マジカル・ガール(2014)

魔法少女を題材にした異色のスペイン映画

映画『マジカル・ガール』のフル動画を無料視聴する方法をバラエティ揃えてレコメンドしています! リンクが多すぎて混乱したりはしません。
今すぐ『マジカル・ガール』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Magical Girl(「マジカルガール」) / スペイン(2014年) / 日本公開:2016年3月12日 / 127分 / 制作:アキ・イ・アリ・フィルムズ / 配給:ビターズ・エンド

映画『マジカル・ガール』予告編

Una produccion de Aqui y Alli Films, Espana. Todos los derechos reservados (C)


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】安定再生
VOD2【Hulu】動画中無広告
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 ⇒ VOD3
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)

▼『マジカル・ガール』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

シェアは信頼の証!
独自の設定で観客を驚かせ、大胆な展開でアッと言わせるそんなサプライズ満載の映画はそれだけで見ごたえがあります。そうしたセンセーショナルな映画をフル動画でお得に見るなら、動画配信サービスを利用しましょう。レンタル店でDVDを借りるのも良いですが、ネット配信はそれよりもはるかに気軽に視聴できます。ウェブサイトにアクセスして動画をタイトルで探すだけ。店に行くなどの労力は基本は全く必要ないので、すぐに見れます。

「無料」の恩恵にあずかろう!
「お金がかかる…」とためらうことはありません。無料トライアルで一定期間はタダになるので財布に優しいです。アカウント登録を初めてする際に、無料お試しの適用を受けることができます。この際は自分が初回ユーザーであることを確認させることが必要です(クレジットカードなどで判断)。「無料という都合のいいフレーズにイマイチ信用を持てない…」「安易にセールストークを信じるようなものではないし…」その疑いも綺麗にクリアにできるのがVOD。別にわざと大袈裟に言っているわけではなく、本当に無料で試せるのですから偽りなしです。カルロス・ベルムト監督の「マジカル・ガール」もアリ。

ダメサイトはどこにある?
なお、巷に溢れる凶悪な被害を生み出すイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それでホセ・サクリスタン出演の「マジカル・ガール」の鑑賞はダメです。インターネットの怖さを味わっていないなら、それはありがたいことです。なにせ一度被害に遭ってもそう簡単には保証もなく、警察が動くわけでもありません。禁断の自己責任になり、ひたすらに絶望に沈んでしまいます。そうなると自力での解決は極めて困難です。デンジャーアラートなんてものはないので頼れるのはあなたの良識と倫理観のみ。動画を見たい焦りを利用されないように。

いちはやくウォッチ!
ずっとDVDのレンタル開始を待っているのは昔の話。今は新作が配信されたらすぐにパッと確認できるのが普通になりました。百聞は一見に如かずなので試したいのはやまやまなのですが、しかし、その手がピタッと止まってしまう要因になるのがVODのあまりの種類の多さです。選ばないといけません。バルバラ・レニー出演の「マジカル・ガール」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。いつまでも足踏みしていても意味がないです。このページを使って新しい扉を開きましょう。アイコン表示サービスがこの作品を配信するVODです。情報は今の時点ではないですが、役に立つのは確か。情報は更新してこそ意味があります。ずっと掲載内容が変わらない、一発屋な雑サイトからは卒業して、コチラに入学を。VODヴァージンはこれで卒業しましょう。提案されているアイコンの中に未体験のサービスを発見できれば儲けもの。絶対に忘れないでください。映画といつでも一緒の人生が始まります。

試写も良いけど…
試写会に行ったことのある人はどれくらいいるでしょうか。映画好きなら結構な頻度で言っている人もいるかもしれません。でも結局は抽選なので運の問題。そんな風に諦めていませんか。それはちょっと惜しいことをしています。オンライン鑑賞も可能な場合もあるので意外に手軽です。映画配給会社のサイトを確認してみるとアナウンスがあるかもしれません。遠くの映画館には行けないという人こそネットは良いです。もちろんレビュー試写なら感想をコメントする必要があるのですが。タダで動画を見ているのですからそれくらいはしないとダメです。

情報の充実度はピカイチ
フルムビバースの「これ、使える!」と嬉しくなる機能として、VODごとに配信作品を表示することができます。対応している種類も他にはないバラエティ。紹介している動画サービスは当然全て合法的なサイトです。「このタイプの映画をもっと見たいな」そんな要望に対応可能なカテゴライズされたジャンル分けもあります。そこから気になる映画をチョイスして、予告動画を見てから視聴を決めるのも良し。「カルロス・ベルムト」監督作を調べるも良し。レビューの評価得点を自分の価値観を補強するために参考にするのも良し。感想コメントからこれまで以上に期待を膨らますのも良しです。

