サマーウォーズ(2009)

よろしくお願いしまぁぁぁすっ!!

映画『サマーウォーズ』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 情報は定期更新しているので確認に便利。
今すぐ『サマーウォーズ』を見るなら動画リンクをチェック。

細田守監督が、同作に続いて脚本・奥寺佐渡子、キャラクターデザイン・貞本義行とともに描くオリジナル長編アニメーション。エグゼクティブプロデューサーは奥田誠治、プロデューサーは高橋望、伊藤卓哉、渡邊隆史、齋藤優一郎。数学が得意だが気弱な高校2年生の健二は、憧れの先輩・夏希に頼まれ事をされる。一体何なのかとドキドキしているとそれはまさかの内容だった。なんと夏休みの間、彼女の実家で夏希のフィアンセとして過ごすことになってしまう。自分の想像を超えた展開に追い付かない中で、全く別の世界では異変が起こっていた。健二はネット上の仮想空間OZで起きた事件に巻き込まれ、その影響が現実世界にも波及。それは不思議な運命で現実ともリンクし、夏希の一家ともども、世界の危機に立ち向かう。

原題:サマーウォーズ / 製作:日本(2009年) / 日本公開:2009年8月1日 / 114分 / 制作:マッドハウス / 配給:ワーナー・ブラザース / 製作費: / 興行収入:16.5億円

「サマーウォーズ」 劇場用予告

(C)2009 SUMMERWARS FILM PARTNERS


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『サマーウォーズ』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

あの話題作もバッチリ!
公開当時は大きな話題となり、年が変わってもその魅力が語り継がれている作品はそれだけで見ごたえがあります。そんな痛快なアニメ映画をフル動画でお得に見るなら、動画配信サービスを駆使しましょう。家にパソコンやテレビがなくても大丈夫。お手持ちのスマホでもアプリをインストールすればOK。ダウンロード機能があるものもあるので、事前に端末におとしておけば、通信制限を気にすることなく自由に鑑賞することができます。

「無料」を嫌う人はいない!
耳より情報はここからです。初心者を救いだす無料のサービスお試しプレゼントはクリスマスよりも嬉しい届け物です。不必要にコスト浪費をするのは勘弁してほしい。ましてやサービスが自分に合わないのは最悪。そんな心配症でも期間限定であれこやこれやとサービス内の動画を含む体験ができます。「すぐに無料期間は終わってしまうのでは?」と心配するかもしれませんが、大丈夫です。1か月などじゅうぶんな期間が設定されており、自分に合うかどうかをじっくり吟味できます。

これは危険!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「サマーウォーズ」の再生はダメです。不必要なプログラム程度であればブラウザの設定で動作しないようにもできますが、それは動画と連動しているために簡単には接続を切れない仕様です。悪戦苦闘しているうちに相手側はどんどん無駄にタブを開かせて、さらなる身勝手な混乱を招きます。赤信号みんなで渡れば…ただの大量犠牲者が出るだけなのです。わかっていても飛び込むのならばそれは自殺行為です。

あなたの選択は自由!
あなたのスマホやパソコンが映画館になる日は近いです。デジタル配信の幕開けがそのエンタメVOD劇場の開演になります。「花より団子だから無料なら何でもいいや!」そう思っていると、転んでしまいます。まずは準備です。つまり、どれで配信しているか確認する作業が必要です。「サマーウォーズ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。こちらのページは各VODの配信状況をできる範囲ではありますが、インフォメーションとして反映させるように掲示しており、更新も行っているので、ヒントにしながら確認作業を円滑に進行させることができます。全く夢心地にさせてくれないサイト、全然無料なホームシアターではないサイト、そういう騙しウェブサイトからはさっさと退避するに限ります。フルムビバースは広告ストレス無しです。あくまで本当に使用スタートしたいと思ったときに登録すればいいので、まずはサイト内で作品検索をして今日の配信有無を調べましょう。

高画質で見られる?
どうせなら可能なかぎり高画質で動画を視聴したいものです。VODは登場初期の頃は画質は褒められるものではありませんでした。しかし、現在は最高レベルでの解像度に対応しているものも標準化しつつあります。つまり、DVDやブルーレイと大差ありません。むしろそれらの数万円~数十万円する再生機器を必要としないぶん、VODの方が容易くお得に高画質動画を視聴することができます。画質は選択可能なので、マシンパワーに会わせてパーソナルな環境にマッチする画質で綺麗な「サマーウォーズ」の動画を楽しみましょう。

