風立ちぬ(2013)

宮崎駿監督の人生論が込められた執念の一作

映画『風立ちぬ』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 紹介サイトは他よりも充実しています。
今すぐ『風立ちぬ』を見るなら動画リンクをチェック。

宮崎駿監督による、ゼロ戦設計者として知られる堀越二郎と同時代に生きた文学者・堀辰雄の人生をモデルに生み出された主人公の青年技師・二郎が、関東大震災や経済不況に見舞われ、やがて戦争へと突入していく1920年代という時代にいかに生きたか、その半生を描く長編アニメーション映画。プロデューサーは鈴木敏夫、製作担当は奥田誠治、福山亮一、藤巻直哉。宮崎監督が模型雑誌「月刊モデルグラフィックス」で連載していた漫画が原作。夢は追いかけ続けることに意味がある。幼い頃から空にあこがれを抱いて育った学生・堀越二郎は、震災の混乱の中で、少女・菜穂子と運命な出会いを果たす。やがて飛行機設計技師として就職し、その才能を買われた二郎は、さらなる飛躍のために世界へ足を伸ばす。同期の本庄らとともに技術視察でドイツや西洋諸国をまわり、見聞を広めていく。そしてある夏、二郎は避暑休暇で訪れた山のホテルで菜穂子と再会。互いの気持ちを確認し合い、2人は結婚する。菜穂子は病弱で療養所暮らしも長引くが、二郎は愛する人の存在に支えられ、持ち前の才能を生かして、新たな飛行機作りに没頭していく。

原題:風立ちぬ / 製作:日本(2013年) / 日本公開:2013年7月20日 / 126分 / 制作:スタジオジブリ / 配給:東宝

(C)2013 二馬力・GNDHDDTK


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT×】
VOD2【Hulu×】
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【Videopass×】
VOD5【dTV×】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。

▼『風立ちぬ』の無料動画を見る方法

作った人間の魂と人生が詰まった映画はそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを利用できないかじっくり検討してみましょう。レンタル店でDVDを借りてしまった後に、ネット配信に気づいてしまうことも多々あります。そうなるとこれまでの苦労が水の泡のようで虚しくなってしまいます。そういうときこそ事前にしっかり下調べをするべきです。ウェブサイトにアクセスするだけです。

「有料か無料かどっちがいい?」と聞かれたら、誰だってタダがベストに決まっています。お試しでその利権をゲットです。何が起こるかもわかりません。おカネを浪費するのは避けたいところです。安さを求めるのはみすぼらしくないです。そんなあなたが無料お試しを使うというのは最適なチョイスではないでしょうか。「夢心地にさせて、登録でドハマりする落とし穴が…」そんな不信感情はポイしましょう。子どもでもできる簡単作業。ネットに慣れていない人でも容易。複雑な知識も必要ありません。

違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。とくにこの手のサイトでは不正プログラムの実害は個人情報の盗み取りだけで終わりません。過剰な動作で負荷が急激に上がり、ブラウザやパソコン自体が落ちてしまうこともあります。そうなるとせっかくの作業中のデータも吹き飛びますし、大損害です。「わざわざ高い金を払ってセキュリティアプリ入れてるし…」それも大事ですが、このタイプの不正動作は完全プロテクトしづらいです。

まさにタイムリーだった公開から時間もホヤホヤの映画から、劇場スルーの隠れシネマ、さらにはクラシックな作品まで、そのカバーは広域です。ところが、人気がありすぎるのも困りもので、需要の増しているVODは多種多様な企業がサービス展開しており、把握は困難。配信の有無を調べるのも疲れます。「風立ちぬ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。真っ暗な洞窟を手探りで進むのは大変危険なように、VODの洞穴もなかなかのデンジャラス。そこでこのページでは先を照らす松明のように、明るい光で無料動画への足場を示して、迷わないようにさせてあげます。本サイトは「フルムビ」の名のとおり、フルでムービーの情報を完備しています。痒い所に手が届く、他のデータベースにはない情報も密かに掲載中です。サブスクリプション方式がどうしても嫌だという人はディスク購入するしかないですが、DVDもいつかは壊れるものです。

家族でVODを共有することもできるので、個別に面倒くさく登録することは必要ありません。誰か一人でも使っていれば、そのまま一緒に使うことが可能。案外と家族の誰かがもう使い始めているかもしれないので、まずは聞いてみましょう。それならば自分は料金を払わずに無料で済むかもしれません。その際、気がかりなのは上手くシェアできるのかという点。どうしても視聴履歴を他人に見られるのは嫌だということも。でもファミリーアカウント機能はそのあたりの配慮もあるのでリラックスしましょう。

フルムビバースは企業の枠を超えた総合集約的なデータベースなので、細かい情報がズラリと揃っています。主要制作スタッフやキャストの情報がわかるのは当然として、インタビュー抜粋やトリビア、ラジオなどの批評、感想など映画をさらに知り尽くすためのアシスタント・インフォメーションがいっぱい。予告動画を視聴して内容を探ってみるのも良し。レビューサイトの評価判断で参考にしてみるのも良し。「宮崎駿」監督作を調べるも良し。レビューの評価得点を参考にするのも良し。感想コメントから期待を膨らますのも良しです。

『風立ちぬ』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『風立ちぬ』をさらに知る

★スタッフ
監督:宮崎駿
脚本:宮崎駿
音楽:久石譲
主題歌:荒井由実

★キャスト(キャラクター)
庵野秀明(堀越二郎)、瀧本美織(里見菜穂子)、西島秀俊(本庄)、西村雅彦(黒川)、スティーブン・アルパート(カストルプ)、風間杜夫(里見)、竹下景子(二郎の母)、志田未来(堀越加代)、國村隼(服部)、大竹しのぶ(黒川夫人)、野村萬斎(カプローニ)、田村勝彦、関輝雄、大原康裕、吉野正弘、大場泰正、櫻井章喜、石橋徹郎、粟野史浩、佐川和正、斉藤祐一、柳橋朋典、駒井健介、藤崎あかね、渋谷はるか、梅村綾子

★『風立ちぬ』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
3.6???3.6
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『風立ちぬ』の受賞
第37回日本アカデミー賞で優秀アニメーション作品賞、優秀音楽賞を受賞。第86回アカデミー賞で長編アニメーション賞にノミネート。第71回ゴールデングローブ賞で最優秀外国語映画賞にノミネート。

★『風立ちぬ』の感想
・宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●無料ホームシアター 
これが戦後の日本で創作に全てを捧げてきた人間が生み出した渾身の一作なのか。その先から先まであらゆる場面にしみわたるように、作品づくりとは何かという魂のメッセージが込められている。それはとくにクリエイティブに関わる人間にはグサリと心臓部まで突き刺さるような、一撃のインパクトを生み出すはずだ。そして、自分はまだまだ雑巾を最後の一滴まで絞りとるようなことはしていないことを自覚する。ゴールなんて考えてはいけない。
●CRUNCHYROLL 
戦時中、戦闘機の開発に従事した男の話。実在の人物をモデルにしているが、宮崎駿の創作がかなり混じっており、ほぼ宮崎駿監督というアニメーターの人生論と呼んでもいい構成になっています。そのため、これまでの子どもでも楽しめるエンタメ・アドベンチャーな雰囲気は欠片もなく、子どもは絶対に面白くはないでしょう。むしろ、大人にこそ響くという点でも人を選ぶので、そのつもりでの鑑賞が必要です。それでも感動が襲う人もいますが。