ローン・サバイバー

想像を絶する戦場の現実

映画『ローン・サバイバー』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 余計なリンク、迷惑な広告はありません。
今すぐ『ローン・サバイバー』を見るなら動画リンクをチェック。

米海軍特殊部隊ネイビーシールズ創設以来最大の惨事と言われた「レッド・ウィング作戦」を、マーク・ウォールバーグ主演、ピーター・バーグ監督で映画化。製作にはピーター・バーグ、サラ・オーブリー、ランドール・エメット、ノートン・ヘリックなどが名を連ねる。極限の状況を生き延び、奇跡の生還を果たした唯一の隊員マーカス・ラトレルが執筆し、全米ベストセラーとなったノンフィクション「アフガン、たった一人の生還」が原作。2005年6月、アフガニスタンの山岳地帯で偵察活動中の4人のシールズ隊員は、あるひとつの決断によって、かなりの絶体絶命に陥る。200人を超すタリバン兵の攻撃にさらされ、猛攻を受ける中で、選択を迫られていく。

原題:Lone Survivor / 製作:アメリカ(2013年) / 日本公開:2014年3月21日 / 121分 / 制作:Emmett/Furla Films / 配給:ポニーキャニオン、東宝東和 / 製作費:4000万ドル / 興行収入:1億5400万ドル

映画『ローン・サバイバー』予告編

(C)2013 Universal Pictures


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】
VOD9【Gyao】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Netflix ▼Netflix(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る
Gyao ▼Gyao(登録必要なし)
 過去に無料配信
Rakuten ▼Rakuten TV(お試し無し)
 今すぐ見る

▼『ローン・サバイバー』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

目がくらむほどの現実の痛みを!
ダイナミックな映像で戦争の悲惨さを描く作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなエネルギッシュな映画をフル動画でお得に見るなら、動画配信サービスを活用しましょう。レンタル店でDVDを借りるのもいいですが、ネット配信はもっとスピーディーに動画を視聴できます。どんどん同じジャンルの映画を連続して鑑賞するのも容易で、映画好きにはぴったり。まだ使っていない人は逆にラッキー。新鮮な体験が目の前に待っています。

「無料」を嫌う人はいない!
加えて、慣れていない初心者にも朗報です。いきなり有料スタートが嫌なら、無料お試しで初めの一歩を踏み出しましょう。マネーロスを最小限に抑える上でもこのビデオオンデマンドは頼もしいパートナーになってくれます。通常の感覚で言えば劇場鑑賞1回分の料金で動画を観まくれるのですから、破格の安さではないでしょうか。「料金もなしに無料で動画を見るって合法的なの?」という当然の問いかけもあるでしょうが、これは公式提供なので自信をもって推奨することができます。動画は手招きしてあなたを呼んでいます。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それで「ローン・サバイバー」の鑑賞はダメです。勘違いされやすいですが、サイトのURLが表示されるブラウザ・バー上に「この接続は保護されています」と第三者に送信情報が見られないことを説明する文章が表示されたものもありますが、これは絶対的な安全性を示す意味は何一つ全くありません。低画質動画なんて使ってもそれで映画を観たことにはならないくらい印象が激減してしまうので、絶対にやめるべきです。

迷ったときは?
ずっとDVDのレンタル開始を待っているのは昔の話。今は新作が配信されたらすぐにパッと確認できるのが普通になりました。「好きこそ物の上手なれ」というべきか動画が見たいなら試さずにはいられませんが、好きの気持ちが爆走する前に配信状況の確認だけはうっかり忘れしないように。「ローン・サバイバー」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。このページをベースにすれば配信VODの面倒な確認作業を大幅にタイムカットできます。表示されているアイコンがあれば配信可能性は高いということです。あとは該当動画リンクをみてみるだけ。凡庸なサイトならば特定のサービスを提示してそれでおしまいという感じですが、こちらでは几帳面に必要な更新を怠っていません。「自分は作品の配信を確認したいだけだから、登録は急ぎたくないのだよな…」そういうことでもOKで、サービス内での検索は未登録でも可能なものも。

字幕・吹替、選択は自由
映画観客を大きく二分することになる「字幕」と「吹き替え」の翻訳スタイル問題ですが、もちろんどれが正しいという真理はないので、そこまで厳密さに気にすることはありません。トランスレーション自体は絶対に正確というのはなく、字数制限の中でさまざまな苦労があるものです。しかし、好みで選ぶうえでも必ず自由度は欲しいです。VODは鑑賞時にセレクトできるので、嗜好に合わせられるでしょう(両方あるかどうかは作品によります)。心がワクワクする「ローン・サバイバー」の面白さの発見につながるかもしれません。

