。サービスを無料で満喫で来たら最高なのにと思っている人の願望を叶えるかのごとく、初回に限り、一定の期間を設けて無料であれこれを試せるというサポートが備わっています。「無料であるなら悪い気はしないけど、本当ならいつまで?」と謎に思っているなら、具体的な時間も提示されています。多くは約1か月、短くとも2週間と考えてください。長さは余裕です。

これは危険!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「恋人たち」の再生はダメです。怖い話は山ほどありますが、フィッシング詐欺サイトへの誘導を目的とした手口にも使われており、迂闊に個人情報を入力するなどは絶対にしてはいけません。何かしらの通販サイトを装うものもあるので、それが正式に存在するサイトか確認しないと地獄を見ます。オフィシャルを勧めようとしないなどそれこそ何かしらのフェイクに過ぎないのですから、この忠告は忘れないように。

配信しているのはコレ!
セル配信でもレンタルでも見放題でも、どういう形態であれ、デジタル流通する映画を引っ張っているのはVODの仕事です。ただし、面倒事がゼロならいいのですが、そうもいかないのが困りもの。ユーザーの鑑賞希望作品を配信しているサービスがどれなのか、探さないといけません。「恋人たち」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題はさっくり解決できます。このページでは作品単位で配信しているVODがわかるようにリストアップしています。これで確認に右往左往することなく、スムーズに登録までの流れに進めます。できる限り配信情報は更新されている方が良いに決まっています。こちらでは掲載中の中身がいつまでも同じなんてことはありません。お望みの無料動画にタッチできるかは今のタイミングしだいです。明日、明後日の配信を保証はできないので、関心を持ったときが使いどきです。

支払い方法は?
VODを継続的に利用する際の料金の支払い方ですが、「恋人たち」を見たい気持ちをまずは抑え、ペイメント方法を選択しないといけません。原則はクレジットカードであり、これが個人証明にもなっています(ユーザーの重複登録を防止するのに機能しています)。VODによってはユーザー利用のキャリア決済をセレクトできるものもあるので要検討です。クレジットカードを持っていないから無理だと判断するのは早計。焦らず他の手段を検討しましょう。登録したカードは自由に変更できるので有効なものを常に使いましょう。

どれで見れるの?
VODで動画視聴する際は再生機器の条件を満たす必要が「恋人たち」でもあります。その条件に関しては各VODの公式サイトにて詳細が掲載されているので気になるならば熟読しておくと良いでしょう。基本的には多くのユーザーが保有している機器がそのまま使えるはずです。10年前の端末だとか、よほどの古いものではない限りは平気です。主要なブラウザにも対応していますし、スマホならアプリでラクラク。できるのであれば、高画質の方が良いのは当然ですので、選択肢の優先順位を決めるのに役に立つでしょう。

悪いサイトを追い出すために
専門的な機関による調査では海賊版サイトの有効な対策が盛んに研究されています。そのレポートによれば特定ウェブサイトをシャットアウトするフィルタリング、強制的にアクセス不能にしてしまうブロッキング、検索から除外するリムーブといった方法は建設的とは言えないという指摘も出ています。それよりも魅惑的なサービスでユーザーを惹きつけることで健全に現状を改善させることができると推奨する意見も有力です。規制ばかりではない楽しい解決策が一番嬉しいものですので「恋人たち」合法視聴方法を拡散しましょう。

その動画サイトは使える?
「恋人たち」を無料で見る方法をサーチ中ならば、さまざまな動画サイトが目につくでしょう。動画がズラリと並んでいる「dailymotion」、昔から利用者も多い「Pandora」、中国系のサイトとして重大な存在感のある「Miomio」「BiliBili」、動画ファイルをアップロードできてシェアする「openload」。これらを欠点をあげつつも自己責任で使用を促すような紹介サイトもありますが、その手に騙されてはいけません。その違法ページの検索リンクを掲載しているサイトは無責任ですので、関わらない方がいいでしょう。

『恋人たち』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『恋人たち』をさらに知る

数々の映画賞を受賞した橋口亮輔監督が、同作以来7年ぶりに手がけた長編監督作。橋口監督のオリジナル脚本作品で、不器用だがひたむきに日常を生きる人々の姿を、時折笑いを交えながらも繊細に描き出した。プロデューサーは深田誠剛、小野仁史、平田陽亮、相川智。通り魔事件で妻を失い、橋梁点検の仕事をしながら裁判のために自分のできる限りのことをして奔走するアツシ。そりがあわない姑や自分に関心のない夫との平凡な生活の中で、突如現れた男にやってはいけない一線の上で心揺れ動く主婦・瞳子。親友への想いを胸に秘めた同性愛者で世間体としてはミスもしない完璧主義のエリート弁護士・四ノ宮。3人はもがき苦しみながらも、信じられるかどうかもわからない人とのつながりを通し、かけがえのないものに気付いていく。

★スタッフ
監督:橋口亮輔
脚本:橋口亮輔
撮影:上野彰吾
音楽:明星/Akeboshi

★キャスト
篠原篤、成嶋瞳子、池田良、光石研、安藤玉恵、木野花、内田慈

★『恋人たち』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
3.7???3.9
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『恋人たち』の感想
・宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●映画無料夢心地 
役者がとにかく凄い。見ていて苦しくなるほどの凄まじい熱演。三人三様、どん底の状態になるが、それでも人間は生きていかなければならないというお話。オーディションで選ばれた三人の全くスターオーラのない役者たちが、それぞれ一世一代の名演をしているのが、ほんとに素晴らしいし、この映画に生々しさをもたらすエッセンスになっている。目が離せなくなる不思議な魅力を見せてくれた俳優の皆さまには感謝しかない。良い映画をありがとう。
●シネマトゥデイ  
アツシを演じた篠原篤を始め、決して有名ではないキャスト達の強烈な個性がギラリと光る本作。ストーリーに好きも嫌いもなく、明るい表舞台ではない現代社会の静かな側面を描いた橋口監督のメッセージが胸に刺さった。カメラが一か所だけ急に寄るシーンとか、ずっと劇伴がなかったけれどやっと音楽が流れるシーンとか、観ていて不意を突かれてドキッとするところもあったり、突然動き出す感情を示すような演出の上手さも目に付く。
●ユナイテッドシネマ  
邦画はつまらないとか言う人はこういう映画を評価できない人間なのだろう。というか見たことすらないのじゃないか。この映画こそ邦画の良さが凝縮されている傑作だと思う。色んなプロットが絡み合う構成になってるんだけど、どれも重めのテーマにユーモアや希望、応援がほんのちょっと入ってて、むやみに苦しまずに見れるのも救われる。夫婦の姓処理シーンもショックだけど、何と言っても乳首いじくりながら普通の話をするあの名シーンは凄すぎる。
●109シネマズ 
絶望したり、他人への期待が泡沫となったりした3人の日常の話。奈落の底に落ちた気持ちの切り替えのキッカケは、日常に落ちているものなんだなと思った。「酷い世の中だ。しょうがない」「オリンピックなんてどうでもいいっすよ。こんな糞みたいな国でオリンピックなんてして何か意味あるんすかね」、そんな糞みたいな世の中の日々だけど微かに、でも確かに希望が溢れて歩き始めるような最後のカットが良すぎて鳥肌立って震えた。