百円の恋(2014)

安藤サクラ主演、ボクシングに人生をかける女の戦い

映画『百円の恋』のフル動画を無料視聴する方法を、冗長なリンク無しで的確に各サイトの中から推薦。
今すぐ『百円の恋』を見るなら動画リンクをチェック。

松田優作の出身地・山口県で開催されている周南映画祭で、2012年に新設された脚本賞「松田優作賞」第1回グランプリを受賞した足立紳の脚本を、武正晴監督のメガホンで映画化。不器用でどん底の生活を送っていた女性が、ボクシングを通して変化していく姿を描いた。エグゼクティブプロデューサーは加藤和夫、プロデューサーは佐藤現、平体雄二、狩野善則。実家でひきこもり生活を送る32歳の一子は、そんな現状もさておき、離婚して出戻ってきた妹とケンカしてしまい、半ば無理やりではあるが、やけになって一人暮らしを始める。しかし、そのままでは金がない。そこで100円ショップで深夜勤務の職にありついた一子は、ただ働くだけの日々を過ごす。その帰り道に通るボクシングジムで寡黙に練習を続ける中年ボクサーの狩野と出会い、なんとなく運命な気がして恋をする。しかし幸せも長くは続かず、そんな日々の中で一子は自らも体を鍛えてボクシングを始める。

原題:百円の恋 / 製作:日本(2014年) / 日本公開:2014年12月20日 / 113分 / 制作:東映ビデオ / 配給:SPOTTED PRODUCTIONS

安藤サクラの体当たり演技が光る!映画『百円の恋』予告編

▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Paravi ▼Paravi(登録月無料)
 今すぐ見る
Netflix ▼Netflix(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『百円の恋』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

普及率は急上昇中!
さまざまな葛藤や苦悩を抱きながら苦境を乗り越えていくという映画は燃え上がる展開が面白いです。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを利用しましょう。アンケート調査によれば6人に1人が使っているというデータもあり、今ではさらに利用者も増加中。どんどん便利な機能も増えているので、一度試せば利用の価値がすぐにわかるはずです。もっと実用性を知りたいなら実際に使って見るに限ります。

「無料」で感謝!
「今は節約を心掛けているので…」と本心にストップをかけるなら、無料動画トライアルの存在を知ってからにしてください。映画館は1作品あたりに何も割引を受けなければ1800円もかかりますが、動画配信サービスは複数作品がまとまって数百円レベルの見放題系のものもあり、それが無料お試しならさらに嬉しいです。「子どもでもラクラクなくらいの敷居の低さなら…」と思っているなら、別に難易度は易しめなので安心。メールアドレス新規作成とほぼ同じ程度のスピードで完了して、数分以内に動画視聴できます。

これは危険!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「百円の恋」の再生はダメです。これらの問題サイトは運営しているサーバーなどが貧弱で、無駄に広告も過剰表示されているため、とにかくパソコンやスマホに極端な負荷をかけます。CPUを食いつぶし、オーバーヒートさせ、機器の寿命を下げることになり、故障の原因にもなります。あとあとで引き返せない自滅をしてしまう前に、最初の時点から正規サービスを選択しておけば何も問題なし。

いちはやくウォッチ!
「まるでショッピングセンターのお買い得コーナーを見ている気分!」そんな動画つかみ取りの幸福世界へようこそ。数に勝るものはないと言いますが、贅沢な悩みというのはわかっていても、このVODの多さだけはちょっと嬉しい悲鳴です。選択肢が多すぎて目移りしてしまうこと必須です。「百円の恋」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。Google検索時にすぐ上部に示されるVODは一部に過ぎずYouTubeばかりを優遇するので意味はあまりありません。このページなら確認作業短縮ができるわかりやすいアイコン表示で全VODをリストアップ中。対応対象としてカバーしているVODの多様性はトップクラス級。大手からあまり知られていないものまで、多種多様な顔が並びます。無料ホームシアター級のエンターテインメント体験を家にいながら、もしくはスマホの中で、ネット上でエキサイトできるチャンスです。

