さらば あぶない刑事

泣くなよ絶対。とびきりハデにいくぜ

映画『さらば あぶない刑事』のフル動画を無料視聴する便利な方法をレコメンドしています! アンテナサイトのリンクは全く無いです。
今すぐ『さらば あぶない刑事』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:さらば あぶない刑事 / 日本(2016年) / 日本公開:2016年1月30日 / 118分 / 制作:セントラル・アーツ / 配給:東映 / 前作:『まだまだあぶない刑事』

「さらば あぶない刑事」予告編

(C)2016「さらば あぶない刑事」製作委員会


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】高画質
VOD2【Hulu】一時停止可
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
Hulu ▼Hulu(2週間)
 今すぐ見る ⇒ VOD2
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る
Rakuten ▼Rakuten TV(お試し無し)
 今すぐ見る

▼『さらば あぶない刑事』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

盛り上がっていこう!
世代を超えて末永く愛されている作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを上手く活用しましょう。シリーズものに強いのが特徴で、ネット配信はレンタル店でDVDを借りるよりも簡単に作品を揃えることができます。一気見するのも楽しく、スマホで途中まで見てから、家に帰ってからパソコンやテレビで見るというスタイルもできます。自由自在に好きなように楽しめるのもメリットです。

「無料」の恩恵にあずかろう!
「お金がキツイ…」とオロオロしているならば、不安解決。無料のサービストライアルは財布の味方で、安寧が手に入ります。初心者というターゲットに限定されていますが、基本はみんなに舞い込んでくるチャンスなので、これを知らずにスルーしてしまうのはあまりにもお得な機会を損しているだけです。「フル動画ではないなら興味はないけど」「全部を観れるということは最低条件になってくるのだがOK?」という疑念も大丈夫だと断言できます。配信されている動画はフルサイズなのでカットもなく、最初から最後のクレジットまで全部を堪能。お試しといえどもそこは抜かりありません。「さらば あぶない刑事」もアリ。

事情があってもそれは危険!
違法な動画サイト等には理解を積み重ねてもじゅうぶんに気を付けてください。それで「さらば あぶない刑事」の再生はダメです。怖い話は山ほどありますが、フィッシング詐欺サイトへの誘導を目的とした手口にも使われており、迂闊に個人情報を入力するなどは絶対にしてはいけません。何かしらの通販サイトを装うものもあるので、表向きは普通そうに見えていきなり最悪になるので、それが正式に存在するサイトか確認しないと地獄を見ます。広告排除機能を用いてもこの手の動画サイトには通用せず、再生中に差し込まれるアドへのブロッカーにはなりません。

これに決めた!
「配信ムービーを見物しているだけで、とにかく生で見たい欲がヒートアップ!」だったら解放しましょう。今日の配信を見て「視聴するぞ~」と意気込んでうっかり明日にすると「あれがない!」というパターンも。動画鑑賞可能かは衣替え以上の頻度で毎月毎週変わるのです。「さらば あぶない刑事」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。VODでの配信の有無を確認するのはひとつだけならすぐ済みます。でもそれが複数サービスで横断するとなるとちょっとやそっとでは整理整頓ができなくなるので、ややこしさが数倍に幾重にもアップします。そこでこのページを補足に活用していきましょう。構成の似通ったサイトはあっても、たいていは特定VODだけをゴリ推ししているばかりです。本来は対等な紹介が望まれます。お望みの無料動画にタッチできるかは今のタイミングしだいです。明日、明後日の配信を保証はできないので、関心を持ったときが使いどきです。

お試し無料はいつまで?
お試し無料期間についてはサービスによってタイムの扱われ方が違っているので気をつけましょう。例えば、あるサービスでは登録日から1か月という設定だったりしますが、別のタイプでは登録月の月末で完了してしまうサービスもあります。つまり、後者の場合は月末に近い日にお試し登録すると無料期間が非常に少なくなって「舘ひろし」を雑に流してしまいかねないのです。要するに何か無駄にしたくないのならばあなたは考えるべきです。自分の本当に見たい作品を。どの動画を見たいのかを。まずは見てみたい作品を上位10作くらい挙げてみましょう。

どれで見れるの?
VODで動画視聴する際はそれぞれの要件となってくる再生機器の条件を満たす必要が「さらば あぶない刑事」でもあります。DVDと同等にテレビ鑑賞もできますが、その際はネット環境は必須。ご家庭のテレビがネット接続済みか、そしてコンテンツ対応済みか、要確認です。PCならばブラウザで気軽に再生できるので特別な条件はなし。たぶん誰でも使っているものならば対応しているはずです。ChromeでもIEでもOKです。ブラウザは必ず最新バージョンに更新しておくと不具合やセキュリティリスクもなくて快適な再生ができます。スマホの場合は、アプリのインストールが最も安定していますが、常に最新の更新を適用しましょう。

