ホビット 竜に奪われた王国

名作ファンタジー「ホビット」3部作の第2部

映画『ホビット 竜に奪われた王国』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! アップデートし続ける動画情報に注目。
今すぐ『ホビット 竜に奪われた王国』を見るなら動画リンクをチェック。

J・R・R・トールキンの不朽の名作を映画化した「ロード・オブ・ザ・リング」3部作の前章となる「ホビット」3部作の第2部。製作総指揮はアラン・ホーン、トビー・エメリッヒ、ケン・カミンズ、キャロリン・ブラックウッド。魔法使いガンダルフやトーリン・オーケンシールド率いる13人のドワーフとともに、かつてのドワーフの王国エレボールを取り戻すため冒険を続けるホビット族の青年ビルボ・バギンズ。その旅路は決して簡単ではないが、仲間の力もあって前に進むことができる。姿を変えることができる獣人ビヨルンや、恐ろしい巨大な蜘蛛の群れにも遭遇しながらも、やがて目指す「はぐれ山」へとたどり着くが…。

原題:The Hobbit: The Desolation of Smaug / 製作:アメリカ(2013年) / 日本公開:2014年2月28日 / 161分 / 制作:New Line Cinema / 配給:ワーナー・ブラザース / 製作費:2億1700万ドル / 興行収入:9億5800万ドル / 前作:『ホビット 思いがけない冒険』 / 次作:『ホビット 決戦のゆくえ』

映画『ホビット 竜に奪われた王国』予告編

(C)2013 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『ホビット 竜に奪われた王国』の無料動画を見る方法

世界レベルで圧倒的な人気を誇る作品はそれだけの魅力がキャラクターや世界観に詰まっている証拠です。そんなファンタジックな映画をフル動画で観るなら、動画配信サービスを駆使しましょう。これはネット配信なのでシリーズものに強いです。レンタル店でDVDを借りるときは、ひとつひとつ探すのは大変。ウェブサイトにアクセスするだけで動画を観れるこのサービスならば、一気見することができ、何も苦労して作品を探索する必要はありません。

さらなる笑顔情報も。関心を持った人の心をグサッと射止めるサービス精神の矢…それが無料体験特典なのです。初めてのウェルカム・デイである登録日はぜひ覚えてほしいところであり、ここから設定された一定期間の範囲に限り、無料お試しを全身で体験できる最高エンタメタイムが待ち受けています。「新作を見たいのだけど、それはさすがに無理かな…」いいえ、諦めるのは早いです。ポイントでの購入タイプのサービスは準新作もすぐに見れますし、最近は劇場公開からネット配信の間隔も短くなってきました。

不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。ある専門家はこうも言っています。「違法サイトは動画をタダで見せてくれる親切なところではない。それを釣り餌にして相手の油断を誘う偽善者だ」と。出回っている所在不明な動画コンテンツは必ず何かの危険をともなうので関わらないようにしましょう。どんなにあなたがインターネットのスキルや経験に長けていても、防げないものはとことんどうしようもないのでご注意を。

数か月前の公開映画から数年前、十数年前と、その範囲は自由自在な新旧ハイブリット・ラインナップがあなたを待っています。ところが、避けることのできない障害物として道を塞いでいるのが、VODの配信流動性の問題。日に日に変化していく配信作品を個別確認するのは目が疲れます。「ホビット 竜に奪われた王国」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。人生はやることでいっぱい。一日のタイムスケジュールがギッシリの中、少しでも時間の節約をしたい人は、このページで配信VODの確認を短時間で済ますことができます。サイトを粗探しするよりもはるかに楽です。YouTubeは無料動画ですが、品質の低いものが雑多に混じっています。フルムビバースは不純物なしの優良動画のみをセレクトしています。イントロダクションとして最初の一歩に使うための情報なので、あとはここから足掛かりに無料視聴で映画バケーションをエンジョイしてください。

外国の映画を見るうえでの、こだわりポイントになるのが「字幕or吹替」論争。「字幕だったら本来の俳優のセリフも聞けるし、残念な吹替リスクがないので、一番安定している!」「いや、吹替は独自の面白さがあるし、字幕は目で追いかけるのが大変で、字幕だって変な翻訳になっていることもあるから」そんな議論が盛り上がるものです。VODは双方を選択可能な作品も存在するので、DVDやブルーレイ派の人でも同様の体験ができてフレッシュな「ホビット 竜に奪われた王国」の面白さの発見につながるかもしれません。

自分のお気に入り作品をリストアップしてまとめてみたいなら、フルムビバースの「ウォッチリスト」を活用しましょう。各作品ページの「Favorite」ボタンで気軽に専用リストに追加できます。そのボタンを再度使えばリストからすぐ外せるので、どんどん追加していきましょう。この機能はブラウザのCookie(クッキー)に基づいているので当サイト内で個人情報を保存したりしていません。なので完全プライベート。「ホビット 竜に奪われた王国」もブックマーク。動画を円滑に整理していち早く視聴するためにもこの機能をフル活用してみましょう。

『ホビット 竜に奪われた王国』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『ホビット 竜に奪われた王国』をさらに知る

★スタッフ
監督:ピーター・ジャクソン
脚本:フラン・ウォルシュ、フィリッパ・ボウエン、ピーター・ジャクソン、ギレルモ・デル・トロ
撮影:アンドリュー・レスニー
音楽:ハワード・ショア

★キャスト
イアン・マッケラン、マーティン・フリーマン、リチャード・アーミテージ、ベネディクト・カンバーバッチ、エバンジェリン・リリー、リー・ペイス

★『ホビット 竜に奪われた王国』の評価

IMDbRTMETA
7.874%??
映画comY!FM
3.9???3.8
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『ホビット 竜に奪われた王国』の感想

●シネマトゥデイ  
賛否分かれるみたいですが、自分はロードオブザリングを含めシリーズ最高の出来栄えだと思いました。やはりピーター・ジャクソンの手腕はお見事。本家よりも冒険感や、アトラクション感が強くて個人的にはこっちが好きかな。あとは空間の広さ・高低差、人物(怪物)の大きさ・小ささなどを見事に表現するカメラワークが逸品です。ラストも「ここで終わるのっ!」って感じで当時はヤキモキしたのを覚えてます。絶対に次が見たくなるよね。
●ユナイテッドシネマ 
第一部よりだいぶもたついている印象だが、できるだけ長くこの世界に浸っていたい身としては全然気にならない。ファンのための映画である。指輪の魔力というのが一瞬垣間見えるシーンがとても印象的で、映像の見せ方も上手い。主人公も素晴らしく、ビルボは普段はドワーフたちのために自らの危険も顧みず敵に向かっていくところがあるんですが、決してヒーロー的な描かれ方でなく、彼自身の持っている気質として描かれているのがGOOD。
●109シネマズ 
「ホビット」の2作目も良かった。気に入っているシーンはビルボが小蜘蛛を倒すところ。徐々に指輪に魅了され小蜘蛛を滅多刺しにする場面はまさに狂気をはらんでいた。エルフはたくさん出てきたし人間も出てきたしゴブリンも出てきたし「思いがけない冒険」よりもテンションが上がるポイントが多いのが嬉しくて! 前作から何年も経っているのに、不老不死のエルフを見事にオーランドブルームが演じているのは本当に感動しました。