ロボコップ(2014)

大ヒットSFアクション「ロボコップ」を最新映像でリメイク

映画『ロボコップ』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 配信インフォメーションが勢揃い。
今すぐ『ロボコップ』を見るなら動画リンクをチェック。

瀕死の重傷を負った警察官が全身を機械化したロボコップとなって活躍する姿を描いたポール・バーホーベン監督による大ヒットSFアクション『ロボコップ』(1987)を、新たに映画化。製作総指揮はウィリアム・C・カラッロとロジャー・バーンバウム。2028年、巨大企業オムニコープ社がロボット技術を一手ににぎる世界。社会の治安維持はこのロボットの役割も増え始めている。米デトロイトで愛する家族と暮らす勤勉な警察官アレックス・マーフィーは、勤務中に敵の暴力に見舞われ、酷い重傷を負い、オムニコープ社の技術によりロボコップとして第2の人生を生きる新たな命を得る。敵を圧倒する驚異的な力を身に付けたアレックスだったが、そのことから思わぬ事態に直面することとなる。

原題:RoboCop / アメリカ(2014年) / 日本公開:2014年3月14日 / 117分 / 制作:Strike Entertainment / 配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント / 製作費:1億ドル / 興行収入:2億4200万ドル

2014/3/14公開『ロボコップ』予告編

(C)2013 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. and Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved.

動画
▼動画リンク▼

VOD1【U-NEXT

VOD2【Hulu

VOD3【TSUTAYATV

VOD4【-】

VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)

▼『ロボコップ』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

あの名作が蘇ってもOK!
かつての名作を現代版にリメイクした映画は独特の楽しみ方を持つので面白いです。そんなエネルギッシュな映画をフル動画でお得に見るなら、動画配信サービスを利用しましょう。いろいろなサービスがありますが、基本は2パターン。一つは単体作品ごとにレンタルするもので、もうひとつは月額や年額で対象作品が見放題になるもの。どちらも便利ですが使い勝手が違うので、事前にしっかり下調べしておくととくに悩むことなく楽しめます。

「無料」ですよ!タダ!
「お支払いは避けられないし…」でも初回はその限りではないのです。動画も見れる無料お試しが最初の体験を後押しします。例えば最初の1か月は月額の支払いが無くなるというもので、サービスによってその期間は異なりますが、どちらにせよお得度が非常に高く、初心者に優しい親切設計だということです。「視聴できるのがお試し序盤動画のみということは…」そういう動画コンテンツ販売サイトのような出し惜しみはありません。映画はフルではないと意味がないのはみんなわかっています。全動画はフルサイズです。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトは警戒すべきです。それで「ロボコップ」の鑑賞はダメです。「それはあくまでオーバーな言い方であって本当は気をつければいいだけでは?」そんな油断が危うい落とし穴に引き込まれます。カメラが乗っ取られて盗撮されたという事例から、メールアカウント流出で大量情報漏れという事例まで何でも起こりえます。毎年大勢の人が人知れずに大損害を受けているので、聞き流すことなく、マニュアルだと思ってオフィシャル一択にしましょう。

使うべきはどれ?
「なんでもいいからとにかく見たいので、無料のチケットにダッシュしようかな」その心意気こそが大事な勇気です。でも、全てが理想どおりのハッピーエンドになるには大事なポイントがあります。それはなによりも配信状況の確認。これは先決で、絶対に優先すべきことです。「ロボコップ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。問題は解決できます。それも1週間もかからない、1日もかからない、1秒です。配信VODをアイコンで一発提示。これならば文字を読む必要も無し。超スピード回答で大切な時間を無駄にせずに動画へGOです。必ずどんな作品でも同じVODを推薦してくるサイトもあり、それは量産型の方法でページが作られています。一方、こちらは全部がオリジナルで個別対応。VODヴァージンはこれで卒業しましょう。提案されているアイコンの中に未体験のサービスを発見できれば儲けもの。映画といつでも一緒の人生が始まります。

字幕・吹替、選択は自由
海外の外国語映画ならば選択しないといけないのは「字幕」か「吹き替え」か。この二択は日本特有のジレンマを発生させます。なぜなら日本語は言葉の量が長いこともあって、どうしても翻訳上の範囲におさめるためには省略が増えてしまうのです。ピュアな気持ちとしては原語重視で楽しめると良いのですが、そんな語学力はない。となるとやっぱり翻訳してもらうしかない。どちらがいいのかという問題になります。元も子もない言い方をすれば、比べるのが最良。「ロボコップ」の面白さの発見につながるかもしれません。

