コクリコ坂から(2011)

宮崎吾朗監督・宮崎駿脚本のタッグで贈るラブストーリー

映画『コクリコ坂から』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 動画を見た後は作品をさらに深掘り。
今すぐ『コクリコ坂から』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:コクリコ坂から / 日本(2011年) / 日本公開:2011年7月16日 / 91分 / 制作:スタジオジブリ / 配給:東宝 / 製作費: / 興行収入:44.6億円

(C)2011 高橋千鶴・佐山哲郎・GNDHDDT

動画
▼『コクリコ坂から』の動画リンク▼

VOD1【×】

VOD2【×】

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

【×】

【×】

[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコンで視聴可能性大。

▼『コクリコ坂から』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

豊かなアニメを楽しむ!
時代とともに大きな変化を迎える社会で懸命に生きる人間模様をアニメーションで描いた作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを利用できないか確かめてみましょう。レンタル店でDVDを借りるのも便利ですが、パッケージディスクを手にしてしまったあとにネット配信に気づくとがっかりです。事前にしっかり下調べをすることで意味もなく店に行く手間をカットできるかもしれません。

「無料」の恩恵にあずかろう!
「私は他にも購入したいものがあるのです」そんな躊躇も無料トライアルでしばし忘れることができて、自分の財布に親切です。無駄な出費を抑えたい、登録した後に失望したくない。そんな人に最適であり、お金を請求される前に一定の期間、自由にいろいろな機能を試験利用できるというものです。「好きなように無料で解約はできますか?」当然、可能です。退会するときに不必要な支払いが要求されることはありません。解約料のようなものはなく、その場ですぐにアカウント削除できます。

これは危険!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「コクリコ坂から」の再生はダメです。危険性判定のためにそうしたサイトの一部を選出してセキュリティ対策システムでスキャンしてみると「不正プログラムの検出」が容易にできます。つまり、それくらいナチュラルに恐ろしい罠が潜んでいるということであり、足を踏み入れたら最後、怪我では済みません。怖い体験をしてからでは修復は不可能になりますから、最初から安心の空間に身を投じていくのが賢い選択です。

あなたの選択は自由!
あなたのスマホやパソコンが映画館になる日は近いです。デジタル配信の幕開けがそのエンタメVOD劇場の開演になります。しかし、少し一考を。月に叢雲、花に風。予想外の邪魔な落とし穴があるかも。それが今の配信状況のチェックです。これをスルーすると登録の意味すらもない事態に。「コクリコ坂から」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。「やりたいことがいっぱいあるから1日の時間を無駄にしたくない」その時間節約派のあなたの役に立つこのページ。ひとめ見るだけで配信中の(可能性の高い)VODがアイコンリストで判明します。動画リンクがもしかしたらダミーで実はフィッシングサイト詐欺だったら…という不安もフルムビバースには必要ありません。安全オンリーです。なお、最終的な配信状況は登録直前に公式上の動画サイト内で目視確認するのが最善の策なので忘れずにコンタクトしましょう。

支払い方法は?
VODを継続的に利用する際の料金の支払い方ですが、「コクリコ坂から」を見たい気持ちをまずは抑え、原則的にクレジットカードの登録が大前提。たくさん存在するクレカのどれが最適なのかと気になる人もいるかもしれません。正直なところ、どの会社のカードも同じです。まだ持っていない人なら、審査が比較的簡単で、容易に入手できるものが良いでしょう。申し込みから数日程度で手に入るので、そこまで長く待つこともないはずです。一度登録した後に別のクレカに変更することもできるので、深く悩まなくてもOKです。

配信はいつ終わる?
どんなに名残惜しい気持ちになっても作品配信が終了するタイミングはいつか来てしまいます。その終わりの日時は事前アナウンスされていることも多く、唐突な消失は避けられるので、当サイト内の専用まとめページも参照してください。「この映画は絶対に見たいな」という目星をつけて見逃しを抑えることが可能です。ただし、配信延長の場合もあるので、結局は予測不可能な部分も多いのですが。「コクリコ坂から」を見逃さずに。後悔しないためにも視聴できるときに視聴するのが一番思い残すこともない安全策です。

無料の範囲はどこまで?
「無料」という言葉は魅惑的ですが、でもどこまでが無料なのか。「コクリコ坂から」は? 見放題系の話題はそこまで複雑なので気にせずにOK。配信の事実を確認出来れば大丈夫です。そうではない、単体レンタルしていく場合は作品を扱っていても好きなように無料で見られるとは限りません。たいていはポイントが毎月貰えます。それが1000ポイントで、1作品が300ポイントであれば3作品は無料ということです。この範囲に収めるためにユーザーはじっくり吟味しないといけません。それ以上観たいときは有料加入になるしかないです。

