ピンクとグレー(2015)

世界が変わるその瞬間にあなたは何を想う

映画『ピンクとグレー』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 広告ばかりのサイトはお断りです。
今すぐ『ピンクとグレー』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:ピンクとグレー / 製作:日本(2015年) / 日本公開:2016年1月9日 / 119分 / 制作:角川大映スタジオ / 配給:アスミック・エース

https://youtube.com/watch?v=sDrLlPCW-Qo
(C)2016「ピンクとグレー」製作委員会


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】安定再生
VOD2【Hulu】良質環境
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。

▼『ピンクとグレー』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

そのドラマに騙される!
いろいろな複雑で不愉快になることもある人間模様をストレートに描いた作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを活用できないか検討してみましょう。どうしてもレンタル店でDVDを借りたあとに、ネット配信に気づいてしまうパターンも多いですが、そうなるとそれまでの苦労が意味をなくしてしまうため、事前に入念に下調べをしておくのは大事であり、忘れないようにしたいです。

「無料」ですよ!タダ!
「費用の負担は抑えたい…」と考えているなら、特定の期日まで無料となるトライアルで、あなたの財布のお金を減らしません。この世は理不尽なもので、消費税や所得税、年金など、あらゆる負担がのしかかってきます。映画はなるべくお得に観たっていいじゃないですか。お試しはその救済になるものです。「VODって恥ずかしながらよく知らないのだけど」そんなビギナーにも安心。そもそもこれはそういう人向けにもできています。決してマニア向けに特化したものではなく、小難しい操作もありません。

これは危険!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「ピンクとグレー」の再生はダメです。問題性は常に潜んでいます。例えば、意味不明な広告が頻繁に表示されて体験を妨害されたり、動画が劣悪で視認しづらいほどの見づらさだったり、プライベートな情報を盗み取るようなプログラムが動いていたりと、マイナス面が目立ちます。なので、公式の動画配信サービスを活用し、問題性ゼロの状態でクリーンな映画体験を心がけましょう。

これに決めた!
「え、あの作品もこの作品も配信されているの? だったらやるしかない!」知れば知るほど迷いは消えていきます。ところが、問題になるのはたくさん存在するVODのうち、どのサービスで自分の見たい作品が配信されているのかを個別に確認しなければならないということです。「ピンクとグレー」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。いつまでも悩んでも解決には程遠いです。この作品ページを使って悩みをスッキリさせましょう。視聴できる可能性の高いVODをアイコンで一覧にして簡易的に紹介(今日見られるかはサイトでの確認が必須です)。フルムビバースではセーフティな動画リンクを掲載しており、他の類似サイトで見られるマイナスなサイト誘導はしていません。配信リストは流動性が高く、毎日の変化が起こるので、申し訳ありませんがこのページが必ず最新であるとは保証できません。ぜひ公式で最終チェックをお願いします。

試写も良いけど…
最新映画をいち早くお得に観たい人は試写会を利用するのも手です。映画好きならぜひともチェックしておきたい大衆向けの試写会は、一足先に最新作を目にできる絶好の機会です。申し込みするだけなら基本は無料なので、あとはあなたの運を試すだけ。もし当選した場合はルールを守りましょう。勝手にその当選権を他人に譲らないこと。必ず時間厳守で会場に来ること。ネタバレなどの規制があるなら遵守すること。素晴らしい体験をしたら、あとはもうその魅力を周囲に語りまくりましょう。

見たい動画をメモしよう
フルムビバースでは「ウォッチリスト」機能を使って自分だけのオリジナル作品リストを作成できます。今は見る時間がないけど後々に確認しておきたい…。気になる新作だから…。そんなときに映画の存在を忘れずにメモするために使えます。任意の作品をウォッチリストに登録するには、各ページにある「Favorite」ボタンをクリックorタップしてください。リストされた作品は専用のページでいつでも確認可能で整理できます。「ピンクとグレー」もブックマーク。動画を円滑に整理していち早く視聴するためにもこの機能をフル活用してみましょう。

