トイレのピエタ(2015)

人気ロックバンド「RADWIMPS」の野田洋次郎が初主演

映画『トイレのピエタ』のフル動画を無料視聴する方法を、画面を妨げる広告表示がゼロ状態でわかりやすくレコメンド中です。
今すぐ『トイレのピエタ』を見るなら動画リンクをチェック。

手塚治虫が死の直前までつづっていた病床日記に着想を得たオリジナル作品で、人気ロックバンド「RADWIMPS」の野田洋次郎が映画初出演で初主演を務めた。余命3カ月を宣告された青年が、偶然知り合った少女との交流を通して、生きる喜びや輝きを見出していく姿を描くドラマ。エグゼクティブプロデューサーは吉田剛と江守徹。プロデューサーは小川真司と甘木モリオ。美大を卒業したものの画家への夢に破れ、窓ふきのアルバイトをしながらフリーターとして生活していた青年・園田宏は、ある夏の日、突然倒れて病院に運ばれる。いきなりのことでわからないままに精密検査を受け、その結果を家族と聞かなくてはならないと言われてさらに混乱。宏は郷里の両親に連絡する気になれず、偶然知り合った女子高生の真衣に妹役を演じてもらい、検査結果を聞く。そこで余命3カ月を宣告された宏は、死への漠然とした恐怖におびえながら入院生活を送ることになるが…。

原題:トイレのピエタ / 製作:日本(2015年) / 日本公開:2015年6月6日 / 120分 / 制作:シネバザール / 配給:松竹メディア事業部

『トイレのピエタ』予告編

(C)2015「トイレのピエタ」製作委員会


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】
VOD9【Gyao

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
Hulu ▼Hulu(2週間)
 今すぐ見る ⇒ VOD2
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Netflix ▼Netflix(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る
Gyao ▼Gyao(登録必要なし)
 過去に無料配信
Rakuten ▼Rakuten TV(お試し無し)
 今すぐ見る
FOD ▼FOD(1か月)
 今すぐ見る

▼『トイレのピエタ』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

普及率は爆増中です!
さまざまな葛藤や苦悩を抱きながらひっそりと自分と向き合う人間を描いた作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを上手く使いましょう。アンケート調査によれば6人に1人が使っているというデータもあり、今ではすっかりレンタル店でDVDを借りることは古いスタイルになりつつあります。ネット配信なので忙しい現代人にも適応でき、視聴ツールも自由自在に選び放題です。

「無料」の恩恵にあずかろう!
「私はお金の余裕が…」と思っているなら心配は捨ててください。無料トライアルで特定期間はタダになります。これは初めての利用者にとっての優遇プレゼントであり、一定期間に限って通常の利用料が発生しないものです。そのため動画鑑賞などの使用も自由自在にできます。「無料動画は嬉しいけどデマではないのか?」そういう疑いもやむを得ません。今の世の中ならなおさらです。でも公式上で問題性はないことを保証済みです。これ以上の健全性はないくらいです。

これは危険!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「トイレのピエタ」の再生はダメです。「なんでこんな良いタイミングで再生が停止するんだ」と怒り心頭になった経験もあるかもしれません。英語だらけで判読できないサイトに右往左往して思わぬ詐欺に引っかかることもあり得ます。そうなると動画視聴どころではないです。あなたに最適のスペシャルな選択肢は、100%安心のオフィシャル太鼓判の動画配信サービスをセレクトすること。

あなたの選択は自由!
作品がネットサービス上での配信が始まると、VODでも取り扱いが連動して始まるものです(まれに先行する場合も)。でも、ここで油断はしてはいけません。「登録してみたものの、見たい映画がないのだけど!」というトラブルは困りもの。それはなんとしても防ぎたいです。「トイレのピエタ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。このページはそういう時に真価を発揮します。フルムビバースでは「この作品を取り扱っているVODはこれです」とわかるようにアイコンで表示。しっかり定期的な更新もしているので安心です。全然関係のない余計なサイトばかりたらい回しにされてイライラした経験もあるでしょう。フルムビバースは雑な低品質リーチサイトとは異なります。無料ホームシアター級の豊かな動画視聴を安全快適に満喫できます。いつまでもチャンスがあるとは限りません。忘れないように。