支払い方法は?
VODを継続的に利用する際の料金の支払い方ですが、「百円の恋」を鑑賞したいというムズムズをセーブして、まずは支払いとなるクレジットカード情報を登録しましょう。そうです、持っている必要があります。「え、ないのだけど」そんな場合はスマホのキャリア決済利用可能な対応サービスを検討するのもひとつの手です。プリペイドカードはオススメしません。クレジットカードをひとつも保持していない人でも諦めることはなく、代替手段も用意されています。登録したカードは自由に変更できるので有効なものを常に使いましょう。

配信はいつ終わる?
VODの各作品の配信終了日時を詳しく知りたい人も多いと思いますが、全く知ることはできないわけではありません。サービスによりけりですが、作品ページ内に日時が掲載されていることがありますが、かなり目立たないですし、そもそもこれは予定日であり、必ず正確にそのとおりになるとも限りません。つまり、今日の配信は今日にチェックしないと断定はできないのが結論です。「百円の恋」を見逃さずに。後悔しないためにも視聴できるときに視聴するのが一番思い残すこともない安全策です。

パスワードは大事
バリエーションに富むVODを最初に使い始める際に、たいてい必要なのがアカウント作成。そのときに設定するパスワードではセキュリティに気をつけましょう。情報管理が徹底している企業がほとんどですが、万が一、本来は関係ない他の粗雑なサービスで同様の情報が流出すると大変です。そのためにも、パスワードは複雑なものにすること(「password」「123456」などはダメ)、パスワードの使い回しをしないこと…この留意事項を必ず順守です。安全な「百円の恋」動画体験をするには大事な基礎ルールです。

悪いサイトを追い出すために
海賊版コンテンツ問題はその深刻性が盛んに報じられていますが、その対策としてVODは期待大です。海外の調査機関による研究によれば、フィルタリングやブロッキング、サイトの取り締まりなどの従来的な規制に頼った対策よりも、より魅力的でユーザーを夢中にさせる安価なサービスを普及させることの方が、有効であるというレポートも発表されています。まさにVODはそのパイオニアであり、不正なサイト利用者にこそ広めていくことが業界を救う大切な役割を果たすので「百円の恋」合法視聴方法を拡散しましょう。

『百円の恋』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『百円の恋』をさらに知る

★スタッフ
監督:武正晴(関連作品:『イン・ザ・ヒーロー』)
脚本:足立紳
撮影:西村博光
音楽:海田庄吾

★キャスト
安藤サクラ、新井浩文、稲川実代子、早織、宇野祥平、坂田聡、沖田裕樹、吉村界人、松浦慎一郎、伊藤洋三郎、重松収、根岸季衣

★『百円の恋』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
4.0???3.9
フルムビバース独自ランク
S(必見の傑作)

★『百円の恋』の受賞
第57回ブルーリボン賞で主演女優賞を受賞。第39回日本アカデミー賞で最優秀主演女優賞と最優秀脚本賞を受賞。

★『百円の恋』の感想

●FILMAGA  
「一生懸命なヤツが嫌いなんだ」そんな言葉も飛び出す本作。しかし、この映画に登場している人間は好きで一生懸命なわけではない。そうせざるを得ない状況まで追い込まれているのだ。この映画のメインテーマはきっと「一生懸命になる」ということだと思う。でも、単純にそれを推奨するような、聞こえのいい道徳的なメッセージの作品ではない。そのみっともないまでの汚さや醜さまでをしっかり嘘偽りなく表現している。懸命に生きることは痛いのだ。
●BILIBILI  
経験者だけあって安藤サクラのボクシングシーンは出色の出来。ただ、本作はボクシング以外のドラマ部分の方が、痛々しくアツいバトルが繰り広げられている。安藤サクラの女優としての圧倒的な上手さが発揮されているからこその説得力だ。冒頭から味わい深いクズとして納得できるから、自然とこのキャラクターに納得できる。「勝ちたかった」の一言に今まで一子が生きてきた全部が詰まってて、どこかで人生を共有し、一子と一緒に泣きたくなる。
●フルムビヒャク 
ニートから100均のバイト、そしてボクサーへと着実に新しい道を切り開いていき、ついにはリングの上に立つのですが、これをサクセスストーリーと呼ぶには不適切な気もします。「自分なんて、100円の価値くらいしかない」という人間が手にしたものはしょせんは200円くらいに増えた程度に思えるかもしれません。それでも、それは大きな一歩なのです。撮影期間はわずか14日間。安藤サクラの女優魂を最初から最後まで感じました。