動画はフルの方がいい
初めて見る映画の場合、その動画がフルかどうかを判断するのは難しいです。全容を知らないのですから。さりげなく編集カットされていても自覚できないこともあります。だからこそテレビ放映などで映画を観てもそれがフルだと勘違いしている人も発生します(スペシャル版なんて表記で誤魔化されたりも)。VODは完全な動画をお約束でき、本来の欠落のない映像を隅々まで堪能できるので、満腹になるでしょう。「ピンクとグレー」をフル視聴(full)できるという意味では、テレビメディアと比べてもVODの方が優れているのは明らかです。

10回でも100回でも
映画を何回も観たいと思ったことはありませんか?「ピンクとグレー」を複数回見る人なんてオカシイという意見には異議を唱えさせてもらいます。人の映画の楽しみ方は100人いれば100種類あります。そして映画自体の解釈の仕方も100通り。つまり、映画を観る角度で印象は変わってくるのです。以前観た映画でも今見ればまた異なる感想になることも珍しくありません。それがVODならば何回観ても追加料金なしのリピートウォッチャー感涙のシステムなのですから、これを利用しない手はありません。一時停止しながらも見れます。

『ピンクとグレー』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『ピンクとグレー』をさらに知る

ジャニーズの人気グループ「NEWS」の加藤シゲアキが2012年に発表した処女小説を行定勲監督が映画化。脚本を担当する若手劇作家・蓬莱竜太と行定監督が原作を大胆にアレンジして再構成し、小説では明かされなかったエピソードも描く。プロデューサーは井上文雄、片山宣、千綿英久、小川真司。人気俳優の白木蓮吾が急逝した。その死は突然で、誰も真相は知らない。自殺か他殺かも判明しない中、思わぬ人間に光が当たる。彼の少年時代からの親友で死の瞬間にも立ち会った売れない俳優・河田大貴。彼は何かを知っているのだろうか。世間の注目が集まるが…。

★スタッフ
監督:行定勲(関連作品:『真夜中の五分前』、『世界の中心で、愛をさけぶ』)
脚本:蓬莱竜太、行定勲
撮影:今井孝博
音楽:半野喜弘

★キャスト
中島裕翔、菅田将暉、夏帆、柳楽優弥、岸井ゆきの、千葉哲也、マキタスポーツ、入江甚儀、橋本じゅん、矢柴俊博、宮崎美子

★インタビュー
・菅田将暉「やはり、62分後の仕掛けですよね!ずるいなと思いました」
・夏帆「実は撮影前に普段、連絡が来ないような人からも連絡が来たんですよ。「次、行定組やるんだって?体に気を付けてね」って(笑)」

★雑学(トリビア)
・第20回釜山国際映画祭「アジア映画の窓」部門へ正式出品された。

★『ピンクとグレー』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
3.2???3.4
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『ピンクとグレー』の感想
・宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●映画無料夢心地
これは絶対にネタバレできないタイプですね。前半は劣等感の描きの巧さ、後半は人物の描き方、演技、演出…これらのミックスがどう上手くかみ合っているかを評価する目線によって印象は変わると思います。とくにキャラクターを演じる俳優のパワーが凄まじく、思わず圧倒されてしまいました。あのオチというか、仕掛けは少々ズルいですが、個人的には全然アリで、むしろそれを映像化したこの映画の製作陣の創意工夫には拍手を送りたい気分です。
●BILIBILI 
芸能人が芸能界の裏の出来事を演じているのでそれが真実かは知りませんが、嫌にリアリティがあって、どこまでが素で、どこからが演技なのか分からなくなるという、このあやふやさがクセになります。タイトル通りに切り替わる王道ですらあるようなトリッキーな演出を始め、行定監督は流石の手腕を披露し、ニヤリとさせられます。伏線の弱かった終盤のネタばらしなど、いろいろ言いたい部分も多いのが気になるでしょうが、そこは人それぞれで。