邪魔な広告は無し!
広告で良い気分になることはまずないでしょうが、それがことさらに悪質で価値ゼロだと本当に吐き気もして罵詈雑言を浴びせたくなります。サイト経営の資金源に必要なのはわかっていても不愉快な実態は許せるものではありません。広告安全ルールを徹底しているフルムビバースは厳しい審査を独自にしているのでご安心を。「さらば あぶない刑事」視聴を妨げません。問題視されて業界事業者が「良くない」として排除している広告というものがあります。それはしっかりと有害性が確認が取れているものでもあるのです。どれもユーザーエクスペリエンスを減退し、満足度を損傷させるものばかりであり、本サイトでもそんな広告とは関わりを断っています。

動画はフルの方がいい
初めて見る映画の場合、その動画がフルかどうかを判断するのは難しいです。全容を知らないのですから。さりげなく編集カットされていても自覚できないこともあります。だからこそテレビ放映などで映画を観ても、表面上の信用性では評価もできずに、それがフルだと勘違いしている人も発生します(スペシャル版なんて表記で中途半端に誤魔化されたりも)。VODは完全な動画をお約束でき、本来の欠落のない映像を隅々まで堪能できるので、満腹になるでしょう。「さらば あぶない刑事」をフル視聴(full)できるという意味では、テレビメディアが独自の立ち位置にあるのはわかりますが、それと比べてもVODの方が優れているのは明らかです。

『さらば あぶない刑事』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2019年12月3日時点での『さらば あぶない刑事』の動画配信
  • 「U-NEXT」「Hulu」「TSUTAYA」「ビデオマーケット」「Amazonビデオ」「Rakuten TV」です。

▼『さらば あぶない刑事』をさらに知る

1986年のテレビドラマ第1作以来、長らく愛され続けている「あぶない刑事(デカ)」の劇場版第7作。2005年の前作「まだまだあぶない刑事」以来およそ10年ぶりに製作された新作で、定年退職まであと5日となったタカ&ユージが、凶悪な中南米マフィアとの戦いに立ち向かう姿が描かれる。エグゼクティブプロデューサーは門屋大輔、プロデューサーは畠山直人と佐藤現。横浜港署捜査課刑事のタカこと鷹山敏樹とユージこと大下勇次は、定年退職を5日後に控えていたが、全く遠慮もなく衰える気配もない。2人だけでブラックマーケットを襲撃するなど、まだまだ暴れ放題。そんな中、2人が追っていた新興ヤクザ幹部の伊能が惨殺死体となって発見される。それはヤバい事件の匂い。各国マフィアが入り乱れるブラックマーケットを仕切っていた伊能が殺されたことで、危うく保たれていたマフィアたちの均衡は崩壊しはじめ、それだけでも危険極まりないのに、そこへ中南米の凶悪な犯罪組織BOBが横浜に進出してくる。

★スタッフ
監督:村川透
脚本:柏原寛司
撮影:仙元誠三
音楽:安部潤

★キャスト(キャラクター)
舘ひろし(鷹山敏樹)、柴田恭兵(大下勇次)、浅野温子(真山薫)、仲村トオル(町田透)、吉川晃司(キョウイチ・ガルシア)、菜々緒(浜辺夏海)、木の実ナナ(松村優子)、小林稔侍(深町新三)、ベンガル(田中文男)、山西道広(吉井浩一)、伊藤洋三郎(岸本猛)、長谷部香苗(山路瞳)、夕輝壽太(ディーノ・カトウ)、吉沢亮(川澄和則)、入江甚儀(石黒達也)、片桐竜次(奥西)、海一生(竹田敬三)、衣笠拳次(谷村進)

★『さらば あぶない刑事』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
3.6???3.4
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『さらば あぶない刑事』の感想
・宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●FILMAGA 
最後のあぶ刑事シリーズ。このノリで2016年に映画が作れること自体がひとつの奇跡ではないかとさえ思う。昭和っぽさと呼んでいいのか、いい感じに気の抜けた、それはないだろみたいな展開や行動の数々。それがもうたまらなく、魅惑的で。日本には昔のあのとりあえず面白ければいいや精神のクリエイティブ根性がまだ残っているのかと。こういう邦画を作れる以上は、まだまだ日本の映画業界は安泰です。どういう意味で無事なのかは保証できないが。
●BILIBILI 
おじさんの魅力バリバリ。古臭くてもいい。ダサくてもいい。時代遅れでもいい。俺は俺のやり方を通す。それがクールでしびれる。舘ひろしと柴田恭兵のシニアバッドボーイズ。いや、バッドオッサンズ。ストーリーはシリアスな感じですが、タカとユージの掛け合いなどあぶない刑事特有のノリは健在で面白いです。ご安心ください。あまり真面目に彼らに付き合わないであげてください。どうしようもないバカ友達みたいな関係性でいいですから。