動画再生は快適?
動画再生の安定度は気になる部分ですが、それはサービス側の問題というよりは、ユーザーの通信環境の影響も大きいです。「ローン・サバイバー」の動画を上手く再生できない? だったらまずは真っ先に自分の通信環境を疑いましょう。ノートパソコンを使っていて無線LAN利用者ならルーターに接近すべきです。もしくは有線ケーブルにしてみるとか。それで回復すればやはり通信状態の悪化が原因なので考慮してみるしかないです。無線のチャンネル(詳しくはメーカー説明書を参照)の設定変更で改善したという声もよく聞かれます。

フェアにオススメします
動画情報を「フル」に扱う映画(ムービー)のユニバースを根差すこのサイトは、そのインフォメーション・コンプライアンスも重視。他サイトのように偏りのある紹介はしていません。あらゆるサービスを網羅しつつ、その情報で混乱させないように、ビジュアル・イージーでリコメンドしています。ユーザーの判断が何よりも大事なのでその自由度を尊重し、あなたの動画ライフを援助します。単純に「ローン・サバイバー」の配信の有無だけでなく、適度にマッチングするような、あなただけのディープな出会いを届けていきたいと思います。

ホームシアターのススメ
できれば最高水準の再生環境で映画を観たいですよね? だとしたら何がベストか。超高価格のハイスペックパソコン? 特大サイズのテレビ? いいえ、理想は視野いっぱいのホームシアターです。今や少し値段もお手頃になってきたこの家庭シアターの存在は映画好きでなくとも欲しくなるプライベート空間です。「ローン・サバイバー」も最高級に。この贅沢な環境を実現するには「プロジェクター」と「オーディオセット」、それと「スクリーン」が求められます。もしVODを使い続け、さらなる高みを目指したいなら、ひとつの夢として目標にするのも良いでしょう。

『ローン・サバイバー』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2019年9月30日時点での『ローン・サバイバー』の動画配信
  • 「U-NEXT」「TSUTAYA」「ビデオマーケット」「Netflix」「Amazonビデオ」「Gyao」「Rakuten TV」です。

▼『ローン・サバイバー』をさらに知る

★スタッフ
監督:ピーター・バーグ(関連作品:『バトルシップ』)
脚本:ピーター・バーグ
撮影:トビアス・シュリッスラー
音楽:エクスプロージョンズ・イン・ザ・スカイ、スティーブ・ジャブロンスキー

★キャスト
マーク・ウォールバーグ、テイラー・キッチュ、エミール・ハーシュ、ベン・フォスター、アリ・スリマン、エリック・バナ、アレクサンダー・ルドウィグ、ジェリー・フェレーラ、ユセフ・アザミ、サミー・シーク

★『ローン・サバイバー』の評価

IMDbRTMETA
7.576%??
映画comY!FM
3.8???3.9
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『ローン・サバイバー』の感想
・宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●FILMAGA 
作戦のほんの一つの躓き、判断ミスから最悪の展開に至ってしまう。彼らはこれでもプロフェッショナルだし、任務については真面目に取り組んでいる。なのに、戦場はそんな彼らを嘲笑うかのようにいとも簡単に翻弄する。まるで実際にの戦争はTVゲームのようにはいかないのだと伝えるかのようだ。ピーター・バーグ監督は映像描写についてのリアリティは言うまでもなく凄まじいので、この生々しい現実に猛烈な真実味を与えてくれるのが魅力だ。
●109シネマズ  
「パルトゥーンの掟」は、助けが必要な人は、誰であろうと助ける。マーカスを助けたパルシュトゥーン族に2000年も続く掟。アメリカ人のマーカスを助けることでタリバンから命を狙われることを覚悟してまで、他国の人を助けることはどれだけ勇気がいることか。現に、それ以降約10年間に渡ってその助けた家族はタリバンから狙われていたそうだ。この存在を最後にオチとして見せるあたりといい、本作は単純なアメリカ絶賛映画ではないことがわかる。
●DAILYMOTION 
ネイビーシールズ史上最大の犠牲者を出した作戦ではあるが、これ実は200人のタリバン兵対4人ではなく、実際に戦闘に参加したタリバン兵は10数人だったとの話や、50人以上のタリバン兵を殺害したとの話だが、実際のそのあとの現地調査では死骸は一体も発見できなかったとの話もあり、真実は謎。しかし、そんな真実性よりも映画演出とその語り口の秀逸さに感心してしまう。ピーター・バーグ作品は傷を痛々しく描くのが本当に上手い。