6才のボクが、大人になるまで。

実際に12年をかけて撮影した、本当に人生ドラマ

映画『6才のボクが、大人になるまで。』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 特定サイトのみを紹介する誘導はないです。
今すぐ『6才のボクが、大人になるまで。』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Boyhood / アメリカ(2014年) / 日本公開:2014年11月14日 / 165分 / 制作:IFC Productions / 配給:東宝東和

映画『6才のボクが、大人になるまで。』予告編

(C)2014 boyhood inc./ifc productions i, L.L.c. aLL rights reserved.

動画
▼『6才のボクが、大人になるまで。』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る

VOD2 Huluで動画を見る

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

- -
[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコンで視聴可能性大。
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV
⇒ VOD3
AuVideo ▼TELASA
Videomarket ▼ビデオマーケット
Amazon ▼Amazonビデオ

▼『6才のボクが、大人になるまで。』の無料動画を見る方法

さまざまな葛藤や苦悩を抱きながらたくましく成長していく人間模様を描いた作品はそれだけで見ごたえがあります。そんな温かいドラマチックな映画をフル動画で観るなら、人気も増えている動画配信サービスを利用しましょう。アンケート調査によれば6人に1人が使っているというデータもあるほど、今では身近になり、さらにユーザーは増加中。レンタル店でDVDを借りるのもいいですが、初めてネット配信を使うのでも簡単に始められます。

ニッコリできる情報はまだまだあります。こんな感激コースはどうですか。無料のお試しトライアルの入り口です。サービスを無料で満喫で来たら最高なのにと思っている人の願望を叶えるかのごとく、初回に限り、一定の期間を設けて無料であれこれを試せるというサポートが備わっています。「VODって恥ずかしながらよく知らないのだけど」そんなビギナーにも安心。そもそもこれはそういう人向けにもできています。決してマニア向けに特化したものではなく、小難しい操作もありません。

不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。インターネットワールドは動画を教えてくれる心優しい人ばかりではないです。不埒な悪党どもは動画とセットでスパムや悪質プログラムを押し込んできます。動画の再生ボタンをポチっと押したら最後、あなたの大切な映画人生に再起不能な被害と失望を与えたりも。動画共有サイトなんて代物は動画への注力もたいしてなく、とりあえず動画広告で稼ぐだけの場所なので期待するだけ無駄です。

「もしかして、これって最高の動画鑑賞ベストチャンスなのでは?」と思うなら、今はそれを黙々と信じるのみです。でも、浮かれる前に気をつけるべき点がひとつ。「さっそく登録したのにお目当ての映画が配信してない!」という残念無念な状況が待ち受けているかもしれません。「6才のボクが、大人になるまで。」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。いつまでも悩んでも解決には程遠いです。この作品ページを使って悩みをスッキリさせましょう。視聴できる可能性の高いVODをアイコンで一覧にして簡易的に紹介(今日見られるかはサイトでの確認が必須です)。さすがに1日ごとに対応していくのは物理的に不可能ですが、フルムビバースは適度な情報更新を実施しています。オンラインなビデオオンデマンドは検索性に優れています。今、この瞬間の配信確認は公式サービス上で行いましょう(アプリでなくブラウザでアクセスできます)。

海外映画を観る時の分かれ道となる分岐点は「字幕」「吹き替え」の選択肢です。ネット上では論争になっていることもしばしばですが、もうこれには明確な正解はありません。字幕だと俳優の音声がそのまま聞けるのでオリジナル派には必須。しかし、文字を追うのは大変(リスニング力があるならOKですが)。吹替は翻訳センスを問われるのでかなりの運試しでもあり、お墨付きの出来栄えなら安心できます。VODでいっそのこと見比べしてみるのも、見慣れた「6才のボクが、大人になるまで。」の面白さの発見につながるかもしれません。

VODは単独で使うのではなく、複数(とくに家族)で共有して利用することもできます。しかし、作品の好みは人それぞれ。場合によってはアダルトや暴力な映画を観たいときもあります。けれどもそれは子どもの前では視聴できませんし、サムネイルさえも見せたくありません。そんな事例にも対応可能となっているVODはユーザーごとに使い分けできます。表示作品を適度にフィルタリングしたり、個々で別の場所で鑑賞したり、思うがままにセパレートできるので、ファミリー全員が新規に登録することはありません。

