エヴェレスト 神々の山嶺

愛と運命に挑む者たちの物語

映画『エヴェレスト 神々の山嶺』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 広告だらけのサイトとはもうオサラバ。
今すぐ『エヴェレスト 神々の山嶺』を見るなら動画リンクをチェック。

第11回柴田錬三郎賞を受賞した夢枕獏による小説「神々の山嶺」を平山秀幸監督のメガホンにより映画化。エグゼクティブプロデューサーは井上伸一郎、平野隆、豊島雅郎。ヒマラヤ山脈を望むネパールの首都カトマンズで、山岳カメラマンの深町誠が発見した1台の古いカメラ。それはただの古臭いカメラではない。そのカメラは、イギリスの登山家ジョージ・マロリーが、1942年6月8日にエベレスト初登頂に成功したのか否かという、登山史上最大の謎を解く可能性を秘めたものだった。その価値はわかるものにはわかる人類の宝。カメラの過去を追う深町は、その過程で、かつて天才クライマーと呼ばれながらも、無謀で他人を顧みないやり方のために距離を置かれてしまい孤立した伝説のアルピニスト・羽生丈二と出会う。深町は羽生の過去を調べるうちに、羽生という男の生きざまにいつしか飲み込まれていく。

原題:エヴェレスト 神々の山嶺 / 製作:日本(2016年) / 日本公開:2016年3月12日 / 122分 / 制作:KADOKAWA、角川大映スタジオ / 配給:東宝、アスミック・エース / 製作費: / 興行収入:12億6000万円

映画『エヴェレスト 神々の山嶺』本編映像

(C)2016「エヴェレスト 神々の山嶺」製作委員会


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。

▼『エヴェレスト 神々の山嶺』の無料動画を見る方法

激動の人生の中で大きな挑戦を成し遂げた人間の生き様を描く作品はそれだけの見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを利用できないか検討してみましょう。レンタル店でDVDを借りるのもいいですが、パッケージディスクを手にしたあとに配信に気づいてしまうこともよくあります。そんな悲しい状況にならないためにもネット配信をウェブサイトにアクセスして確認する作業を怠らないようにしましょう。

「有料でしょう?」と諦め半分で失望するのは早いです。無料お試し可能なインセンティブ施策が用意済み。この世は理不尽なもので、消費税や所得税、年金など、あらゆる負担がのしかかってきます。映画はなるべくお得に観たっていいじゃないですか。お試しはその救済になるものです。「無料であるなら悪い気はしないけど、本当ならいつまで?」と謎に思っているなら、具体的な時間も提示されています。多くは約1か月、短くとも2週間と考えてください。長さは余裕です。

違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。あなたがもしそのようなウェブサイトで動画を観れたとしても、その裏では予期せぬ企みが進んでいます。モニタリングしてみるとわかりますがCPUを大量に消費するプログラムが動作していることが確認でき、当然のようにそれは機器の負荷となって故障の原因にもなります。動画共有サイトなんて代物は動画への注力もたいしてなく、とりあえず動画広告で稼ぐだけの場所なので期待するだけ無駄です。

ジャンルも公開時期も問わないあらゆる映画をミックスさせているこのネット上のレンタル店みたいなVODは最強の存在です。嬉しい悲鳴にはなりますが、VODを展開する会社の数がとにかく豊富。つまり、どれがどれを配信しているのかが状況混雑しすぎているので、整理が一向に全然追い付きません。「エヴェレスト 神々の山嶺」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。難関というほどではないにせよ、苦労のドツボに陥らないためにも、このページに掲載している動画リンクを参照してください。雑多なリンク集ではなく、詳細はアイコンで情報をピックアップ中です。どれだけ他に同様サイトがあれど、ひたすら同じVODを勧めるページばかり。こだわりのフルムビバースは品質と鮮度が違います。配信リストは流動性が高く、毎日の変化が起こるので、申し訳ありませんがこのページが必ず最新であるとは保証できません。ぜひ公式で最終チェックをお願いします。

VODの各作品の配信終了日時を詳しく知りたい人も多いと思いますが、一部のサービスではある程度事前に公表しているので、フルムビバースでも整理して一覧にしています(専用ページを参照)。しかし、全く終了日時を提示していないサービスもあり、また、終了日になっても配信が延長されたりすることも珍しくないので、結局はその日にアクセスして目視で動画確認することが必須です。「エヴェレスト 神々の山嶺」を見逃さずに。後悔しないためにも視聴できるときに視聴するのが一番思い残すこともない安全策です。

フルムビバースでは「ウォッチリスト」機能を使って自分だけのオリジナル作品リストを作成できます。映画の数は無限大でどうしても目移りしてくるものです。あれも観たい。これも観たい。それもいいな。そんな魅惑の作品のオンパレードに心を奪われて忘れてしまう前に、とりあえずリストアップしましょう。「Favorite」をチェックすれば、後々またページにたどり着きたいときに検索しないで済みます。「エヴェレスト 神々の山嶺」もブックマーク。動画を円滑に整理していち早く視聴するためにもこの機能をフル活用してみましょう。

『エヴェレスト 神々の山嶺』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『エヴェレスト 神々の山嶺』をさらに知る

★スタッフ
監督:平山秀幸(関連作品:『太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男』)
脚本:加藤正人
撮影:北信康
音楽:加古隆

★キャスト
岡田准一、阿部寛、尾野真千子、ピエール瀧、甲本雅裕、風間俊介、ツェリン・ロンドゥップ、佐々木蔵之介、山中崇、田中要次

★『エヴェレスト 神々の山嶺』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
2.8???2.8
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『エヴェレスト 神々の山嶺』の感想

●シネマトゥデイ 
山登り映画は普通は安定的で面白い。命綱を自ら切ったり、遺書を遺して山に臨むというのは、死と隣り合わせな自然に立ち向かう姿としてドラマチックで観客の目を楽しませる。今作は実際の本物の山岳で撮影しただけあって、製作陣の本気が見える。しかし、制作スタジオはリアルな環境下での撮影に慣れていない部分もあったのだろう。そこまでそのロケーションが活かされているシーンは乏しいのが残念。そのぶん名優の演技に見とれていこう。
●BILIBILI  
調べてみるとこの作品は、小説版と漫画版が大絶賛されている。これは実際の登山界の謎や、昭和の登山界の英雄を元にしたノンフィクションの要素を含んでいてそれが上手くマッチしているからだろう。ところが映画は映像化による不都合のほうが目立っている。男臭くて熱い演出が多いのだが、どれも観客を置いてけぼりにさせる。今振り返ってみると終盤の展開や台詞は、クサすぎて冷静には見られないだろう。完全なオヤジ映画になっている。
●DAILYMOTION  
なぜ死のリスクを背負ってまで山に登るのか。それは未知なる場所への興味であり、偉業を成し遂げたいという欲望である。そのスピリットは実際に同じ感情にならなくとも、そういうものなのだろうとは察することはできる。ただ、今作はそれがいきすぎて、根性論になっているのが問題だ。「足が動かなくなったら手で行け、それがダメなら歯で、目で」そんな信念も、時と場所を間違えれば、ただの押しつけがましい説教になってしまうのだから。