百日紅 Miss HOKUSAI

葛飾北斎の娘を描いたアニメーション

映画『百日紅 Miss HOKUSAI』のフル動画を無料視聴する有益な方法を、冗長なリンク無しで的確に各サイトの中から推薦。
今すぐ『百日紅 Miss HOKUSAI』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:百日紅 Miss HOKUSAI / 日本(2015年) / 日本公開:2015年5月9日 / 90分 / 制作:Production I.G / 配給:東京テアトル

映画『百日紅 ~Miss HOKUSAI~』予告編

(C)2014-2015 杉浦日向子・MS.HS/「百日紅」製作委員会

動画
▼『百日紅 Miss HOKUSAI』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る 高画質

VOD2 Huluで動画を見る 完全フル

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

- -
[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコンで視聴可能性大。
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV
⇒ VOD3
Videomarket ▼ビデオマーケット
Amazon ▼Amazonビデオ

▼『百日紅 Miss HOKUSAI』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

あの作品もこの作品も!
現実ではありえない独創的な世界を表現できるのはアニメーションならではの魅力。そんな目を奪われるような健美な映像を満喫するなら、動画配信サービスを使うのがオススメです。ネット配信というと、どうしても画質の低さを心配する人もいますが、そんなことは考える必要なし。ウェブサイトにアクセスするだけで動画を観れ、さらには優れた再生環境が整っています。同じ監督の作品を続けて見たいなら、連続視聴も容易なので便利です。

「無料」ですよ!タダ!
「無料ではなく有料だしね…」そんな財布のひもが固い人にも、気持ちを緩めてくれるのがお試しの刺激的な誘惑です。レンタル店舗もズラッと商品が並んでいるものですが、ネット配信だって同じくらいの品ぞろえで、プラス初回無料があるのですから、どっちがお得かは言うまでもないでしょう。「一部だけでなくフルで動画を見られないと意味ないけど」「最初だけのオマケみたいになっていないかな?」全くもってそのとおり。ビデオオンデマンドは動画のお試し視聴といっても、冒頭だけみたいなことはしていません。全編を余すことなく見られます。松重豊も声で出ている「百日紅 Miss HOKUSAI」もアリ。

アウトサイトは有害!
不正な動画ウェブサイトは間違っても足を踏み入れないようにするべきで適法性・実用性の二点で非推奨。杏も出演の「百日紅 Miss HOKUSAI」もダメです。危険をもたらす手口は巧妙。メールアドレスを入手し、ランサムウェアで乗っ取り要求したり、リモートデスクトッププロトコルで機器自体を支配下に置いたり、ソフトウェアの脆弱性を巧みに突いたり、ただの動画視聴が引き金になることもあり得ます。これだけ危ないとわかっているなら利用する方が愚かです。人生をクラッシュさせたくなければ道はひとつです。

これに決めた!
「配信の瞬間を臨戦態勢で待機してます!」というあなたにもぜひ。お試しの扉が手招きして誘ってくれます。でも、警告しておきましょう。「張り切って登録したのに、映画が配信にない!」というクレームは、確認不足が原因です。登録直前の最終確認は本来は絶対に欠かせません。濱田岳も出演の「百日紅 Miss HOKUSAI」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その立ちはだかる障壁を壊すための手助けとなるハンマーを提供するのがこのページの仕事。VODを配信しているものに限定してリストでアイコン表示中。アイコンがない場合は配信していないかも。いかにもクリックすれば動画がすぐに見れるかのように誘って偽り、取るに足らないランキングページへと誘導する無価値な内容はここにはないと保証します。無料ホームシアター級のエンターテインメント体験を家にいながら、もしくは個別に持っているすぐに使えるスマホの中で、ネット上でエキサイトできるチャンスです。

配信はいつ終わる?
VODの各作品の配信終了日時を詳しく知りたい人も多いと思いますが、全く知ることはできないわけではありません。サービスによりけりですが、その実現は不可能ではないのです。ただ作品ページ内に日時が掲載されていることがありますが、かなり目立たないですし、そもそもこれは予定日であり、必ず正確にそのとおりになるとも限りません。つまり、今日の配信は今日にチェックしないと断定はできないのが結論です。イマジネーション溢れる映像表現の「百日紅 Miss HOKUSAI」を見逃さずに。後悔しないためにも視聴できるときに思いっきり好きなように満足するまで視聴するのが一番思い残すこともない安全策です。

見たい動画をメモしよう
フルムビバースではいくつもの映画鑑賞をサポートする便利機能で補完。そのひとつ「ウォッチリスト」はその名のとおり、ウォッチしたい映画のリストを作れます。これは言葉のとおりなものになっています。なんとなく気になる新作を見かけたのでメモ代わりに…という利用形態でもOK。ウォッチリストに追加したい映画があったら、各記事内の「Favorite」ボタンを押しましょう。これで終わりです。このリストは勝手に他人に見られることはないです。日本伝統の技も光る「百日紅 Miss HOKUSAI」もブックマーク。動画を円滑に整理していち早く視聴するためにもこの機能関連を好きなだけフル活用してみましょう。