海賊版サイトは無料ではありません
違法であることを何一つ悪びれてもいないサイト(通称「海賊版コンテンツ」)は無料であるかのように看板を掲げていますが、ボランティアでそんなことをするはずもありません。狙いはあなたの個人情報とそれを広告に転用することです。不正使用者は逆に不正悪用されてしまうという、恐怖の暗黒です。「コクリコ坂から」が無料で視聴可能というビジュアル錯覚をしてしまってもその感覚はすぐさまデリートしてください。被害を受けるまで秒読み段階に入ってしまいます。無料お試しを使うほうが良いに決まっているので、利用サイトを勘違いしないように。

『コクリコ坂から』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『コクリコ坂から』をさらに知る

「なかよし」(講談社刊)に連載された高橋千鶴・佐山哲郎による少女漫画をスタジオジブリが映画化。宮崎駿が企画・脚本、『ゲド戦記』の宮崎吾朗が同作以来5年ぶりに手がける監督第2作。『コクリコ坂から』のプロデューサーは鈴木敏夫、製作は星野康二。1963年の横浜、港の見える丘にあるコクリコ荘に暮らす16歳の少女・海は毎朝、やっていることがあった。それは日課で、船乗りの父に教わった信号旗を海に向かって揚げていた。いつものように賑やかな街。ある日、海は高校の文化部部室の建物、通称「カルチェラタン」の取り壊しに反対する学生たちの血気盛んな運動に巻き込まれてしまう。それだけでなく運命的な出会いを果たす。そこで1学年上の新聞部の少年・俊と出会ったことで、何かが動き出す。2人は互いに会話し、徐々にひかれあっていくが…。

★『コクリコ坂から』のスタッフ


監督:宮崎吾朗
脚本:宮崎駿、丹羽圭子
音楽:武部聡志
主題歌:手嶌葵

★『コクリコ坂から』のキャスト


長澤まさみ、岡田准一、竹下景子、白石晴香、石田ゆり子、小林翼、柊瑠美、風吹ジュン、内藤剛志、大森南朋、風間俊介、香川照之、手嶌葵、冠野智美、桝太一、藤巻直哉、伊藤綾子、村山喜彦、菅谷大介、藤田大介、増岡裕子、蟹江一平、石田圭祐、金沢映子

★『コクリコ坂から』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
3.3???3.5
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『コクリコ坂から』の受賞


第35回日本アカデミー賞でアニメーション作品賞を受賞。

★『コクリコ坂から』の感想

●『コクリコ坂から』映画無料夢心地
意外にもジブリシリーズの中で最も楽しく観れた作品。生き生きとした学生等を見ていると自分も若返った気持ちになれる。カルチェラタンの魅力に尽きるでしょうね。この時代の情熱は創作性に近いものがあって、ゆえにジブリ的なストーリーと相性がいいのでしょう。また、ロマンスも個人的には気に入っています。二人乗りやコロッケやふとした瞬間の二人の視線が素敵で、これほど繊細で健気な恋愛を丁寧に描いたのはジブリの中でも珍しいです。
●『コクリコ坂から』BILIBILI 
朝ドラ的なさわやかなストーリーです。宮崎吾郎もこの作品制作時は父の宮崎駿との絶交状態が解消され、一応それなりに気まずくはありますが協力してアニメーション制作にあたっていたようですね。ただし、やはり父の才能は偉大で、作品の方向性に悩んでいた時期にその打開の一手を開いたのは宮崎駿だったことがメイキングでわかります。そんな作品を作る側の二人の方が、作品内の二人の初々しい関係よりもハラハラするのは気のせいでしょうか。
●『コクリコ坂から』CRUNCHYROLL  
戦争後の質素な生活の中から小さな幸せを紡いでいくような映画。戦争の被害を受けながらも強く明るく生きていく登場人物たちに胸を打たれること間違いなし。舞台は1963年の横浜、桜木町の近くであることが説明的でなく、絵によって表されていく。膨大な資料を調べて時代考証をしたことがよく分かる。バックグラウンドに朝鮮戦争や広島などの戦時要素も盛り込んで、世界観構築能力はお見事。この時代を経験していなくてもノスタルジックになれる。