『6才のボクが、大人になるまで。』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『6才のボクが、大人になるまで。』をさらに知る

リチャード・リンクレイター監督が、ひとりの少年の6歳から18歳までの成長と家族の軌跡を、実際に12年をかけて撮影したドラマ。主人公の少年メイソンを演じるエラー・コルトレーンを筆頭に、母親役のパトリシア・アークエット、父親役のイーサン・ホーク、姉役のローレライ・リンクレーターの4人の俳優が、12年間同じ役を演じ続けて完成された。『6才のボクが、大人になるまで。』の製作総指揮はジョナサン・セリングとジョン・スロス。米テキサス州に住む6歳の少年メイソンは、まだまだ純真な気持ちをそのままに育っていた。キャリアアップのために大学に入学した母に伴われてヒューストンに転居し、その地でいろいろな人生の山にぶつかりながら多感な思春期を過ごす。アラスカから戻って来た父との再会や母の再婚、義父の暴力、初恋などを経験し、少しずつ大人になっていくメイソン。やがてアート写真家という将来の夢を見つけ、ずっと隣にいてくれた母親のもとを巣立つ。12年という歳月の中で、母は大学教員になり、ミュージシャンを目指していた父も就職し、新しい愛の中で再婚して新たな子が生まれるなど、自分を取り巻く家族にも変化が生まれていた。

★『6才のボクが、大人になるまで。』のスタッフ


監督:リチャード・リンクレイター
脚本:リチャード・リンクレイター
撮影:リー・ダニエル、シェーン・F・ケリー

★『6才のボクが、大人になるまで。』のキャスト


エラー・コルトレーン、ローレライ・リンクレイター、パトリシア・アークエット、イーサン・ホーク

★『6才のボクが、大人になるまで。』の評価

IMDbRTMETA
7.997%100
映画comY!FM
3.7???3.6
フルムビバース独自ランク
S(必見の傑作)

★『6才のボクが、大人になるまで。』の受賞


第87回アカデミー賞で助演女優賞を受賞。第72回ゴールデングローブ賞で最優秀作品賞(ドラマ)・最優秀助演女優賞・最優秀監督賞を受賞。

★『6才のボクが、大人になるまで。』の感想

●『6才のボクが、大人になるまで。』FILMAGA  
名シーンが多すぎて困る。でも一番は終盤の母の涙かな。「あっけない人生だわ。事件といえば、結婚して、出産して、離婚した。あなたの失語症を心配して、自転車の乗り方を心配して…もっと長いかと思ってた」この言葉に込められた人生の意味ときたら。強い母で、涙を見せない母だった。その人が最後に見せる涙は、三時間弱の尺では語り切れない本物の人生が詰まっていたように思い、これこそ誰もが感じる「人生は短い」ってことなんですよね。
●『6才のボクが、大人になるまで。』TOHOシネマズ  
息子の成長も素晴らしいが、親の成長も素晴らしい。12年間かけて撮影する。脚本も子供の成長に合わせて書いていくから着地点がわからないままスタートする。だから役者も成長していくし、それは大人も同じ。わからないことだらけで、でも前に進むしかない。結果、たどりついた今の居場所はこれでいいのか。問いかけても自信はない。その不安も見事に表現したリチャード・リンクレイターの才能と実験的な挑戦はもはやお見事である。必見だ。
●『6才のボクが、大人になるまで。』109シネマズ  
実話の映画化は多いけれど、事実の映画化って珍しい。どういうことかと言えば、この作品でのキャラの成長は演じる役者の成長とシンクロしている。このリアルタイムさが妙な感動を生むのだ。ズルい作品ともいえるが、これを成功させたのは凄い。普通は思いついても途中で頓挫する可能性が高いのだから。リチャード・リンクレイター監督はこれまでも「ビフォア」3部作を同じ主演俳優で撮ってきたのでそのノウハウが活かされた形なのだろうか。