お試し無料はいつまで?
お試し無料期間についてはサービスによってタイムの扱われ方が違っているので気をつけましょう。例えば、あるサービスでは登録日から1か月という設定だったりしますが、別のサービスでは登録月の月末までとなっているタイプもありです。つまり、後者の場合は月末に近い日にお試し登録すると無料期間が非常に少なくなって「ロボコップ」を眼球に刻み込む余裕もないかも。つまり有効的なスケジュール管理が必死なので、時間のマネジメントが苦手な人は事前に休暇をとれるなどの条件にタイミングを合わせると上手くいくはず。

高画質で見られる?
ハイクオリティで映像の隅々まで、キャラクターの表情や背景に映っている何気ないオブジェクト、美麗な空間デザインを構成する環境フィールド、あらゆる映画のパーツを見たい人もいます。そのためには高画質でないといけません。ネット動画は低画質だと勘違いしている人はいまだにいますが、それは嘘です。実際はDVDを上回る性能があり、映画館のような見づらさもないので、もっとも最適に映像を堪能できるといえるでしょう。あとは所有している再生機器の性能の問題だけになってきます。「ロボコップ」の動画を楽しみましょう。

ホームシアターのススメ
家に映画館のスクリーンサイズを用意するのは豪邸の城に住んでいる人だけができることですが、ホームシアターなら実現は不可能ではありません。スマホやPCなんてちっぽけな存在に思えてくる最高水準の環境。劇場に無料で通えるようなものなので、毎日が上映会。世界が一瞬で変わります。「ロボコップ」も最高級に。かといってそのホームシアターワールドを瞬間的に構築できるわけではありません。それなりの予算を投入しないといけないので覚悟はいります。しかし、それだけの達成感と充実感を得られ、それは何物にも代えがたい経験になります。

『ロボコップ』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『ロボコップ』をさらに知る

★スタッフ
監督:ジョゼ・パジーリャ
脚本:ジョッシュ・ゼッツマー、ニック・シェンク
撮影:ルラ・カルバーリョ
音楽:ペドロ・ブロンフマン

★キャスト
ジョエル・キナマン、ゲイリー・オールドマン、マイケル・キートン、アビー・コーニッシュ、ジャッキー・アール・ヘイリー、マイケル・K・ウィリアムズ、サミュエル・L・ジャクソン、ジェニファー・イーリー、ジェイ・バルチェル、エイミー・ガルシア、ジョン・ポール・ラッタン

★『ロボコップ』の評価

IMDbRTMETA
6.249%??
映画comY!FM
3.2???3.1
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『ロボコップ』の感想

●映画無料夢心地
オリジナルはあまりにも小さい頃に観たからストーリーの記憶は無いので、新鮮な気持ちで今作を鑑賞。それは正解でした。黒いボディがとってもスタイリッシュかつセクシーで、バイクに乗る姿もとてもクールでカッコ良かった。マシンでは制御できない人間の「愛」「心」の力を全編通して表現している感じがしました。ラストはオリジナル版への敬意を示していたようで気が利いてます。キャストが思いのほか豪華だし、クオリティはじゅうぶん。
●ユナイテッドシネマ 
今作はきちんと記憶を持ったままロボコップ化した。この変の改変の狙いはわからないが、もしかしたらその方が感情移入しやすいと判断したのかもしれない。オリジナル版よりも人間ドラマ的な要素が強めで、イマドキの葛藤する主人公要素を増やしたのかな。映像面はさすがの質。過去作から続けてみるとCGの進化すごいなぁと。一気にクライマックスまで悪人を逮捕して、ED-209との対決。とても興奮するクライマックスで気持ちよかったです。
●DAILYMOTION 
「ロボコップ」が公開されたのは1987年。まだアメリカが「世界の警察」として地球上に君臨していた頃の話。アメリカはソ連との冷戦真っ只中で、戦争という言葉が「遠からず」だった時代。しかし、今はアメリカの現状は戦争に関わりすぎているくらいだ。そして、テロの時代になって、敵も国ではなくなった。そういう新時代の価値観でロボコップをどう定義して、進化させるのか。本作はそのひとつの答えとして受け止めてもいいと思う。