動画はフルの方がいい
映画を観る手段はいろいろですけども、見られる内容が同一とは限りません。例えばテレビで放映される映画。昔から気軽に鑑賞できる形態として一般化していますが、これは編集が加えられ、シーンカットされているケースが多いです。尺を放送時間におさめるための避けられないことなのですが、フルで見れないので、映画の重要シーンや展開が削られていたりも。VODは制約無しなのでそんな心配は要りません。「サマーウォーズ」をフル視聴(full)できるという意味では、テレビメディアと比べてもVODの方が優れているのは明らかです。

ホームシアターのススメ
視聴媒体が自由自在のVOD。その中でも最高級にリッチな体験ができるのはホームシアターです。自宅にホームシアターシステムを構築できれば、もはやスマホやパソコン鑑賞なんて馬鹿らしく思えるほど。映画館を家に用意してチケットも要らずに無料で出入りしているようなものです。「サマーウォーズ」も最高級に。かといってそのホームシアターワールドを瞬間的に構築できるわけではありません。それなりの予算を投入しないといけないので覚悟はいります。しかし、それだけの達成感と充実感を得られ、それは何物にも代えがたい経験になります。

SNSで映画を語ろう
多くの人たちが情報交換の場に利用しているSNS。映画を見た後にもその感想などを語り合いたいときはSNSを駆使しましょう。「サマーウォーズ」の鑑賞体験をTwitterやFacebook、Lineなどで流せば、その作品をまだ知らない人にも知ってもらうチャンスになり、そこから新しいフレンドや仲間ができる繋がりを広げることも。コミュニケーションを円滑にするなら映画関連のタグなどを用いてみるのも良いです。Twitterなら「#映画好きと繋がりたい」「#映画好きな人と繋がりたい」をプラスしましょう。

『サマーウォーズ』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『サマーウォーズ』をさらに知る

★スタッフ
監督:細田守
脚本:奥寺佐渡子
音楽:松本晃彦

★キャスト(キャラクター)
神木隆之介(小磯健二)、桜庭ななみ(篠原夏希)、富司純子(陣内栄)、谷村美月(池沢佳主馬)、斎藤歩(陣内侘助)、横川貴大(佐久間敬)、信澤三恵子(陣内万理子)、谷川清美(篠原雪子)、桐本琢也、佐々木睦

★『サマーウォーズ』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
3.9???3.8
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『サマーウォーズ』の感想

●無料ホームシアター 
監督の言うように「嫁さんの実家に連れて行ってもらった時、親戚が誰が誰だかわからず戸惑った」という感覚がそのまま再現されているのが凄い。序盤のワチャワチャ感はまさにこれぞアニメーションという楽しさがある。その田舎的な昔ながらの日本の多様性と、ネット社会におけるバーチャルの多様性が対比されていて、また面白い。そのどちらの世界も同一に愛情を持って描かれており、ありがちなネット批判みたいなものはないのも気が利いている。
●シネマトゥデイ 
夏になると思い出す映画。あんな田舎に帰省するのにちょっと憧れる。大家族も憧れる。大人の人たちがそれぞれ自分のできること、自信のあることがあって何をしているのかわかっている感じが良くて、物語としてもテキパキ進んでいくのダレない。一番泣いてしまうのは、ラブマシーンとの花札の勝負で、男の子がアカウントを使ってくださいと言うシーン。そして世界中の人が夏希にアカウントを託すところでは盛り上がって涙が止まらず号泣です。
●BILIBILI 
夏が好きなので青空、入道雲、蝉の声とかそれだけでもうテンションが上がって贔屓目で見てしまうけれど、そういうの抜きにしても名作。日本の田舎の夏のノスタルジックな風景とオズの近未来なデザインの鏡構造が良い。全てがひとつのシステムで管理される社会に警鐘を鳴らしつつ、そんな中でも残る人と人とのつながりを優しく肯定してくれる。陣内家で始まったつながりが世界規模のネットワークになっていくシーンは熱いドラマになっている。
●CRUNCHYROLL  
この一つの映画には家族愛や自己の成長、危機に対する協力など数え切れないほどの要素が詰まっている。その中でも押しつけがましい上から目線な説教がないのも良い。上映時よりSNSがさらに普及している今だからこそ、改めて観たら新しい発見があるんじゃないかと思います。AIが段々と身近になっていく今の時代。映像の中のタダ事ではなく実際に起きてしまいそうなことだから、余計にメッセージ性が強い。もう一度見直すのも印象が変わる。