無料動画サイトとの違い
一般的な手を出しやすい動画サイトは確かに便利で何よりもすぐにアクセスできるというご近所コンビニ感覚があります。しかし、課題は山積みで、それに妥協しながらの利用となっていました。例えば、嫌ほど経験しているでしょうが、低品質で中身のないコンテンツが溢れかえっている状態です。誰でもアップロードできるのですからこうなるのも自然的。視聴しないと判断できないのも面倒です。VODはそうなることなく、なによりも信頼できる運営による動画提供なので気に悩むことなし。ルイス・ベルメホ出演の「マジカル・ガール」に最適の優良動画のみのプライベートな映画意欲にフィットするサービスなのです。

その動画サイトは使える?
強烈なユニークさで話題騒然となった「マジカル・ガール」を見る無料方法を調べたことはありますか(もしかしたらそれでこのページにたどり着いたかもしれません)。「Pandora」「Miomio」「BiliBili」に代表される巨大サイト、「dailymotion」のような旧サイト、「vidia」「cloudvideo」「openload」「clipwatching」「mixdrop」とずっと消えては新しく生まれるクローンサイト。それらを手段として検討しているならただちに頭から除去しておきましょう。強引な強制はしたくはないですが、確実に被害を受けるだけです。それらは悪質業者と癒着している裏があることも多いです。

『マジカル・ガール』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2020年1月22日時点での『マジカル・ガール』の動画配信
  • 「U-NEXT」「TSUTAYA」「ビデオマーケット」「Amazonビデオ」です。

▼『マジカル・ガール』をさらに知る

日本の魔法少女アニメにあこがれる少女とその家族がたどる、思いがけない運命を描いたスペイン映画。独創的なストーリーや全編を貫くブラックユーモアが話題を集め、スペインのサン・セバスチャン国際映画祭でグランプリと観客賞を受賞するなど、高い評価を獲得した。運命は残酷に人を惑わせ、終わりへと導く。白血病で余命わずかな少女アリシアは、日本のアニメ「魔法少女ユキコ」の大ファン。ユキコのコスチュームを着て踊りたいというアリシアの夢は、その余命から叶いそうにもなかった。家は貧乏でお金もない。失業中の父ルイスは高額なコスチュームを手に入れようと決意するが、持っているお金では足りず、ギリギリに追い詰められたことで一線を超えるしかなくなる。しかし、そんなルイスの行動が、最悪の始まりとなった。心に闇を抱えた女性バルバラやワケありな元教師ダミアンらを巻き込み、殺戮を伴う危険極まりない事態へと発展し、思わぬ方向へと転じていく。

★スタッフ
監督:カルロス・ベルムト
脚本:カルロス・ベルムト
撮影:サンティアゴ・ラカハ

★キャスト
ホセ・サクリスタン、バルバラ・レニー、ルイス・ベルメホ、ルシア・ポシャン

★雑学(トリビア)
・長山洋子のデビュー曲「春はSA・RA・SA・RA」が使われている。
・監督は日本に良く訪れており、日本のアニメにも詳しく、本作も「美少女戦士セーラームーン」や「魔法少女まどか☆マギカ」の影響を受けているという。

★『マジカル・ガール』の評価

IMDbRTMETA
7.3100%??
映画comY!FM
3.5???3.7
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『マジカル・ガール』の感想
・宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●園子温(映画監督) 
冷たくて、理知的で、こんな映画観たことない!オリジナルな脚本が素晴らしく、意外性の連続に、やられた!皮肉の効いたタイトルも最高!
●小島秀夫(ゲームデザイナー)
タイトルに騙されるな。こんなにも先が読めない映画は珍しい。タランティーノ的天才オタク監督、カルロス・ベルムトこそが“魔法使い”に違いない。
●無料ホームシアター 
ここまで予測不能なストーリーだなんて、考えた人は天才じゃないか。まずこの映画には本当に魔法少女がでてきてファンタジーに戦うわけではありません。あくまで魔法少女のコスチュームが欲しい、余命わずかな少女のお話です。でも、展開がちょっと最近のダークな魔法少女系アニメにありがちなことになっていくのが重要。お金がないなか、バカ高いコスチュームをどうやって手に入れるか苦心する父。そして手を染めてしまった行動とは…。
●ユナイテッドシネマ 
個性的すぎてめまいがするような作品デザイン。しっかりリアルな社会の中で起こっている物語なのに、なぜかこれは本当に魔法少女の物語に重なっているのではと錯覚させるミスリード。日本語全開の挿入歌に、日本人観客は余計に「一体、今、何を見ているのか」という困惑状態に陥るトラップ。そして、唐突に襲ってくるバイオレンスと復讐の連鎖の果ての地獄。最後に見せる魔法の代償。全てが完璧に噛み合っていくシナリオに感服しました。