解約はすぐできます
VODの解約方法を気にする人もいるでしょう。「百日紅 Miss HOKUSAI」鑑賞完了後に解約もアリ。解約が不安になるのはそういうサービスが他にあるからという背景があります。特定期間中は縛りを設けるようなことはスマホ業界では常態化していました。しかし、VODは安心。いかなるときも好きなように停止できます。解約ページが常に用意されており、パスワードなどで本人確認した後、契約解除がさっぱりです。利用の再開もいつでもできるので、1年のうち3か月だけ使用したいというコンスタントな需要にもお応えすることはできます。これで動画に専念できます。

その動画サイトは使える?
原恵一監督の多彩なアニメーション映画「百日紅 Miss HOKUSAI」を無料で見ないと気が済まないならそれも否定はしませんが、利用する動画サイトは要注意。昔から存在感を密かに持っている「dailymotion」、中国発進の巨大サイトである「Pandora」「Miomio」、動画の重たいファイルデータもやりとりされている「openload」「clipwatching」「mixdrop」。こういうものは検索リンクなどを通して掲載している他サイトのページに行き当たるかもしれませんが、不正な流入になっているのであなたの人生に下手をすれば罪歴がつくことになるかもしれません。無視がベストです。

『百日紅 Miss HOKUSAI』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2020年3月16日時点での『百日紅 Miss HOKUSAI』の動画配信
  • 「TSUTAYA」「ビデオマーケット」「Amazonビデオ」です。

▼『百日紅 Miss HOKUSAI』をさらに知る

江戸風俗研究家で文筆家や漫画家としても活躍した杉浦日向子の漫画代表作「百日紅」を、原恵一監督がアニメーション映画化。浮世絵師・葛飾北斎の娘で、同じく浮世絵師として活躍した女性・お栄が、父・北斎や妹、仲間たちとともに生きた姿を、江戸の町の四季を通して描く。『百日紅 Miss HOKUSAI』の美術監督は大野広司、CGディレクターは遠藤工、撮影監督は田中宏侍。江戸は下町の長屋に暮らす絵師の鉄蔵こと葛飾北斎とその娘、お栄。そして居候の善次郎。3人は書き損じが散らかった部屋を気にも留めず、日夜創作活動に励んでいた。時代はどうであろうとエネルギー溢れる創作に命を懸ける彼らの生き様は変わらない。そんな彼らのもとに鉄蔵のライバル歌川門下で若年ながら頭角を現す国直も出入りするようになる。自分たちにできることは絵のみ。「親父と娘。筆二本、箸四本あればどう転んでも食っていける」と豪語するお栄ではあったが、様々な出会いを通して、なにかと気持ちが揺れ動く難しい時期を迎えていた。

★『百日紅 Miss HOKUSAI』のスタッフ


監督:原恵一
脚本:丸尾みほ
音楽:富貴晴美、辻陽

★『百日紅 Miss HOKUSAI』のキャスト(キャラクター)


杏(お栄)、松重豊(葛飾北斎)、濱田岳(池田善次郎)、高良健吾(歌川国直)、美保純(こと)、清水詩音(お猶)、筒井道隆(岩窪初五郎)、麻生久美子(小夜衣)

★『百日紅 Miss HOKUSAI』の評価

IMDbRTMETA
6.793%??
映画comY!FM
3.3???3.4
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『百日紅 Miss HOKUSAI』の受賞


2015年のアヌシー国際アニメーション映画祭で長編部門・審査員賞を受賞。

★『百日紅 Miss HOKUSAI』の感想

●『百日紅 Miss HOKUSAI』映画無料夢心地
天才絵師、葛飾北斎の娘「お栄」に焦点をあてたストーリー。絵がなかなか好きだったし、お栄のさばさばとした性格がかわいい。絵に憑く幽霊や妖怪なんかもでてきて、当時の文化や絵の背景、絵師それぞれの性格が観れて、いろいろ想像が刺激される。この独自の視点で芸術をとらえて、独創的なタッチとノリで描き切るテクニックはさすが原恵一監督である。日本での評価はイマイチだが、海外評価は非常に高い。やはり海外の方がアニメを見る目がある。
●『百日紅 Miss HOKUSAI』FILMAGA 
「クレヨンしんちゃん」でおなじみの原恵一監督の作品であり、過去作と似たような雰囲気を感じる。子ども向けには作っておらず、大人、とくに芸術の世界に生きてきた人間にこそ響くストーリーだろう。一般的に北斎は知っていても娘(お栄)が絵師として北斎と共に居た事を知っている人は少ない。エンドロールで映される『吉原格子先之図』の作者“葛飾応為”(映画の中では“葛飾酔女”)がお栄の画号である。歴史の影に生まれた女性を垣間見た。
●『百日紅 Miss HOKUSAI』CRUNCHYROLL  
原作は杉浦日向子の漫画。かなり忠実なアニメ化でもあるが、何となくニュアンスが違うのが興味深い。原作の方が、より非モテ女としてのお栄さんの気持ちが出てる。逆に映画では、絵師としての葛飾応為の描写が明確になったのだと思う。そして絵師として、独自の生死感を持っていたことがこの物語の肝。ストーリー性が薄いなどという指摘もあるが、それは物語をセリフではなく絵で語るからであり、観客の絵に対する読解力が問われるのだろう。