どれで見れるの?
VODで動画視聴する際は再生機器の条件を満たす必要が「トイレのピエタ」でもあります。「やっぱり大画面でしょ?」とその一点に集中突破したいならテレビでの視聴を検討したいところ。その場合は対応TVが必須。パソコンでいいならSafariやChromeなどブラウザで見ることになり、機種メーカーは関係ないです。ブラウザは重たくなると上手く動作しなくなるものです。不必要なタブを閉じたり、使わない拡張機能は停止しましょう。スマホの場合は、アプリのインストールが最も安定していますが、常に最新の更新を適用しましょう。

情報の充実度はピカイチ
フルムビバースの「いいね!」と思わずポチリたくなる利便性として、作品別のVOD配信状況を表示できます。全てはわかりやすくアイコンで整理中。これを自力でひとつひとつ確認しようとすると膨大な時間を浪費してしまいます。1つ2つならまだ我慢できますが、現実的に展開されているVODの数は10を超えるので、実際にやろうとするとそれだけで十数分とかかります。その作業を短縮するだけでも良し。「松永大司」監督作を調べるも良し。レビューの評価得点を参考にするのも良し。感想コメントから期待を膨らますのも良しです。

悪いサイトを追い出すために
海賊版コンテンツを世の中から一掃する方法はありませんが、存在感を低減させて、目立たないようにさせることで黙殺することができます。その対抗策として脚光を浴びる役割を果たせるのもVODです。どんなユーザーでも倫理観や合法性で説教臭く押し付けられるよりもナチュラルに正しいサービスに惹かれる方が火花が散ることがありません。VODは先陣を切ってその役目を担うことが可能なので、子どもから大人まで流布させることが、頑張っている業界の応援にもなるので「トイレのピエタ」合法視聴方法を拡散しましょう。

無料の範囲はどこまで?
「無料」という言葉は魅惑的ですが、でもどこまでが無料なのか。「トイレのピエタ」は? 定額動画配信(SVOD)の場合は、初回登録から一定の期間、全ての配信動画が無料になっています。どれだけ見ようとも問題ないです。シンプルなタイプと言えます。ペイ・パー・ビュー(EST)の場合は、作品コンテンツごとに購入するかどうかを問われるので見放題系とは異なります。これは初回時に貰える一定のポイントを利用することで実質的な無料感覚で楽しめます。当然、ポイントを使いきったら有料購入しないとダメです。

『トイレのピエタ』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2019年10月14日時点での『トイレのピエタ』の動画配信
  • 「U-NEXT」「Hulu」「TSUTAYA」「dTV」「ビデオマーケット」「Netflix」「Amazonビデオ」「Gyao」「Rakuten TV」「FOD」です。

▼『トイレのピエタ』をさらに知る

★スタッフ
監督:松永大司
脚本:松永大司
撮影:池内義浩
音楽:茂野雅道

★キャスト
野田洋次郎、杉咲花、リリー・フランキー、市川紗椰、古舘寛治、岩松了、MEGUMI、佐藤健、森下能幸

★『トイレのピエタ』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
3.5???3.6
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『トイレのピエタ』の感想

●映画無料夢心地
プールのシーンの最後の杉咲花のシーンがとても好き。杉咲花が魚を入れたプールで泳ぐ演出がほんとにきれい。漠然と生きている私たちには得難い生の実感を描いた作品。それは自分をその瞬間に刻み付けたいって激しい欲求。限りある時間の中で、ほんの僅かしか得られない奇跡的なモーメント。喜びは劣化するし、たくさんあっても満たされる事はなく、いつの間にか空虚さに成り代わってしまうけど、一瞬のかけがえない美しさがあるのでした。
●シネマトゥデイ 
病気系は苦手、だけどこれは不思議と苦手じゃない。なぜだろう。リアルに虚しく切ない。生きることの苦しさ。死ぬことの苦しさが対照的に表現されている。杉咲花さんの演技が絶妙に光る。さらにエンデングソングの野田洋次郎の詩の内容が、映画ととてもマッチしていて素敵。生きることも死ぬことも出来ずに人生を過ごしてきた男が、余命を宣告されて、始めて生に向き合おうとする。その先にある人生のきらめきに気づけただけでも幸せかな。
●BILIBILI  
胃癌で亡くなった漫画家 手塚治虫の日記。ラストのページに綴られた最後のアイデアを見事に映画化!「ピエタ」とはキリストの遺体を膝に抱いた聖母マリアのこと。「嘆きの聖母」とも言われているが その表情は敬けんと慈愛に満ちている。RADWIMPSの野田洋次郎、初主演で、監督からオファが来たとき「演技できない」と断り続けたのだが、監督が「演技しなくていい」と言われて引き受けたと言う。確かに自然な存在感が良い味を出していた。